なぜ「ドル円」なのか?

「ドル円」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      ちょっと見ない間にドル円があり得ない上昇を描いていた

      ついこの間100円そこそこだったのに凄い伸び…。 ドル円、100円からあれよあれよと14円高の114.40に。 11月のドル円は始値104.81、終値114.49で9%強の大幅上昇でしたがこれは1995年8月以来の高い上昇率です。11月に入ってから発生しているドル円相場の上昇は、歴史的な急騰だと言える。100円割れ目前から、一気に114円台にまで戻している。

      欧米でも株高が見込まれることで、節目の115円回復を試す展開となりそうだ。

      予想を覆して勝利すると、海外投資家は姿勢を一転させ、投資意欲を急速に強めた。 大統領選の9日、ドル円は3.3円下降したがその後急速に反転した。東京市場では11月9日に円相場は朝方の1ドル=105円台から一時、101円台に円高が一気に進み、日経平均株価は前日比で一時、1000円以上下げ、終値は1万6251円になった。ころが日本時間その日夜、ニューヨーク市場ではムードが一変し、為替は反転。から米国の長期金利が上昇し、日米の金利差拡大の思惑からドルを買って円を売る動きに火が付いた。今回の決定は、収入が減っても市場シェア拡大を追求するというOPECの2年間続けてきた戦略の転換を意味する。減産合意を受けて原油価格が急伸したことも投資家心理を強気にさせ、低金利通貨の円に売りを促した。

      ドル円相場が一時95円台で深夜のネット上は騒然…

      2013年6月7日、ニューヨーク外国為替市場において円が一時95円台をつけました。

      1時間半で3.5円上昇するという荒い動きにネット上は大混乱でした。 為替でこの異常事態だと明日の株価下落で俺はほぼ死亡確定かな。歴史的な円先物ショートの積み上がりで、今後いつこのような大幅な円高方向への値動きが生じてもおかしくない。

      さらに円安加速?ドル円相場が4年ぶりに100円突破!

      10日、円相場は対ドルで100円を突破、さらに円安が加速し101円を付けている。

      10日の東京外国為替市場で、円相場が1ドル=100円台まで急落した。9日発表の米雇用関連指標が良好な結果となり米景気回復が加速するとの見方が再燃。10日午前の東京市場に入ると、円売りはさらに加速した。100円回復のタイミングで国内勢の外債投資が買い越しに転じていたことが明らかになったことも、相場を押し上げた。日本の金融政策に対する批判は少ないという予測もあり、これも円安を後押しする一因となっている。

      この円安を受けて、平均株価は大幅に値上がりしました。

      輸出関連企業の多くが今年度の想定レートを1ドル=90円程度にしているため、業績が改善するという期待感がさらに膨らんでいます。

      日経平均株価は一時、約5年4カ月ぶりの高値をつけた。

      > 《ドル円》円安?円高?今後の為替見通し
      > 【イギリスのEU離脱の再来】トランプ大統領誕生でドル円、日経平均株価大暴落で悲痛な声まとめ #FX
      > ドル円が3.11以来[3円下落]みんなの反応は!?
      > 【円安時代突入か!?】 ドル円が102円目前!
      > 【買い時?】2015年ドル円の展望一覧【FX】
      > 「ドル円は、今秋70円割れ」三井住友銀行の宇野大介氏
      > 【株速報】日銀、追加緩和見送り 日経先物大暴落 ドル円急落 4月28日

      空前のアベノミクス好景気、戦後3番目の長さへ…「終了」の兆候、日銀の金融緩和限界

      2012年12月の総選挙で、自民党が政権を奪取した。このタイミングを境に、わが国の経済政策は大きく変化し、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の“3本の矢”からなる“アベノミクス”が進行した。 なかでも、日本銀行が実行する金融政策の役割は大きかった。13年4月、黒田東彦総裁は2年で2%の物価目標を達成すると力説し、短期決戦型の金融政策の導入に踏み切った。その後も、日銀は金融緩和によって物価目標を達成するというスタンスを貫いている。

      実際、アベノミクス下の日本銀行は、マネーの供給量を増やせば物価は自然に上昇するというリフレーションの考えを重視してきた。 実際のデータを見ると、当初の日銀の主張と異なり、デフレ脱却は達成されていない。生鮮食品及びエネルギーを除く総合ベースではマイナス0.1%だった。 日銀の国債買い入れが限界に近づいていることもあり、今後、金融政策でデフレ脱却を実現するのは難しい。先々の展開を考えると、日本はいかにして経済成長の基盤を整備するかを真剣に考えなければならない。今、日本経済は、重要な局面を迎えていると考えられる。 ●14年3月末にピークを迎えたアベノミクス 12年11月、日本の景気は底を打った。それから17年4月末まで、景気は53カ月続けて回復してきたと考えられる。今回の景気回復は、海外経済の好調な展開に支えられたといえる。呼ばれたエネルギーの生産量の増大が進行していた。海外発の円安環境が整っていたことは、日本にとって福音だった。 アベノミクスは、円安の流れを金融緩和策でジャッキアップしたと考えることができる。 円安の進行によって、一時的に日本の景況感は改善した。基本的に、ドルなどに対して円が減価すると、国内企業が海外に保有する子会社などの資産評価額が“かさ上げ”される。迫ったために、多くの消費者は税率が低いうちに、自動車や家電などの耐久財などを中心に当面の消費を済ませようとした。物価、企業の設備稼働率、賃金などの水準を包括的にみると、14年3月31日、日本の景気はアベノミクス下での回復のピークをつけたのである。 それ以降、日本経済は金融緩和に依存した状況が続いてきた。14年10月末には、駆け込み需要の反動減から落ち込んだ景気を支えるために、日銀が金融緩和を拡大し、国債の買い入れ額は年間80兆円程度に引き上げられた。 ●行き詰まるアベノミクス 15年半ばを境に、為替相場では円がドルなどに対して上昇してきた。15年の夏場以降、中国経済の先行き懸念が高まり、世界の金融市場ではリスク回避的な動きが広がった。多くの投資家は、それまでの円売りポジションを手仕舞ったのである。 16年1月末、日銀はマイナス金利政策を導入し、金融緩和を強化した。

      しかし、この政策は金融機関の利ザヤを縮小させた。加えて、マイナス金利は保険商品の想定利回り、預金金利の低下などにもつながり、家計の経済に対する信頼感など、マインドを悪化させた。を実施し、過剰な金融緩和策の限界と弊害を認めた。加えて日銀は、金融政策の持続性を重視した政策に方針を転換した。 この方針転換は、日銀が短期決戦型の金融政策を放棄し、物価上昇を実現するための環境整備に政策の路線を変更したといえる。言い換えれば、日銀は長短の金利を固定することで金融機関の収益に配慮しつつ、政府の構造改革を支えることに軸足を移した。 こうしてアベノミクスが重視してきた金融政策が行き詰まるなか、首相官邸が重視してきた賃上げにも変化が現れた。14年、15年の春闘では、政府が直接、各企業に賃上げを要請したことが功を奏した。

      しかし、16年以降は賃上げが実現してはいるものの、その伸び率は鈍化している。

      円高、欧米の政治不透明感の上昇、国内での人手不足の深刻化などを理由に、先行きに慎重な企業は多い。需要低迷により国内での投資機会が見当たらないため、国内重視の経営戦略を進めることも難しい。同時に、海外でのビジネスリスクを十分に理解できていなかった結果、東芝のように巨額損失に直面する企業も増えている。

      こうした状況を総合的に考えると、アベノミクスは限界に直面しているといえるだろう。 ●今後の展開予想構造改革の内容が問われる 今、世界の経済全体を見渡すと、中長期的な成長の見通しは不透明と考えられる。足許、世界経済は米国の緩やかな景気回復と中国の財政出動に支えられている。

      ただ、この動きがいつまで続くかを考えると、楽観はできない。 米国では、新車販売台数の減少など今後の景気動向に関するリスクが高まっている。

      今すぐではないにせよ、徐々に米国経済が回復のピークを迎える懸念はある。中国の習近平国家主席は、秋の党大会に向けて支配基盤の強化を重視するだろう。特に、財政出動を通した不動産バブルのソフトランディングは、最優先の事項のひとつと考えられる。そんななか、日銀は依然として国債買い入れを通した物価目標の達成を目指している。

      しかし、どこかで国債買い入れが限界に直面することは避けられない。アベノミクスは金融政策に代わる取り組みを提示できていない。 政府はこれまで以上に構造改革を進める必要がある。それが、当初のアベノミクスが掲げた成長戦略の本義だったはずだ。

      それが進まないと、本当の意味での働き方改革も覚束ない。ドローン、自動運転技術に見合ったように、都市空間の設計を見直すことも必要だろう。 加えて、米国が自由貿易体制から保護主義政策に舵を切りつつあることを受けて、東アジア新興国を中心に日本のリーダーシップを期待する声も高まっている。

      日本が国際社会での発言力を獲得するためにも経済外交を進め、親日国の数を増やすべきだ。

      アジアの新興国は世界経済のダイナミズムの源泉であり、主要先進国がその需要を取り込もうとしている。

      日本がアジア経済との関係を強化することで自国の経済基盤を強化し、世界経済における発言力を高める意義は大きい。そうした取り組みこそが、中長期的な日本経済の安定、デフレ脱却には不可欠だろう。

      中国主導のアジアインフラ投信銀行は早くも苦境

      乃木坂46“次世代センター”山下美月、「空前絶後のぉ~!!」自己PR披露

      初めてのスタジオ出演に緊張する彼女たちの魅力を1期生メンバーがPRした。 ペアを組んだ先輩メンバーがリードしながら3期生の特技などをPRする企画でトップバッターを務めたのは1期生の若月佑美と、ファンの間では次世代のセンター候補の1人としても注目されている3期生の山下美月。バトントワリングとピカチューのものまねで初々しい印象を与えることに成功した。 衛藤美彩に紹介された佐藤楓は“駅伝マニア”であるという意外な一面を明かしつつ、特技であるバドミントンのスマッシュを披露。 最後に登場したのは高山一実と大園桃子のペア。即座にツッコまれるほど顔をこわばらせながら企画に挑戦。 そんな大園の表情が一変したのは、二段を持つという剣道の特技アピールの場面だった。剣道経験者の高山を相手に“斬り返し”の稽古を披露すると、途中から凛々しい顔つきに。

      トランプ米国経済、バブル崩壊→世界経済混乱の予兆…最悪のシナリオ現実味

      足許の為替相場では、ドルが円などの主要通貨に対して軟調に推移している。

      3月21日には、ドル円の為替レートが112円台前半に下落した。欧州では、オランダ下院選挙で極右政党の自由党の議席数が伸び悩んだ。

      利上げを行うのではないかとの見方も徐々に増えている。

      そのなかでも特に重要なことは、国際会議の場で米国が保護主義政策を重視する姿勢を貫いたことだ。

      G20開催前から主要先進国が重視してきた“保護主義に対抗”との文言が削除されるとの見方が広まった。実際に採択された声明にも保護主義に反対する文言は記載されなかった。こうした米国の“本音”が徐々に為替相場に影響を与えている。

      ●徐々に鮮明化する米国のドル安志向 1月20日の正式就任以降、トランプ大統領の経済政策がどのように進むか、具体的な内容は示されていない。3月16日には、2018会計年度の予算教書の骨格が議会に提出された。それは、環境保護などに関する予算を削減し、国防費を増やすという内容だった。インフラ投資、減税など、従来からトランプ大統領、その側近らが重視してきた政策がどうなるか、依然、不透明だ。

      そうしたなかで徐々に明らかになっているのが、トランプ政権のドル安重視姿勢だ。

      表向き、ムニューチン財務長官は長期のドル高は重要との考えを表明してきた。このため金融市場では、ドル円が120円に近づくと米国の政府関係者がドル高をけん制し始めるなど、さまざまな観測、憶測が出ているようだ。

      米国がドル安重視をにおわせてきたなか、今回のG20は主要国が米国の重視する保護主義政策に待ったをかけることができるかを見定める重要な機会だった。保護主義とは政府が積極的に産業を保護、育成し、輸出の増加によって経済成長を目指す考えだ。

      実際に米国がこの政策を進めると、通貨安競争、需要の囲い込みなどを通して、各国間の貿易競争が熾烈化するだろう。その結果、世界経済は縮小均衡に向かうおそれがある。そうした展開を危惧し、G20ホスト国のドイツ、わが国などを筆頭に、主要先進国は保護主義に反対を表明してきた。 G20の共同声明で保護主義に反対するとの文言が記載されなかったことは、各国が米国の意向に押し切られたことを意味する。米国が輸出で稼ぐためには、自国通貨の減価=ドル安が重要だ。

      今回のG20の声明を受けて、世界の市場参加者は、米国が明確にドル安を重視し始めたとの認識を強くしたはずだ。

      ●金融政策が後手に回るリスク 米国政府がドル安を重視し始めたことを受けて、今後のFRBの金融政策運営にも、それなりの影響が出るだろう。昨年12月の利上げの時点に比べ、雇用、物価関連の経済指標は上向いている。

      そのため、FRBのなかにも、年内3回以上のペースで利上げを進めることは可能と主張する者もいる。

      過去の利上げ局面との比較から、FRBがもう少し利上げに積極的になってもよさそうだとの見方もあるだろう。 実際、FRBは利上げをはじめとする金融引き締めに関して慎重な姿勢を維持している。

      その背景には、トランプ政権の経済政策の不確実性がある。要は、FRBはトランプ政権の経済政策が本当に米国経済のプラス要因になるか、始まってみないとわからないとの立場だ。

      見方を変えると、この姿勢は政府が重視するドル安を支えるためには都合がよい。世界経済全体を通して、米国以上に利上げが期待できる国は見当たらない。そのため、FRBがこれまで以上に利上げに積極的な“タカ派”姿勢を示せば、ドルは円やユーロなどの主要通貨に対して上昇しやすい。ドル高が進むと、企業の収益が圧迫され、米国内での生産活動や雇用に影響が及ぶかもしれない。それは、足許の状況とは逆に、米国経済への悲観的な見方を増やすだろう。そうした展開を避けるためには、慎重な利上げ姿勢を強調し、過度にドル高観測が高まらないよう配慮が必要だろう。 当面、FRBは金融政策のスタンスに変化はないとの姿勢を維持する可能性がある。そのなかで米国の景気回復が続くと、結果的に、米国の金融政策は物価上昇に遅行し始めるだろう。そうなったときに注意が必要なのは、米国の株式市場の動向だ。

      米国株式市場はリーマンショック後の安値から3倍以上も上昇した。経験則に照らせば、米国の株式市場はバブルの絶頂期に差し掛かっている可能性がある。景気の回復に比べて利上げが慎重に進むとの見方が増えると、株式のバブルがさらに膨らみ、ゆくゆく、景気が不安定化するおそれもある。 ●ドルの為替レートの展開予想 今後の世界経済を考えた際、重要なのは早いタイミングで米国政府がインフラ投資や減税を進めることができるかだ。

      経済政策の具体的な内容が判明すれば、FRBは今よりも積極的に金融を引き締めるだろう。それは、米国株式のバブルを抑えるためにも必要だ。

      反対に、引き締めが後手に回りバブルが膨張してしまうと、その崩壊に伴い世界経済にはかなりの下押し圧力がかかる。今すぐではないにせよ、そうしたリスクシナリオが現実のものとなる可能性は排除できない。 一般的に、インフラ投資の効果は1年程度は続く可能性がある。景気刺激策は、09年4~6月期からGDPを押し上げ、10年1~3月期までGDP成長率は回復した。それが設備投資に回れば、景気回復に持続力を持たすことはできるだろう。そのためにも米国は各国と経済連携を強化し、企業が海外進出を進め収益を獲得できる環境を整備すべきだ。

      トランプ氏は、グローバル化への反感を抱く有権者への支持を取り込んで大統領に当選した。閣僚には行き過ぎた保護主義を修正し、グローバル化重視の政策を目指す者もいるが、実際にそうした考えが政策に反映されるのは難しいだろう。そのため、トランプ政権下の米国経済が、息の長い回復局面に入るとは考えづらい。 この見方が正しいとすれば、徐々にドルの上値は抑えられるはずだ。

      1月半ば以降のドル円の為替レートは、おおむね112円~115円台半ばのレンジを形成してきた。今後、株式市場の下落などこれまでの期待先行で上昇した資産価格の調整が進んだ場合には、ボラティリティーの上昇を伴ったドル売りが進み、為替レートのレンジが切り下がる可能性がある。足許、トランプ大統領への支持率も低下しているだけに、ドル買いは進みづらいだろう。

考察。「ドル円」とは何か?

「ドル円」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum2/index.php(542): tweet_output('\xE3\x83\x89\xE3\x83\xAB\xE5\x86\x86') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143