なぜ「震源地」なのか?

「震源地」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      メキシコ地震、アマゾンが被災地の「ほしい物リスト」公開

      9月19日、メキシコの首都メキシコ市の南東を震源地としてマグニチュード7.1の強い地震が発生。在メキシコ日本大使館などは現地にいる邦人などに向けて注意喚起、引き続き余震が発生する恐れがあるとして注意を呼びかけている。

      並んでいる物資はゴム手袋、工具、ヘルメット、テープなど多岐にわたり、次々に更新している。

      メキシコ沖でM8.2の地震発生

      きょう(8日)午後1時49分頃(日本時間)、メキシコ沖を震源とする規模の大きな地震がありました。

      気象庁によりますと、この地震により太平洋の広域に津波発生の可能性があります。日本への津波の有無については現在調査中とのことです。 ●中米のメキシコで地震 日本時間のきょう(8日)午後1時49分頃、中米で地震がありました。

      震源地はメキシコのチアパス州沖(北緯14.9度、西経94.0度)で、地震の規模を示すマグニチュードは8.2と推定されています。

      気象庁によりますと、この地震により太平洋の広域に津波発生の可能性があります。なお、日本への津波の有無については現在調査中とのことです。太平洋沿岸の地域では、今後の情報にご注意下さい。 午後3時22分、地震の規模を示すマグニチュードが、8.0から8.2に修正されました。

      また、メキシコのプエルトアンヘルで30センチメートル、ワウラで70センチメートルの津波が観測されたとのことです。 きょう(8日)午後5時20分、気象庁は津波予報を発表しました。

      それによりますと、太平洋沿岸では、今後若干の海面変動が予想されますが、被害の心配はないということです。若干の海面変動が予想される時刻は、早い沿岸で9日午前4時頃です。今後1日程度は若干の海面変動が継続する可能性が高いと考えられます。
      関連キーワード - 地震 - 速報シェア -

      売り逃げ批判のVALU、「砂上の楼閣」で取引しているにすぎない…正当性回復の条件

      現在、世界的にインターネット空間を使って個人や組織などが、特定の価値を取引することが世界的な注目を集めている。

      増え、一段と仮想通貨が社会に浸透する環境が出現している。

      個人が自らの価値をアピールし、第3者からの出資を集めようとすることも増えてきた。仮想通貨の取引所だったマウントゴックスでの横領事件のような詐欺事件にとどまらず、これから問題が浮上する可能性は高まっているからだ。

      社会の変革に応じてどのように法整備を進め、同時に新しいビジネスの育成を支えるかは喫緊の課題だ。

      ●注目を集める“VALU”狂想曲 2016年11月1日に設立されたVALU社は、個人が自らの価値をアピールし、第3者からの応援を受けるプラットフォームを運営している。

      同社はこれをトレーディングカードのようなものと説明している。

      同社の利用規約には、発行されたVAは株式のようなものとの表記もある。 VAを発行した個人は、同社のシステム上でファンを集めることができる。いわば、応援してくれる人から出資を募るのである。 メジャーリーグの選手のカードがファンの間で取引され、希少価値があると考えられるカードの価値が高まるように、画期的な考えなどを持つ発行者のVAには人気が集まる。人気が高まれば、そのVAを欲しいと思う人が増えるはずだ。

      こうして、特定のインターネット空間のなかで、個人の価値の評価と取引が繰り返されてきた。同社はVAを株式になぞらえているが、これは誤りだ。

      一般的に、株主には議決権や残余財産の配分を求める請求権、配当を受ける権利がある。

      しかし、VALUを支えるものは“人気”や“期待”とみられる。砂上の楼閣を多くの人が取引しているにすぎないともいえるだろう。 トレーディングカードのように、取引の参加者が少なく、入手したい対象が限られている場合、その価値は短期間で急騰する可能性がある。基本的に人気が価値を左右するという特性上、こうした不安定さは避けられない。短期間で大きく動き、思わぬ損失などを被る可能性がある。クラウドファンディングにはさまざまなタイプがあり、金銭的なリターンを求めない寄付型、事業に関する権利や物品の取得などを念頭に置いた株式型、事業の成長をもとに金銭的なリターンを求める投資型などに分類されることがある。 VALU社はクラウドファンディングのコンセプトを個人に当てはめた。一方、同社は、VAの発行に関するルールを明示しなかった。クラウドファンディングにも、実体がない、想定された通りのリターンがもたらされないなど、多くの問題が出ている。

      VAの価値がどう変化するかは、登録者の考えとファンの期待に左右される。そのリスクを同社もユーザーも、十分に認識できていなかった。人気ユーチューバーが高値にあったVAの売却を行ったことに対して、VAの購入者から“売り逃げ”や“聞いていたことと違う”といった批判が相次いだことは、ある程度想定できた展開だったかもしれない。 これまでにはなかった新しいビジネスが育ち、それに法制度が追いついていない状況では、VALUが直面しているような事態が起こりやすい。購入を通して想定外のリスクを負担しているおそれがあることは、個々人が冷静に考えなければならない。などは、その考えがトークンの性格を左右し、問題発生時の責任にも影響が出る可能性があることを認識すべきだ。

      ●これからの展開予想と注意点 すでに新聞などでも報じられている通り、VALU社をめぐる騒動は司法、政府、業界、ユーザーなどを交えて議論が行われるべき問題だ。

      重要なことは、規制が強化されるとVALU社のような、新しいコンセプトを応用して事業を起こそうというチャレンジの芽を摘んでしまうおそれがあることだろう。 そうした展開を防ぐためには、騒動の震源地となったVALU社の能動的な行動が欠かせない。ミスを認めたうえで金融庁などとの折衝を重ね、新しい規制の枠組みを整備することが同社の信用につながるだろう。 5月末にVALU社は個人の価値を登録し、トレードするサービスを開始した。VALU社側はトレードシステムの改善などを通してビジネスモデルの正当性を追求しなければならない。 具体的には、VA登録の条件をより詳細かつ厳密なものとする、取引のモニタリングを行う、あるいは第3者を巻き込んで詐欺案件などの発見機能を強化するなど、信頼回復のための取り組みを重ねる必要がある。 今回のケースは、単にVALU社の問題として片づけるべきではない。新しいビジネスをクリエイトする動きが加速するほど、法整備の遅れなどの社会的な問題が炙り出されるはずだ。

      特に、IT業界では秒進分歩のスピードで新しいビジネスが生み出される。そのなかで、個人が第3者に出資を募るなど、従来にはなかった金融サービスが身近なものとなる展開が予想される。
      関連キーワード - 地震 - 速報シェア -

      災害時に役立つ「防災系アプリ」4選

      東日本大震災から6年がたち、国内の防災意識はかなり高まっている。

      都内では港区など多数の自治体が公式防災アプリをリリースしており、iPhoneを使った防災対策も一般化してきている。

      地震発生時にプッシュ通知で各種情報を素早く教えてくれるアプリ。震源地や予想震度はもちろん、設定地点に揺れが到達するまでの時間もカウントダウン方式で表示される。また体感した揺れを5段階で評価し、コメントつきで地図上に投稿する機能もあるので、各地の地震情報を共有するのにもうってつけ。どちらかを選んで投稿しておくと、名前や電話番号から検索することで他の人が投稿者の状況を確認できるので、家族と連絡がとれなくなったときにも頼りになる。バッテリーをむだに消耗しないようにライトの明るさを調節したり、ライトを細かく点滅させてSOS信号を送るなど、災害時に便利な機能が備わっている。

      LEDライトを使う以外にも画面上でライト代わりに白と黒を点滅させたり、好きな色の画面を表示させたりと多彩な機能があるので、懐中電灯より便利かもしれない。 災害時にはけが人や急病人を見かけても、専門家を呼ぶのが難しいかもしれない。さらに、近場にあるAED装置の設置場所を調べたり、助けが必要な場合、同じアプリを使っている人に救援依頼を送ることも可能。逆に自分が倒れたときに備えて、持病や処方履歴を記入してマイカルテを登録しておくこともできる。あれば非常時も安心! ふだんはあまり意識しないものの、家に帰れないほどの非常時には“トイレ”が大問題となる。表示され、公衆トイレや利用しやすい店舗のトイレがどこにあるのか一目瞭然。 災害がやってくるその前に、防災アプリの準備を整えておこう。
      関連キーワード - 地震 - 速報シェア - 防災 -

考察。「震源地」とは何か?

「震源地」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

震源地に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 夢地震速報さん: RT @savacan610: 北朝鮮によって発射されたミサイルに水素爆弾が実装されてて、それが太平洋を通って南米に飛んで爆発する夢を見た。その爆発で震源地が南米の世界規模の地震(日本は震度4)が起きて、揺れで目が覚めてTwitter開いてつぶやきつつそれを確認するところまで… - 1 日と 19 時間 30 分 49 秒前
  • 草薙雷真さん: RT @cometaynishino: メキシコダブルで強い地震 - 1 日と 19 時間 31 分 45 秒前
  • ゅぅwanko.michinokuさん: RT @skyparknet: 深夜の地震でした震源地 三陸沖
    > https://t.co/OjuEbx1W3p

    - 1 日と 19 時間 33 分 25 秒前
  • ごちち情報審議監さん: 【地震に関する情報】 11:37:46 茨城県 北茨城2 高萩 予想震度1 (速報値につき誤差が発生する場合があります。強い地震で震源地が海底の場合、津波の恐れがあります。津波の情報に注意してください。)#地震 - 1 日と 19 時間 36 分 57 秒前
  • 草村弥生さん: RT @tenkijp_jishin: 21日1時2分頃、和歌山県で最大震度2を観測する地震がありました。震源地は和歌山県北部、M4.0。この地震による津波の心配はありません。
    > https://t.co/6aBM0KEP9j

    #jishin - 1 日と 19 時間 39 分 22 秒前
  • 鰐さん: ここが震源地だからまあそうなるよね - 1 日と 19 時間 42 分 51 秒前
  • 地震と放射線のクローラさん: 21日11時21分頃 地震発生 震源地 秋田県内陸南部 M2.2 震度1
    > https://t.co/yUq5hhAFhb

    #jishin - 1 日と 19 時間 47 分 58 秒前
  • 地震情報さん: 【震源情報(Hi-net)】発生:2017/08/16 12:34:14震源地:銚子付近深さ:14.1kmマグニチュード:3.0
    > https://t.co/oWpuqvpSkD

    - 1 ヶ月 6 日と 18 時間 34 分 53 秒前
  • けいぶる・ぼーくさん: RT @nejinoki: このウェイクフィールドっていう輩が昨今のワクチン拒否の震源地。MMRワクチンが自閉症を起こす、というデタラメ論文を発表し、現実では滅多に無いと言われている「学会を追放」という措置をマジでやられた数少ない人のはず。 - 1 ヶ月 6 日と 18 時間 36 分 8 秒前
  • ウサトアカさん: ・・・・・・・・・ドッツ(?)の現象がとてもたのしみ。原宿、表参道、青山のエリアは文化的なバイブが起こる震源地としてずっと好きな場所。ストロボカフェへの道程もいい◎ファミ通に新しいドラクエの情報が小出しにされてる時みたいなわくわく感がある。 - 1 ヶ月 6 日と 19 時間 27 分 12 秒前

    「震源地」に関するブログ
  • やはりブルーシートは目立ちました
    震源地である益城町は 行きかうトラック・ブルーシート・仮設住宅…
    あの時と同じで被害が大きかったようです

    http://blog.goo.ne.jp/iikao_org/e/d2fae482bbc9fda2225e05d6dae020d0


  • FBで友人らの安否がわかるたびにほっとします。
    震源地はメキシコシティ郊外とはいえ、メキシコシティもかなり揺れて大きな被害が出ています。
    慌ててホームステイしてたお家のセニョーラ(おばあちゃんたち)にメールをしたけど反応がなくさらに慌てた。

    http://blog.goo.ne.jp/miyuki-mexico/e/a4e74c0d7622ab73bb0fefb1fd2171b0


  • * 発生時刻:2017年9月19日(火) 13:14(日本時間 9月20日 03:14)ごろ
    * 震源地:中部プエブラ州アソチアパン、震源の深さは51km。
    →メキシコシティから約150、プエブラから約110、クエルナバカから約100。

    http://blog.goo.ne.jp/alablancaflight/e/f306cea1c794efe02c10c60fbf7240e8


  • 21日01時37分頃地震がありました。
    震源地は三陸沖(北緯38.0度、東経144.4度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.9と推定されます。
    各地の震度は次の通りです。

    http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2017-09-21


  • もちろん、個人で村の誰かに送りつけたいなどとは思わないが、もう少し、何とかうまいこと必要としている所へ…と考えてしまう。
    幸い(というかなんというか)、メキシコシティは震源地に近く、その周辺の街や村の出身者も大勢いる。
    「なんとか村が、忘れられています!

    http://blog.goo.ne.jp/la_ermita/e/b7fb62724e1cf99152791f27732e791a


  • 「震源地」に関する教えてGoo!
  • 地震の震源地と震度の大小。
    たとえば、9月12日朝の地震ですが、震源地は東京湾との事ですが、震源地に近い中央区や
    品川区等23区が震度4であり、震源地に遠い調布市が震度5弱と報道されていますが、これは
    どのような現象でなるのですか?


    土地の軟弱が影響しているのでしょうか?


    また、震源地はどのようにして確定するのですか?


    地面は地震の振動を伝える「媒体」になりますが、その振動を「一様」に伝える構造にはなっていないので、震源からの距離と震度の関係の一部に、「?」となるようなことが起きているわけです。


    「振動」故に、縦波と横波があり、反射もすれば増幅や減衰もするし、共振もあるだろうし、腹と節もあります。大変に複雑です。


    震源地(域)の特定については、実は大変難しいと聞いたことがありますが、簡単に言うと、伝播速度が違う地震波(P,S)により、観測点から震源地(域)までの距離がわかります。
    観測点が1ヶ所だけだと、観測点を中心とした等しい点の集まりとなり「球形」になりますので、3次元的に点を特定できないことは理解いただけるものと思います。


    ところが観測点が3か所あると、3つの球は共通の1点を持つことがわかると思います。


    まあ、震源が空中にあるわけないので、「球形」とは言っても対象となるのは地面ですので、実際には「半球形状」になるのですが、3つのシャボン玉が引っ付いた状態を想像してもらえばわかると思います。


    このように最低3か所の観測点から、それぞれの半径を持った半球を地面の中に描くと、「点」が求められますよね。これが震源地となるわけです。


    しかし地震が起きている部分は決して「点」ではないので、誤解のないように。
    先にも書きましたが、地震の振動は決して一様には伝わって来ないので、実際は3か所以上のたくさんのデータを集めて、誤差が小さくなるように決定しているとのこと。
  • 今朝2時46分の千葉県南部の地震ですが、気象庁発表の地震速報によると震源地(緯度経度から)は内房線えみ駅前の海の中か大島あたりです。


    ところが、震度が2で大きいのは鴨川市などより大多喜町とか少し北よりの土地です。

    なぜでしょうか。ひょっとしたら、地震に弱い(ゆれやすい)土地というのがあって震源地に近い土地でも地盤がよければ震度は小さいのですか?


    また震源地の発表では経度緯度の表現だが(なお海底=地図で調べたらそうだった)という言い方にはなぜしないのでしょう。
    前の方が書かれたとおりです。


    今回は震源の深さが50kmですから、震源地から地表までの距離は鴨川も大多喜も大差はありません。


  • http://www.hinet.bosai.go.jp/AQUA/max_amp.php


    の,2007/07/16 23:18:27
    の最大振幅分布図やアニメーションを見ていただけると
    わかるのですが,この地震に関しては,震源地付近よりも
    東北太平洋側や北海道で震度が大きいように見えます。
    一般的には,震源地付近が最も震度が高くなると思うのですが,
    これは,どのような理由がモデルとして考えられるでしょうか?


    異常震域 などと言いますが、地下の地盤の性質によって、遠いところの方が震度が大きいことはあります。
    A            B 地表
    -------------
                /
     やわらかい  /
           /
         /  固い地盤(地震波がよく伝わる)
       /
     /★             地下
     震源
    こんな場合は固い地盤の表面(斜線部分)にそって地震波が伝わりますから、震源の真上のA地点より、B地点の方がよく揺れます。
    この図を真上から地図のように見ますと、震源地のA点は揺れが小さく、遙か離れたB点が大きく揺れます。
    震源が深く、地下の岩盤プレートの状況によってこんなことがあります。
    先日京都沖は震源で、北海道が大きく揺れたのはその代表的な例です。


    むしろ、こういう記録を分析して、逆に地下深くのようすを研究するのです。

     現在でも、実際に、地下数km~10km程度の穴しか掘られていません。
    それ以上のところは直接調べることはできません。
    ですから、地震波のデータは地球科学者や地質学者にとっても貴重な記録なのです。


  • 「震源地」の関連語
    1位 地震
    2位 被害
    3位 メキシコ
    4位 建物
    5位
    6位 震度2
    7位 深さ
    8位 中越
    9位 日本人
    10位 良かった

話題のトピック