「【沖縄の真実】在沖縄のアメリカ海兵隊の必要性と「台湾斬首作戦」」のサマリー
内容を具体的に説明できる人がいないことに気付きました。

論は、どのようなシナリオを想定して主張されているのだろうか。を成功させることができる わけがないだろうと考えております。支援要請、救援要請する時間はあるのに、台湾軍や警察に出動命令を出す時間がないというのは、どんな状況なんだろうか。 ソ連のアフガン侵攻を持ち出してくる人がいますが、アフガンは共産党独裁政権で、そのナンバー2がソ連と結託して政変を起こしただけですからね。

小川和久氏「台湾海峡有事において、中国が行使し得る現実的なオプション、斬首戦というのがあります。 一千人の地上部隊しか一時に投入できませんけれども、これは、早い場合には二時間で中国軍とぶつかります。沖縄海兵隊のオスプレイ24機フル稼働でも、運べるのは500人ですよね。

ちなみAK-47機関銃に負けるオスプレイですが、 どこに着陸させますか。 小川和久氏「この千人とぶつかることはアメリカ合衆国との全面戦争を意味するから、中国はためらわざるを得ない。 なお、 「斬首戦に対しては海空軍と海兵隊が投入され、海兵隊地上部隊は地上兵力の尖兵としての位置付けです。斬首戦に対しては海空軍と海兵隊が投入され、海兵隊地上部隊は地上兵力の尖兵としての位置付けです。どのようなものかも教えてください アメリカの参戦が怖くて、米海兵隊やオスプレイに対しては、ピストルの弾一発すら撃つことができない中国が、どう成功させるのか。

つづきを読む

話題のトピック