「YoutuberヒカルがValu騒動で自社株買い!弁護士の見解は詐欺罪成立の可能性」のサマリー
弁護士久保田康介さんは詐欺罪の成立についてネットで解説している。

ヒカル氏などが、期待をあおってVA価格をつり上げた後、発行済みの全VAを投げ売りしたとし、ユーザーが不当に損失をこうむったと訴えていた。運営会社は、ヒカルさんらの意向を受け、利用者保護の観点から、特別措置として、現在の売買注文をすべてキャンセルすると発表した。一連の取引きで発生した手数料については寄付するという。8月15日にYouTuberヒカルのVALUがストップ高を付けた後に大暴落した。 自分がValuを買い上げるだけでは損をした方への補填にならないので、取り止めます。応募方法はこのツイートをいいね、リツイートです。って解説してるのも弁護士YouTuberみたいな人で地獄の空中戦という感じがする。 ヒカルのVALU問題についてたくさんのYouTuberが動画を上げている。

どうやら元与沢翼一派で、情報商材スパム詐欺で儲けまくったやつらの生き残りで、最近は水増しアクセスで年収を詐称し、ユーチューバーとしてAERAなどに露出。これに関しては、valuの会社が訴訟を起こしづらい。インテリヤクザみたいな仕事だけれど、なかなかやるなぁ…尊敬はする。やりたいとは思えない商売ですが、行動して結果は出している。

VALUって判断の指標が難しいからほとんどの人が失敗するようにできてるように思う。ここまで通貨を仮想空間にしたいなら勝手にやって困ればいいんだよ。なにをやっても詐欺の疑いが出るようなことがありそうだし、通常運用してても逮捕がありそう。前提が応援したい人への寄付となっている以上、文句は言えないのかも知れないが、実際に儲けた人が見えているから、納得はしづらいよね。



つづきを読む

話題のトピック