「【一年戦争】ガンプラ旧キットまとめ 【ベストメカコレクション】」のサマリー
機体名が無い変わりに、ロゴが他に比べて大きめ。4本あるビームサーベルのうち、2本を自分で短くする必要があります。 今回HGやRGとの比較に買って組み立ててます。 300円が子供のお小遣いでは結構大変だったなあと 思いながら塗装もしてます。この前ネットで(ユーチューブ)ガンプラPVでガンキャノンの面白い作例が紹介されててやはりこのシリーズの奥深さを改めて感じました。

やはり造る楽しさを知るとなかなかプラモ造りはやめれませんな〜。 肩の接続構造がガンダムより改善されているキット。ガンダムでは塞がっていたシールドの覗き穴も開口されています。

ビームサーベルも長いものと柄だけのものが付属。Uなど色々考えて造る楽しさがある〜また安いからこのシリーズは嬉しい一品です。 ジムのやられっぷりが印象的なあのシーン直前を表現したジオラマ模型。 大小のモビルスーツが付属した、サービス感のあるキットです。 通常サイズと小さなサイズが同梱されているボール。 台座の支柱が曲線状になっていることにセンスを感じます。古いキットですので塗装は必須ですが、完成時のスタイルはとても良くHGUCジムの隣に並べても違和感が無いほどの出来です。 欲を言えば腕の付け根がLM版のボールK型のようにボールジョイントで動く仕組みだと最高でしたがディスプレイモデルとしては問題なしです。 こちらは目玉にデコストーンを貼ったり、塗装を自分の好きな色で塗ったりと遊ぶにはもってこいの大きさです。そうなってくると、接着剤のはみ出しや色塗りのはみ出し箇所の失敗が悔しくなり、後日おこずかいを貯めて再購入した経験があります。MSと違ってアチコチ可動するわけではありませんが、その分丈夫で、幼かった弟が遊んでも壊れませんでした。生まれて始めて出来映えに満足した思い出のキットです。

つづきを読む

話題のトピック

GGRY 今日の注目キーワード