なぜ「タイブレーク」なのか?

「タイブレーク」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      名勝負は見られない?!高校野球「タイブレーク」導入へ。

      選手の健康状態を考え導入を議論して来たタイブレーク制度。延長戦を戦う名勝負は無くなるが、選手の将来を考えればベストな選択と言える。日本高野連が、早ければ2016年のセンバツ大会からタイブレーク方式を導入することが20日、濃厚となった。甲子園大会でのタイブレーク導入については否定的な意見もあるが、日本高野連は選手の健康管理に重点を置いており、この日の決定で、甲子園導入へ道筋がついた。野球やソフトボールで早期決着を目的に延長戦で人為的に走者を置く特別ルール。高校野球では明治神宮大会、国体などで導入されており、延長10回以降の攻撃を1死満塁から開始する。硬式より点が入りにくいとされる軟式は全ての大会で導入する方針で、来月4日の軟式委員会に提案する。して、甲子園大会や甲子園に直接つながる大会での導入は見送られた。タイブレークが導入され、今年から春季大会でも採用可能になったが、採用したのは関東と北信越の2地区にとどまっている。

      会議では健康管理や順調な大会運営のため、日程調整、投球数や投球回数の制限なども議論したが、いずれも現実的に困難と判断した。相沢委員長は「投球回数や球数を制限するのは、投手が少ない学校に不利となる。優勝した中京の主戦投手の1回戦からの投球数は1047球に及んだ。

      ▼ダビッシュも自身の経験からこの問題を語った。

      最後は中田翔!タイブレークでオランダとの激闘を制した侍ジャパン

      2次ラウンド初戦のオランダ戦で死闘の末に野球日本代表の侍ジャパンが制した。8-6で難敵オランダを撃破し、決勝ラウンド進出へ白星発進となった。2死一、二塁で打席に入った中田がカウント1ボール1ストライクからの3球目スライダーを左翼スタンド最前列に放り込んだ。

      内野安打で1死一、三塁とチャンスを広げられ、犠飛で2点差と詰め寄られた。同点2ランで東京ドームが静まりかえる中、オランダのナインの歓声だけが響いた。先頭の坂本が中前打と捕逸で無死二塁とチャンスメーク。1死二塁から秋山の二ゴロの間に三塁へ進み、2死三塁。150キロを超えるストレートで力勝負に出ると、ボガーツをストレートで見逃しの三振。を武器の“お化けフォーク”で空振りの三振。1点リードのまま迎えた9回のマウンドには則本が登場。

      しかし、四球と安打で1死一、三塁のピンチを招くと、2死からスクープに二塁への適時内野安打を浴びた。勝利まであと1人から試合を振り出しに戻され、試合は延長戦に突入した。3番の青木との勝負となったが、二塁ゴロ併殺に倒れた。タイブレーク制延長11回以降は無死一、二塁から始まる。打順通りに打席に入り、走者は先頭打者の直前の2人。

      甲子園の名勝負が消滅?新制度「タイブレーク制」に賛否の声

      元球児、各校監督、ファンからは賛否の声が相次いでいます。

      導入を本格的に議論するために、4030すべての加盟校対象のアンケートを行うことが13日、分かった。試合の早期決着を図ることで選手の健康管理につなげるのが狙い。時間制限のない野球やソフトボールにおいて延長戦で人為的に走者を置き、早期決着を図る特別ルール。高校野球では明治神宮大会、国体などで導入されており、延長10回以降の攻撃を1死満塁の状態から始める。松坂、斎藤、田中は国民的スターになったが、いずれもプロ入り後に肘、肩を故障。田中のヤ軍入り後、米国でも日本の高校生の投球過多が注目されている。

      太田幸司さん「ぬるま湯体質になってきているのではないか。 1969年夏、三沢のエースとして決勝戦引き分け再試合で計27イニングを投げ抜いた。 現場からは、現状のままやりたいという思いは強いが、新制度の導入はやむを得ないとの声が多い。選手の体を守りたいのなら、試合時間を夜にずらすとか、季節を変えるとか、抜本的な対策を立てるべきではないのか。甲子園大会の伝統を守り続け、夏場に開催し続けるか。いや、環境の変化に合わせて、時間や時期をずらして開催するべきか。 高校野球の甲子園大会で、タイブレークの導入を検討するとか。関係者からは、いろいろ意見があると思うけど、選手の健康面を考えると導入したほうがいいかもね。

      アメリカから見るとクレージーかも知れないが延長や再試合、エース連投の美学が名シーンを生んできたのも事実。

      > タイブレークでオランダに辛勝…課題山積の侍ジャパンの本番が心配
      > 《延長タイブレーク》WBC2013の特別ルール、9回引き分けなのか、延長何回までやるのか
      > 賛否分かれる甲子園の課題が遂に!来年春からタイブレーク制導入。[高校野球]
      > タイブレーク導入論争再燃か!?センバツ史上初2試合連続15回引き分けで再試合に!!
      > 高校野球でもタイブレーク導入か。その効果は?
      > 賛否両論!?高野連がタイブレーク制を導入!
      > 高野連 甲子園タイブレーク!【来春地区大会から「タイブレーク」導入へ 甲子園は16年から】

      世界1位マレーが90位トンプソンに衝撃の初戦敗退、ワウリンカ、ラオニッチも姿消す [AEGON選手権]

      1回戦負けを喫した強豪のリストのトップに名を連ねることになった。手首の故障で棄権を決めたため、ラッキールーザーとして急きょ本戦でマレーと対戦することになった。 トンプソンはこの日、人生最高の試合をプレーしたが、調子が非常に不安定だったマレーに助けの手を差し伸べられたと言ってもいい。マレーは前年度覇者であるだけなく、過去に5度この大会で優勝していた。ずっと、何とかラッキールーザーになって試合に出ようと努めていたんだが、ご覧の通りそれが叶った。 これはマレーにとって、クイーンズの呼び名で知られる今大会での2014年以来の1回戦負けであり、2015年から続いたグラスコートでの14連勝に終止符を打つ敗戦でもあった。これはまた、7月3日から始まるウィンブルドンのための準備という意味で大きな躓きでもある。この日、彼のフォアハンドは特にミスが多く、ファーストサービスの確率は55%に過ぎなかった。 とはいえ、2013年と2016年のマレーのウィンブルドン優勝の双方が、クイーンズでの優勝のあとに起こっている。

      敗れ準優勝だったワウリンカは、第2セット、左膝の故障に苦しめられているように見えた。 ロペスのこのところの調子のよさと、彼がグラスコートを得意としていることを考え合わせれば、ワウリンカの敗戦はそう大きな驚きではなかったとしても、第3シードのラオニッチの1回戦敗退は間違いなく驚きだった。コキナキスは故障のため、2015年11月から数えて6試合目のシングルスをプレーしたに過ぎなかった。 コキナキスにとって、これはキャリア初のトップ10に対する勝利だった。彼は9度あったブレークチャンスのどれをもものにすることができなかった。 コキナキスは、肩の故障のため2016年にわずか1試合しかプレーできず、腹筋の故障のため今季ここまでの大部分を棒にふっていた。彼は5月にツアーに戻り、先週には993位だった低いランキングで、今大会の前に3大会でプレーしていた。生き残った中でもっともシードの高い選手ということになる。

      途中棄権したキリオス、ウィンブルドンまでには戻ると宣言 [AEGON選手権]

      これは今季何度か故障で棄権してきたキリオスの最新の"座礁"だった。彼は左腰の治療を受け、西ロンドンの暑い気候の中、あまり自由に動けない様子ながらもプレーを続けたが、タイブレークを落としたあと真っ直ぐにバッグに向かいラケットをしまうと、ヤングと握手をしてコートから歩き去った。 それでもキリオスは、7月3日に始まるウィンブルドンまでには体も戻るだろうと言う。「いずれにせよ、故障がかなりひどくてもウィンブルドンではプレーするよ。 キリオスはこの試合に先立ち、ここ7ヵ月、腰の故障に苦しめられていたが、今や痛みなくプレーしていると話したばかりのところだった。彼はまた、右肩の痛みにもさいなまれ、この日は右膝にテーピングを施してセンターコートでの試合を始めた。 転倒後、芝の上に倒れたままキリオスは痛みに声を上げ、腰をつかみ、手で顔を覆った。この転倒はヤングのショットによって態勢を崩した直後に起きた。 「僕はもう長いこと、腰の痛みとともにプレーしている。

      「言うまでもなく、僕のメインゴールはウィンブルドンでプレーすることだ。

      これはウィンブルドンに程近い場所にあるパブの名なのだ。

      今季はここまで、キリオスにとって難しいシーズンだった。彼は故障と戦い続けており、また、祖父の死に続き、4月には短い期間、テニスを休みもした。6-1を倒した試合で、かなり印象的なプレーを見せた。

      自信を漲らせるワウリンカ「決勝で僕を倒すのは難しいと思う」 [全仏オープン]

      6-1の逆転で破り、2年ぶり2度目の決勝進出を決めた。以来の決勝進出者として44年ぶりの最年長記録となる。 この試合は、ワウリンカの攻撃とマレーの守備という両者の攻防が繰り広げられ、最後はワウリンカの攻撃が勝っての勝利だった。 「マレーが粘りをみせることはわかっていたけど、それは僕にとってうれしいことじゃないよ。彼のプレーがどんなものかわかっているし、本当にいいプレーをするからね。

      ナダルはこれが10度目の決勝進出となり、これまでの全仏決勝での通算戦績は9勝0敗だ。

      6-0のストレートセット、およそ2時間の試合で破っている。

      昨年の全仏では3回戦を目前に左手首の故障のため棄権し、その後、シーズン離脱を余儀なくされたナダルだが、今大会では6試合をプレーして、まだ29ゲームしか落としていない。 「ゲームやセット数をいくつ落としたようなことに興味はないね。

      僕は、この大会でいいプレーができているかどうか、それだけ気にしているよ。 一方、ワウリンカは、これが4度目の決勝進出で、過去3度の決勝では、2014年全豪でナダル、2015年全仏と2016年全米でジョコビッチに勝利している。

      「僕はこれまでずっと努力を続けてきたし、今自分がすること、感じることにかなりの自信を持っているよ。キャリア最高となる10連勝中のワウリンカは答えた。 昨年の全仏でワウリンカは、準決勝でマレーに敗れていた。 第2セットはワウリンカが奪い、第3セットも3-0とワウリンカがリードした。

      しかし、そこからマレーは突然、集中力を取り戻し、第3セットを7-5で奪った。 ワウリンカは、この試合でマレーよりも51本多い、87本のウィナーを奪った。

      準決勝敗退のマレー、次のウィンブルドンに向けて完全復活の兆し [全仏オープン]

      しかしマレーは、続くグランドスラム大会、ウィンブルドンに向けてベストな状態にもどりつつあると感じている。

      マレーは3月のインディアンウェルズ、4月のモンテカルロ、バルセロナ、5月のマドリッド、ローマと、それぞれ早期敗退を喫し、本来の調子を出すことができないでいた。 だが、この全仏オープンのワウリンカ戦までの約2週間で、世界1位のマレーは本来の調子を取り戻しつつあるようだ。

      「この全仏オープンの結果には満足しているし、よくやったと思う。あとタイブレークを1つ取れば決勝にいくことができたんだからね。

      全仏前までの大会では本来の調子を出せずにいたが、この全仏をプレーすることで、それらの悪い結果を払拭できたと彼は感じているのだ。

      「ここに来るまでに試合を十分にこなしていないことが、今日の敗戦につながったのかもしれない。4時間半以上の試合を戦うことは、慣れていないとたいへんなことだよ。 昨年のウィンブルドンで優勝、リオ五輪でも2大会連続で金メダルを獲得したマレー。全豪と全仏では惜しくも準優勝だったが、それらの好成績によって2016年は世界ナンバーワンでシーズンを終えた。 30歳のマレーは、その昨年と同じレベルにまで戻りつつあると感じていて、期待もしている。

      「昨年の調子がよかったときのレベルにどれくらい近づいたかはわからないけど、この2、3試合は本当にいいプレーができている。

      どんなにいいプレーができていたとしても、すべての試合に勝てるわけじゃないからね。

      「ワウリンカとの今回のような試合は僕にやる気を与えてくれる。

考察。「タイブレーク」とは何か?

「タイブレーク」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum1/index.php(542): tweet_output('\xE3\x82\xBF\xE3\x82\xA4\xE3\x83\x96\xE3\x83\xAC\xE3\x83\xBC...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143