なぜ「ジャミロクワイ」なのか?

「ジャミロクワイ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      スター達の“等身大ケーキ”がそっくり!コレ誰だかわかる?

      イロクワイらの名前が付けられており、本人らが実際にパフォーマンスする予定になっている同会場に設置された。言われなければケーキとは全く気がつかないほどよくできているが、それもそのはず。

      Suchmos 「THE KIDS」淀んだ日常をかきまぜろ!と俺たちを鼓舞しているのだ

      2015年にデビューしたSuchmosが時代の寵児となるのに時間はかからなかった。シティポップが10年代の音として存在感を強め、かつて渋谷系と呼ばれたアーティストが再評価される機運もあって、アシッドジャズの影響下にあるSuchmosが評価されるための基盤は整っていたといえる。Suchmosの音楽に漂う陽光をたっぷりと浴びたナチュラルな空気とボトムの太いベースラインが全体を支配し、その上でYONCEのフロウが自在に泳ぐという構造はすでにこのアルバムで完成の域に達している。

      塩気のある乾いたボーカルがときにファルセットをまじえながら描くのは、彼らが過ごす日常の光景だ。

      ジャミロクワイの名曲からタイトルを借りて歌う徹底してアウトサイダーな視点。それは彼らが横浜で育ったことと無関係ではないだろう。東京を横目に見つつ自分たちのペースで矜持を持って生きる姿がそこには刻まれている。

      そんな彼らの批評眼は2ndアルバムでさらに研ぎ澄まされている。

      若くして地に足の着いたスタンスを持っている彼らだが、2ndアルバムではそこにとどまることなく変化しようとする兆しも見られる。そのことは、リードシングルとなったアルバム冒頭の曲にもあらわれている。

      持ちまえの批評性に加えて、まだ見ぬ未来をつかもうとする意思が顕在化したのが現在の彼らのモードなのだ。

      情報の洪水にさらされコントロール不可能な世の中で、さりげない日常を見つめようとする機微がシティポップというトレンドの背景にあるとするなら、Suchmosが鳴らす抜けのよいシンプルなサウンドと心地よいグルーヴは、より開放的な空気を身にまとっている。

      軽薄さを絵に描いたような、主体性をなくした人々。YONCEが曲中で唾棄するように歌うのは自由を売り渡した人間の姿でもある。一方で、自身もアウトサイダーとして呼びかける言葉はどこまでも穏やかであり、その視線はリスナーと同一線上にある。 自由をなくしつつある時代にSuchmosの存在感が突出しているのは、こんなところに理由があるのかもしれない。 自由の境界線でSuchmosは淀んだ日常の空気を撹拌し続ける。

      シンリズム×Spotifyのプレミアムトークセッション&ライブに潜入した

      を公開したことを記念し、5月16日、トークセッション&ミニライブが開催された。 シンリズム撮影=風間大洋 抽選に当選し、無料招待された10組20名の観客が待つなか、シンリズムが登場し、まずはトークセッションがスタート。 シンリズム撮影=風間大洋 結果的に、シンリズム自身のバックグランドが色濃く反映されたプレイリストとなっていて興味深い内容だったのだが、彼が1997年生まれの青年であることを考えてみるとなかなか渋い選曲もある。そこには、父親が集めていたレコードを家で聴いていた、という背景が大きく関係しているようだ。

      レコーディングメンバーといつか一緒に飲みに行きたいと思っているのだそう。 シンリズム撮影=風間大洋 そして、トーク終了後にはミニライブがスタート。ワウなどの通常のエフェクターに加え、ループステーションを導入したアコースティックセットを披露。ボイスパーカッションやギターのリフ、カッティングなどをその場でサンプリング、それらの音をループさせ、リアルタイムでの一人多重奏を実現させた。から音の重なりによって生まれた心地よいリズムに乗って、ゆらゆらと観客が身を揺らしている。

      収録曲にまつわる秘話も飛び出し、終始リラックスした空気感だった。ビートとしてループさせたその音を土台にして、同曲をどこまでも軽快に鳴らしきった。Spotify内の人気プレイリストランキングにてベスト10入りを果たしたほか、リスナーによるSNSでのシェア数を分析してランク付けするバイラルチャートで最高3位まで到達し、耳の早い音楽ファンから既に話題を呼んでいる。

      女磨きサボッたら女失格だけど「キラキラ主婦は家事育児放棄してそう」と蔑むダブルバインド!/『人は見た目が100パーセント』第七話レビュー

      第四話の5.5%がここまでの最低なので、最低視聴率は更新していません。
      今クールのゴールデンタイムドラマ最下位争いは、『人は見た目が~』と『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』。開発成果を奪い取りたかっただけで、3人は異動してきた途端に“干され”扱い。3人は同社の“過酷な掟”に従うべく、女子力研究に邁進。入院した純は、榊さんにお見舞いに来てもらった御礼に美味しいドーナツを差し入れ。 一方、痩せたいしお肌もキレイになりたいブルゾンちゃん、じゃなくて聖良は、ココナッツオイル研究を提案。原作マンガ連載時はココナッツ老いる全盛期だったとして、今放送するんなら情報更新して出したほうがいいんじゃないすかね。

      保護者会で繰り広げられるのは、最低最悪のママ友トーク。高そうな服を着たキレイなお母さんを見咎めて、満子とママ友たちは口々に悪口を言い合います。

      千秋は「朝からばっちり化粧してる人とは気が合わない~。関係ないだろって思うんですけど、上記、ドラマ内の満子たちの会話はまんまそれ。判断し、それなりのオシャレをしたうえで同窓会に臨み楽しみます。ちなみに筆者は家事も育児もキレイもそこそこ以下のがんばりで留めてます。このダブルバインドを無視して女全般にかかる呪いを全部肯定しながら進んでいくRPGみたいなこのドラマ、見ていて本っ当にしんどいです。って脅しでモノ売るのやめませんか <そのほかのドラマレビューはこちら> ▼あなたのことはそれほど ▼母になる ▼ボク、運命の人です。
      関連キーワード - 恋愛 - 美容 -

考察。「ジャミロクワイ」とは何か?

「ジャミロクワイ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum2/index.php(542): tweet_output('\xE3\x82\xB8\xE3\x83\xA3\xE3\x83\x9F\xE3\x83\xAD\xE3\x82\xAF...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143