なぜ「靖国神社」なのか?

「靖国神社」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      ジャスティン・ビーバーが靖国神社を参拝して大炎上!

      投稿したところ、中国などのファンから批判が殺到する騒ぎになった。今回は母親のパティを同伴しての完全プライベート旅行のようだ。

      さらに、どうやら行先は日本らしいという噂も流れ、成田空港には、熱心なファンが駆けつけた。 成田空港ではジャスティンの極秘来日を知ったファンに静かに出迎えられ、写真撮影などに笑顔で対応したようだ。

      実は昨年の秋に、コンサートのため来日した際も、卓球で遊ぶ動画を公開していたジャスティン。またしてもピンポンとは、彼は筋金入りのピンポンフリークなのだろうか。 そんな来日中のジャスティンが訪れた場所の一つが、、、。 靖国神社参拝が何故問題なのか、わからない人の為に説明すると、、、。 かつて日本は朝鮮半島や中国の一部を支配していた。 第二次世界大戦の終戦でその支配は終わるが、戦争の犠牲者と共に戦勝国にとっての戦争犯罪人も靖国神社に祀られている。

      中国や韓国の人によっては 靖国神社に参拝する=朝鮮半島や中国の一部の支配期間を肯定する、ということにつながるからです。23日、靖国神社に参拝する様子を撮った写真をSNSのインスタグラムに公開し、物議をかもしている。

      せっかくパパラッチが少ない国に来たのに、、、。付いていたが、コメント欄には、英語のほかに中国語のコメントも相次ぎ、謝罪を求めるものや誹謗中傷も少なくなかった。 腕に韓国のお面と自身の名前をハングル文字でタトゥーを彫っていたのである。投稿した他の写真に比べて、ネガティブな声が多い。そしてそれらの声に気づいたのか、問題の写真は彼のアカウントから速攻で削除されることに。ジャスティンはTIMEサイトの記事画像をインスタグラムに投稿した上で、次のようにコメントしている。

      中国・韓国以外のアジアの国々は「靖国神社参拝問題」を正直どう思っているのか?

      言われるものの、実際には中国と韓国の反応であることが多い。日本の首相による靖国神社公式参拝について以下のように語っている。

      親日国とされるパラオのレメンゲサウ大統領は…。 ソロモン諸島のケマケザ元首相は、首相在任中に靖国神社を参拝している。

      都内の若者が靖国神社に集まる「みたままつり」とは?

      今日、東京の夏の風物詩として親しまれ、毎年30万人の参拝者で賑わいます。

      都内最大級の夏まつりで、今年も7月13日~16日の4日間ひらかれる。ちょうちん3万個、出店150店、規模がデカくて、威勢がいい。 なお、提灯は大1万2000円、小3千円で奉納ができます。
      みたままつりの見所といえば、なんといっても見世物小屋。夜店のならぶ参道から、ちょっと外れた林の中に、テントが建てられてます。出演:やもり女、串を刺した中国人、メコン川流域の首狩族、アマゾネスピョンこ他。私が体感した限り、その数に占める若者の割合は圧倒的に多く、ものすごい数の若者たちが靖国神社に集まっていると考えられます。 2014年7月~8月に東京都内で行われる夏祭りをピックアップしました。



      > 安倍首相が靖国神社に参拝した3つの理由
      > とうとう日本にもテロ?…トイレ「爆発音」靖国神社を狙ったゲリラ事件か
      > 【AKB48】板野友美と島崎遥香が2人仲良く靖国神社で初詣してた件
      > ほんのりピンク♡靖国神社の桜祭りグッズがかわいい!
      > 防犯カメラに不審な男?靖国神社の爆発事件で新たにわかった内容とは?
      > 「竹島に上陸そして靖国神社へ」韓国議員たちの目的とは?
      > 靖国神社に”立ち小便”した韓国人に対するネットの反応は?

      「東京裁判史観の克服」表明の稲田防衛相は明らかに"歴史修正主義者"だ! 同盟国もびっくりのトンデモ発言集

      7月号に寄稿した評論家の渡部昇一氏に対する追悼文が、物議を醸している。

      周知のように、渡部氏は保守論壇のなかでももっとも極右といわれる存在で、今年4月に心不全で亡くなるまで、改憲はもちろん、大東亜戦争の肯定や歴史修正主義、さらには核武装やナチスを彷彿とさせる優生思想まで振りまいてきた。稲田氏はそんな渡部氏に心酔し、雑誌の対談や共著書も出版。追悼文によれば、稲田防衛相が政治家になった直後、夫で弁護士の龍示氏が〈渡部昇一先生にどうしても会長になってもらいたいと言い出した〉のが始まりだという。 こんなトンデモ極右評論家とべったりな政治家が日本の防衛相に就任しているというだけでもぞっとするが、さらに問題なのは追悼文の内容だった。これは、日本の防衛大臣が日本の戦争責任と戦後の国際秩序を完全否定したということであり、普通なら、即刻辞任モノだ。

      を読んでみると、稲田防衛相はまず、〈まだまだ先生のご期待に沿うことができていないと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいだ〉として、ともみ組会長就任時に渡部氏からこんな一文を送られたと書いている。

      「日本の政治家に今一番必要なのは東京裁判史観を粉砕する知力を基礎にした勇気である。仰ぐ稲田防衛相は、追悼文でこれを自慢げに紹介したあと、改めてこう決意表明するのだ。

      を追求する姿勢を持つことが大切だと私は理解している。

      この期に及んでよくもまあ、そんな言い訳が強弁できるものだ。

      歴史修正主義以外の何物でもなく、それを現役の防衛大臣が口にすることがいかにとんでもないかを改めて教えてあげよう。して戦争を正当化して、戦中日本を美化する発想そのものである。歴史修正主義どころか、トンデモ陰謀論と完全にセットになっているのだ。

      日本はいま、安全保障面で西側諸国と連携をとり、自衛隊も米軍や韓国軍と情報を共有し、共同訓練を行っている関係だ。

      ころが、その自衛隊を統括するトップが、日独伊三国同盟時代の価値観をもち、第二次世界大戦の終結に際して日本が受け入れたポツダム宣言を否定し、第二次世界大戦後の国際秩序を根本からひっくり返そうとしていることが、明らかになってしまった。これがどれだけとんでもないことで、国際社会の信用を失わせるかは、説明するまでもないだろう。ことの本質はそんなトンデモ歴史修正主義者が日本の防衛大臣という職についているという事実だ。

      議員になってからも、その極右歴史修正主義はエスカレートしていった。12年7月号に掲載された渡部氏、佐々淳行氏との鼎談で、東京裁判について「これは裁判と呼ぶに値しません。
      合いの手を打つなど、見事な師弟関係を見せつけてきた。この鼎談で稲田氏は、慰安婦問題について「謝罪を求められているのは、若い女性を強制連行して、慰安所に閉じ込め、無理やり慰安婦にした。 また、あまり知られていないが、稲田氏はもっととんでもない歴史修正主義発言を行ったことがある。右派団体が一斉に河村市長を支援する集会やデモを行っていた時期のことだ。

      論は保守系の歴史学者の間でもありえないと批判されているトンデモ言説。稲田氏はそれをこの講演で堂々と語っていたのである。強調していたのが、戦犯も合祀されている靖国神社の参拝だ。

      稲田氏は「祖国のために命を捧げても、尊敬も感謝もされない国にモラルもないし、安全保障もあるわけがない。息巻くように、これまで何度も"お国のために命を投げ出せ!血を流せ!"と号令をかけてきた。 「いざというときに祖国のために命をささげる覚悟があることと言っている。

      「国民の一人ひとり、みなさん方一人ひとりが、自分の国は自分で守る。 「首相が靖国に参拝することの意味は『不戦の誓い』だけで終わってはなりません。
      たんに頭の悪い歴史事実の否認だけではなく、日本を戦争のできる国にし、国民に命を捧げさせるための言説なのである。お仲間の極右界隈では、本稿で紹介したような発言を連発しながら、世間一般に向けては素知らぬ顔。 今回の問題を機に、こんな人物を防衛相に抜擢した安倍首相の任命責任を改めて追及する必要があるが、しかし極右の二枚舌という意味では安倍晋三も同じだ。

      第二次政権では、主に米国オバマ政権からの批判を受けて、欧米諸国に向けてはややトーンダウンしたものの、それでも南京事件の世界記憶遺産登録に対してユネスコへの分担金を凍結したり、15年末に韓国と慰安婦問題での合意を宣言したかと思えば少女像設置に対して駐韓大使らを引き上げたりと、実際には歴史問題で強硬的な姿勢を取り続けている。

      耳当たりのよい言葉を発し、自分の歴史修正主義をひた隠しにしようとしている。

      安倍首相にせよ稲田防衛相にせよその本質はもはや明らかなのに、こうしたダブルスタンダードを、国内マスコミはなし崩し的に放置してきた。何度でも繰り返すが、こうした歴史修正主義は日本の軍国化と地続きだ。

      そろそろ、新聞やテレビは、日本の内閣がいまどれだけグロテスクな戦前回帰的思想に取り憑かれているか、徹底的に検証するときなのではないか。

      ガルパンから歴史を学ぼう⑦97式戦車チハの車長「 池田 」は、戦車第11連隊隊長「 池田末男 大佐 」です!多分!!

      GW丸々本業の仕事に勤しんでおりました、金剛でございます。

      髪を、鉢巻みたいなもので髪を縛っている彼女です。 本題の前に、もちろんガルパンコラムなので、ガルパンに繋がる話をしなくてはなりませんね(笑) 劇場版ガルパンでは、初登場となった知波単学園の面々ですが、隊長の西ちゃんは、目立つのはもちろん、知波単のロリ担当福田も人気キャラになっていますね。


      て、太平洋戦争は日本の敗北という形で終わりました。

      しかし、この玉音放送を認めず、満州国、南樺太、千島列島を実力で奪おうとした国がありました。

      あり、実力で支配した地域を自国領に認めてもらえるという約束事を達成するには、満州国、千島列島、南樺太という終戦直前にあって、まだ日本の支配下にあった地域を、実力で奪う必要がありました。

      を締結しており、それまでソ連は、隣接する日本の傀儡国家である、満州国に攻撃を仕掛けていませんでした。 1939年のノモンハン事件以降、両国の軍事衝突はありませんでしたが、この中立条約は、それぞれソ連はドイツとの戦いに、日本はアメリカとの戦いに専念したいという思惑があったともいわれています。

      アメリカのルーズヴェルト大統領が、ソ連の最高指導者、スターリンに対し、対日宣戦を要求。これに対しスターリンは、千島列島の引き渡し、当時日本領だった南樺太の返還、満州地方での商業権の獲得などを要求し、ルーズヴェルトがこれを認めました。

      実は、この時スターリンは、千島列島より先にある、北海道を占領するという野心をも、持っていたとされています。

      かくして、1945年8月9日、ソ連は対日宣戦を行いましたが、ソ連にとっては、日本が降伏するまでのタイムアタックでした。 日本が降伏した時点で、軍事行動は停止しなければならないため、占領という既成事実を作るためには時間が何よりも重要でした。約70万人を動員しましたが、内情は武器もまったくもたない部隊もあったほど弱体化しており、さらに、対米戦で多くの精鋭部隊を引き抜かれた状態の関東軍は、かつて日本最強の軍と呼ばれた時代とはかけ離れた戦力となっていました。

      ソ連軍に3万8,000名の戦死傷者の出血を強いますが、ドイツとの戦いで鍛えられた最強の軍隊を止めることができず、終戦を迎えた15日以降も攻撃が続き、8月22日には全満州地域はソ連の手に落ち、関東軍も戦死傷者約8万名を出します。 これに続いてソ連軍は、南樺太に8月11日に侵攻を開始します。第88師団は、北樺太と南樺太との国境線沿いでソ連軍との交戦を開始しましたが、兵力、また装備で劣る日本軍は各地で撃退されます。第88師団の戦いは、同じく終戦を迎えた15日を迎えても続き、25日ころまで両軍は衝突。28日に、ようやく樺太の日本軍は武装解除に応じます。ソ連が千島攻撃の準備にとりかかったのは8月16日という玉音放送の翌日で、この時、ソ連軍の千島侵攻部隊の主力だったのが、当時カムチャッカ半島の防衛、警備にあたっていた第101狙撃兵師団という部隊でした。そしてソ連軍は8月17日に、カムチャッカ半島南端のロパトカ岬から占守島へ砲撃を開始、18日午前2時にソ連軍上陸部隊の先遣隊が占守島へ上陸を開始します。 ■池田末男大佐率いる戦車第11連隊は、絶望的な状況でも戦うことを決意。 この時、占守島を守っていたのは、帝国陸軍第91師団という部隊でした。この部隊は元々アメリカを仮想敵国とした部隊でしたが、それまで大きな戦闘を経験しておらず、食料などの物資は比較的豊富であったとされています。

      闇の中を上陸してくるソ連軍に対し、沿岸の日本軍は抗戦を開始。 この時、日本軍側ではすでに終戦を迎え、兵たちは帰国の準備、装備の廃棄の準備が進められていたせいで、対応が遅れていました。

      占守島に布陣していた、戦車第11連隊も同じで、ほとんどの戦車が燃料やオイルが抜かれていた状態であったため迅速な対応ができませんでした。

      しかし、ソ連軍攻撃の一報が同隊に伝えられると、第91師団長樋口司令から、ソ連軍を追撃、直ちに撃破せよとの一報も入ります。 部下を奮起させ、そして彼の部下たちは、終戦を迎え、日本で家族が待つ中、ソ連軍と戦い、祖国防衛という選択肢を選びます。 こうして連隊は迅速に戦車の整備を行い、当時連隊にあった、64両の戦車は、随伴歩兵も伴わず、整備が終わった車両から順次発進するという状態で、ソ連軍に立ち向かいました。

      先鋒の27両の中に池田大佐も加わっており、大佐は日章旗を掲げ、鉢巻を縛り、先鋒隊は、中腹に進出していたソ連兵に攻撃、突進します。この時まともな対戦車兵器を持たず、また戦争に負けた日本軍の士気が、低下しているという前提で行われ、ソ連軍側の慢心の上で行われた上陸作戦であったため、ソ連軍はたちまち突撃した戦車第11連隊の攻撃により撃破され、中腹まで進んでいたソ連上陸部隊は、海岸線方面へ撤退を始めます。

      しかし、この時ようやくソ連側でも、対戦車ライフル、対戦車砲の揚陸作業が完了しており、撤退の最中、ソ連軍も戦車第11連隊へ反撃を開始。

      しかし、この池田大佐の迅速な行動により、ソ連軍を浜辺へ押し戻し、さらに占守島の後方に布陣していた主力部隊を、ソ連軍の前面に配備するのに貴重な時間を稼ぎました。

      また91師団の堤司令は、91師団の主力があった、幌筵島の主力兵力を占守島へ移動し、これで完全にソ連軍を海へ追い落とす準備ができました。

      しかし、91師団の所属する第5方面軍から、18日16時、戦闘停止命令を受けて同師団は防衛に移ります。 そして21日早朝には、第5方面軍から完全な戦闘停止命令が下り、同師団は武装解除しました。

      そして、この戦いで戦死した、池田連隊長は、その後少将へ昇進しました。

      池田大佐は占守島の勇猛な戦いぶりとは違い、人柄は温厚、気さくで、身の回りのことは自分で済ますというそれまでの日本軍将校とは違った軍人だったとされております。 「占守島の戦いは、満州、朝鮮における戦闘よりもはるかに甚大であった。 先ほどもお話ししたように、ソ連最高指導者スターリンは、この千島、南樺太の先にある、北海道占領を目指していたとされていますが、詳細には北海道の留萌市から釧路市に線を引き、北側をソ連領とするという計画まで立てていたと言います。

      また、とある資料では、ソ連軍は8月23日に、北海道上陸作戦を予定しましたが、前日の22日に中止しているという事も言われています。

      しかし、ソ連軍の侵攻が、これらの戦闘により遅れに遅れ、また占守島の上陸部隊が大損害を受けたこともあり、結局その後、北海道侵攻はなされなかったとされています。

      分割されていたかもしれない、という事も言われております。 それは、筆者の母方が北海道の出身でありまして、もしこのスターリンの北海道侵攻があった場合、筆者は生まれていなかったかもしれないからです。

      ネトウヨや菅官房長官の「旭日旗」擁護はデタラメ! 侵略戦争で「天皇の分身の旗」と崇めた負の歴史を直視せよ

      両サポーターが掴み合いになるなどの騒ぎが起きたという。あり、日本の軍国主義や帝国主義の象徴、というより"軍国主義そのもの"である。 ところが、この旭日旗問題に一斉に飛びついたのが、日本のネット右翼たちだ。

      ツイッター上などでこんな意見をがなりたてている。

      〈日章旗も旭日旗も私達日本人にとって大切な国旗です。旭日旗を軍国主義の象徴だとか右翼だとか間違った認識で貶めないで下さい〉 〈旭日旗は日本の国旗です。政治を持ち出すのはいつもK国やT国〉 〈旭日旗の事は日本人を守って下される海上自衛隊の隊旗です。だが、これが単にネトウヨの妄言にとどまらないのだから、本当にヤバいとしか言いようがない。会見で述べるなど、事実上、旭日旗の使用は不適切ではないとの認識を示している有様なのだ。

      まったくため息しか出ないが、だとしたら、一度きちんと歴史を振り返っておく必要があるだろう。旭日旗をめぐる問題は、"日本国内と海外の単なる認識のギャップ"という一般論では説明不十分であり、ましてや"現在の自衛隊も使っている伝統的デザインであって、悪意はない"という正当化は妥当ではない。を位置し、そこから放射状に16条の光線が先端になるにつれ太く伸びる意匠。あったから、これを紛失したり、奪取されることなどもってのほかだったのである。 〈軍旗を失った歩兵連隊などというものは、もはや晒い者にすら価しなかった。 実際、前掲『日本陸海軍総合事典』によれば、第二次大戦末期には爆薬によって旗手が軍旗もろとも自爆する処置がとられたという。1945年の敗戦に際し、陸軍大臣は全軍に対し、8月末日までに軍旗を奉焼せよと命令。みなして無害化する考え方は、道化にもほどがある。日本の軍国主義が、神格化した天皇を頂点として侵略を正当化するイデオロギーであったことを考えれば、同様に陸軍で神格化された軍旗=旭日旗の存在は、まさに、国内的対外的に関わらず、象徴という抽象的なレベルを超えた"軍国主義そのもの"としか言いようがないのだ。

      年の海軍旗章条例によって16光線条の旭日旗が正式な軍艦旗として定められた。 『日本陸海軍総合事典』によれば、軍艦旗は海軍の艦船たることを示す旗章で、日本国主権の存在を表示したという。内地においては、午前8時から日没までの多くの場合、艦尾の旗竿に掲げ、航海中は昼夜通じて掲げられた。〈軍艦旗ハ海軍ニ於ケル主權ノ表章ニシテ戦時平時ヲ問ハス軍艦及海軍所用の船艇ニ掲揚セラルヽモノトス〉とあり、その意匠には〈我帝國ノ武勇ヲ世界ニ輝カセ〉とか〈帝國ノ國權ヲ地球ノ上ニ發揚セヨ〉という意味があるとしている。

      つまり、たんに所属を表す目的ばかりでなく、国威発揚および帝国主義の正当化を図る示威行為の意図があったと考えられる。 前述の通り、海軍の軍艦旗もまた陸軍同様、敗戦を機に一度は消滅する。ことを理由に"問題なし"とするが、それは戯言でしかない。年の自衛隊設置を前に、その前年から旗章が全面的に見直されることになったのだが、〈多くの部隊が希望している旧軍艦旗を採用することについても、情勢はこれを許す状況にはないのではないかとの議論〉があったというから、やはり、この旭日旗が軍国主義を示すものであるとの認識は当時の関係者にもあったわけである。 それによれば、1951年、吉田茂はサンフランシスコ講和条約締結と前後し、米国から艦艇の貸与を打診され、これを受け入れた。その際、貸与艦をどう運用すべきかを検討する秘密委員会が設けられた。山本善雄元海軍少佐が主席となり、旧海軍側から8名が参加したという。この答申によって、翌52年に海上警備隊が創設されたのだが、大賀元海幕長は当時をこう述懐している。

      〈この時、関係者が感激し狂喜したのは、かつての軍艦旗"旭日旗"が再び自衛艦旗として使えるように決まったことだ〉と。復活は、大日本帝国海軍の強烈な"自尊心の残滓"が、そのメンタリティを継承しようとした結果だということは明らかだ。

      デザインだけを拝借したわけでは決してないのである。 こうして歴史を振り返ってみれば、旭日旗が意味するのはミリタリズムそのものであり、その掲揚を韓国や中国が批判するのは、ごく自然としか言いようがない。主張する人がいると仄聞するが、それも認識が浅薄すぎると言わざるをえない。旗を天皇の分身と見なして人命より重く扱う価値観は、どう考えてもカルトである。 逆に言えば、戦中日本はそのような"カルト国家"だったのだ。

      あらためていうが、旭日旗は決して軍部だけの独占的なデザインだったわけではなく、軍国主義の進展とともに、ポスターのなかに盛んに登場するようになったり、学校の校旗にまで登場した。あるいは、子どもたちまでもが手旗サイズの軍旗を振っている様子も、記録写真などでいくらでも確認できる。つまり、庶民にも戦意高揚のために使われていたのである。 結局のところ、サッカーの試合などで繰り返される旭日旗の問題は、日本が侵略国家であったという歴史を軽視しているばかりか、日本の国民がその御旗のもとで戦争へ動員させられたという事実を忘却しているのだ。

      外国からどう見られるかという国際的な視点ももちろん大事だが、その前に一度立ち止まり、自分たちの祖先が旭日旗の下で何を強要されてきたかについて、真摯に向き合うべきだろう。なければ、外的な抑圧感情が反動に結びつき、同じことが反復されてしまうだけだ。

      を標榜するのならば、いまこそ、冷静な視座に立つことを求めたい。

      【中国オタクのアニメ事情】中国における4月新作アニメの動向など。中国での炎上が即座に日本側関係者への抗議となる

      中国オタク事情に関するあれこれを紹介している百元籠羊と申します。 今回は中国の動画サイトで配信されている日本の4月の新作アニメの動向などを紹介させていただきます。 4月の新作アニメは中国のオタク界隈でも話題になりやすい作品が揃った1月に比べて初動はやや落ち着いたものとなりました。

      しかしそんな中でも中国の日本アニメ視聴者の注目を集める作品がイロイロと出ている模様です。中国の若者に与えた影響は極めて大きく、現在も中国における日本アニメの看板的な作品となっています。

      大きな失敗がなければ日本アニメの定番作品の1つとして扱われるようになるのではないかと思われます。いった作品が比較的大きな話題となっているとのことです。人気に関しては、各ヒロインに強烈なファンが付いたり、作中のオタクネタや物語の展開に関する日中のオタク感覚の違いによる熱狂や反発が出たりなど、さまざまな方向への盛りあがりがありました。

      よる影響も加わっての大爆発となるなど、中国オタク事情的に良くも悪くも非常に興味深い作品でした。ようになるかはわかりませんが、少なくとも4月新作の初動の中ではトップクラスの人気と話題性を獲得している模様です。 また作品の設定に関しても創作物の中から現実世界にキャラが出て来る、他の作品のキャラと関わっていくという、中国のオタクな人々にとっても非常にわかり易い、妄想した経験のある内容だったことから注目を集めたとのことです。注目や話題を集めるなど、4月の新作アニメは開始前に関してはややおとなしかったものの、実際に始まってみれば評判の良い作品がそれなり以上に出ています。

      いった作品が話題になっていますし、4月の新作アニメに関しても中国のオタク界隈ではさまざまな動きが出ている模様です。 改めて見えてきたオタク系コンテンツの中国展開リスク 最近の中国では日本のアニメ人気や新作アニメとの連動もある日本系ソーシャルゲームの中国展開が目立つようになってきていますし、現地でかなりの人気を獲得するケースも出ています。

      しかしそれと同時に今までとは少々異なる流れで作品に対する批判が巻き起こり炎上する、それも日本にまで影響する形での炎上になるケースも目に付くようになってきています。

      日本で発売された雑誌に掲載されたゲーム関連の短編小説に登場した始皇帝が醜い怪物として描写されていた というものでした。 炎上の際には日本の運営や関係するクリエイターに対して中国のユーザーから直接的な抗議と要求が行われ、さらには日本と中国のファンの認識やスタンスの違いが浮き彫りになり、その結果一部の日本のファンと中国のファンが対立或いは断絶状態になってしまうといったことも起こっています。

      アニメ作品やその関連サービスを中国で展開する場合には、日本国内における作品展開に関しても、中国関連のリスクやそれに伴う日本のファンなどへの対応も意識することが必要になってきているのではないかと思われます。
      関連キーワード - 中国 - アニメ -

考察。「靖国神社」とは何か?

「靖国神社」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum1/index.php(542): tweet_output('\xE9\x9D\x96\xE5\x9B\xBD\xE7\xA5\x9E\xE7\xA4\xBE') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143