「『過保護のカホコ』から『明日の約束』まで!「毒親」ドラマが増えている件」のサマリー
“一卵性母娘”“アダルトチルドレン”“モンスターペアレンツ”“毒親”“過干渉”など現代家族の問題は、見えにくい家庭の中から少しずつ世に芽を出し始め、今や深刻な社会問題となりつつある。過干渉など"子の人生を支配する親"として、親が子供に与える影響は必ずしも良いものとは限らないという意識が広がる。この頃毒親をキーワードとしたドラマが立て続けに放送されており、社会全体で毒親への問題意識が高まっていることを感じさせます。毒親の問題は子供がある程度成長するまで表面化しにくく、大人になってもその子供を苦しめ続けることも少なくありません。
オリジナル脚本のヒューマンミステリーで、高校のスクールカウンセラー役。して、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに奔走してきたスクールカウンセラー。さまざまな壁にぶつかりながら、謎の死の原因究明に力を注いでいく。常軌を逸した愛情で子供と接する“毒親”を演じることが7日、分かった。扮するスクールカウンセラーを執拗に攻撃する役どころ。自分とは正反対の環境で育った1人の青年と出会って成長していくホームドラマ。『恋妻家宮本』など、数々の話題作を生んできた遊川和彦が手掛けている。



つづきを読む

話題のトピック