なぜ「進軍にゃ!」なのか?

「進軍にゃ!」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      あなたも気になる? - sponsored



考察。「進軍にゃ!」とは何か?

「進軍にゃ!」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

進軍にゃ!に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ふーじさん: 【にゃんこ大戦争×クラッシュフィーバー】にゃんこ達がクラフィの世界に進軍!?今ならあの「にゃんこ」達がクエストで手に入る♪【進軍にゃ!】クラッシュフィーバーのインストールはこちら♪→
    > https://t.co/Ytf2VBQrr5

    #クラフィ - 21 時間 51 分 25 秒前
  • 軍歌を語る垢さん: 勝ってくるぞと勇ましく 誓って国を出たからにゃ 手柄立てずに死なりょうか 進軍ラッパ聞く度に 瞼に浮かぶ旗の波 - 1 日と 3 分 2 秒前
  • 「進軍にゃ!」に関する教えてGoo!
  • NPBの問題では、加藤コミッショナーは謝りません。

    放射能ばら撒き事件では、東電の勝俣は謝りません。

    悪いことをしても、トップが謝らないから、他の人間も謝らない世界になったのでしょうか?


    なぜ謝らないのでしょうか?


    権力を手放さないようにも伺えます。
    加藤コミッショナー、貴殿はコリアンかよw。
    毛沢東は、死亡するまで最高権限を保持し続けましたね。

    明王朝の皇帝と妃の墓を掘り返し、遺体にガソリンを掛け燃やしました。


    この行為は、明王朝に積年の恨みを募る人達しか行いません。

    明王朝の皇帝は、神の指示により数度朝鮮半島へ進軍させました。


    犯罪行動心理学にて毛沢東の行動心理を分析すれば、毛沢東が在沖コリアンだと裏付けが出来ます。
    後は、故菌豚次第。
  • 太平洋戦争で連合軍も無降伏主義をとっていたら
    太平洋戦争時の日本軍は事実上の無降伏主義を採っており少なくとも部隊単位での降伏は皆無だったかと思いますが、連合軍も同じ方針だったとしたら…と考えてみました。


    史実において連合軍がまとまった形で降伏したのはフィリピン、マレー・シンガポール、ジャワだったかと思います。

    これらの戦いで連合軍側が玉砕するまで絶望的な抵抗を続けた場合、それぞれの戦いの帰趨ひいては戦争全体の帰趨はどのように変わっていたと思われますでしょうか。各国の世論がそれを許すかという問題は考えないものとして。
    また逆に、日本軍が「常識的な」レベルで降伏を認めていたらどうなっていたと思われますでしょうか。
    大人げないのはわかりますが、また珍回答が(×_×;)
    >橋というのは川だけでなく渓谷を渡るものも含まれますので、橋が無いと大きく迂回して危険なジャングルの中を長距離移動する必要が有ります。
    ないです。


    マレーのときは師団工兵が橋梁をかけなおして進撃しています。

    また、迂回が必要なときは「ジャングル」の中ではなく、舟艇を使って海側から迂回します。海から英軍の背後に迂回上陸、のち強襲を10回以上やっています。


    >負傷兵も戦闘に駆り立てられていた事は事実
    ウソです。

    シンガポールのときは、師団段列もついてきており、負傷者を収容しています。


    軽傷者が戦闘に参加することはありえますが、片手片足ほどのことになったらそのような負傷者を放置しておくと部隊の士気が低下するので、特に優先収容しています。


    片手片足の兵士はいたかもしれませんが、そのような兵士まで戦闘に必要とするほど、マレー・シンガポール攻略に投入された近衛、第5、第18師団は逼迫していません。

    >第一次大戦から第二次大戦までの歴代の日本軍の元帥と大将合わせて77名中

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E8%BB%8D%



    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%BB%8D%


    帝国陸海軍全大将が載っていますよ。明治期に入隊した人が士族出身なのは、武士階級が食い詰めて入隊、または軍に武士道を見いだして入隊したかなので、珍しくありません。

    陸軍に長州藩士、海軍には薩摩藩士が多いはずです。


    ただし永年勤続した明治期入隊者はともかく、大正から昭和に入隊した大佐以下の将校に華族、士族が多いというのは、明らかにまちがいです。


    また、陸海軍とも昭和15年ごろから、士官学校(兵学校)出身の現役士官の補助として、「予備士官」という制度で大学生から人材をえることをしています。

    大学に行くほどですから貧困層は少ないでしょうが、大学生に華族はともかく、昭和10年代に「武士」がいたかどうか。これも常識で考えてください。
    >当事貧しかった日本の武士の家庭では生活の為にみな自前の畑で農耕をしていたので勘違いをしていたのかもしれませんね。
    2・26事件の「行動将校」つまり、叛乱を指揮した将校に軍人の息子はいましたが、華族、士族はいません。

    あと、2・26事件の昭和11年に武士がいたかどうかは、常識で判断してください。
    >ノモンハン
    作戦レベルでソ連軍は勝っていましたが、戦術・戦闘レベルでは日本側は優勢でした。

    また、当時のソ連軍から観た日本軍については、日本側兵力量の過大視が指摘されています。



    >痛み分け
    ちがいます。

    ソ連側が主張した国境線で確定したので、作戦を成功させたソ連側の勝利です。


    硫黄島の大惨事をして、好きな所という神経を私は持ち合わせませんが、仮想戦記がはやったせいで、このようなトンデモをネットで発言する人が多いように思います。


話題のトピック