「【伊勢・鳥羽・志摩】気になる!観光・立ち寄り・遊べるスポットまとめ」のサマリー
衣食住、産業を守護する豊受大御神を祭神とする。高倉山麓の広大な神苑には杉の大木があり、参道には鶏も群れ遊ぶ。 天照大御神を祭神とし、ご神体は三種の神器の一つ八咫の鏡。五十鈴川のほとり、神路山のふもと、うっそうと茂る樹林につつまれ、参道には玉砂利が敷きつめられている。

伊勢神宮内宮の門前町の真ん中にあり、江戸時代から明治時代の伊勢の様子が再現されている観光スポット。 相差の閑静な森の中にひっそりたたずむ神明神社は、1888年から天照大神の主宰神として祭られている。

古くから言い伝えられ、初詣には多くの参拝者で賑わいを見せている。

日本三大田植祭の一つで国の重要無形民俗文化財に指定されている。

祭りには、三重県下はもとより、全国各地からも多くの崇敬者が訪れ賑わいをみせる。 飼育種類数日本一!約1,200種もの生きものを飼育し、全長約240m、通路全長約1.5km、室内型水族館として類を見ないほどの大きさを誇る。生きものの種類や棲息する環境に合わせ、12のゾーンに分けられた館内ではアシカのパフォーマンスショーや国内で唯一飼育しているジュゴンなどが見られる。 鳥羽から海岸沿いの道を走り、麻生の浦大橋からはじまるパールロード。窓をあけて雄大なリアス式海岸を望みながら、潮風を体いっぱいうけて走る快適なドライブコース。カキいかだが浮かぶ的矢湾を眼下に的矢湾大橋を渡り、テーマパークを右に見て、新鮮な魚介類と真珠のふるさと英慮湾へと続く奥志摩ライン。芸達者でおなじみ、あっかんべーで有名なミナミゾウアザラシが見れるのは日本でここだけです。館内スケジュールは10時から15時まで、海獣たちのショーが盛りだくさん。 夫婦岩は古来より日の出遙拝所として知られてきました。

鎮まり、そこは降臨する神の依り代であり、常世の国から神が寄りつく聖なる処と言われてきました。



つづきを読む

話題のトピック