なぜ「迎え火」なのか?

「迎え火」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      浄土真宗のお盆の迎え方について 迎え火送り火精霊棚(盆棚)は必要ない?お供え提灯飾りなど

      お盆は亡くなったご先祖がこの世に帰ってくるといいます。

      精霊棚(しょうろうだな)の前であげる読経を 棚経(たなぎょう)といいます。

      浄土真宗(本願寺派、大谷派、高田派他)では少々趣が異なります。以上のようなお盆行事は全国各地の各宗各派で行われていますが、浄土真宗においては例外です。お釈迦さまのお弟子の目連尊者は、神通力によって母が餓鬼道に落ちて苦しんでいるのを見つけました。

      目連尊者は自分でどうにかしようとしましたが何もできず、お釈迦さまに相談しました。

      ※何故、目蓮尊者の母が餓鬼道に落ちたかという理由は、生前わが子(目蓮)を溺愛し過ぎたために、他の人やものをないがしろにしたためと言われています。

      するとお釈迦様は7月15日に懺悔(さんげ)を行い、心清らかになった修行者達に翌日の16日に食事を施せば、母は救われるとお勧めになり、目連尊者が教え通りに実行すると果たして見事に目連尊者のお母さんは餓鬼道から救われたと言います。

      その時の盛大な法会が後にお盆の起源になったと、言われています。

      現在では、亡き方の霊を鎮めるといった民族信仰などが結びついて、本来のお盆の意味とは異なることが、あたりまえの様に行われています。

      例えば、お盆になると地獄の釜のふたが開き、亡き方が戻ってきて、三日経つと茄子の牛に乗せて地獄に送り返す。かといって、お盆にご先祖をお敬いする行事が無意味だというのでは決してありません。
      お盆に家族揃って仏前にひざまずいて先祖や亡き人を偲びつつ、賜った生命の尊さを確認することは意義のあることです。 浄土真宗の考え方では、死者は亡くなると同時に阿弥陀様のおはたらきにより、浄土に往生し仏となります。 死者が迷うとか、追善供養が必要という考え方がないので、迎え火を焚いたり死者の霊を迎えたり慰めたりする準備というものは必要ありません。
      ちょっと前まで東海地方、現在東京都千葉の県境の僻地在住です。

      年に1度は先祖に会おう!「迎え火、送り火」のやり方と時間帯について

      ご先祖様があの世とこちらを行き来する際に利用する乗り物として有名です。迎え火というのは、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として火を焚くお盆の風習です。1年に1度だけ、亡くなった家族に会える そんな夢のようなひとときを可能にしてくれるのが、迎え火と送り火です。一般的には、盆入りの7月または8月13日の夕方に行われます。迎え火の時間というのは厳密的には特に決められていません。
      ※夕方に行う理由は、亡くなった方の霊は暗くなってから動き出すという考え方があるからです。迎え盆の夕方に菩提寺の墓地にお墓参りに行き、お墓参りをした後に火を焚いて、その火をお線香とろうそくに移します。そしてその火を手に自宅に戻り、提灯の火を仏壇の蝋燭へ移します。 〈用意するもの〉 送り火、迎え火には、おがらと炮烙(ほうろく)を使います。

      気をつけたいのは、新盆(四十九日が過ぎてから初めての盆)の時は、柄の入っていない白提灯を使うということです。 という場合は、提灯(ちょうちん)を使うといいですよ。

      【8月13日】「迎え火」の話題ツイートをまとめてみた【Twitterトレンド】

      本来は旧暦7月13日であるが、明治の改暦後は、多くの地域で月遅れの8月13日に行われる。皆さん、キュウリの馬に乗って祖先の霊を迎えに行きましょう!でも尖閣諸島と竹島の事は忘れないで下さい。

      > 【恐怖】お盆時期の不思議な話
      > 真宗高田派の法事(年忌年回法要)当日慌てないために用意準備するもの

      8月16日 精霊を見送る日~「送り盆(おくりぼん)」

      仏事は奈良時代に始まり、平安時代に仏教の広がりとともに伝わり、鎌倉時代にはお見送りに火を灯すようになりました。

      京都の町を囲む五山に照らされた灯火で精霊を見送る、長い歴史のある行事です。嵐山では送り火を眺めながら灯篭流しも行われています。

      地元の方はもとより、今では観光客にとっても夏の終わりを感じる風物詩となっています。

      送り火を盃に映していただくとご利益があると言われています。

      京都に比べたら新しい行事ですが、明治以降に避暑地として多くの観光客を迎えるようになり、今ではすっかり伝統行事となっています。

      大文字焼の山を背景に2000発の花火が夜空を彩るのも楽しみの一つです。筆者も観たことがありますが、その場にいる人が一緒になって楽しめる楽しい送り火でした。当日は小雨決行のため、観る場所の確認と、交通情報などに注意してお出かけください。

      立ちかこむ杉真青に盂蘭盆会:俳句歳時記を楽しむ

      日本各地で猛暑の最中ですが、昔は旧暦で行われたため、初秋の季語となっています。

      様々な人々の思いが込められた一連の祖霊供養の世界を、俳句で探ってみましょう。 俳句では、この一連の行事や用意される道具などがそのまま季語となっています。

      皆で先祖を偲び墓参りや寺参りに出かけ、あるいは盆踊りをするという行事が広く行われていています。

      や樺の皮などを焚く迎え火、及び16日の精霊を送るための送り火の総称です。一茶② 晩飯の後、涼みがてらに迎え火を焚きに出る。一茶③ 蓮の飯は、蓮の葉で包んだもち米のご飯のこと。お盆の風習で、仏前に備えたあと親戚などに届けました。

      そのご飯を雀にも与えてせいばん、つまり相伴したという微笑ましい句です。盆踊り 灯籠のよるべなき身のながれけり 灯籠流しは、16日の宵、火を灯した灯籠を川に浮かべて流し精霊を送る行事です。水に揺らめく灯籠の火影とともに、先祖の霊はあの世に帰って行きます。施餓鬼は、もとは供養されることなく餓鬼道に苦しんでいる無縁亡者を弔う法会です。水死者を弔うことを川施餓鬼、海施餓鬼や舟施餓鬼といいます。

      穏やかに仏になって欲しいという思いを込めた弔いです。 さて俳句では、踊りといえば盆踊りを指し、盆に招かれてくる先祖の霊を慰め、これを送るために集まり踊り唄ることが本来の意味でした。盂蘭盆会で祖先の墓に参ることを指しますし、有名な京都の大文字も盆行事の一つ。日本仏法最初の官寺、四天王寺のお盆供養の万灯供養も良く知られています。

      採れたてのトウモロコシにかぶりつこう|七十二候ダイアリー「蓮始開」

      なんとなく思うことがあるものの、僕らが日常生活の中で季節の変化を意識することはそんなに多くない。そのときの旬の食材を食べ、旬の花木を愛でる生活をし、自然の移り変わりとともに今よりずっと細分化された季節の移ろいを感じていたのだ。

      や旬の食材を知ることで、普段よりも敏感に季節の変化を意識できる。季節の移ろいを感じ、取り入れてみて、暮らしに深みをもたせよう。 池一面に花をつける姿が清らかで神々しい、蓮が咲きはじめる頃。 蓮の実はとても長い歳月泥の中で眠っていることがあり、ある時ふと水上に現れて夜明けとともに花を咲かせる。1951年に千葉県の遺跡で発見され弥生時代のものと鑑定された蓮の実が、約2000年の時を経て花を咲かせたという事例もある。 旬の食材 トウモロコシ 米、麦と並ぶ主要穀物のひとつ。日本の最大の産地は千葉で、北海道、群馬、茨城、山梨などが続く。いわれるくらい、収穫直後から糖度が激減していく。あのプチっと弾ける食感と甘みを楽しむなら、採れたてを買い求めてなるべく早く食べたい。いわれるように、右側に両目が集まっているほうがかれい。水平に泳ぐ姿が特徴的だが、孵化後は他の魚と同様に目が左右にあり、体も平たくなく、背びれを上にして泳ぐ。体長が10ミリくらいになると少しずつ左目が移動し、体も平たくなり、やがてよく知るあの姿になる。 夏が旬の魚だが、冬の子持ちがれいもおいしい。一晩限りの草市の翌日、昨晩の賑わいが幻だったかのように静かになった町の様子を詠んでいる。

      ちなみに浅草近くの月島では、今日でも草市が立つ。

      秋も楽しめる花火大会。実は盛り上がれない?【花火】の本当の意味とは・・・

      そんな花火ですが、実は“鎮魂”の意味を持っているのだと言います。

      有名で、お盆に帰ってきたご先祖を送り出す意味合いがあります。 それと同じように花火にもご先祖の“迎え火”“送り火”の意味があり、“鎮魂”を表すものなんだとか。 例えば、日本有数の大きな花火大会である、隅田川花火大会。 江戸時代に徳川吉宗が始めたとされており、江戸で蔓延した病気などで吉宗の時代には多くの人が亡くなってしまった事を受けて始まったんだとか。 さらに、関東大震災、東京大空襲などでも多くの命が失われてしまった隅田川周辺。そういった事もあり、隅田川花火大会はご先祖の霊を想うのに重要な役割を果たしてきたと言います。

      今年は“大切なあの人”を想い出しながら花火を! 最近では花火は、ただただ楽しむものというイメージになってきてますね!

      しかし、花火は実は“鎮魂”の為のものだったんです。

考察。「迎え火」とは何か?

「迎え火」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

迎え火に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ぐっじょさん: 放火プレイ(迎え火
    > https://t.co/ia88ZloDYp

    - 2 日と 7 時間 36 分 15 秒前
  • 詩織さん: 迎え火や送り火を焚いたあとに服に残るにおい、鰹出汁のにおいに似てる - 2 日と 7 時間 36 分 26 秒前
  • かなさんさん: うちは浄土真宗で、相方は浄土宗。結婚するまで茄子やきゅうりを見たことはなかった(精霊馬)実家は宗教に疎い家だからだと思ってたんだが、今検索してハッキリ浄土真宗はお盆のお供えはない。と知った、、、。そうだったのか、、、。迎え火や送り火もよくわからない。(どちらの家もしない。) - 2 日と 7 時間 36 分 50 秒前
  • ハルノ8%さん: うちは田舎だから盆の初めに迎え火、終わりに送り火、盆の最中は毎日墓の灯篭に火を灯しに行くんだけど街の方はお寺さんしかしないのかな - 2 日と 7 時間 39 分 42 秒前
  • ケイさん: RT @rintaannex630: 鉈屋町迎え火門付け 黒川さんさ踊り@大慈寺前交差点このスペースで交差の連続!カッコ良かったー☆
    > https://t.co/dmiZfL5csl

    - 2 日と 7 時間 40 分 20 秒前
  • ぎっちょさん: お盆に見かける、きゅうりやなすの飾り「精霊馬」って何?
    > https://t.co/otDh9lh9mI

    精霊馬も迎え火も聞く割にはやったことも見たこともないから東日本メインなんかな? - 2 日と 7 時間 44 分 6 秒前
  • 美っちゃんさん: RT @chikyukun: 8月15日は【お盆】お盆は先祖の霊を迎えて供養する儀式。8月15日に行われることが多い。地域によって異なるが、13日に「迎え火」を焚いて先祖の霊を迎え、14日、15日にはお墓参りなどをして供養し、16日に「送り火」を焚いてお見送りをする。#今日… - 2 日と 7 時間 46 分 23 秒前
  • GANJAMANさん: RT @420HERBAL: お盆に迎え火でご先祖様を迎え入れ、送り火で送り出す際に燃やすのが皮を剥がしたあとの大麻の茎「麻がら、オガラ」です。日本人は古くから神聖な儀式の際にも麻を使用してきました。 大麻は悪者ではない。
    > https://t.co/ht3pxMYQDh

    - 2 日と 7 時間 49 分 51 秒前
  • 酒井 圭子/書籍編集者さん: お墓まいりをしたり、迎え火をたいたり……実家にてザ・お盆な日を過ごしています。そして今日は石ノ森萬画館へ。ライダー、平成ライダー、009などの石ノ森先生の名作のほか、特設展でコナンの原画展まで!充実の展示に大満足。最高気温22度と…
    > https://t.co/YZQYGU8Dy9

    - 2 日と 7 時間 57 分 54 秒前
  • しほさん: 親戚のちびっこたちと迎え火のついでに花火する時、無意識に自分が持ってたライターで火付けてしまって一瞬ママの顔が凍ったこと今更思い出した、体入行ったとこの店名入ってるしたばこ吸ってる事言ってないしでやばいやばい逆に問い詰められないことが怖い - 2 日と 7 時間 59 分 37 秒前
  • Shinpei Nagatomoさん: アメブロを更新しました。 『お盆、そして終戦記念日。』 #迎え火 #制作過程
    > https://t.co/m8cgTFM9b9

    - 2 日と 8 時間 32 秒前
  • ナツさん: RT @jugokeshi: ちんなは迎え火ばすて、ばんつぁんお供えのずんだもづばこしぇでだっちゃ。おらはこれから墓参りさ行ってくるすぺ。(昨日は迎え火をして、ばぁちゃんがお供えのずんだ餅を作ってたよ。私はこれから墓参りに行ってこよう)#田舎のお盆
    > https://t.co/i

    … - 2 日と 8 時間 1 分 13 秒前
  • Miriald@社会復帰できない歌演舞士さん: 古来より盆の終りの送り火は、その煙を以て、迎え火を頼りにひと時地上に降りた霊魂を天に還す道標とするものと申します。今年の盆は雲が多いですが、迷いなくお帰りになれますよう。
    > https://t.co/dUIgyRqq8u


    > https://t.co/8zfFCLL63E

    - 2 日と 8 時間 2 分 31 秒前
  • リョウスケ@行けたらはかくらさん: RT @teitoku1113: 迎え火やってきたぞい夕方に迎え火を焚いてご先祖様が迷わないように目印にせんとね
    > https://t.co/jAb4lB2p1x

    - 2 日と 8 時間 8 分 35 秒前
  • ひろみんさん: 美容院で、お盆の迎え方なんて話して来て、やらなくなったなぁと懐かしくなった。祖父母の家に同居していた頃は、迎え火とか送り火とかちゃんとしていたなぁ。 - 2 日と 8 時間 9 分 42 秒前
  • こにゃらさん: RT @ouka_0314_mpf: 迎え火焚きました。お婆ちゃん、父さん、迷わず帰って来てね。
    > https://t.co/rYXhvpqwrF

    - 2 日と 16 時間 22 分 5 秒前
  • きよにゃ@9/18文フリ大阪E16さん: RT @tutai_k: お盆なので期間限定で公開しています。~8月31日までの予定。滅びゆく漁村に暮らす女の子二人の物語。「蛆が湧くってことは、陸で死んだってことで、幸せなことなのにね」「迎え火」/「孤伏澤つたゐ」の小説 [pixiv]
    > https://t.co/TS

    … - 2 日と 16 時間 24 分 22 秒前
  • 白川 透(親父坂46)さん: RT @IWATAYUKIO: お盆、迎え火。原稿を早めに終わらせ逝ったミュージシャンを聴く。ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ジム・モリソン、デュアン&グレッグ・オールマン、マーク・ボラン、オーティス・レディング、マーヴィン・ゲイ‥。アンプに火を入れるのが迎え火と思… - 2 日と 16 時間 38 分 9 秒前
  • 楽夢大喜(kitasun)さん: 楽夢大喜(kitasun)徒然日記: お盆の送り火、迎え火
    > https://t.co/RdnQLlxgQo

    - 2 日と 16 時間 39 分 49 秒前
  • キャプテン福田 (サラリーマン総研)さん: RT @moonr_forever: ブログを更新しました!お盆〜迎え火
    > https://t.co/x2BIlPlJgV

    #お盆#迎え火
    > https://t.co/fofQTvfFqR

    - 2 日と 16 時間 46 分 39 秒前
  • あーりー@Chloëさん: RT @hibiki0221: 仙台のアーケードに行ったらお盆にご先祖様を迎える迎え火がアーケードに並んでたよ(´・ᴗ・` )綺麗だけど…何だか寂しいような。でもご先祖様が帰ってくるから嬉しいような…
    > https://t.co/6rmAJfFvFs

    - 3 日と 5 時間 59 分前
  • 悠里★壁博15 【東2 ト60b】さん: 玄関先でお盆の迎え火を焚き、帰ってきただろう父親と母親を迎え入れながら、「…俺の家族だよ」って、ハンジさんとクゥ坊を自慢げに紹介するリヴァイってシーンを、大江戸リヴァハンでやってみたい。(もうずっと、大江戸ネタしか浮かばぬ) - 3 日と 6 時間 15 分 51 秒前

    「迎え火」に関するブログ
  • わかりませんが、少しだけ期待して…
    13日の夕方に迎え火を焚いて
    16日の夕方には送り火を焚きました。

    http://blog.goo.ne.jp/87bomb/e/97cab884513b691c3451c7515dad8ad3


  • みちろうはボクの誕生日を、ゆめはお盆の終わりを。
    「迎えに来ないでね」と、頼んだのに、迎え火焚いたりしなかったのに、やっぱり、この日に迎えに来たんだね。
    キミたちと会えて良かった。

    http://d.hatena.ne.jp/monbiz_ko-1/20170817


  • 明日はまた雨になるんだろうなーと思っていたら明日も大丈夫そう。
    それだけでテンション上がるわ・・・・・昨日は送り火でお見送りの日だったけど何とも言えない寂しい気持ちになりました…送り火は迎え火と同じロウソク。
    使い切る気持ちでずっと灯していたらすんごいことになってしまった(笑)ロウが流れて見るも無残な形におがらを表した長細いロウの部分はあまり崩れず、主に土台の部分が溶けていってたみたい。

    http://ameblo.jp/pimier/entry-12302348943.html


  • 実家の曹洞宗のお寺では、お迎えが13日、お送りが15日、16日午後からお塔婆を立てられるということになっているので、3回お寺に行くことになります。
    送り迎えはお寺に行かなくても良いという人もいるけれど、お寺が近いのに川端や道端で迎え火や送り火を焚くというのも抵抗があるのでお寺に行っています。
    日が射したという実感のないまま、午後はどんより暗くなりました。

    http://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2017-08-17


  • 迎え火、送り火
    人生で初めての体験

    http://blog.goo.ne.jp/kateisalon/e/5646b9bb6895819973145970c48082be


  • 「迎え火」に関する教えてGoo!
  • 仙台市内の習慣が知りたいのですが、
    迎え火13日(水) 送り火16日(土)
    迎え火14日(木) 送り火17日(日)
    の、どちらになるでしょうか?


    仙台も他の地域と一緒で迎え火13日(水)から、送り火16日(土)です。


  • 今年の迎え火と送り火の日にちは❔
    ・地域によって異なりますが、一般的なお盆は
     8月13日(日曜日) 迎え火(盆の入り)
     8月16日(水曜日) 送り火(盆明け)

    ・東京や横浜、静岡など新暦7月(新盆)に行なう場合は
     7月13日(木曜日) 迎え火(盆の入り)
     7月16日(日曜日) 送り火(盆明け)
     
    ・沖縄地方など旧暦7月(旧盆)に行なう場合は
     
     9月3日(日曜日) ウンケー(祖先を迎える日)
     9月5日(火曜日) ウークイ(祖先を送り出す日)
     です。


  • 「迎え火」の関連語
    1位 お盆
    2位 送り火
    3位 お迎え
    4位 ご先祖様
    5位
    6位
    7位 13日
    8位
    9位 お墓参り
    10位 お墓

話題のトピック