なぜ「ホームラン」なのか?

「ホームラン」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      弱いのか? 強いのか? ヤクルトスワローズに脈々と流れる“系譜”を訪ねる旅

      ヤクルトファンにとって、もはや毎年の有事ではなく“憂事”である交流戦がやっと終わった。球団史上ワーストとなる巨人の13連敗が世間の大きな関心事となっていたその裏で、ヤクルトはひっそりと10連敗を記録していた。 しかも交流戦前の5連敗ののち、1勝を挟んだ10連敗。主力がバタバタとケガで戦線離脱しているのに、世間の関心は巨人一色。 ◆弱き時代、罵詈雑言を浴びせた元選手のもとへの“贖罪の旅” “渋い、渋すぎるよ。 通常のインタビューを装いながら、思春期の渋井に抱いていたモヤモヤを反芻、そして吐露し、いつ本人に向かって、失礼を承知で謝罪を切り出そうかと必死に間合いを図る場面は、読むものをハラハラさせる。を述べるのだが、その角氏はあまりにも前のめりに、当該試合のことを昨日のように語る45歳のオッサンにたじろいだりする。それぞれの生活にチームの勝敗や選手の成績を重ねている。

      そのファンにとってこの本はロールプレイングゲームようだ。

      裏側にあるものを、ときにユーモアを交え、ときにシリアスに迫る姿を、追体験する。そして、その熱いひとりのファンを快く迎え入れる、スワローズ戦士たちの懐が広いことを、自分のことのように安堵するのだ。

      を丸出しにし取材、そして原稿を書くことに衒いがないかと言われればウソになる。

      しかし、その公私混同こそが、380ページもの大作を書き上げる原動力になったことに違いない。 燕は低空飛行でも、巣である神宮球場の観客動員数は右肩上がりを続けている。

      自嘲気味に言うが、それでもファンは、餌を与え、少しでも高く飛べるように、と球場に通う。ファンや、かつての記者のように、地方で“ひっそりと”声援を送り続けるファンは、まだなにも諦めていない。

      野球評論家・野村弘樹氏 横浜DeNA優勝争いには「オールスター前に5割復帰を」

      オールスターを前に、まもなく折り返し地点を迎えるペナントレース、横浜DeNAの行方を聞いた。筒香の調子が、なかなかピークまで上がってこない。打率は2割7分前後、ホームランも1ケタの主砲の復調は、チームもファンも待ち望むところだ。

      ロペスは開幕からの好調を持続し打点はリーグ上位をキープ。宮崎も規定打席に到達した途端に首位打者に躍り出た。 守備に関しては、元投手の野村氏だけに、先発投手陣の成績には物足りなさを感じている。

      浜口は交流戦3勝を含む5勝、ウィーランドも3勝を挙げ、試合を作り続けている。

      新戦力が奮闘している間に、柱となるべき先発投手に役割をきっちり果たしてほしいところだ。

      リリーフ陣では、パットン加入が大きかったという。一時期7回に回っていましたけど、その後によくなりましたからね。

      パットンが一時期でも抑えを務めたことが、山崎の復調につながったようだ。

      昨年の3位から、さらに上位を目指す横浜DeNAだが、首位広島まで9ゲーム、2位阪神までは6ゲームと、道のりは長い。また、2年連続のAクラスを死守するためには巨人、中日と僅差だけに、5割復帰は大きな指標になってくる。戦力が万全ではない状況下で3位に踏みとどまっているだけに、ここが今シーズンの踏ん張りどころと言えそうだ。

      プロ野球オールスター戦は、野球版サマーソニックである

      しかし今はWBCでガチの日本代表チームが招集されているし、直前の6月には交流戦も行われている。

      WBCもメジャー移籍も身近でなかった頃は、野球界のストーリーは国内ですべてが完結していたわけだから。残念ながら、あの頃のオールスターの緊張感やスペシャル感を現代に再現するのは不可能だ。

      そのヒントを見つけたくて、数年前、神宮球場までオールスター観戦に出かけた。ペナントは数百試合見てきたけど、生まれて初めて夢の球宴の現地体験だ。

      チケットはバックネット最上段の座席が8,000円となかなか強気の値段設定。まあ海外のバンドのライブに行ったと思えば……なんつって試合開始1時間前に球場に着くと、球場はホームランダービーの真っ只中で、バレンティンがドでかい一発を打ち上げていた。みんなが空を見上げて、おおっスゲーなとウチワを扇ぎながら拍手を送る。 ドヨめくスタンドは右も左も360度ギッシリ詰まってた。客層はバラバラで贔屓球団のユニフォーム姿の常連客と年に1度の野球観戦と思われる浴衣姿の一見さん。この日ばかりはどこの球団のファンもみんな仲良く弁当を食べて、ビールを飲んでまったり野球を見る。それぞれの球団カラーが混じり合う色とりどりのスタンド。なぜなら子どもの頃、テレビでよく見たあのオールスターの風景そのものだったからだ。

      正直、今となっては試合内容はほとんど覚えていない。思い出せるのはMVPが当時阪神の新井貴浩で、ルーキーの菅野智之はこの試合がオールスター初登板だったことぐらい。まあ夏祭りでおネエちゃんと何話したかなんて覚えちゃないよ。

      ただ、微かな夏の匂いと楽しかったという漠然とした記憶だけが残る。オールスターはそれでいいんじゃないかと実際に見に行って実感した。WBCのようなテンションでプレーしろって、そら無茶だよ、潰れちまうよ。だいたい、シビアなペナントレースの休憩時間として試合を眺めてる俺らファンも疲れちゃう。浴衣姿でかき氷をかき込みながら、気楽に楽しめるのがニッポンのオールスターの良さなんだから。それでも個人的にはNPBの今のオールスター2試合制、けっこう好きだけどね。

      野球ビギナーのライトユーザーを球場へ呼ぼうとしている2017年のプロ野球界で、オールスターのようなイベントを日本各地でやることには大きな意味があると思う。旬のアイドルが始球式を務め、デビューしたての若手選手からベテラン選手の大御所まで一同に集う真夏の祭典。これってコンセプトは野球界の『サマーソニック』だよね。

      つまり、オールスター戦とは、プロ野球界の夏フェスなのである。 今年も日本の夏は7月中旬のプロ野球オールスターで始まって、8月下旬のサマーソニックで終わる。

      オリックス・ロメロ、決勝の逆転2ランに「とにかく高めだけを狙っていた」

      とにかく高めの球をしっかり捉えようということだけを考えていました。

      1点負けている状況だったので、とにかく高目を捉える、それだけでした。 ―もう体調は大丈夫、状態はいいと見ていいですか。今日の試合も小谷野選手が3ランを打って、いい状況で自分に回ってきた。 ―ロメロ選手の活躍で、交流戦最終戦を白星で、そして交流戦を勝ち越して終えることができました。

      初めての球場で試合をしたり、初めてのピッチャーと対戦したりと交流戦自体を楽しむことはできました。


考察。「ホームラン」とは何か?

「ホームラン」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum2/index.php(542): tweet_output('\xE3\x83\x9B\xE3\x83\xBC\xE3\x83\xA0\xE3\x83\xA9\xE3\x83\xB3') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143