なぜ「御堂筋」なのか?

「御堂筋」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      『弱虫ペダル NEW GENERATION』、お祭り気分のイベントビジュアル公開

      2017年7月9日(日)に舞浜アンフィシアターにて開催されるが、描き下ろしのイベントビジュアルが公開された。 イベントビジュアルでは、イベントに登壇する14名のキャストが演じるキャラクターが集結。各キャラクターがそれぞれのチームカラーの甚平を着て、控室でイベント本番を待つ様子が描かれている。

      インターハイに出場するメインキャラクターを演じるキャストが総出演するイベント。"新世代キャスト"となってから初の開催となり、総北高校から山下大輝、鳥海浩輔、福島潤、岸尾だいすけ、松岡禎丞、下野紘、箱根学園から代永翼、阿部敦、野島健児、宮野真守、小野大輔、内田雄馬、京都伏見高校から遊佐浩二、福山潤が登場。また、OPアーティストの夏代孝明、EDアーティストの佐伯ユウスケも参加し、総勢16名が登場するビッグイベントとなっている。

      イベントの詳細については特設サイトをチェックしてほしい。GENERATION』、第23話の先行カット インターハイ栃木県大会、日光いろは坂で熾烈なトップ争いを繰り広げる各校のクライマー達。岸尾だいすけ)が出ていることを知り、チームを助けるため必死に追いつこうとする坂道。楽しめるエンディングショートアニメなど、最後まで見逃せない注目のストーリーとなっている。

      インスタ映え確実!セント レジスのパリジェンヌなスイーツブッフェが可愛すぎ!

      大阪のシャンゼリゼ通りともいわれる、御堂筋に面した同ホテルの1階にあり、まるでパリの街にいるようなオシャレな雰囲気の同店。これまでも、童話やおとぎ話のお姫様をイメージしたスイーツにこだわったデザートブッフェなど、ユニークな発想から生み出された、趣向を凝らしたイベントを多数開催。 今回のデザートブッフェでは、シャンゼリゼ通りでショッピングを楽しむ、大人女子の休日をイメージしたスイーツが多数登場する。フランス菓子を代表するエクレアやマカロン、オペラやサントノーレなどはもちろん、口紅やバッグ、ハイヒールなど、ファッションの街でもあるシャンゼリゼ通りのエッセンスを取り入れたスイーツが楽しめる。や、セントレジスのロゴが入ったバッグ型アイスクリームなど、どれもインスタ映えするフォトジェニックなものばかり。写真を撮りたくなる仕掛けも! また、トリコロールカラーを身に着けて行くと、特別プレゼントももらえる。

      【ペダステ】新キャスト熱演に興奮&感涙! 舞台『弱虫ペダル 新インターハイ篇』濃密レポ

      新インターハイ篇~スタートライン~』は、まず何よりも“新キャスト”が注目の公演だった。 2012年の初演から今までも、キャストチェンジや新キャスト参加は何度もあった。 なんと今回のペダステではメインキャストを、プロアマ問わずオーディションにて選出するという画期的な試みが行われ、その結果、醍醐虎汰朗が小野田役として抜擢されたというわけだ。

      今回の舞台では、小野田たちが2年生になって、2回目のインターハイに臨むまでのストーリーを描いている。

      総北の3年生コンビ、手嶋純太と青八木一は前作から引き続き鯨井康介&八島諒コンビが演じる。サイドでは、キャプテン泉田塔一郎役はもはやペダステ最古参キャストである河原田巧也、黒田雪成役の秋元龍太朗も5作目からの出演と、3年生キャスト陣の貫禄も備わってきた。 エラそうに批評している私が何者なのか自分でもわからなくなってきたところで、個人的に気になる新キャスト評に入る。 ■新2年生トリオのワチャワチャ感がたまらん まず、先にも述べた総北新2年生の新キャスト3人組。個人的にはこちらの3名が、若々しくてなおかつワチャワチャしていて、とてもよかった。フワリとした独特の空気感で、フレッシュな小野田坂道を演じていた。 対して今泉役の和田雅成はペダステこそ初出演なものの、さまざまな舞台に出演経験のある俳優だ。

      大阪出身のエネルギッシュさで、意外性のある演技を披露してくれた。 また、鳴子役の百瀬朔もさまざまな作品への出演経験が豊富で、関西出身のエネルギッシュなマシンガントークは鳴子にピッタリだ。

      そんな総北新2年生のワチャワチャ感が、多くの観客を和ませたに違いない。 これからのストーリー上で、キャラクターとしても役者同士としても、この3人の関係がどのように進化していくのかが見どころだ。

      鏑木が落ち込んでしまいメンタルにダメージを受けるシーンでは、原作の表現をライトと音響でしっかり再現していたところに、演出の西田シャトナー氏の手腕を見た気がする。インターハイエピソードでは、ともに汗だくになりながらのスプリントにシビれた。 新メンバーたちにも、しっかり総北スピリットが受け継がれているのを目の当たりにして、ペダステファンとして胸が熱くなる思いがした。 これからも、新キャストたちにペダステが積み上げてきた素晴らしいスピリットが受け継がれていくのを、じっくり見守りたい。 新御堂筋として舞台に上がった林野健志は、ドラマ版『弱虫ペダル』で御堂筋を演じたことでも知られているだろう。からのキャストチェンジを不安に思う人もいるだろうが、筆者は林野の御堂筋がとてもしっくり来た。対比もよく、二人並んだときの不気味さが良い意味で舞台上の違和感になっていた。 これからのインターハイ篇、御堂筋には激しいレースシーンがいくつもあるため、きっと観られるだろう林野の激走を楽しみにすることにしよう。田川もペダステ初出演にして膨大な運動量をこなしたわけだが、その熱量はしっかり客席に伝わっていたかと思う。 個人的には、鯨井康介の手嶋っぷりを毎度のことながら賞賛したい。 手嶋役の鯨井とのコンビ漫才も、一人での孤独なボケも、鏑木相手のノリツッコミも、舞台上の笑いを淡々と捌く手腕に、八島のとてつもない底力を感じた。 この演出については、ぜひ実物を見て欲しいので、BD/DVDの発売を楽しみにお待ちいただきたい。2つのエピソードで構成されたが、次回の舞台への期待感を持たせる終わり方だった。 そして恒例のエンディングは、今回から新曲となった。 今回は事前に振り付け動画が公開されており、舞台を観に来た観客も一緒に振り付けを楽しめる試みがなされていた。 毎度このエンディングパートでは、慣れた様子でノリノリの人、なんだかキレがよすぎて笑ってしまう人、どこかぎこちないけど良い笑顔で踊る人、さまざまなキャストたちの個性が見えて面白い。 若いキャストたちが紡ぐ新しいペダステ、そして受け継がれていくペダステ魂を、今後もしっかり見続けて行きたい。
      関連キーワード - 話題 - 声優 -

      舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇、東京公演直前SPイベントレポート!和田雅成の“ヒメくる”ダンスに総ツッコミ?!

      シリーズ第10弾となる舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~。 キャラクターメイクでのイベント登壇は珍しいということで、キャストたちは、まずキャラクターの決め台詞で集まったファンへ挨拶。 続いて、白熱した大阪公演の模様が撮って出しのVTRで紹介された。今回のキャストの中で最も長い経験を持つ河原田の走りに衝撃を受けた様子を熱弁。 総北だけでなく、京伏も御堂筋翔役に林野を新キャストとして迎えている。

      答えつつ、大阪公演で天羽が林野と自分のユニフォームを取り違えてしまったうっかりエピソードを披露。そこで、公式HPで公開されている振付動画を、会場の大画面で観ることに。 動画を見ながら、和田の“あること”に箱学メンバーが気がついた。 会場には1,000人を超えるファンが駆けつけ、プレゼント抽選会やチケット購入者を対象としたハイタッチ会も行われるなど、大いに盛り上がった東京公演直前スペシャルイベント。さらなる弾みをつけた“ペダステ”カンパニーは、再びスタートを切る。
      関連キーワード - 話題 - 声優 -

考察。「御堂筋」とは何か?

「御堂筋」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum2/index.php(542): tweet_output('\xE5\xBE\xA1\xE5\xA0\x82\xE7\xAD\x8B') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143