「【黒木瞳】女性セブン・週刊文春に掲載された青学中等部「凄惨イジメ事件」」のサマリー
黒木瞳の子供が、悪質ないじめ事件に関わっていたのではないかと疑いがかかっています。

名門私立中学で女子3人、男子1人で構成されるいじめっ子グループが、同級生の女子生徒を校内の女子トイレ個室に追い込み、無理やり制服を脱がせて携帯カメラで撮影するなどのいじめ行為に及んだ。

まずは、女性セブンが名門私立中学で起きたいじめ問題について掲載しました。

つづいて、週刊文春が詳細を記載した記事を掲載します。 雑誌では個人名は伏せられていましたが、ネット上で実名が暴露されています。

雑誌では書かれていないことが、色々と分かったので記載していきます。 買収された男子は女子トイレ個室に逃げ込んだターゲットを 個室上部から入り込んだ後、一人は服を脱がし、一人はそれを動画で撮影したという。被害者の母親からの抗議によって、 実行犯として動いていた男子生徒の一人を退学処分。 その他のいじめ加害者たちはわずか3日の停学処分にした。 この対応も甘すぎるということで、批判が高まっています。

彼らの保護者が件の有名女優をはじめ、青学OBだったことや 会社経営者など社会的影響力の強い身分だったので軽い処分で済んだよう。記事内では学校や関係者などすべてが匿名で書かれていたが、一部週刊誌は登場人物の1人である“超有名人”の名前を特定し、取材に動いているという。などを多く輩出し、その子供が通う由緒正しき学校です。

つづきを読む

話題のトピック