「4月27日空爆説がネットで話題に!アメリカは北朝鮮を空爆するのか?」のサマリー
取り上げ、ヤフーニュースになったが、その記事は削除されている。

4月にトランプ大統領と習近平主席とが米中首脳会談を開いた。CNNによると、朝鮮半島近海にアメリカの空母が派遣されること自体は珍しくない。アメリカ軍は、同半島周辺の不穏な動きを牽制するため、これまでにも軍艦や航空機などを定期的に展開。 2隻の原子力空母が極東アジアに展開するのは、極めて異例。日米の外交筋によると、北朝鮮への対応に関し、アメリカ政府高官は、日本政府高官に対し「選択肢は2つしかない。 このアメリカ政府高官は、この方針が、首脳会談でトランプ大統領から習近平国家主席に伝えられる予定だとも述べた。6回目の核実験が懸念される北朝鮮に対して、米軍が通常兵器による先制攻撃の準備をしていると報じた。北朝鮮が核実験を敢行するとの確証を得た段階で攻撃を行うとしている。

米NBCテレビは13日に複数の米情報機関当局者の話として伝えている。

今回派遣されたカールビンソンや、横須賀が母港のロナルドレーガンの他に、もう一隻空母が朝鮮半島に派遣されたら、かなり高い確率ではじまるだろう。半島を挟んで二隻の打撃団を補給ローテーションを組んで空爆出来る。念には念をおいてトマホーク連射して戦闘機が上がって来れない、SAMもほとんど死んでるという状態を作らずしてB-2を飛ばすワケがない。 北朝鮮を空爆するのは決定事項として収束はどうすんだろ。シリア空爆はトランプが独断で決めたのではなく、迫られてそうした。

つづきを読む

話題のトピック