なぜ「バレンティン」なのか?

「バレンティン」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      一体何が?バレンティンとバーネットが乱闘騒動…ヤクルトの厳しい現状が浮き彫りに?

      バレンティンは1点を追いかける二回、先頭で打席に立つと、カウント1-1から杉内のスライダーを捉えた。抑えで登場したバーネットは二死一塁から長野に左翼線へ二塁打を浴びた。バレンティンはクッションボールの処理にややもたつき、一走が生還して同点。守備を終えてベンチに戻った際にバーネットから緩慢さを指摘されると、2人はもみ合いとなり、田中浩らに制止された。本塁を踏んだ直後にマウンドに向かい、両チーム総出の乱闘騒ぎになった。その裏の打席、バレンティンはマシソンに顔付近のボールにのけぞり、これに心を乱したバレ砲。

      相性抜群の横浜スタジアムに電車通勤しているバレンティン

      ヤクルトのバレンティン選手が、自身4度目の1試合3本塁打を放ちました。

      ヤクルトがバレンティンの3本塁打など今季最多の12得点で6連勝。バレンティンが歴代3位に並ぶ4度目の1試合3本塁打。4打席連発のプロ野球タイ記録は逃したものの、場外2発の驚異的なパワーを披露。2年連続本塁打王が3戦連発を含む5戦6発と量産モードに入った。バレンティンが本塁打した試合に、チームは昨季7月27日中日戦から11連勝となった。1試合3本は来日3年目で4回目だが、うち3度が横浜スタジアムで一昨年は5月13日で、昨年は5月1日。横浜スタジアムへは都内自宅からミレッジ、ロマンとともに電車通勤。大幅に変わった渋谷駅での乗り換えは、下調べをしていたこともあり、混乱しながらも何とかクリア。

      しかし、昨年までは渋谷始発で座れた電車が、相互乗り入れのため始発ではなくなっていた。オランダ代表の4番を務めたWBCで左内転筋を肉離れした。開幕に間に合わず戦列に加わったのが13試合目の12日から。から1軍復帰したが、満足にフルスイングができない状態だった。4番に座ってからの8試合で打率4割3分3厘、17打点、6本塁打。WBCでも活躍したオランダ代表の猛打は、手がつけられなくなってきた。

      ヤクルト・バレンティン選手逮捕?!急増するDVはなぜ起こる?

      バレンティンは米フロリダ州マイアミに住むカルラ夫人が住む家を訪れたが、夫人が家に入れることを拒否。バレンティンは窓から侵入し、逃げる夫人の腕をつかむなどして暴力をふるったという。衣笠剛球団社長は都内の球団事務所で報道陣に対応し「びっくり。バレンティン選手は現地で拘束されているため現在はアメリカの代理人を通して弁護士と事実関係を確認しているということです。持っていたシーズン55本塁打のプロ野球記録を49年ぶりに塗り替えた。お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。



      > 遂に開幕!山田哲人復活を、あのバレンティンが予言していた?
      > バレンティンに激似のアジャ・コングが胸中を激白。アタシ、バレンティンじゃねえし。 #swallows
      > 【現地動画】阪神vsヤクルト戦で壮絶な大乱闘が発生 バレンティンら退場【藤波危険球】
      > 復帰からたった1日で離脱したバレンティンがあまりにも残念すぎる
      > 史上最速50号HRバレンティンがこれから戦う相手とは?
      > 阪神ヤクルトの乱闘で矢野コーチとバレンティンが退場した経緯まとめ #swallows #Tigers
      > 唖然・憤怒のち呆然…バレンティン孤軍奮闘もプエルトリコが決勝進出

      【プロ野球】これはきつい…。ケガ人続出。ヤクルトの惨状を3位争いのライバル・DeNAで例えてみた

      交流戦は1分けを挟み10連敗でスタートしたヤクルト。序盤から苦しい戦いを強いられたが、ホームの神宮球場に戻ってきた最終週は4勝2敗と勝ち越し。

      しかし、毎年の懸念である故障者が交流戦で増えてしまったのも事実。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■交流戦で正捕手と二番手捕手が揃って離脱 DeNAと比べる前に、交流戦で正捕手と二番手捕手が離脱したことに触れておきたい。その後は、昨シーズン、ブレイクを果たした西田明央がマスクをかぶった。

      しかし、その西田も16日の日本ハム戦において自打球で負傷。翌日には星野雄大を1軍に昇格させてバックアップ態勢を作り、井野卓が先発出場。 交流戦の最終試合で、星野がプロ入り5年目にして初出場を果たしたのは明るい話題だった。これを機に中村、西田を脅かす存在になってほしい。なお、西田は交流戦終了時点で登録を抹消されていないが、交流戦明けの出場は未定となっている。

      ■離脱者の状況を確認 ここまでの離脱者の状況もあらためて確認してみよう。昨シーズンの投球回数におけるチーム1位、2位が揃って離脱した格好だ。

      また、打撃陣では川端慎吾が椎間板ヘルニアで開幕から不在。バレンティンは交流戦中に右太もも肉離れで登録抹消された。 川端は2015年の首位打者、畠山は2015年の打点王、バレンティンは2013年の本塁打王。頼みの綱だった山田哲人も開幕から不振にあえぎ、打率.213。 日々、神宮球場に通うヤウルトファンの筆者も頭痛がする状況だ。

      DeNAの投手陣で小川、山中に相当するのは、昨シーズンの投球回数における上位2名の石田健大と井納翔一だ。

      開幕投手を務めた石田は一時の登録抹消を経て復帰したものの、石田の不在は大きな痛手だった。また、勝ち星に恵まれていないものの、先発ローテーションを守る井納も欠かせないはずだ。

      ヤクルトの状況をDeNAに置き換えると、まずこの先発2投手を失ったことになる。 捕手では、戸柱恭孝と嶺井博希が不在という状況になる。

      しかし、DeNAの捕手陣には経験のある高城俊人が控えているので、仮に戸柱と嶺井が離脱しても、ヤクルトより痛手は少ないかもしれない。 野手陣で言うと、梶谷隆幸、ロペス、宮崎敏郎が不在。さらに、主砲の筒香嘉智が絶不調というイメージが近い。 DeNAファンがこの惨状を想像するだけで、目の前が真っ暗になるのではないだろうか。 このような状況でヤクルトは上位を目指しているのである。暗い話題ばかりだが、交流戦の終盤には、由規が7回1失点で2勝目を挙げ、原樹理がプロ入り初完投勝利の好投を見せた。 また、三塁に定着した藤井亮太が9試合連続安打。守備でも好プレーを見せるなど完全にポジションを確保している。

      優勝を目指したいところだが、まずは3位を目標に定め、交流戦明けの再スタート後に立て直しを図りたい。あのつば九郎が漫画になって、相も変わらず傍若無人。

      弱いのか? 強いのか? ヤクルトスワローズに脈々と流れる“系譜”を訪ねる旅

      ヤクルトファンにとって、もはや毎年の有事ではなく“憂事”である交流戦がやっと終わった。球団史上ワーストとなる巨人の13連敗が世間の大きな関心事となっていたその裏で、ヤクルトはひっそりと10連敗を記録していた。 しかも交流戦前の5連敗ののち、1勝を挟んだ10連敗。主力がバタバタとケガで戦線離脱しているのに、世間の関心は巨人一色。 ◆弱き時代、罵詈雑言を浴びせた元選手のもとへの“贖罪の旅” “渋い、渋すぎるよ。 通常のインタビューを装いながら、思春期の渋井に抱いていたモヤモヤを反芻、そして吐露し、いつ本人に向かって、失礼を承知で謝罪を切り出そうかと必死に間合いを図る場面は、読むものをハラハラさせる。を述べるのだが、その角氏はあまりにも前のめりに、当該試合のことを昨日のように語る45歳のオッサンにたじろいだりする。それぞれの生活にチームの勝敗や選手の成績を重ねている。

      そのファンにとってこの本はロールプレイングゲームようだ。

      裏側にあるものを、ときにユーモアを交え、ときにシリアスに迫る姿を、追体験する。そして、その熱いひとりのファンを快く迎え入れる、スワローズ戦士たちの懐が広いことを、自分のことのように安堵するのだ。

      を丸出しにし取材、そして原稿を書くことに衒いがないかと言われればウソになる。

      しかし、その公私混同こそが、380ページもの大作を書き上げる原動力になったことに違いない。 燕は低空飛行でも、巣である神宮球場の観客動員数は右肩上がりを続けている。

      自嘲気味に言うが、それでもファンは、餌を与え、少しでも高く飛べるように、と球場に通う。ファンや、かつての記者のように、地方で“ひっそりと”声援を送り続けるファンは、まだなにも諦めていない。

      プロ野球オールスター戦は、野球版サマーソニックである

      しかし今はWBCでガチの日本代表チームが招集されているし、直前の6月には交流戦も行われている。

      WBCもメジャー移籍も身近でなかった頃は、野球界のストーリーは国内ですべてが完結していたわけだから。残念ながら、あの頃のオールスターの緊張感やスペシャル感を現代に再現するのは不可能だ。

      そのヒントを見つけたくて、数年前、神宮球場までオールスター観戦に出かけた。ペナントは数百試合見てきたけど、生まれて初めて夢の球宴の現地体験だ。

      チケットはバックネット最上段の座席が8,000円となかなか強気の値段設定。まあ海外のバンドのライブに行ったと思えば……なんつって試合開始1時間前に球場に着くと、球場はホームランダービーの真っ只中で、バレンティンがドでかい一発を打ち上げていた。みんなが空を見上げて、おおっスゲーなとウチワを扇ぎながら拍手を送る。 ドヨめくスタンドは右も左も360度ギッシリ詰まってた。客層はバラバラで贔屓球団のユニフォーム姿の常連客と年に1度の野球観戦と思われる浴衣姿の一見さん。この日ばかりはどこの球団のファンもみんな仲良く弁当を食べて、ビールを飲んでまったり野球を見る。それぞれの球団カラーが混じり合う色とりどりのスタンド。なぜなら子どもの頃、テレビでよく見たあのオールスターの風景そのものだったからだ。

      正直、今となっては試合内容はほとんど覚えていない。思い出せるのはMVPが当時阪神の新井貴浩で、ルーキーの菅野智之はこの試合がオールスター初登板だったことぐらい。まあ夏祭りでおネエちゃんと何話したかなんて覚えちゃないよ。

      ただ、微かな夏の匂いと楽しかったという漠然とした記憶だけが残る。オールスターはそれでいいんじゃないかと実際に見に行って実感した。WBCのようなテンションでプレーしろって、そら無茶だよ、潰れちまうよ。だいたい、シビアなペナントレースの休憩時間として試合を眺めてる俺らファンも疲れちゃう。浴衣姿でかき氷をかき込みながら、気楽に楽しめるのがニッポンのオールスターの良さなんだから。それでも個人的にはNPBの今のオールスター2試合制、けっこう好きだけどね。

      野球ビギナーのライトユーザーを球場へ呼ぼうとしている2017年のプロ野球界で、オールスターのようなイベントを日本各地でやることには大きな意味があると思う。旬のアイドルが始球式を務め、デビューしたての若手選手からベテラン選手の大御所まで一同に集う真夏の祭典。これってコンセプトは野球界の『サマーソニック』だよね。

      つまり、オールスター戦とは、プロ野球界の夏フェスなのである。 今年も日本の夏は7月中旬のプロ野球オールスターで始まって、8月下旬のサマーソニックで終わる。

      【プロ野球】だから弱い! 今年も交流戦・指名打者に失敗したセ・リーグ。21人が9試合で4本塁打19打点……

      楽天もアマダー、ペゲーロは2通りの打線パターンによるものだ。

      指名打者で起用される選手の顔ぶれを見ても、非常に目移りしていることがわかる。 ベテラン選手の休養、出場機会確保など、いわば穴埋めパズル。

考察。「バレンティン」とは何か?

「バレンティン」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum1/index.php(542): tweet_output('\xE3\x83\x90\xE3\x83\xAC\xE3\x83\xB3\xE3\x83\x86\xE3\x82\xA3...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143