なぜ「彼女がその名を知らない鳥たち」なのか?

「彼女がその名を知らない鳥たち」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      あなたも気になる? - sponsored

      蒼井優と阿部サダヲが“イヤミス”映画で「最低最悪」の男女に!

      その人気小説『彼女がその名を知らない鳥たち』が蒼井優と阿部サダヲのW主演で実写映画化。松坂演じる水島真は、十和子と不倫関係となる高級デパートの時計売り場主任。一見誠実そうな風貌ながら、自分の性欲のためだけに動く最低の男だ。

      自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことも厭わず、十和子と別れる際に彼女の体にも心にも残るひどい仕打ちをした。松坂は本作で映像作品では初めての濡れ場を蒼井と演じる。2人が“共感度ゼロ”の最低最悪な男女という役どころに挑戦している。

      沼田まほかるのミステリー小説『彼女がその名を知らない鳥たち』が映画化。真梨幸子氏、湊かなえ氏と並び、後味の悪いミステリー“イヤミス”作品を数多く生み出してきた沼田氏による同作。同棲相手の陣治を嫌悪しながらも彼の稼ぎに頼る日々を送る十和子。言い、彼女を尾行するなど異常な執着を見せる陣治を阿部が演じる。言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子。黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――。十和子という人は、自分に対する諦めができない人。かといって何か行動を起こすわけでもない、甘ったれた女性。共感は全くできない役だったけれど、ご覧になる方に自ら嫌われる勇気をどこまで持てるのか、試したいと思いました。

      その言葉で、脚本通りにできればいいと思えました。



      あなたも気になる? - sponsored

      高橋一生も健闘「キスしたい男性芸能人」2位西島秀俊に勝ったのは…

      長年片思いだった相手とのドラマチックなキスや恋人との熱~いキスは、深~い思い出になる女子も多いのでは。 昨年ご結婚され、待望のお子さんも誕生された福山雅治さんですが、パパになっても衰えないその人気はさすが!映画の出演など、精力的に活動をされています。

      のように、大人の包容力にうっとりする人も多いよう。 なんてロマンチックなものも!妄想の中にもなんだか物語を感じさせる“オトナ男子”、納得の結果です。直虎』やTBSドラマ『カルテット』、映画『3月のライオン』など、話題作に次々出演し、飛ぶ鳥を落とす勢いの“イケメン界の新星”高橋一生さん。 選ばれた理由にもその人気の幅広さが見てとれます。 今一番旬な“ウワサの男子”は一体どんなキスをしてくれるのか、妄想が広がりますね。


      すっかりランキング常連となった松坂桃李さん。日暮旅人』や、秋に公開される映画『彼女がその名を知らない鳥たち』など、精力的に活動されています。

      選んだ理由には、次のような声が寄せられました。

      など、内面的なイケメンぶりも人気があるよう。やはり“正統派イケメン男子”とキスしてみたい女子は少なくない、という実態もわかります。 大人の男性に期待するのは、やはりセクシーさ。 など、“キスの上手さ”にも期待している女子が多いよう。さんでした! 過去の『Menjoy!』記事でも、多くのモテランキングで上位にランクインしているお馴染みの男性ですが、その人気は今回の調査でも健在。 このように、ベタ褒めのコメントが多数寄せられているのが印象的でした。 など、内面に関しても完璧な理想の男性という声も多くありました。

      以上、女子がキスしたい男性芸能人のTOP5をご紹介しました。

      松坂桃李、蒼井優との初の濡れ場に「光栄でした」

      メガホンを取るのは、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。 松坂演じる水島は、高級デパートの時計売り場主任。端正なルックスと柔らかな物腰、一見誠実そうな風貌ながら、その実、自分の性欲のためだけに動いており、ロマンティックな夢や趣味を臆面もなく語るが内容は薄っぺら。 竹野内演じる黒崎は、十和子の昔の恋人であり、スマートで羽振りもよく女性を喜ばせる所作に長けているが、上昇志向が強く、自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことも厭わない男。十和子と別れる時に、彼女の体にも心にも残る手ひどい仕打ちをした、水島に引けを取らない最低の男となっている。

      新鮮な組み合わせやこれまでに演じたことのないキャラクターを演じる彼らに注目。 松坂は撮影について、「油断のできない現場でした。台本を読んだだけでは想像ができないことが現場で次々と襲い掛かってくる。 蒼井との初共演について「蒼井さんは“すごい”の一言。数々の作品の先頭に立って、走って、何かを残して続けてきた人のすごさを、お芝居を通して体感できました。

      竹野内は自身の役どころについて、「救いようのない人物でしたので、役柄に対し共感出来る要素は一つもなかったです。黒崎を演じるにあたり、この人は幼少期からどの様な人間関係の中で、どんな人生を辿って生きて来たのか、時折ふと思い浮かべていました。

      意味不明な事を仰っていて、この人面白いなーと思いチャレンジしてみたくなったんです。 蒼井との初共演について「僭越ながら、表現の場は様々な誘惑も多く、自意識過剰になって必要以上な欲をつい出したくなりがちで、私自身、大切な事を見失った苦い経験が幾度となくありました。

      蒼井さんは役者である前に、人として生きて行く指針をご自身の中にしっかり持っていらっしゃる方。

      “クズ男”松坂桃李&竹野内豊に期待高まる

      俳優の松坂桃李と竹野内豊が出演することが分かった。『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督がメガホンを執り、ノンフィクションを原作に骨太な社会派エンターテイメントを作り出してきた彼が、初めて本格的な大人のラブストーリーに挑む。 ◆松坂桃李の“クズ演技”に太鼓判 松坂が演じる水島は、高級デパートの時計売り場主任。端正なルックスと柔らかな物腰、一見誠実そうな風貌ながら、その実、自分の性欲のためだけに動いており、ロマンティックな夢や趣味を臆面もなく語るが内容は薄っぺら。 白石監督は「とても誠実に演じて頂き、薄っぺらい男が不思議と奥深く魅力的な人間になりました。

      黒崎は、スマートで羽振りもよく女性を喜ばせる所作に長けているが、上昇志向が強く、自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことも厭わない男。十和子と別れる時に、彼女の体にも心にも残る手ひどい仕打ちをした、水島に引けを取らない最低の男だ。

      評し、「私の映画に出てくるクズなキャラクターの中でも断トツの酷い男です。 ◆ほか全キャスト このほか、村川絵梨、赤堀雅秋、赤澤ムック、中嶋しゅうの出演が決定。新鮮な組み合わせ&これまでに演じたことのないキャラクターを演じる彼らが、共感度0、不快度100からどのように心を震わす愛の物語に観客を連れていくのか、注目だ。

      下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。 <白石組初参加の感想> 油断のできない現場でした。台本を読んだだけでは想像ができないことが現場で次々と襲い掛かってくる。数々の作品の先頭に立って、走って、何かを残して続けてきた人のすごさを、お芝居を通して体感できました。

      黒崎を演じるにあたり、この人は幼少期からどの様な人間関係の中で、どんな人生を辿って生きて来たのか、時折ふと思い浮かべていました。

      意味不明な事を仰っていて、この人面白いなーと思いチャレンジしてみたくなったんです。 <蒼井優さんとの初共演について> 僭越ながら、表現の場は様々な誘惑も多く、自意識過剰になって必要以上な欲をつい出したくなりがちで、私自身、大切な事を見失った苦い経験が幾度となくありました。

      蒼井さんは役者である前に、人として生きて行く指針をご自身の中にしっかり持っていらっしゃる方。近い未来で、また別の役柄を演じる蒼井さんをぜひ目の前で拝見したいです。 ■白石和彌監督コメント 今ノリに乗ってる松坂さんにこれ以上ない軽薄な男の役をお願いしました。

      ても誠実に演じて頂き、薄っぺらい男が不思議と奥深く魅力的な人間になりました。

      竹野内さんもいつもとは真逆な男の役でしたが、これほど最低なクズが似合うとは思いませんでした。私の映画に出てくるクズなキャラクターの中でも断トツの酷い男です。それでもカッコイイ竹野内豊をスクリーンで見て頂けると嬉しいです。

      反町派?竹野内派?最強の月9「ビーチボーイズ」の“女性目線”の裏設定とは…

      お馴染みの反町の人気は、同イベントで一際歓声を受けたことから今もなお健在。俳優の竹野内豊と主演し“甲乙つけがたい2大イケメン俳優”として一世を風靡したことで大ブレークしたが、同作には女性演出家による女性目線の裏設定があった。 当時23歳の反町、26歳の竹野内のほか、17歳の広末涼子をヒロインに、稲森いずみ、マイク眞木らが出演。スペシャルドラマも制作され、篠原涼子や木村佳乃ら現在主役級の豪華キャストが脇役として登場していた。最上位を記録するほど人気を博し、まさに“最強の月9”と呼べる作品となった。 この作品によって、2人が一世を風靡した象徴として、ワイルドで明るい反町“広海”派か、インテリジェントでクールな竹野内“海都”派か世の女性が分かれる風潮に。ヒロインの松嶋菜々子演じる冬月の好きな芸能人として竹野内のポスターが自宅に張られるなど、反町と対比されつつ軽いパロディが行われるほどだった。など数々のヒット作品の演出を手がけた石坂理江子氏が担当した。よると、同作の撮影前の会議で石坂氏は作中の“8割が男のハダカ”であることをテーマに推し進め、その結果、反町演じる広海はシーンの至る所で“とにかく半裸”での出演となった。 特に、広海が水泳勝負に挑むシーンでは、反町の水着姿の肉体美を下から上まで細かく写すカメラワークなども実施しており、女性目線の演出を心掛けたという。 ◆大人の魅力を増した2人の再共演に期待 反町は関コレ出演がサプライズだったということや、そもそもあまり公の場に出ることはないこともあり、突然の大物俳優登場に会場は騒然とし、その日一番の歓声があがった。 歳を重ね、魅力も演技力も増した2人が再び名作で共演する日を心待ちにしたい。

考察。「彼女がその名を知らない鳥たち」とは何か?

「彼女がその名を知らない鳥たち」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

  • ✶miyoshi✶さん: RT @torimatsu: 松坂桃李 白石和彌監督作 「彼女がその名を知らない鳥たち」 に出演決定!!
    > https://t.co/v9OHla9fxe

    - 6 日と 4 時間前
  • kazkinkhさん: RT @murakawa_staff: 「白蟻の巣」東京公演にお越し頂いた皆様、ありがとうございました‼️ 地方公演も引き続きよろしくお願いします - 6 日と 5 時間 20 分 1 秒前
  • miriさん: RT @shiraishikazuya: 『彼女がその名を知らない鳥たち』全キャスト発表されました。ほんと皆んな素晴らしいです。作った僕も早くもう一回見たい。秋公開です。 - 6 日と 6 時間 24 分 27 秒前
  • 卯月の桜さん: RT @gentoshap: 『彼女がその名を知らない鳥たち』の映画に、竹野内豊さんと松坂桃李さんも出演されます! 主人公が惚れ込むクズ男・黒崎役に竹野内豊さん。薄っぺらい最低男・水島役に松坂桃李さん。かっこよくて最低な男たちがいっぱいです! - 6 日と 8 時間 29 分 19 秒前
  • 「彼女がその名を知らない鳥たち」に関する知恵袋
  • 沼田まほかる著「彼女がその名を知らない鳥たち」を読みました。

    ポロポロ、ポロポロ泣けました。

    生理的に受け付けない女性が多いだろうな、と思われる陣治ですが、どうしょうもなく母性をくすぐる魅力があり、最後にはその愛の深さに、これは親子愛に近いものなのかな、と感嘆しました。

    子種のない陣治の哀しみがせつないです。

    読まれた方、感想を教えて下さい。 陣治は、深い愛の持ち主ですが、私のように泣きましたか?

    最後まで、十和子を束縛する重い男ですか?


    一読忘れがたい小説ですよね。何日も後を引きましたし、泣きましたよ~(^_^;) でも、わたしは質問者さんとは違って、最後まで陣治は気持ちの悪い男でした…。本当に不愉快な登場人物ばかりで、読むのが苦しいくらいに人間の嫌な部分を見せ付けられたのに、なぜ美しいストーリーを読んだあとのような切なく悲しい気持ちになるのか…、陣治も気持ちが悪いままなのに…。むしろ、それがこの小説の凄いところなのか、と感じました。

    でも、最初は嫌悪感のみだったんですけど、読み進めるうちに不器用な陣治がかわいそうでたまらなくなってしまうんですよね。作者の描写がいじわるすぎて唖然としながら、陣治をかばいたくなってしまい、憎めなくなってしまいました。

    十和子も陣治も不器用だったんだとおもいます。

    最初から幸せにはなれない二人だったんでしょうか。 ラストの陣治の行動について、なぜ?それで良かったのか?

    など、凄く考えてしまいました。

    「それは陣治やからな」という台詞が頭から離れません。
    質問者さんの意見のとおり、好みの分かれる作品かもしれませんね。わたしは最近読んだ中ではベスト級に好きな作品です。

    余談ですが、沼田さんがブレイクしてからこの作品を読んだ山田詠美さんは「なぜこれが直木賞を獲っていないの!」とおっしゃったそうですよ。 わたしが読後数日ふさぎこんでいるので(こうなってしまうのであまりに悲しい物語は読まないようにしてます笑)、そのことで興味を持った友人(女性)にこれを貸したところ、 「切なすぎる。読まなきゃよかった。」と言ってました。

    陣治が愛おしい、と言ってました。


  • 彼女がその名を知らない鳥たち 表現が文章はうまいですが、くどいと感じだのはわたしだけでしょうか・・・ 同じ内容のことを、くどくど執拗に語っている。 また、主人公の頭の中は同じことばっかりしか考えていない(彼氏への気持ちなど) 「九月が~」も少しそういう面があったのですが(息子がこうだからこうしたのではないか、と同じ内容のことばかりの繰り返し)、そんなきにならなかったんですけどね・・・ あと、不必要な描写もくどい。 「九月~」なら、息子の描いた絵について。ラストの雪の中の描写など。 「彼女が~」なら、不思議な感覚に陥る(現実感がなくなる)、とか、主人公が一人でいるときの頭の中とか。
    どちらも読んでおります。確かにくどいです(^_^;)。くどいというか、執拗で粘度の高い心理描写ですよね。サラリとはしてませんから(笑)、くどいと感じるのは間違ってないとおもいます。

    わたしは沼田さんのそういう部分が好きなので、「厭な描き方するなあ~キモチワルいなあ~」とおもいながら楽しみました。

    とくに「彼女が~」はその点が凄くて好きです。

    好みの分かれる作家さんかもしれないですね。

    「ユリゴコロ」は、そこまでくどく無かったですよ。 わたしはそのねっとりとした心理描写の不安をあおる感じと「嫌感」が好きですが、質問者さんには合わなかったのでしょうね。嫌悪感を増幅させる描写が多いですから、嫌なひとは嫌だとおもいますよ。 「九月~」のラストの雪の描写を含めた終わり方、それまでの嫌感と対照的で好きですけどね~人によってとらえ方が違うのですね。

    息子の描いた絵についての描写など、文学的な感じのする描写もよくありますね。
    それがいいのですが確かに言われてみれば、この点に関しては少し冗長だったかも。実際、わたしも流し読みしてしまった…。あの絵の解釈、凄く怖かったですが、あの息子にそこまでの闇が(結果)無かったですよね。わりと浅はかともいえる結末だったので、そこはちょっとがっかりしました。

    「彼女が~」「ユリゴコロ」は、わたしの中では大傑作ですが、「九月~」は好きだけどツッコミどころは多かったです(笑)。デビュー作だし、そういうツッコミどころの多い馬鹿な人間たちを描きたかったのかもしれないんですが。


  • 【お礼500枚】 こんな小説を探しています! 主人公が愛する人のために犯罪(殺人とか)に手を染める サスペンス・タッチの小説を読みたいです。

    主人の性別は男でも女でも構いません。
    たとえば、「幻夜」「白夜行」「容疑者Xの献身」「アンダー・ユア・ベッド」 「彼女がその名を知らない鳥たち」「などの作品が好みです。

    日本の小説が望ましいですが 海外作品でオススメがありましたら そちらも是非教えてください! よろしくお願いします☆
    小杉健治『父と子の旅路』と夏樹静子の『量刑』はどうでしょうか?

    『父と子の旅路』では父親が息子の幸せと将来を願いそのためにある「罪」を犯し、『量刑』では彼女を守るために彼氏が犯罪に手を染め、その彼氏が犯した犯罪に巻き込まれた娘を救うためその父親が立ち向かうというストーリーです。

    質問者さんが読まれた小説とはちょっと内容が違いますがどちらも読み応えがある作品ですのでオススメします。 『父と子の旅路』
    http://www.amazon.co.jp/%E7%88%B6%E3%81%A8%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%97%85%E8%B7%AF-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B0%8F%E6%9D%89-%E5%81%A5%E6%B2%BB/dp/457551019X

    『量刑』
    http://www.amazon.co.jp/%E9%87%8F%E5%88%91-%E5%A4%8F%E6%A8%B9-%E9%9D%99%E5%AD%90/dp/4334923348



  • 「彼女がその名を知らない鳥たち」に関するブログ

  • 彼女がその名を知らない鳥たち』公式サイト

    http://blog.goo.ne.jp/tonarinokaguyahime/e/18e3a3c4d80eb20adc643e99f9b5cad1


  • 彼女がその名を知らない鳥たち
    彼女がその名を知らない鳥たち
    沼田まほかる

    http://blogs.yahoo.co.jp/happiness_103027/14311576.html


  • 沼田まほかる
    彼女がその名を知らない鳥たち」 再読
    感動。

    http://blog.goo.ne.jp/jinclimbing/e/3cc9439084c69c60cb212818fd6d186a


  • この方も結構グロイですが読み終わった後になんだかほんわり不思議な気持ちになるものが多いです。
    私のお気に入りは『ユリゴコロ』『猫鳴り』『彼女がその名を知らない鳥たち』かな
    『アミダサマ』は読んでる途中も読み終わってもよくわからないけど読んでしまった不思議な本です。

    http://blogs.yahoo.co.jp/mumu_mukky/37246468.html


  • 「彼女がその名を知らない鳥たち」に関する教えてGoo!
  • 私は33歳の4児の父です。

    しょうもない質問ですが、真剣に悩んでいるので、ダメだしでも批判でも何でも結構ですので、ご意見頂ければと思います。


    実は、毎朝、通勤の電車の同じ車両に乗っている女性に、真面目に恋をしてしまいました。

    年齢は恐らく20代後半くらいかと思います。


    私は4児の父親ですし、この思いを内に秘めておこうと何度も思いましたが、逆に思いは募るばかりで、彼女の事ばかり考えてしまいます。



    ただ、いきなり声をかける勇気もなく、また私の家庭状況から、そんな事をしても皆が傷つくだけなので、何もできない状態のままです。


    一つ言える事は、私は22歳の学生の時に、結婚はしたくなかったのですが、押し切られるままにしてしまった後悔があります。今では子供も4人も出来てしまいましたが・・・。
    出来ることなら、彼女と一緒にいたい、そんな思いが日に日に大きくなってきます。
    どんなご意見でも結構ですので、お聞かせ下さい。
    奥様に現在の気持ちをお話になって別れたらいいと思います。


    その際、お子様は引き取ってきちんと慰謝料をお支払いになってください。
    あなたが33ということならば奥様もお若いことと思います。


    奥様も人生やり直せる年齢です。

    どうか自由にしてあげてください。
    私も若くして状況から結婚したのでわかります。
    違う未来を思い描く気持ち。
    その思いは子供がいても、女でも男でも変わりません。

    きっと、奥様も何度となく心に浮かんだことでしょう。あなただけではないです。


    それでも他の人間に心を移し、思い人に入れあげたことはありません。

    それは子供と夫に対しての裏切りだからです。


    あなたは恋をしていると言いながらも、奥様に洗濯をしてもらい、ご飯を作ってもらい、自分の子供たちを育てさせている。
    その状況に感謝せず、思いを続けるのは卑怯です。


    その彼女と一緒にいたいとおっしゃるならば、奥様という保険を解約し、今までの責任を全てご自分でかぶってから実行に移してください。
    押し切られて結婚した。この発言は自分の意思でしたことに責任を持ってない証拠。
    今度は自分の意思で責任を取って、納得するよう生きてください。
    奥様に責任を押し付けるのは止めにしましょう。
    その為にお子様をあなたが引き取るのは必須です。


話題のトピック