なぜ「草間彌生美術館」なのか?

「草間彌生美術館」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      草間彌生からゴッホまで!10月開催の注目「美術展覧会」5選(東京編)

      1876年に開館したボストン美術館は、国や州の財政的援助を受けずにコレクションの拡充を続け、現在は世界有数となる約50万点の作品を所蔵している。

      米国の良心ともいうべき名館の凄みを、凝縮して見せてくれるのが今展だ。

      扱うジャンルは幅広く、どの項目も見ごたえはじゅうぶんすぎるほど。 今期の東京都美術館、ボストンの方はバランスがよくて美術ビギナー向きのいい展示で、ギャラリーの方は杉戸洋さんのなんか無性にわくわくする展示だったので、みんなとびかんに行こう。美術館ハイライト展ってとかくテーマがぼやけがちだけど、この展覧会は美術館の成り立ちと作品収集に尽力した人のエピソードごとに作品が紹介されてて、ボストン美術館について勉強しつつ楽しめた。3D計測や科学分析などの先端技術で文化財を綿密に調査し、制作時と同素材や技法を用いて忠実に再現した超高精細復元作品。また、このデジタル技術に加え、藝大ならではの手仕事による彩色や研磨などを経て、質感や文化的背景などを忠実に再現しており、文化財を後生に伝承することを目指している。

      現地に行かなくては見ることのできない文化財や、いまは失われた文化財。文化財が持つ価値を、より身近に、より多くの人々に伝えていくという意味において、今後さらに重要なものとなっていくだろう。奈良からバーミヤンまで順に見ると造形は徐々にオリエント風味が出て面白い。運慶は平安時代から鎌倉時代にかけて活躍し、その卓越した造形力によって、まるで生きているかのような、写実性にあふれる像を生み出した。運慶の名はあまりにも有名だが、実は彼の作品は全国に分散しているため、これまで1度に彼の作品が見られる機会はなかった。本展では興福寺の再建を記念し、特別に各地の運慶作品(推定含む)計22体が一堂に集結。まるで本当に仏たちが目の前に迫ってくるかのような緊張感と崇高さ。繊細で卓越した造形力に裏打ちされた運慶の作品は、何百年も昔に作られたことを忘れさせるほど、生々しく、見るものの心を深く打つ。

      Twitterで見かけた「美術館・博物館」はここが好き!(東京編)

      乃木坂駅の周辺って、乃木神社とか国立新美術館とかあって都会の割に静かだから結構好きなんだよね。

      1回分残してあった年パスで茶の湯@東京国立博物館。稀少さ神秘さでは曜変天目に一歩二歩譲るが,油滴玳玻灰被といろいろ作柄の違いを見比べる楽しみも。陶磁器以外に茶釜や花生け,中国絵画や墨跡など掛物も粒揃い。 東京都美術館の建物は好きだけど自分がどの階にいるのか把握してないと迷い子になる美術館ではあります。 昨日は従姉妹と親戚家族が作品を見に来てくれたため上野の森美術館を案内し、その後、東京都美術館の資料室へ。 国立西洋美術館のカフェすいれんは、窓からの眺めが良くて好き。 イケアのお菓子が侮れない~みんなのオススメだよ。

      草間彌生最大級展覧会「わが永遠の魂」が見逃せない!

      展覧会の混雑状況をビッグデータから解析する世界で唯一のサイト。無料で作品を鑑賞できるエリアも設け、屋内外で草間彌生の世界を楽しめる展覧会に仕上げている。

      国内での活動を経て、1957年に渡米、15年間にわたりニューヨークで活躍。高い評価を得て、活動の場を東京へ移した後も、世界を舞台に活躍し続ける前衛芸術家、草間彌生。選出されるなど、世界有数の実力と知名度を誇る草間彌生。など世界に名だたる美術館での個展を成功させ、中南米やアジア、北欧でも大規模な個展を行うなど、多くの人々を魅了し続けています。

      国内で過去最大級の個展が、ついに東京で実現します。故郷の松本で活動していた初期からニューヨーク時代、帰国後の作品、そして現在にいたるまで、70年以上にわたる芸術活動の全容が作品とともに紹介されている。

      入り口のゲートから順路を進んでいくと、そこに広がるはまさに草間さんの歴史。 1929年に松本市に生まれ、松本で活動していた50年代からすでに新進芸術家として注目されていた草間さん。57年にはアメリカに渡り、58年からニューヨークで活動を始めます。細かい網の目のストロークで非常に大きな画面を埋め尽くした作品です。70年代には、非常に素晴らしいコラージュの作品が作られおり、また小説を書くなど文学者としての活動を開始したというのも大きな特徴です。いった普遍的なテーマを加えることによって、草間さんの80~90年代の大規模な作品というのは色々と変貌を遂げていきます。趣味のワイン、美術館情報、海外旅行、ドラマ、映画まで、自分の為にも、随時、最新情報に更新していきます~。

      > 京都の伝統建築に草間彌生!「フォーエバー現代美術館」が斬新!
      > アート初心者も楽しめる!【草間彌生展】が最高にフォトジェニックなスポットらしい!
      > 福岡市美術館の楽しみ方10選
      > 3時間でのんびり松本観光!松本城・お蕎麦を堪能する方法
      > なぜか自然を感じる草間彌生の水玉模様。愛と芸術には科学が潜んでいるのか。

      【トイレが…!!】新オープン! あの草間彌生美術館に行ってきた

      87 10月1日に開館した草間彌生美術館では、年に2回のペースで展覧会を開催。草間さんのさまざまなアートを毎年楽しめるようになっています。

      こけら落としとなる開館記念展『創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき』では、最新絵画シリーズ《わが永遠の魂》を中心に構成。今展のために作られたというインスタレーション作品も展示されています。

      1階のガラス部分には、草間さんの水玉模様がデザインされています。

      細長い美術館で、中に入るとワンフロアは比較的コンパクト。これらの作品は、2007年から3年間で描いたドローイングを版画にした連作。黒のマーカーペンを使いフリーハンドで描いた画面には、おなじみの水玉模様をはじめ、抽象的な形が繰り返し出てきたり、細かい線がびっしりと描かれていたりして、モノクロの草間ワールドを楽しめます。3階はとってもカラフル! 続いて3階の展示室に行くと、一転して鮮やかな世界が広がっています。

      新しい作品を見られるなんて、個人美術館ならではの魅力です。扉しか見えませんが、この部屋の中にミラールームの最新作《無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく》があるとのこと。・入れ替え制で入場する・2分間限定で鑑賞する・展示物には手を触れない そして順番に数名ずつ中に入ると、スタッフが扉を閉めてストップウォッチで2分計測。 体感型のインスタレーションであるミラールームは、草間さんの代表的な作品シリーズのひとつ。これまで松本市美術館などいくつかの場所で違うパターンのミラールームを体験したことがありますが、私的には今回のかぼちゃが一番インパクト大でした。トイレも必見! 展示作品のほかに、ぜひ見ていただきたいのがエレベーターとトイレ。どちらにも赤い水玉がいっぱいデザインされていて、小さなミラールーム状態になっています。

      美術館限定のクッキーや水玉グッズなど記念に買って帰りましょう。詳しくは公式サイトをチェックしてみてくださいね。


      関連キーワード - anan -

      観て、触れて、食べる!? はなさんと巡る、最旬東京アートスポット

      芸術の秋、何やら今年はアートの当たり年との噂。今回ナビゲーターを務めてくれた、はなさん曰く「中でもおもしろいのは、アートを体感できるスポット。楽しむ、話題のアートスポット&展覧会を覗いてみましょう。130平方メートルのガラス張りの空間に気鋭の現代作家の作品が並びます。Pumpkin》など、各フロアごとにテーマを設けて展示。街を色面に置き換えたシリーズや、音楽を絵で表現する試みなど、色彩と形に彩られたキャンバスが想像力をかきたてます。 トラディショナルなクレープに、色付けしたホワイトチョコレートを配置し、カシスのマカロンをアクセントに。
      関連キーワード - anan -

      草間彌生美術館がついにオープン! 『創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術の近づき』展をレポート

      白い水玉模様が目印の5階建ての美術館は、草間自身も「これが私の終生の念願でした。語るように、88歳の現役アーティストにとって、特別な想いが詰まった場所でもある。そこで新しく誕生する草間彌生美術館の全貌に迫るとともに、こけら落としとなる本展の見どころを、9月26日に行われた内覧会より紹介していきたい。 上を目指すようにして螺旋状に設計された階段をのぼっていくと、2階の展示室へと導かれる。 こちらのスペースでは、2004年から製作をスタートした《愛はとこしえ》シリーズが、白い壁面を埋め尽くすように展示されている。

      黒のマーカーペンを使って描かれたモノクロのドローイングは、草間作品を象徴する“水玉”や“線”の反復をフラットな目線で楽しめる構成となっている。

      アーティストの創作の原点が垣間見えるような瞬間が、ふとしたタイミングで訪れるかもしれない。 《愛はとこしえ》シリーズは、厳選された27点を展示している。

      草間は幼少期に強迫性障害を患っており、数々の幻覚から逃れるために水玉模様を描きとめるようになったという。本シリーズをじっと見ていると連続したドットや抽象的なかたちが、不思議と何かを語りかけてくるような気分にさせられてしまう。どこまでも繰り返されるモチーフには、無意識を喚起する力を潜在的に秘めているのではないだろうか。 続く3階のギャラリーには、2009年に着手され今も創作が続いている大型アクリル絵画《わが永遠の魂》シリーズが、天井高の空間に目一杯展示されている。

      天井高のスペースにはカラフルで力強い《わが永遠の魂》シリーズの展示が。 本シリーズは1日に1点もしくは2点という驚異的なペースで制作されており、現時点で530点を超える草間作品のなかでも過去最大の作品群である。今回こちらでは未公開作品を含む16点を紹介しているが、色という色が自在にキャンバスを飛び交い、はみ出すようにダイナミックに描かれた作品からは、飽くなき制作欲求と生命賛歌ともいえる底なしのエネルギーが力強く迫ってきた。 フロアをあがっていきながら鑑賞していくという、これまでの美術館では体験したことのない珍しい空間構成となっている本館。するとそこには、不意を突かれるような予想外の展開が待っていた。 まるでかぼちゃ畑にいるかのような気分にさせられる、没入型の作品 こちらでは、本展初公開となる最新のミラールーム《無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく》のインスタレーション作品を、暗転した空間のなかで体感することができる。約2分という短い時間ではあるが、小さな鏡張りの空間に閉じ込められた状態で、くっきりと目の前に映し出されるかぼちゃを鑑賞するという摩訶不思議な体験は、おとぎ話の世界を自由に行き来するに等しい。草間ファンにとっても、童心に返るような新鮮な気分を味わえるかも知れない。こちらではそんな草間のかぼちゃへの並々ならぬ愛と、子ども心に抱いたアーティスト自身の純粋無垢な感情を、しっかりと感じ取ることができる。 私はかぼちゃを見る時に、かぼちゃは私の全てであるという喜びと、畏敬の念を拭い去ることはできませんでした。そのようなかぼちゃから生まれ出た威厳と、永遠に尽きることなき人間たちへの愛の姿を私はこの鏡の部屋に閉じ込めました。

      この広大なかぼちゃ畑を見てこれからの人間の生き様を是非見つけてください。そして、みなさん自身の人生の生き様を見出してください。 最上階の5階では、彼女のアートワークが閲覧できる出版物の展示とともに屋外のスペースもあり、こちらでも“最愛のかぼちゃ”の大きなオブジェを目にすることができる。 草間彌生のアートワークの多彩さや表現の幅に触れることができる5階のコーナー 完全に吹き抜けとなっているこちらのスペースにはこの日、秋晴れの太陽が燦々と注ぎ、オブジェの金色が一段と光を放っている様子が、強く印象に残った。 1階の入り口付近のスペースには、グッズが購入できるコーナーも 一つ一つの展示室は小規模でありながらも、天上に向かってまっすぐに伸びる美術館は、今なお創作活動に向き合い、高みを目指して日々闘い続けている彼女自身の姿にも重なる。 草間彌生の長年の芸術へのひたむきで真摯な取り組みと未だ尽きぬ表現への膨大なエネルギー、さらに人々に対する無限大の愛や世界平和へのメッセージを、ぜひともこの場所で感じ取ってほしい。
      関連キーワード - anan -

      草間彌生美術館、開館記念展の詳細が明らかに

      2017年10月1日に開館が予定されている草間彌生美術館の、開館記念展の詳細が明らかになった。本展は、大型の絵画連作《わが永遠の魂》を中心に構成されている。

      当初100点を目指していた同シリーズは、1日に1点あるいは2日に1点という驚異的なペースで制作が進み、現時点で530点を超える草間作品の中でも最大のものとなっている。

      今回は、未公開作品を含む16点が公開されるとのこと。 さらに同シリーズの先駆けとなるモノクロドローイングのシリーズ《愛はとこしえ》や、開館のために制作された最新インスタレーション作品、新作のかぼちゃ立体作品など展示される予定だ。


      関連キーワード - anan -

考察。「草間彌生美術館」とは何か?

「草間彌生美術館」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

草間彌生美術館に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    「草間彌生美術館」に関するブログ
  • ところで、先日のZEROで、翔君と草間彌生さんのコーナーがありましたが、ここに智くんも混ぜて欲しかったなと思いながら観ていたところに、こちらの作品が紹介されました。
    草間彌生美術館、5階屋上に展示されているというキラキラかぼちゃのこの作品は、太陽に照らされたり、雨風に当たったりと、環境や時間経過によって、きっとさまざまな姿を魅せてくれるのだと思いますが、そこですぐに頭に浮かんだのが、智くんのぴょこ歯つきのこちらの作品でした。
    作品集の表紙にもなっている、この得体の知れない作品は、確か水槽内に展示され、日々刻々とその姿を変えていたんですよね。

    http://satoshinaoh3104.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-3c0b.html


  • 「フランス人間国宝展」@東京国立博物館表慶館
    「創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」@草間彌生美術館
    「ウォーターフロントシティ横浜 みなとみらいの誕生」@横浜年発展記念館

    http://humezawa.blog.so-net.ne.jp/2017-10-16


  • アバンギャルド フランス語
    草間彌生美術館が新宿にオープンしました。
    草間彌生さんは88歳です。

    http://blog.goo.ne.jp/highschoolpencil/e/0ffbba59eae4d179bed6d1dfc18af312


  • 草間彌生美術館のチケット♪
    本日、10月1日に〜草間彌生美術館
    東京・新宿にopenしましたね〜。

    http://sheep-meimeimei.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-4f86.html


  • ・「代官山フォトフェア2017」では、関連企画としてアーティスト・奈良美智の個展も開催されます。
    ・10月1日には「草間彌生美術館開館」がオープン!
    日時指定の予約制なのでご注意ください。

    http://blog.goo.ne.jp/cecil_got_blues/e/83633cf0b4be494048adcdf9610c59d1


  • 「草間彌生美術館」に関する教えてGoo!
  • 銅版画は面白いの?
    面倒なだけですか?

    つうか銅を彫ったりインクつけたりやめたほうがよさそうですね。

    あの昔の中世ヨーロッパのようなイラストはどうやって作れますか?


    面倒なのが面白いのでわ?
    >どうやって描ける
    真似すれば…
    面倒だけどね
    描画ソフトをつかえば
    似せることていどは
    出来るとは思う
  • 携帯電話の「待受」「受発信」画面として、
    あなたはどのような画像を登録していますか?



    当方は、
    待受画面が『月島南中学校』、
    メール受発信画面が『月島東小学校』です。


    実は・・・この二つの東京都中央区立学校は、
    NHK連続テレビ小説『瞳』(2008年度前期)に登場する学校で、
    現実には存在しません。

    DVD画面から拝借して個人的に愛用しています。


    (著作権の関係でここでお見せできないのが残念。)
    なお、ドラマはフィクションですが、
    【現実】の佃・月島周辺地域の子供が通う東京都中央区立学校は、
    以下の通りです。


    「月島第一小学校」
    「月島第二小学校」
    「月島第三小学校」
    「佃島小学校」
    「佃中学校」
    「晴海中学校」
    ちなみに、『月島南中学校』の外観は、
    月島の北東方面に実在する『佃中学校』で、
    『月島東小学校』の外観は、
    廃校になった東京都豊島区立学校の校舎でロケしたそうな。
    学校名の看板が撮影用の小道具とはいえ見事です。


    こんばんは。
    ケータイに入っていた、お花と蝶がリアルに3Dになった待受画面にしています。


    待ちキャラの、くーまんがケータイを開くたびに何かと話しかけて来て、くーまんが可愛くて替えられないんです(;´∀`)
  • 「草間彌生美術館」の関連語
    1位 作品
    2位 智くん
    3位 姿
    4位 展示

話題のトピック