「「直虎」小野政次役が大好評!…高橋一生の演技にかける情熱が凄い」のサマリー
カルテットを組んだ30代の4人が、冬の軽井沢を舞台に共同生活を送る大人のラブストーリーかつヒューマンサスペンス。演じる主人公とは幼馴染みだが、腹に一物を抱え、家中で孤立した父親と同じ道をたどろうとしている筆頭家老を演じている。

その甘いマスクと確かな演技力から"一生さま"と呼ばれ、今や時の人とも言える彼が役への思い、そして今の心境を語った。いつも自分以外の誰かを演じるつもりで読むのではなく、そもそも僕自身だと思いながら読む。僕が理想とする芝居はまさに文字通り、“芝の上に居る”だけで何もしないこと。セリフの応酬で見せるのではなく、言葉の間や呼吸を大事にし、カメラの前に居るだけで語れるようになる。

つづきを読む

話題のトピック