なぜ「小屋」なのか?

「小屋」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      富士山の山小屋レポに怒り・不快感コメントが集まる・・・世界遺産は夢のまた夢? [山小屋]



      しかし、これで世界遺産目指すなんて噴飯ものとしか思えません。
      それにしても、富士山の山小屋事情は凄まじいんやね。

      ただでさえ酸素が薄いところ、閉め切った小屋に大人数で横になる。この写真は、外に空気を吸いにいった際に撮ったもの。 「夜中にどうにも息苦しくて外に出て新鮮な空気を吸ったら何とか苦しいのも治まりました。

      標高のせいもあったとは思うけどまさか山小屋の中で酸欠になるとは思わなかった。 そういえば、富士山の山小屋の人の心ない一言を私は忘れない。 富士山に登ったとき、ある山小屋の主人が異常に柄が悪かった。 今回、某小屋に泊まったときも、殿様っぷりに憤りを覚える出来事があった。同行者からは、口コミサイトがあったら即効で書き込んでやりたいとの言。 富士山を遠くから眺めて思う、美しき日本の富士。こんなの登山じゃないし、一つも面白くないし、不快でしかなかった。 うーむ、色々な意味で考えさせられる記事でした。山頂標柱の行列には辟易したし、もう1度行こうとは思わないなぁ。 富士山が以外と汚いとは知ってたけど、富士山ってこんなところなんだろうか。これだけ山小屋がそろっているから、私みたいなのでも安全に登れるわけで。

      これを食べるために山に登りたい!魅惑の山小屋グルメ

      登山で疲れた体に山小屋で食べる温かい食事は普段の何倍も美味しく感じられる。山での楽しみはもちろん眺望であるが、その次は食事である。近年は小屋の収容人数も増え、ヘリでの荷揚げにより食材も豊富となり食事はとても美味しくなった。 最近の山小屋は美味しくて種類も豊富な食事を提供してくれる所も多くなってきたから、山小屋泊の楽しみの一つ。 南八ヶ岳で通年営業していて、夏季はお風呂も入れたりする至れり尽くせりの山小屋。 夕食で出されるステーキは下界を超えるクオリティと評判。 硫黄岳と天狗岳の間に位置するオーレン小屋は豪華なご飯に雰囲気ある檜風呂と薪ストーブが名物の山小屋。 ランチのみだが、ロシアの煮込み料理ボルシチが味わえる。 お洒落な山小屋として女子に人気の黒百合ヒュッテ。カフェチョコレートリリーの看板も掲げている通りお茶やスイーツを楽しみながら優雅な休憩が可能。薪ストーブが名物で、宿泊者のみが朝食に食べれる超厚切りの薪ストーブトーストはここの小屋の名物。おはようございます!これが噂のしらびそ小屋の朝食か〜。私が撮るとちょっと違う(笑)現在、厚切り過ぎるトーストは宿泊客の朝食のみになりましたので立ち寄りの方はご注意を〜。 北八ヶ岳ロープウェイの山頂駅に近いところに建つ北横岳ヒュッテ。 登山と紅葉の聖地と言われる涸沢に建つ涸沢ヒュッテ。

      御嶽山噴火 山小屋の支配人が多数の登山者を救っていた

      降り注いだ噴石が山小屋にぶつかり、天井からは大きな音が響く。逃げ込んできた登山者ら約50人にヘルメットを配り、火山灰にまみれて下山した。小寺さんは噴火当時の様子について、「地震などの前兆が何もないなかで突然、噴火が始まりました。

      最初の噴火から数分の間に3回爆発があり、噴煙が上がって小屋の外は夜のように真っ暗になりました。

      また、雷とともに今まで経験したことのないお湯のように温かい灰が混じった雨も降ってきました。

      標高約2900メートル付近にある山小屋に、数十人が叫びながら駆け込んできたのは27日正午ごろだった。小寺さんが外を見ると、すぐ近くで噴煙が上がっていた。登山者を小屋の食堂に誘導すると、天井から大きな音。館内にいた人全員を、屋根が二重になった場所に集め、ヘルメットを配った。窓から見ると外は火山灰のためほとんど暗黒だった。暗闇に恐怖を感じる登山者のため自家発電機で照明をつけた。火山灰がザーと音がして、熱くなってきて、サウナの中にいるみたいに。「噴火口からできるだけ遠く離れなければいけない。あっという間に灰色に変わった周辺の風景に登山者は怯えていた。時折吹き付ける強風に火山灰が舞い上がり、登山者は目や口元を手で覆った。

      > 続々オープン!東京、横浜で食べれる【かき小屋】まとめ
      > 三重県 カキ牡蠣食べ放題のお店・かき小屋リンク 食べ放題マップ
      > 死ぬまでに一度は行きたい! 世界最高級の山小屋「グーテ小屋」
      > 一人物置小屋で虐待も…母・祖母殺しの高2女子に同情の声【南幌町母・祖母殺害事件】
      > かき小屋ブーム到来!予約前に知っておきたい牡蠣の知識
      > 初めての富士登山には「山小屋ご来光」プランがオススメ!
      > 【絶品】山小屋ご飯まとめ

      「超セレブ犬」のための、本気すぎる犬小屋が登場

      きっと、お金持ちの飼い主さんに愛されているんだろうなあ~。人間でもそうそう住めない高級物件を犬のために作っているのだ。

      自慢のお家へようこそ 入居者はワンちゃん 玄関だけを見たら人間用だと勘違いしてしまいそう。 これぞトップレベルの ラグジュアリー 驚くのは見た目だけじゃない。 システム面では、犬側にも飼い主側にも使い勝手がいい。照明やエアコン、換気も自動で管理できるというのだから不便なんて言葉は思い浮かばないだろう。さらに両者がコミュニケーションをとれるようにカメラやスクリーンも付いている。

      出張や旅行等で離ればなれになってしまう時に役立ちそうだ。

      1番 さらに、壁や骨組みには頑丈な木材を使用していて、どんな天候にも対応可能。多数の窓を取り付けて外の状況をいつでも把握できるようにもなっている。

      また、犬がアレルギー反応を起こしてしまわないよう、家づくりに使用される全ての素材に細心の注意が払われているという。 残念ながら室内の写真はないが、こちらが間取り図。

      中古車なら100万円台から! 夏のボーナスで狙えるオススメのBMW TOP3

      ひと世代前のモデルなら、それこそ国産車の新車よりも安く手に入るモノも存在します。

      しかし、今回紹介するのはメーカーの認定中古車。現行モデルではなく、2005年~2012年に掛けて販売されていたモデルが手頃な価格となってきています。

      キドニーグリルや円形ヘッドライトを組み合わせたフロントマスクのほか、後輪駆動やボディ前後の重量配分を整えることで獲得した運動性の良さなど、BMWらしさはそのままに荷室の使い勝手を追求。特にテールゲートはリヤウィンドウだけを開けられるため、狭い場所でも荷物の出し入れが簡単です。2ドアだからこそ実現できた流麗なプロポーションのほか、ヘッドライトの形状がよりシャープになっているのがこのモデルの特徴です。 一般的にクーペは後席の居住性が悪いと思われがち。後席は2名掛けですが、セダンやワゴンとベースが同じであるため、思いのほか居住性が犠牲になっていません。
      SUVの流行の兆しがあった2010年に、初代モデルが日本での販売が始まりました。

      同等の室内空間に加えて、4WDにより悪路走破性を向上。さらに全高は1545mmとSUVの中では低めですが、そのおかげで機械式駐車場を気兼ねなく利用できるのも魅力です。

      秘境・天売島でのランチは、漁師直営の店に限る!

      羽幌港中央ふ頭から高速船とフェリーの2隻で結ばれている焼尻島と天売島。高速船なら約35分で先に焼尻島に着き、さらに30分弱で天売島へ。それぞれ特徴あふれる手つかずの自然が色濃い北の離島です。注目は水揚げ後、一晩寝かせて脂を魚体全体に行き渡らせてから-60℃で超冷温凍結させたメジマグロ。ごはんと一緒に頬ばると、口の中いっぱいにサラッとした脂の旨味が広がりました。

      ふわふわして甘みある天ぷらは、堪えられないおいしさでした。 マグロ漁に憧れ、父の背中を追って天売の漁師の道へ進んだ三浦さん。食堂や直売所は、フェリーターミナルの目の前です。店主の大友悌彦さんはウニ、タコ、真ダラ、カレイ、ズワイガニ、毛ガニなどを捕る現役漁師さん。 店内にはズラリと炭火焼きの炉が並び、単品から注文できる季節の魚介をBBQ風に自分たちで焼いて味わうことができます。
      メニューには定食や丼、麺物など焼き物以外も並んでいます。

      プリップリのネタが口の中で躍りますよ! 大友さんと、奥さまの百里子さん、娘の愛理さんほか家族で切り盛りしているアットホームな雰囲気も魅力です。

      ニセ科学がヴィクトリア朝ロンドンの人々を救ったおはなし

      Londonテムズ川の水には病原菌がうじゃうじゃいるよ!とロンドン水道局をおちょくった風刺画 お食事中の方は、くれぐれも読まないでください。 これはロンドンが歴史上もっとも不潔だった頃のおはなしです。 19世紀後半、イギリスで花開いた産業革命は首都ロンドンに富と繁栄をもたらし、同時にゴミと排気ガスをまき散らしました。

      ニセ医学の横行はある意味仕方のないことでした。

      しかし、すべてのニセ医学が悪いともいえません。
      をうたった数々のデマの中には、実際当時ロンドンで暮らしていた人々の生活を改善し、命を救ったのものもあったからです。 ヴィクトリア朝ロンドンに流行した、もっともポピュラーかつ現実とかけ離れた考え方に、イヤなにおいは体をむしばんでいくというものがありました。

      ありますが、かつては日本でも似たような迷信があったことがうかがえます。数ある異臭の中でもまず鼻についたのが人間のオシッコの臭い。女性はさすがに外で用を足すわけにもいかず、外出を極力控えざるをえなかったとか。そんなに裕福でもない家庭は共同であふれんばかりの肥溜めを使っていましたが、これは地主のきまぐれによってかき出されたり、かき出されなかったり。 これらの肥溜めに行政の規制は行き届いていませんでした。だったらしく、他のロンドン市内の教会墓地もあまりに混んでいたために遺体が土の表面すれすれに埋められていたことも多かったとか。 このように、かつてのロンドンではふだんの生活がいかに恐ろしい悪臭に何重にも包囲されていたかを考えると、そこに住んでいた人々が原因不明で特効薬のないコレラや、チフスや、結核から身を守るためにインチキ医学に傾倒していったことはそう不思議ではありません。
      臭いものが悪いものと信じるのはとても便利な考え方だったと、作家のジャクソンさんは米Gizmodoに語っています。

      「例えば、病気が蔓延していたスラム街も臭かった。その臭い対策として、1850年代から70年代にかけて新たに統一された下水道システムが開発され、ロンドンは未然のコレラやチフスの大流行から救われたんだ。


考察。「小屋」とは何か?

「小屋」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum1/index.php(542): tweet_output('\xE5\xB0\x8F\xE5\xB1\x8B') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143