なぜ「満塁策」なのか?

「満塁策」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【高校野球2014】広陵対三重 延長戦!11回裏に押し出しサヨナラ!【ツイッターまとめ】



      “ハンカチ王子”の早実は春の選抜でも延長引き分け再試合を経験していた!

      エースで優勝して以来、60年ぶり2回目の春制覇を目指すことになる。 その早実が生んだ名選手で、清宮の前に甲子園大会を沸かせたヒーローといえば、なんといっても“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹に尽きる。特に06年夏の選手権決勝での駒大苫小牧との延長15回引き分け再試合。2日間に渡る投げ合いを制し、駒苫の夏3連覇を阻止すると同時に、早実に悲願の夏初制覇をもたらした熱投は、今もなお記憶に新しいところであろう。 そんな斎藤佑樹が活躍した06年の早実は、実は春の選抜でも延長15回引き分け再試合の死闘を繰り広げていたことをご存知だろうか。 この年の選抜で早実は北海道栄を7対0で降し初戦突破。試合はダースに代わって登板した2番手投手から早実打線が効果的に得点を積み重ね、9回表を終わって7対4と早実がリード。ころがその裏、エラーと連続死球で無死満塁のピンチを招き、ここで相手4番に痛恨の同点タイムリーを浴びてしまう。満塁策を取り、ピッチャーゴロダブルプレーと三振でしのぎ、延長戦へと持ち込んだのだ。

      この後はどちらも譲らず、試合は7対7のまま延長15回引き分け再試合となったのである。前日15回を完投した斎藤は先発を回避したものの、早実が先制点を挙げた3回裏からリリーフ登板。2対1とリードを保っていたが、8回裏に斎藤が逆転2ランを被弾してしまう。それでもあきらめない早実は、9回表1死1塁のチャンスをつかむと次打者の打球はライト前ヒットの当たり。するとここで相手のライトがこの打球を後逸し、打者走者もホームへ返り、4対3と再逆転に成功。その裏、斎藤は2死満塁のピンチを招いたものの、最後の打者をキャッチャーファールフライに仕留め、2日間に渡った死闘に決着をつけたのであった。 長い長い甲子園大会の歴史の中で、同一年の春夏で延長引き分け再試合を経験しているのは、なんとこの年の早実だけである。この春、清宮率いる早実は、偉大な先輩を超える名勝負を繰り広げることが出来るのか。

      【プロ野球】《采配の妙を探る》大ピンチを脱しろ! 2者連続敬遠策に必要な「プラス1」とは?

      そんなときに限って贔屓のチームがピンチになるのは日常茶飯事のことだろう。そのピンチを脱するために用いられる作戦のひとつに敬遠策がある。 敬遠策には、打席に立つ相手チームの投手と勝負するためだったり、満塁策を取って守りやすくするといった意図がある。その敬遠を2度連続で行う2者連続敬遠策という作戦も、年に何回か見かけることがある。 ここで過去の印象深い2者連続敬遠策をご紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■2015年9月29日:ヤクルト対広島 この日、勝てば優勝が決まるヤクルトは、2対4と2点ビハインドで迎えた8回表に2死三塁のピンチを迎えた。 この2死三塁のピンチで、真中満監督は2者連続敬遠を指示し、満塁策を取ったのだ。

      2死三塁で、広島は丸佳浩、菊池涼介、投手の大瀬良大地と続く打順だった。2点ビハインドのこの場面で点を失えば、1点でも2点でも敗戦濃厚の展開に変わりはない。 広島ベンチは大瀬良まで回れば当然代打を出してくる。この時、広島のブルペンに残っている投手は中崎翔太、一岡竜司、江草仁貴、今村猛、戸田隆矢。するなら打ち崩し、2点差をひっくり返すラストチャンスが見込める。 この展開を瞬時に判断し、真中監督は2者連続敬遠を選択したのだと推察する。 予想通り中崎は8回からマウンドに上がり回跨ぎで9回も投げることになる。結果、ヤクルトはこの試合には敗れたが深い意味があっての2者連続敬遠策だった。 ■2016年5月21日:阪神対広島 3対1と2点ビハインドで迎えた9回表の攻撃。中崎は先頭の大和に二塁打を浴び、続く今成亮太が犠打で送って1死三塁のピンチを招く。緒方監督は福留孝介、ゴメスを敬遠し、高山俊との勝負を選択。

      しかし、高山にライト前ヒットを打たれ広島はサヨナラ負けを喫した。 福留、ゴメスより高山のほうが組み易しと判断し、2者連続敬遠での満塁策で勝負をかけた。だが、結果的にサヨナラタイムリーを浴びてしまった。松山商は1番、2番の上位打線に対し2者連続敬遠策を選択。1死満塁でのクリーンアップとの対戦を敢えて選んだ。

      ライトに回っていた投手の新田浩貴に代えて、本来のライトである矢野勝嗣を投入したのだ。

      誰もがサヨナラ犠牲フライで熊本工の優勝が決まると思ったが、その直後、代わったばかりの矢野がホームへ素晴らしい返球を行う。 松山商は見事、ホームでのタッチアウトでピンチを切り抜けた。結果、11回表に決勝点を挙げた松山商が優勝を遂げる。 奇跡のバックホームだけが切り取られて語られるが、その前に四死球による押し出しなどのリスクがあるにも関わらず、プロに比べればメンタル的にも未成熟な高校生に満塁策を指示した采配があったのだ。

      我々野球ファンは采配の真実を知ることができない。

      【プロ野球】満塁男ここにあり!楽天・藤田一也の”フルベース活躍劇”

      今シーズンは76試合で285打席に立ち、打率.245、30打点(8月8日現在)。左肋骨の亀裂骨折もあり、例年と比べて調子を落としている。

      しかし、得点圏打率は.313と高く、満塁では10打数4安打9打点ととりわけ勝負強い。 ■開幕戦逆転勝利に導いた2点適時打、満塁サヨナラ敵失の立役者 ソフトバンクとの開幕戦が、藤田の満塁男ぶりをよく物語っている。

      しかし、追う展開で迎えた2回裏、攝津正を一気呵成に攻め立てて5得点。このビッグイニングが物をいい逆転勝利を飾ったのだが、その2回、1死満塁で反撃の狼煙を上げたのが藤田だった。 去る7月23日ロッテ戦、延長12回裏にサヨナラ勝利を決めた立役者も藤田だった。たして2球で追い込まれた直後に打って出た当たりは一塁線へ転がるボテボテ。

      しかし、折からの降雨をも味方につけ、相手守備の乱れを誘うサヨナラ敵失になっている。

      本塁打2本、二塁打5本、犠飛7本のほか、四球2つ、死球1つでも得点にからんでいる。

      移籍後に挙げた打点の約3分の1を、満塁の場面からで生み出しているのだ。

      ダイエー VS 近鉄「マムシの山下が 記録的大逆転の口火を切った!」球史発掘「奇跡の大逆転」

      感動エピソード 球球史をひも解くと、大差を引っくり返した試合が、いくつか目につく。記録的大逆転の口火を切った! 攻撃のチャンスは、この回しかない。9回裏という崖っぷちでの逆転劇はある意味、野球の醍醐味だが、あまりに点差が離れていれば現実的に難しい。 そんな9回裏での逆転劇のプロ野球日本記録は現在、6点差である。9回表に突入した時点で3点リードしていたダイエーは、さらに3点を追加、スコアを8-2と広げた。 鈴木貴久のタイムリー二塁打などに、ダイエー投手陣の四球、暴投などが重なり、あれよあれよという間に4点入れ、2点差に。この厳しいタイミングで救援を任されたのが下柳剛投手。1安打を許すものの、アウトを2つ取ったところで、強打者のブライアントを敬遠し、満塁策をとる。 ここで、代打としてバッターボックスに立った山下和彦は、"マムシ"の異名を取る二番手捕手。そのいかつい顔つきと、時折放つ長打でファンの心を掴んでいた"意外性の男"だ。

      下柳が投げた渾身の球を山下のバットが弾き返すと、センターへ抜ける。ブライアントは、そのままホームを踏み、それがサヨナラの決勝点となった。 一方、敗れたダイエーの根本陸夫監督は、この日、大阪のホテルへ戻ってから、全員を集め、こう謝った。

考察。「満塁策」とは何か?

「満塁策」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum2/index.php(542): tweet_output('\xE6\xBA\x80\xE5\xA1\x81\xE7\xAD\x96') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143