なぜ「拡張現実」なのか?

「拡張現実」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      AR(拡張現実)活用事例 まとめ

      今後大きな利用が予想される教育業界についての和訳記事。 拡張現実技術に関するマーケティングデータに関する有用な記事。を、わかりやすくシンプルに伝えることができます。
      多くの方にAR技術を楽しんでもらえるために開発した、スマートフォン向けのシンプルなARアプリケーションです。 JR東日本、カプコン、らでぃっしゅぼーや、など大手企業さまの採用実績が多数のARアプリケーション。位置情報の活用と、画像認識からの動画再生を得意とする。 対象駅周辺3km圏内でアプリを起動すると、自分の周りに“ご当地”Suicaのペンギンのエアタグが複数浮いています。

      好きな“ご当地”Suicaのペンギンのエアタグをタップすると、選択した“ご当地”Suicaのペンギンと一緒に撮影ができます。
      ユーザが自分好みの靴を大画面でリアルタイム試着。 後方、前方に移動しながら、様々な角度から試着を確認することができる。事故の再発防止を目的として交通事故が頻発する場所を可視化する。

      AR(拡張現実)が完全に近未来!プロモーションの活用事例まとめ

      退社したメーカーでは、ミシンとネットを繋ぐ特許を開発。

      2013年版IKEAカタログがすごい!拡張現実ARのインタラクティブ仕様

      動画などのコンテンツにアクセスする方法 ①IKEAカタログアプリをスマートフォンまたはタブレット端末にダウンロードします。 ②IKEAカタログのページ右上にスマートフォンのマークが表示されていれば、そのページの内容に関連するコンテンツがあります。 ③まずIKEAカタログアプリを立ち上げ、スキャンボタンを選択。カタログの該当ページから30cm以上の位置に端末をかざしてください。動画や3D画像など、さまざまなコーディネートのアイデアが表示されます。単なるデジタル化しただけのカタログではなく、紙上で拡張現実ARを使って面白く表現された紙とデジタルが上手く融合した形でリリースされるカタログ。カタログのキッチン写真にスマホをかざすと、クッキング番組が見れるようになるかもしれないIKEAの新カタログ2013。FAMILYカードご呈示いただいた方に、2012年7月末に発送いたします。

      > まさにSF!ARって何?ないものが見える!拡張現実が創造するすばらしき世界!
      > アニメに見るAR(拡張現実)
      > 【拡張現実】ARの意味とその事例の解説!!
      > 拡張現実(AR)作品まとめ
      > 【AR(拡張現実)スカウターモード】を搭載【カロッツェリア サイバーナビ】が凄い!ww
      > 【拡張現実】こんな使い方が在る、最先端のAR情報!!
      > 【ヘッドマウントディスプレイ+キネクトで3D生活】HMDで拡張現実 バーチャルリアリティを実現

      将来「頭で考える」だけでFacebookができるように? F8で発表された脳直結コンピューター技術とは

      アメリカのカリフォルニア州サンノゼで開催されました。

      プラットフォームを発表しましたが、それを超えるような野心的なアイデアが続いて登場。氏は、F8カンファレンスのステージ上で、1分間に8単語を脳から入力する女性のビデオデモンストレーションを披露。 あと数年以内に、1分間に100単語を入力できるリアルタイムのサイレントスピーチシステムを実証できるようにしたい。脳から直接送ることで、スマートフォンを使うよりも5倍の速さで文字入力できるようにする。 F8のキーノートより要約 Inverseが公開した、レジーナ氏によるF8のキーノート。 脳に直結するコンピューターインターフェース自体は、新しい研究領域ではありません。
      戦争で負傷した兵士達の心のケアし、記憶を回復させるための脳とコンピューターのインターフェース技術に多額の投資を行なってきました。

      しかし今回Facebookで実現しようとしていることはより野心的です。 私たち世界はデジタルとフィジカルの両方である。我々のゴールは、社会的規模で、カテゴリーを定義するような消費者向けの製品を作って世に出すことだ。

      ようなイメージで、障害を持つ人々をサポートするために開発されています。

      ただし脳に直結するコンピューターインターフェースのテクノロジーは、まだまだ開発途上段階です。 私たちの脳は、毎秒4つのHD動画をストリーミングするのに十分なデータを生成している。

      1980年のモデムとほぼ同じ量のデータしか送れないということだ。

      我々は、現在ユーザーが、スマートフォンで入力できるよりも約5倍の速さで脳から直接入力できるシステムを開発中だ。

      最終的には、大量生産が可能なウェアラブルテクノロジーにしていきたいと考えている。

      さえ、拡張現実のように自然に感じるようになるだろう。

      F8で紹介されたFacebookの「ARプラットフォーム」ってなんぞや?が解決する5つのポイント

      毎年F8では、Facebookが考えるインターネットの未来が語られます。を発表し、このプラットフォームを開発者に公開することを明らかにしました。

      今日からクローズドベータで新しいARプラットフォームを公開します。カメラをスワイプすることで、顔にマスクや、アートフレーム、スタイルトランスファーといったエフェクトをかけることができ、選んだフィルターに対して、さらに何千ものオプションがあります。Keynoteから要約 このフィルターは、Facebookが所有するInstagram、Messenger、WhatsAppといったプロパティでも使用可能になる予定です。 カメラ用のARプラットフォームを公開するという今回の方向性は、これまでオリジナルのコンテンツとしてのテキストや写真に依存していたFacebookにとって非常に大きな変化をもたらす可能性があります。 たとえばマグカップの写真を撮影すると、Facebookはその特定のオブジェクトの検出し、その画像情報に基づいてデジタル画像やエフェクトを与えることができます。
      みたいなエフェクトをかけることができるという感じ。を現実世界に重ねることができるようにすることです。 たとえば、ローマのコロッセウムを訪問したときにスマートフォンをかざすと、その建造物の歴史と構造について学ぶことができるといった使い道があります。ただそれ以外に実際に有益な使い道は他にあるのかというと、なかなか思い浮かばないのがARの難しいところ。 3)位置情報と連携した拡張現実 1でも述べたように、Facebookの新しいカメラエフェクトはカメラからピックアップされた画像情報を分析することが可能です。またさらに、正確な位置情報も利用できるので、開発者はこれらを活かしたツールの開発が可能に。 たとえばレストランでメニューにカメラをかざすと、どのメニューが美味しいのか美味しくないのかといった、友だちが残したコメントを2のインフォメーションカードで表示できたりします。基本的にはSnapchatのジオフィルターに似ていますが、後から友達が発見できるデジタルオブジェクトを残すことができます。
      ザッカーバーグ氏はポケモンGOを例に出していましたが、それより洗練されたものになると述べました。

      どんなツールがデベロッパーによって開発されるのか、楽しみです。 5)そしてARのメインストリームを目指すのは険しき道 ザッカーバーグ氏でさえ、この道は時間がかかるだろうと認めました。

      基調講演では、「開発にはしばらく時間がかかるだろう。 またFacebookはこのトレンドをいち早くキャッチした最初の企業というわけではありません。
      Snapchatがこのアイデアを広めた第一人者であり、Facebookはそれを真似していると嘲笑する意見も少なくありません。

      関連キーワード - Instagram - ポケモンGO -

      Facebook、VRに続いてARの普及を推進、「Camera Effects Platform」発表

      (拡張現実)が同一歩調で将来のコンピューティングプラットフォームを形成するというビジョンを示した。Platformは、外部のデザイナーやクリエイターがカメラエフェクト用のフィルターやマスクなどを作成して提供できるようにする。Studioは、Facebookカメラやプロフィール写真を縁取るフレームを簡単に作成できるWebベースのツールだ。

      18日に提供開始になり、プロフィールまたはページを持っているユーザーなら誰でも利用できる。Studioは、Facebookライブにおいて起こっていることにリアルタイムで反応して動くカスタムエフェクトをデザインできる。例えば、動いている人に吹き出しを追尾させたり、イラストのカツラをかぶって動き回るといったことが可能になる。開発者や3Dアーティスト、組織などを対象にしたツールとして、現段階では限定ベータプログラムを通じた提供になっており、以下のような機能を含む。data:スマートフォンを持ったユーザーが、スマートフォンを通じて拡張された世界を見て回れるエフェクトを実現する。API:リアルタイムでユーザーの動きに反応し、エフェクトを修正するためのデータのやり取り。
      関連キーワード - Instagram - ポケモンGO -

      お台場で、革新的な花火を。「STAR ISLAND」本当の狙いとは?(小橋賢児×小林玄)

      お台場で開催されるイベントのキャッチコピーだが、当然ながらその背景には様々な想いが詰まっていた。 語ってくれたのは、総合プロデューサー小橋賢児と、パフォーマー演出を手がける小林玄。JAPANが目指したものとはまったく違う、新たなクリエイティブとはなんだろうか。JAPANを1年目開催したときに、どこかエンディングが締まらない物足りなさを感じていて、2年目からは花火を上げたいなって思っていたんですよね。

      花火って、本当に一瞬我を忘れて、一体になる感覚があるじゃないですか。 そこで花火師さんを探して繋がりができたんですけど、誇りを持って伝統を重んじてきている人たちと、今の若い子たちをしっかり巻き込んで感動を生んでいくという僕たちの感覚がお互いに共鳴して、なにか新しいカタチを作れたらいいね、となったんです。 伝統こそ、そもそもオリジナルができたときは凄い熱量で出来上がったイノベーションであり、クリエイションだったはずなんです。いつからか“伝統”になり、守られて当然のものになった瞬間から、人は最初の情熱以上の努力をしなくなる。終わってしまって、まるでテレビを何も考えずに見ているときと同じような感覚で、ただ流れているだけになっているのが、すごくもったいないなと。僕たちの感覚で花火を進化させられるかもしれない、と。じつは彼に出会う前からけっこうVRを研究していたんですけど、VRって拡張現実ですごいはずなのに、なにか物足りなかったんです。カツくんのスタジオに行ったら、真っ暗闇の中で景色も見えないのに、その3Dサウンドを聞いただけで映像が見えたんです。去年のウルトラでも、パフォーマンスでエコ活動の啓蒙みたいなことをやってもらって、すごく良かったし、プライベートでも仲良し。見破られたトリック』っていう壮大なマジックを仕掛けるような映画を見たんですけど、ああいう心理に刺さるような花火ができたらいいな、と思っていたら、すごく共感してくれたんです。 小林玄:伝統がアップデートされていないことへの感覚が、ほぼ同じだったんですよね。

      世界に誇れるような日本発のエンターテインメントで何ができるか、というところから始まりました。

      約400年間アップデートされてない日本の花火を、僕たちの力で進化させたいな、と。たしかに、これまで小橋さんがやられてきたことも、海外で刺激を受けたものを日本へ、というイメージでした。世界のものをいろいろ柔軟に吸収して、それを自分たちでバランスよく調和して、形にする。たとえば80年代のファッションで言うと、藤原ヒロシさんがロンドンに行ってパンクを学んで、ニューヨークにも寄ってヒップポップを学んで帰ってくる、とか。パンクファッションにアディダスのスニーカーなんて、世界から見たら「お前、超クールだな。 少し前までの日本人って、世界のものをたくさん柔軟に取り入れてきたはずなんです。って繰り返してるのが、なんか違うなって思っていて。今回のイベントにしても、もちろんあの世界観が好きな人たちにもインパクトを与えられると思うんですけど…。興味のない人たちに触れてもらうっていうことは、ものすごくピュアなわけじゃないですか。しかしたら、その人たちの人生を変える大きなきっかけになるかもしれない。だからこそ、友だちに誘われて行けるレベル、行っても許せるレベルじゃないといけない。 ちょっとお台場だったら行こうぜ、おもしろそうだから。 あと、海外で見る花火って、すごく派手じゃないですか。日本の花火は美しいし一番すごいって言われているけど、どうしても派手には見えないんです。その理由を花火師さんに聞いたら、やっぱりロケーションなんですよ。ビル街から火花立てたり、バンバン花火を打ち上げたり。ほとんどが河川敷とか、背景がないところですよね。

      でも、お台場のあそこは唯一、東京の摩天楼がすべて見渡せるんです。ああいうロケーションでの花火って、なかなかないんですよ。 あと、お台場って昔はすごくイケてたイメージがあったんですけど、今はファミリー向けというか、どうしてもダサいイメージがあって…。過去のものがただ古いものになって見捨てられるのって、良くないですよね。

      地方創生ももちろん大事ですけど、やっぱり都市が元気じゃないと地方も元気になれないと思っているので。いかにその都市の機能を活かせるか、っていうことを考えています。

      そうなったときに、本当に自分たちが持ってる都市のいい部分を、いつの間にか忘れてるんじゃないかと。 ULTRAをやっていて思うのは、やっぱりお台場の価値ってすごくて。あそこから見る東京の景色ってめちゃくちゃ美しいのに、意外と感度の高い、おもしろい人たちほど、その景色をちゃんと見たことがない。行ったことのないラーメン屋さんでも、行った気になる、見た気になる、分かった気になっちゃう。異空間から戻ってくると、やっぱり東京って美しいなって思うんです。そこに僕たちのやる意味があると思っているんです。 その経験をしたあとの人生の答えは人それぞれだけど、どういうきっかけを与えたらいいかって言ったら、先生みたいに答えを上から叩きつけるよりは、ファーストインプレッションはできるだけ近いほうがいいし、行きやすい場所がいい。 小林:花火だけを考えたら、真っ暗な田舎町のほうが条件はいいんです。なのにお台場でやる意味っていうのは、本当は花火なんか上げなくたって、パフォーマンスなんかしなくたって、奇跡みたいな日常が溢れている。

      を通して非日常を見せることで一回高揚させるけど、それが終わったあと、おそらくお台場の景色がいつもと違って見えるはずなんです。そうすると、自分はすごい地球に生きてるんだな、っていう感覚になってくれるんじゃないかな。っていうイベント名も、いわゆるイベント名っぽくないというか、場所や空間をイメージさせますね。


      小橋:スターって言っても、色々な意味があるじゃないですか。僕たちだって、宇宙の中のひとつの星に住んでるわけです。そして、僕たち自身も自分の中に一つひとつの宇宙を持っていて、さらにあの場所、つまり橋を渡ったら夢の島みたいな異空間があるという世界を味わってほしいから…という想いで決めました。

      そのアイランドで非日常の体験をして、自分たちがひとつの星だと気づいて、帰っていく。それだけを絞り出す会議を何回もして、3ヶ月くらいかかったんですよ。本当にギリギリまでイベント名と子どもの名前の両方が決まってなくて、嫁とイベントチームからブチ切れられる寸前でした。 ハリウッドのあるプロデューサーが言ってたんですけど、本当にものづくりって、最後は諦めなんですよ。突きつめようと思ったら、いくらでも考えられるんです。だって3ヵ月後にもう1回考えたら、また違う名前に行き着くかもしれない。 小林:作品って、もしかしたら妥協の塊かもしれないですよね。

      クリエイターは間違いなく上を目指すし、広げた風呂敷の一番先に行くためなら、どんなアプローチもするじゃないですか。いつまでも突き詰めたら自分だけが望む高みにはなるんだけど、切っちゃって、それを愛する。期限があるからこそ、その名前が愛おしくなったり。コンセプトが見えてきたところで、もう少し具体的な話を聞かせてください。家族みんなで来たり、恋人同士や友だち同士はもちろん、会社の同僚と来ても楽しめるんじゃないかな。 3Dサウンドは本当に音が立体的で、たとえば鳥が羽ばたいているような空間を作り上げられるので、人をどんどん異世界にトリップさせることができるんです。平均1万円くらいのチケットにどれだけの価値を感じてもらえるかというと、この空間に来ないと絶対に味わえない、聴覚、視覚、感覚の体験が待っているということです。それこそ花火だけなら遠くからでも見られるんだけど、この場所に来ないと絶対に味わえない感覚を大事にしたいと思ってます。なく、会場に入った瞬間、ここは違う惑星なんだって思わせる。 みんなも映画の一員であって、映画館に見に来てるわけじゃない。 波打ちぎわに8個のゾーニングとステージがあるんですが、スタージェスターと呼んでいるクラウンが登場します。ジェスターってそもそも王様に仕えるピエロのことで、それがすべてのエンターテイメントの起源なんです。 そのピエロがバーっと並んで、客席を温めていく。そして空が暗くなり、オープニングショーが始まる。そこで約100名のパフォーマーが、壮大なショーを展開していきます。 ここにもこだわりがあって、一流と呼ばれるような名前が立っているパフォーマーではなく、才能はあるのに埋もれてしまっている日本人パフォーマーたちに声をかけています。

      たしかに、ラスベガスのショーとかって、スケールも派手さもハンパじゃない。芝居って、ずっと同じ役は続かないじゃないですか。こないだまで死ぬ思いで医者の役を3ヶ月やったと思ったら、次は不良の役、その次は金融で働く人の役、とか。そのすべてが今の仕事に繋がってるとは思わないけど、自分の中でもけっこう低迷期とかスランプもあるんですよ。 小林:たぶん彼は、違和感に敏感でピュアなんだと思うんです。パフォーマーという立場で言うと、僕もその感覚はずっとあって、自分でマジックもやるし、パントマイムもやるし、ジャグリングもやる。なんでもやるんですけど、マジックをやってると、マジシャンだったらそんなことやっちゃだめだよ、とか、パントマイマーはこうじゃなきゃだめだよって言われるんですよ。 でも、チャップリンは脚本もやるし、歌も歌うし、なんでもやるんです。 何かの役職だからこうじゃなきゃダメだっていうのが僕はすごく嫌いで、日本のエンターテインメントやパフォーマンスは、すごくカテゴライズされがちです。って言ったのと一緒で、果たしてすべてがシンメトリーになっていることがいい世界なのかっていうとそうではなくて、ちょっと歪んでたっていいじゃん、ちょっとくらい異物が入ってたっていいじゃん、を認めなきゃいけない。っていう職業も、レストランを作れる人がいて、器を作れる人がいて、そこに食材を提供する会社があって、そこに来るお客さんがいて、場所、土地を売る人がいて、何個かの職業が重なって出来上がるもの。みんなその時代のいろいろなものが積み重なって、職業が生まれてくるんですよね。

      だから、はたから見ると何をやってるのか、どれが本当なのか、って言われちゃう。僕らの時代は、まだある意味で肩書きを模索してる。だから、映画のときもあれば、イベントのときもあるし、トークイベントのときもある。壮大なショーと聞くと、どうしてもオリンピックのオープニングを想像しちゃいます。

      小橋:僕らは意識してないんですけど、オリンピックに向けて世界が日本に注目するじゃないですか。そうなったときのお台場って、まさに玄関口だと思うんです。ある意味で、あそこが東京だと言われるし、代名詞みたいになる。 僕がやりたいのは、イベントも含めてそれを世界基準にしていくってこと。内容的に世界基準に持っていった上で、それを世界に伝えていかなきゃいけない。だからこそ、こういうイベントを通してやっていくべきことは、スケール感をみんなですり合わせていくこと。そうやって作り手もお客さんもアップデートしていく感覚がすごく大事ですよね。

      1万円払ったんだからどんなものを見せてくれるんだろう、じゃなくて、一緒に楽しんでもらえる感覚を作っていけたらな、と。しか人を感動させられないって信じているので、絶対にそこは外したくない。イベントは夜だし、はっきり言って人の表情なんて見えないと思うんだけど、ロボットでも光でもなく、人が動いてる、っていうことにパワーが生まれると思うんですよね。

      企画を立ち上げ、本イベントのクリエイティブの総指揮をとる。をモットーに、職業という枠に捕われない活躍をみせている。

      現在は演出家、コンテンツプロデューサーとしてアトラクション開発、パフォーマンスコーディネートを多方面で行なっている。


      関連キーワード - Instagram - ポケモンGO - 話題 -

考察。「拡張現実」とは何か?

「拡張現実」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum1/index.php(542): tweet_output('\xE6\x8B\xA1\xE5\xBC\xB5\xE7\x8F\xBE\xE5\xAE\x9F') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143