「【注意喚起】ロシア発の「青い鯨」自殺ゲームが日本に上陸?!青い鯨ゲーム情報、指示、趣旨、危険性まとめ」のサマリー
子供たちの習慣や興味、心理学に熟知した人物達とされています。

目的はインターネット上の広告収入にもあるといわれています。

をこなすうちに、被害者は自分を傷つけることに慣れていきました。

脅迫文があるため、参加者はやめることができなくなっていました。

●30〜50日目に、指定された方法で命を絶つことを迫られました。

ゲームは、毎日与えられた課題をクリアしていく内容。親の目が届かない時間に自殺に及ぶ練習をさせられ、 最終的には50日目に飛び降りるという命令が送られてきます。 ロシアだけでなく世界中に飛び火して、社会問題となっている、自殺教唆ゲーム。自殺ゲーム:5ヶ月で130名もの犠牲者を出したゲーム。そのため、心理学に精通しているのではないかと考えられますね。


を記録するのは3回から5回ですが、今回は数日間でこれらのタグの数が増えていました。

子供たちがSNSにタグ付きで投稿した後、ゲームマスターはハッシュタグをたどって子供たちに接触し、その決断が本気なのかと問いただし、ゲームをスタートさせました。

を知っていたと思われる学生の自殺を報じるニュースがいくつか確認できるが、ゲームとの関連性ははっきりとしていないようである。無関係のグループが、参加者の増加を狙って便乗行為を行ったりする等、本来のゲームの目的とは逸れたところで発生している現象のほうが、それ以上に問題視されているようだ。

関連のグループが相当数あり、参加人数も1グループあたり200人、300人と拡大している。

県公安が、管内で不審な学生6名に声をかけたところ、この藍鯨の任務の遂行中だったことから補導をし、学校と家族に通知をした。市公安は、SNS上で藍鯨グループを主催していた17歳の学生を補導し、SNSグループを解散させた。

つづきを読む

話題のトピック