なぜ「タイブレーク」なのか?

「タイブレーク」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      最後は中田翔!タイブレークでオランダとの激闘を制した侍ジャパン

      2次ラウンド初戦のオランダ戦で死闘の末に野球日本代表の侍ジャパンが制した。8-6で難敵オランダを撃破し、決勝ラウンド進出へ白星発進となった。2死一、二塁で打席に入った中田がカウント1ボール1ストライクからの3球目スライダーを左翼スタンド最前列に放り込んだ。

      内野安打で1死一、三塁とチャンスを広げられ、犠飛で2点差と詰め寄られた。同点2ランで東京ドームが静まりかえる中、オランダのナインの歓声だけが響いた。先頭の坂本が中前打と捕逸で無死二塁とチャンスメーク。1死二塁から秋山の二ゴロの間に三塁へ進み、2死三塁。150キロを超えるストレートで力勝負に出ると、ボガーツをストレートで見逃しの三振。を武器の“お化けフォーク”で空振りの三振。1点リードのまま迎えた9回のマウンドには則本が登場。

      しかし、四球と安打で1死一、三塁のピンチを招くと、2死からスクープに二塁への適時内野安打を浴びた。勝利まであと1人から試合を振り出しに戻され、試合は延長戦に突入した。3番の青木との勝負となったが、二塁ゴロ併殺に倒れた。タイブレーク制延長11回以降は無死一、二塁から始まる。打順通りに打席に入り、走者は先頭打者の直前の2人。

      タイブレークでオランダに辛勝…課題山積の侍ジャパンの本番が心配

      大谷翔平のホームランなど打線は好調だったものの、終始投手陣が苦戦。日本代表初のタイブレーク制でサヨナラ勝利を飾るも国際球の影響なのか課題が山積する状況となった。石川は2回、先頭のサムスへ死球で出塁を許すと、ザラーガ、リカルドに連打を浴び同点に追いつかれる。2死を奪うも、9番ウルバヌスに中前2点適時打を許し、この回3失点で逆転を許した。先頭で打席に立つと、低め直球を右中間スタンド上段に放り込んだ。

      「フルカウントだったので、四球でもよかったのかなと思いました。

      4安打3失点と打ち込まれ、逆転を許したが、その裏、相手の2失策で無安打で同点に追いついた。10回からは無死一、二塁の場面で始まるタイブレーク制。岡田が1死二、三塁まで走者を進められたものの、三振、一飛で抑えた。その裏、先頭の大谷が三ゴロを放ち、続く松田は敬遠。こういう短期決戦で調子、相性をいかにはやく見出すか首脳陣の温情抜きの采配が今後問われるところ。侍ジャパンにとっては抑えの課題が改めてわかり、タイブレークも経験できたということで、またいい強化試合になったのではないかと。今大会は延長に入った際、無死一、二塁から始まるタイブレーク制が採用され、打者は打順通りに打席に入り、その前の2人がそれぞれ走者となる。

      名勝負は見られない?!高校野球「タイブレーク」導入へ。

      選手の健康状態を考え導入を議論して来たタイブレーク制度。延長戦を戦う名勝負は無くなるが、選手の将来を考えればベストな選択と言える。日本高野連が、早ければ2016年のセンバツ大会からタイブレーク方式を導入することが20日、濃厚となった。甲子園大会でのタイブレーク導入については否定的な意見もあるが、日本高野連は選手の健康管理に重点を置いており、この日の決定で、甲子園導入へ道筋がついた。野球やソフトボールで早期決着を目的に延長戦で人為的に走者を置く特別ルール。高校野球では明治神宮大会、国体などで導入されており、延長10回以降の攻撃を1死満塁から開始する。硬式より点が入りにくいとされる軟式は全ての大会で導入する方針で、来月4日の軟式委員会に提案する。して、甲子園大会や甲子園に直接つながる大会での導入は見送られた。タイブレークが導入され、今年から春季大会でも採用可能になったが、採用したのは関東と北信越の2地区にとどまっている。

      会議では健康管理や順調な大会運営のため、日程調整、投球数や投球回数の制限なども議論したが、いずれも現実的に困難と判断した。相沢委員長は「投球回数や球数を制限するのは、投手が少ない学校に不利となる。優勝した中京の主戦投手の1回戦からの投球数は1047球に及んだ。

      ▼ダビッシュも自身の経験からこの問題を語った。

      > 甲子園の名勝負が消滅?新制度「タイブレーク制」に賛否の声
      > 《延長タイブレーク》WBC2013の特別ルール、9回引き分けなのか、延長何回までやるのか
      > 賛否分かれる甲子園の課題が遂に!来年春からタイブレーク制導入。[高校野球]
      > タイブレーク導入論争再燃か!?センバツ史上初2試合連続15回引き分けで再試合に!!
      > 高校野球でもタイブレーク導入か。その効果は?
      > 賛否両論!?高野連がタイブレーク制を導入!
      > 高野連 甲子園タイブレーク!【来春地区大会から「タイブレーク」導入へ 甲子園は16年から】

      杉田がガスケ相手に会心の攻撃的テニス、会場から“スギタ・コール” [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]

      7-6(3)のフルセットの戦いの末に下し、3回戦に進出した。 予選決勝で敗れたがラッキールーザーで本戦入りのチャンスをつかんだ杉田は、意図していた通りの攻撃的姿勢を貫き、2時間27分におよぶ死闘の末にテクニシャンのガスケを退けた。 ◇◇◇ リスクをおかしてでもアグレッシブに打っていく。ここ数年は9位と25位の間を定宿としているガスケに対し、一歩も引かない“見知らぬスギタ”のプレーがバルセロナの観客の心をとらえたようなのだ。

      実際、スリルとサスペンスに満ちた試合だった。第1セット4-4の、やはり40-0から挽回され、サービスをブレークされた一幕もあった。5-4から落としてしまって、流れが悪いという感じはあったが、最後まで思いきっていくしかないと思った。言っていた杉田は次々にやってくる苦境にも負けず、その姿勢を貫いた。実際、甘いボールがあれば逃さず叩いてくるガスケ相手に、守勢に回っていては太刀打ちできなかっただろう。バックのクロスラリーに関しては、正直、最初の数ゲームでこのままではまずいと感じ、どうやったらもっと僕がフォアを使っていけるかを考えた結果、散らしたりと、少しやり方を変えた。瞬時に戦術を変えて対応できたのはよかった点だと思う。 攻撃的姿勢と精神的粘り強さ---前日より相手のレベルが上がった分、攻撃をより徹底させた。 「ちょっと途中打ちすぎかな、体力的に大丈夫か、という考えも頭をよぎったが、3セットなので飛ばしても大丈夫かと思い、攻められるときは思いきってガンガン前に入っていこうと努めた。 ただ強く打っても生半可なボールではガスケに切り替えされる。フォアの強打のコンビネーションで相手を振りつつウィナーを奪った杉田だが、そのショット以上に印象的だったのが、厳しい状況に追い込まれても折れなかった、気持ちの強さだった。 第1セット4-4からの自らのサービスゲームで、杉田は目の覚めるようなフォアのウィナーとボレーで40-0とリードするが、そこからガスケがいぶし銀の粘りを見せ、好プレーを連発。杉田は逆にブレークを許し、第1セットを落としてしまう。 その流れに乗って第2セットの第1ゲームでもブレークされた杉田だが、次のゲームではフォアの逆クロスに続き、前に出てスマッシュを叩き込む超攻撃的プレーによってブレークバックに成功。「3セットの中で精神的アップダウンはもちろんあったが、その中でも大事なところでしっかりくっついていけたというのが勝因。ころが前述の通り、そこからサイドアウト、ダブルフォールト、粘られた末のミスが続き、試合を終える代わりにブレークを許してしまったのだ。

      通常なら精神的にがくっと落ちてもおかしくない場面。しかし次のエンドチェンジですぐに気持ちを切り替えたという杉田は、5-6からの自分のサービスゲームでも強気で打っていく姿勢を崩さず。フォアを厳しいコースに打ち込んで、今度はしっかり決めきり勝負をタイブレークにもち込んだ。

      「もちろん自分はチャレンジャーだという気持ちもあるし、相手が素晴らしい選手だというのはわかっていたので、もったいない試合はしたくないという気持ちに支えられた。あそこで頭を下げてしまっていたら、今日の試合でそこまでやってきたことすべてを台無しにしてしまうところだった。 試合を通して杉田の強打を球種を混ぜた返球で巧みにいなしてミスを誘ってきたガスケだが、タイブレークでのガスケは杉田がたたみかけるように打っていく中、ややディフェンシブになりすぎていた。 「自分で決めないと終われないコートなので、自らしっかり攻めていった。速いサーフェスと違い、クレーの場合はしっかり打ちきって勝たないといけない。最後のショットはフォアのクロスのウィナーだった。 「クレーでガスケ選手に勝ったというのは、本当に価値のあること。僕自身、今からクレーにトライするというときに、この経験は今後のクレーの試合に役立つはず。

      ジョンソンがベルッチとの死闘を制し、ツアー2度目の優勝 [US男子クレーコート選手権]

      選手はケイレンを起こしたからとタイムアウトを取ることを許されてはいない。 その後のタイブレークでのジョンソンは、もはや体の問題に苛まれていないように見えた。それは大会史上初の優勝を決めるタイブレークでもあった。 ジョンソンはまたケイレンについて、次のように言っている。

      僕にとって今日の原因は、おそらくタイトルを獲るため試合にケリをつけようとする緊張感だった。を準決勝で倒し、キャリア3度目のツアー決勝に進出した。 今大会で第8シードだった29歳のベルッチは、決勝で敗れる前の4日間に4つの3セットマッチに勝っている。

      彼はキャリア5度目のタイトル獲得を目指して戦っていた。これに先立つ4度のタイトルのすべてがクレーコート大会でのものだ。

      「双方の選手が第3セットでは非常に疲れていた。「僕は自分のここ一週間のプレーをうれしく思うが、今日はがっかりしているよ。

      20歳チョリッチがツアー初優勝、コールシュライバーを倒す [ハッサン2世グランプリ]

      「これは僕にとって最大の逆転勝利と言えると思う。

      17歳ボンドロウソバが初のツアー・タイトルを獲得 [ビール ビエンヌ女子オープン]

      スキアボーネはボンドロウソバが1999年6月に生まれる前に、母国イタリアのWTA大会でプレーしていた。 世界ランク233位のボンドロウソバは世界99位のコンタベイトが彼女のパワフルなグラウンドストロークに押されてフォアハンドをネットにかけた瞬間に、今回が第1回大会となったスイスの室内ハードコート大会の初代優勝者となった。「これは私が出場した数少ない大きな大会のひとつなの。 ボンドロウソバは予選3試合を勝ち抜いたあと、本戦に入ってからは一度もセットを落とさなかった。

考察。「タイブレーク」とは何か?

「タイブレーク」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/sum1/index.php(542): tweet_output('\xE3\x82\xBF\xE3\x82\xA4\xE3\x83\x96\xE3\x83\xAC\xE3\x83\xBC...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143