なぜ「同点」なのか?

「同点」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      中国サッカーで大乱闘が発生! 元ブラジル代表が相手に思い切りボールを蹴り込む暴挙

      次から次へと各国の有名選手を補強し、いまや世界からも注目を浴びている中国スーパーリーグ。お金で買えないものはないと言わんばかりの資金力をもって超一流の選手を爆買いしていることは、サッカーファンでなくとも知っている人は多いだろう。 その中でも特に有名なのが、欧州リーグでバリバリ活躍していた元ブラジル代表のオスカル選手だが、この度問題を起こし、大きな騒ぎとなっている。

      いきなり相手に向かって思い切りボールを蹴り込み、乱闘を勃発させたというのだ。

      1-1の同点で迎えた前半終了間際、中盤でオスカル選手がボールを奪った時だった。しかも! なんとオスカル選手は、その跳ね返ってきたボールをまたしても相手選手に向かって思い切りキック!これに相手チームが激昂し、オスカル選手を突き飛ばすと両チームが入り乱れて大規模な乱闘となってしまった。それにしても、オスカル選手が突然とった行動の真意は何だったのか。 オスカル選手が25歳という若い年齢で中国への移籍を選択してから約半年。慣れない環境や欧州とのレベルの違いなど、不満が急に爆発したのだろうか。しそうだとしたら、週給7000万円とも言われる契約だとしても、彼の選んだ道はあまりに早すぎたのかもしれない。

      店のカレーと家のカレー、どっちが好きですか?

      サイトにて、2017年6月2日から6月8日の期間に行われました。

      俺の作ったカレーだと味は同点ですが、手間を考えるCoCo壱のほうが各自が食べたい仕様に出来るので、CoCo壱のカレーが一番です。普段とろみが強いカレーを食べているので新鮮です。家のカレーって何年も同じ味なのに飽きないよな~。 近所にあるインド料理屋さんのカレーが大好きです。 我が家のカレーは、冷蔵庫の残り物さらい+オカンのノリ=ロシアンルーレット状態。うまかろうがまずかろうが、同じものには二度と会えません。
      マイルドさを出すために、コーヒーフレッシュをかけて食べます。2日目はオムライスカレー、3日目はチーズを乗っけて焼きカレーにして、生卵を最後にトッピング。 お店のカレーは標準でも辛めなものが多く、辛さが苦手の我が家には向きません。
      タマネギを丹念に炒めて飴色にし、甘みを引き出します。気兼ねなくお代わりでき、成長期は一食5皿はざらでしたもの。 カレーの美味しいお店はたくさんありますが、やっぱり家のカレーが一番です。母の作ったカレーを食べてから死にたいくらい好きです。自分で作っても、母の味にまったく叶わないのが悲しいです。 父のこだわりのカレーは、凄く美味しく誰も真似できない味です。メールが来ると、早い者勝ちなので慌てて取りに行くほど。年に数回しか気が向いた時にしか作らないので、回数を増やして欲しいな、父よ。

      「99%イラクに勝てた」「明らかにコンディション調整ミス」元日本代表選手からも、ハリルへの不満が爆発!

      FIFAロシアW杯アジア最終予選第8戦の日本×イラク戦後、元日本代表選手たちは、同じ言葉を吐き捨てた。第8戦終了後も、日本代表は勝ち点1の差でグループ首位を堅持している。

      だが、残り2戦の相手は、ホームでのオーストラリアに、アウェイでのサウジアラビア。どちらかに勝利しないと、プレーオフに回る可能性が大きくとなる。イラクから勝ち点3を奪っていれば、どんなに楽だったことか。そして、元日本代表選手たち多くのは、イラクに99%勝てたと感じていた。 というのも、日本は前半8分にセットプレーから理想的な先制点を奪っていた。日本は前に出てくるイラク相手に、カウンターを見舞えばいい。

      しかし、後半62分に井手口陽介が負傷し、交代枠を1枚使わざるを得なくなったあたりから、ハリルホジッチ監督が迷走し始める。この采配に、とある元日本代表選手はあきれていた。 「原口はまだ全然プレーができたし、試合の流れも決して悪くなっていなかった。何より、まだフィールド上には試合勘に不安のある本田圭佑や、膝を痛めていた酒井宏樹がいたにもかかわらず、いとも簡単に2枚目の交代枠を使ったことに驚きました。

      ハリルが日本代表の監督になってから、後半に追いつかれることが増えた。原口を交代させた直後、久保裕也がドリブル突破後に足を痛め、さらに酒井も足を引きずり始める。そして、原口を交代させた2分後に痛恨の同点ゴールを奪われる。酒井は棒立ち状態で、GK川島永嗣と吉田麻也のミスをフォローすることができなかった。 「そもそもで欧州組が合流した時から、ハリルはおかしかった。なぜか欧州組にハードなトレーニングを課し、徐々にコンディションを上げていこうと考えていた選手たちとの間に溝が生まれていた。福田正博さんがハリルによるコンディション調整を批判していました。

      イラク戦終盤で欧州組のパフォーマンスが落ちたのは、明らかにハリルのコンディション調整ミス。この試合までのプロセスから、ハリル監督が解任されることはないだろう。ハリルは最終予選初戦後から、常に“負けたら解任”の首の皮一枚でつながっている状態。 冗談めいたコメントではあったが、その目は笑っていなかった。残り2戦に不安を覚えたのは、元日本代表選手たちだけではないはずだ。

      乾貴士が語るサッカー日本代表の可能性。世界最高峰のリーグで得た確かな自信

      サッカー日本代表は7日(水)、キリンチャレンジカップでシリア代表と対戦。仮想イラクとして臨んだテストマッチに1-1で引き分けた。後半3分にショートコーナーから先制を許した日本だったが、その10分後に左サイドからの長友の折り返しに今野が合わせて同点に追いつく。その後は優勢に試合を進めた日本だったが、最後まで逆転ゴールを奪うことはできなかった。 ホームでありながら前半にうまくペースを握れず、逆に後半立ち上がりという注意すべき時間帯に失点を許すなど、13日(火)に行われるイラクとのアウェイ戦に向け課題を残す一戦となった。しかしそれと同時に、久々の代表招集となったアタッカーが鮮烈な印象を残してみせた。この日スタンドで、あるいはテレビで乾のプレーを観たファンの感想は概ねこんな具合だっただろう。後半13分、実に2年2か月振りとなる代表のピッチに立った乾は実に伸び伸びと自由にピッチを駆け回った。得意のドリブルで局面を打開したシーンは数知れず。相手が突破を恐れて足を止めたと見るや、今度は味方の足下に正確なボールをつけ、質の高いフリーランニングを交えながらリズムを作り続けた。後半途中から右インサイドハーフにポジションを移した本田圭佑からの左奥へのロングボールを見事なトラップで収めると、一瞬ボールをさらして相手DFに食いつかせてから右足から左足のダブルタッチでゴールライン際を突破。シュートは惜しくも相手GKにブロックされたが、バルセロナでプレーしていた頃のロナウジーニョを彷彿とさせるようなプレーでスタンドを沸かせた。13日のイラク戦はもちろん、来年のロシア本大会での活躍を期待させるにも十分のプレーぶりだった。アウェイのバルセロナ戦では利き足と逆の左足で2ゴールを決め、カンプノウに詰め掛けた9万人を黙らせてみせた。他の欧州列強のリーグと比べても、もう一段レベルの高いリーグなのだ。

      そこで2シーズンプレーし、カップ戦も含め計59試合に出場した乾に、率直にスペインの何が違うのかを尋ねてみた。スペイン人をはじめ、リーガでプレーする選手たちはみな一様にボールを扱う技術が非常に高い。だが、レベルが高いのはそういった目に見えるテクニックだけではない。 「自分がこのスペースに入ればここが空くとか、ここに出せば相手が絞るから裏が空くとか、とにかく“こう動いたらこうなる”ということをみんなが理解している感じですかね。

      監督に言われたことだけをそのままワンパターンにこなしたり、各自がただ好きなように動くのではなく、その場その場で柔軟にプレーを選択する。多くの選手がフットボールの原理原則を理解しているベースがあった上でそれをやるからこそ、1つ1つが意図を持ったプレーになり、流れるような攻撃が生まれるのだ。

      ただ空いているところにパスを出していくような行き当たりばったりの攻撃ではなく、自分たちで主体的に狙って連動できているからこそ各自のプレーにも余裕が生まれ、ただでさえ高い技術を持った選手たちがよりその技術をいかんなく発揮できるようになるのだろう。 元々ボールを扱う技術には定評があった乾だが、スペインで2年間揉まれたことでそのサッカー観はより研ぎ澄まされたようだ。

      得意のドリブル突破にばかり目が行きがちだが、この日はマイボール時に試合を落ち着かせる役割も担うなど、選手としてより成熟した姿を見せた。久々の代表戦で見せた余裕のプレーの裏には、世界最高峰の舞台に立ち続けた確かな自信と、そこで得たスペイン流のサッカー観があったのだ。

      スペインのサッカー観についての話がひと段落したところで、乾は確信したような表情でそう話し始めた。 「今日の試合でいえば、圭佑くんが真ん中でボールを収めてくれるからそれだけで相手を押し込めたし、それによってサイドの自分もやりやすくなりました。

      この日の日本代表は後半18分、MF今野泰幸を下げてFWの浅野拓磨を投入したタイミングで、それまで右FWとしてプレーしていた本田圭佑を右のインサイドハーフに移した。このポジションチェンジを機に連動したテンポの良いパス回しが生まれた。左利きの本田が中盤の右寄りでタメを作り、中を見ながらプレーすることで左FWの乾、左SBの長友らとスムーズなコンビネーションを見せた。本田がタメを作れるからこそ乾は良い状態で仕掛けられたし、その良い仕掛けがあるからこそ乾が中に入ったときは相手DFが警戒して食いつきやすくなった。乾が食いつかせたからこそ乾が元いた左奥のスペースが空いて、そこに長友が連動して走り込めたのだ。

      本田のインサイドハーフ自体は確かにはまっていたが、本田も受け手の乾のクオリティがあるからこそ輝けたと言えるはずだ。

      複数の選手が同じ画を見て意図的に連動できていたからこそ、後半は相手を押し込むことができたのだ。

      「今日はすごく楽しめましたけど、やはりしっかり勝たないと。 日の丸から遠ざかっていたその男は、世界最高の舞台で己を磨き、一回りも二回りも大きくなって帰ってきた。

考察。「同点」とは何か?

「同点」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum1/index.php(542): tweet_output('\xE5\x90\x8C\xE7\x82\xB9') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143