なぜ「神戸新聞杯」なのか?

「神戸新聞杯」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      神戸新聞杯のまとめ

      競走馬によるハンデキャップの重賞競走神戸盃の名称で創設されたのが始まり。その後1957年に負担重量は別定に、1971年には定量に変更。 1991年からは本競走の3着までの馬には菊花賞の優先出走権が与えられるようになり、1995年より菊花賞トライアル競走に指定、さらに指定競走として地方馬にも門戸が開かれた。 2001年には混合競走に指定され外国産馬の出走が可能になった。2003年には負担重量を馬齢重量に、2007年よりトライアルとしての性格を強めるため施行距離を現行の芝2400メートル外回りコースに変更。2010年より国際競走に指定され外国調教馬も出走可能となり、この年より国際格付けとなっている。

      負担重量は馬齢重量で、牡馬は56キログラム、牝馬は54キログラム。 昔は京都新聞杯が秋に開催されていたので、夏の上り馬が活躍するレースでした。向かう3歳馬も出走するため、近年の優勝馬には名馬が顔を並べる重要なレースとなっています。

      ここでもNHKマイルC2着馬のブラックシェルやその年の菊花賞馬のオウケンブルースリーを撃破。 神戸新聞杯が2400mに変更されてから唯一G1勝ち星がない上り馬の勝利。 ダービー馬ロジユニヴァースが不在の中、7番人気でありながら皐月賞馬アンライバルドやダービー2着のリーチザクラウンに勝利。ちなみにこの歳の菊花賞は1着が8番人気スリーロールス、2着が7番人気フォゲッタブルで荒れた結果に終わった。 菊花賞は神戸新聞杯で3馬身差を付けたビッグウィークに足下をすくわれて2着に終わるも、ジャパンCではブエナビスタの降着もあり優勝する。 オルフェーヴル出走で11頭と寂しい頭数になったが、ここでもダービー2着馬ウインバリアシオンに21/2馬身の差を付けて勝利。その後の活躍は歴代最強馬の1頭としてふさわしい内容。 神戸新聞杯はやや小粒なメンバーだったが、ロードアクレイムに21/2の差を付ける完勝。 その後有馬記念に勝ち、古馬になっても宝塚記念でフェノーメノやジェンティルドンナに勝利する。

      【2015年神戸新聞杯】リアルスティールの競馬情報&データまとめ

      前走東京優駿(日本ダービー)の動画を見てみましょう。 競走結果 1着ドゥラメンテ 2着サトノラーゼン 3着サトノクラウン 4着リアルスティール 5着コメート 6着ミュゼスルタン 7着タンタアレグリア 8着グァンチャーレ 9着レーヴミストラル 10着ミュゼエイリアン 11着ダノンメジャー 12着ポルトドートウィユ 13着タガノエスプレッソ 14着キタサンブラック 15着ベルラップ 16着コスモナインボール 17着アダムスブリッジ 18着スピリッツミノル ドゥラメンテの強さが際立った日本ダービー。 また、前走日本ダービーで3番人気以内、5着以内 だった馬が良い傾向です。 前走OP特別や条件戦だった馬は割り引きですが、 狙うなら連対馬、前走1番人気。 競走結果 1着ワンアンドオンリー 2着サウンズオブアース 3着トーホウジャッカル 4着サトノアラジン 5着ヴォルシェーブ 6着ハギノハイブリッド 7着トーセンスターダム 8着ヤマノウィザード 9着クロニクルスカイ 10着マッチボックス 11着シャンパーニュ 12着キネオペガサス 13着ウインフルブルーム 14着スズカデヴィアス 15着ダンディーズムーン 16着トップボンバー 昨年はダービー馬ワンアンドオンリーが圧倒的1番人気の応え勝利。 2着にはサウンズオブアース(8番人気)、トーホウジャッカル(9番人気)の 伏兵が入った。 その後、菊花賞ではトーホウジャッカルが勝ち、サウンズオブアースは2着。 次は、リアルスティールに関する最新のニュースです。ダービー2着のサトノラーゼンはセントライト記念ダービー3着のサトノクラウンも天皇賞行くからいない。クラシック2冠は皐月賞2着、ダービー4着と世代屈指の能力を示した。マッサビエルの血統と戦績に、ときめきを感じずにはいられない。アルバートドックは、菊を勝てる器なので、しっかり権利獲りを。

      神戸新聞杯みんなの予想まとめ(2015)

      普通に考えればリアルスティールが本命ですがあえて切りました。



      > 2017年・菊花賞優先出走権を持つ6頭を分析。神戸新聞杯1着のレイデオロはジャパンCへ!!
      > 神戸新聞杯の歴代勝ち馬
      > 【過去から考察】神戸新聞杯(GII)
      > 【競馬予想はここから】神戸新聞杯(GII)(2017)-馬体写真【***】
      > 菊花賞に直結!神戸新聞杯関連情報
      > 【競馬予想はここから】神戸新聞杯(GII)(2016)-馬体写真【菊花賞の主役は?】
      > 神戸新聞杯2015  過去10年のデータと出走予定馬  by競馬探偵ごんつ

      【菊花賞】長距離適性高いマイネルヴンシュ「週刊大衆本誌 今週の決断」

      ノーザンファームで育成された3歳馬は、夏を越えるとグンと成長する。菊花賞の前哨戦であるセントライト記念では1~3着を独占し、神戸新聞杯でも1、3着。 ■エリート軍団を意識して厳しい展開にだが今回は、そんなエリート軍団に逆らってみたい。展開を予想すると、はっきりとした逃げ馬は、ウインガナドルとサンデームーティエ。後者は抽選対象で出走がかなわなかったので逃げは前者になる。そうなると、ウインはスローにせず、しっかりしたラップを踏むことになる。 ■豊富なスタミナを武器に強気な競馬で!その厳しい流れで浮上するのは、ウインと同じグループである◎マイネルヴンシュ。前走の九十九里特別では、3コーナーから騎手の手が動き、そこからずっと押し通しで2500メートル戦を勝ってみせた。一瞬の脚はないが、長距離適性ならメンバー中ナンバーワンだろう。スタミナを温存したい有力馬を尻目に、勝手知ったる柴田大知が3角先頭くらいの強気な競馬でセーフティリードを作れば、なかなか、その差は縮まらない。 相手は、超高速馬場だったセントライト組より神戸新聞杯組が中心で、対抗はキセキ。3着アルアインと4着ダンビュライトは距離が長そうだ。

      サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ベストアプローチの末脚が穴」

      どの馬も初めてとなる距離3000メートルで争われるだけに、荒れるイメージが強い。長丁場への対応力が各馬どの程度なのか、判断するのが難しいこともあるからなのだろう。 それだけに、予想する者にとっては、より力が入る競馬である。 今年は最強と見られたダービー馬レイデオロがここにホコ先を向けてこず、その2着馬スワーヴリチャード、3着馬アドミラブルの名も見られない。 ということで、目下7年連続して馬単、馬連で万馬券が出てはいないが、今年あたりは‥‥というムードもなくはない。トライアルのセントライト記念を鮮やかな末脚を披露して制したミッキースワローが本命視されているが、その前哨戦を勝つまでは1000万条件馬。血統的に一本筋が通っており、また、距離の不安もなさそうだが、はたして。 差がなく、同じトライアルの神戸新聞杯2着のキセキ、同3着サトノアーサー、セントライト記念2、3着アルアイン、サトノクロニクル、古馬相手に新潟記念で僅差4着と善戦したウインガナドルと続くが、いずれも“絶対視”できるほどの存在ではない。 それでも真っ先に狙ってみたいのは、ベストアプローチだ。

      走りっぷりから長丁場は合うと思うのが一番の理由。好位につけ、ジワジワと息の長い末脚を駆使する馬で、京都は〈1010〉と相性がいいのも強調していいだろう。この馬らしい走りが見られずピリッとしなかったが、それでも勝ったレイデオロにコンマ8秒差、2着キセキにはコンマ5秒差。 ダービー9着以来、4カ月ぶりのレースで体重10キロ増での出走。見た目にも馬体に余裕があり、重め残りの状態だったのが主たる敗因だった。

      しかし、一度使われたことで、この中間は大幅な良化ぶりを見せている。

      軽快かつ、リズミカルで、1週前の追い切りも実によかった。 状態がよくなったことで、藤原英調教師はじめ、厩舎スタッフはこう期待感をあらわにしている。

      母の父エフィシオは成績からマイラーと見られているが、7歳まで走ったタフガイ。そして祖母の父シルヴァーホークはスタミナ豊富なステイヤーとして知られる。血統的背景からも3000メートルはドンと来いというクチだ。

      道悪もうまそうで、穴党としてイチオシしたい馬である。秋初戦となったセントライト記念は、体重が前走比18キロ増と重め残りで9着。 穴中の穴に、スティッフェリオをオススメしたい。

      【毎日王冠】自由自在のアストラエンブレム「阿部幸太郎 オレの美味予想」

      菊花賞トライアルの神戸新聞杯で圧倒したレイデオロ。3000メートルの距離は、レイデオロにとって不適だと藤沢和師が戦前からコメント。神戸新聞杯のあとは、ジャパンCに直行すると断言しました。

      いえ、日本ダービーで快勝し、そして今回の神戸新聞杯と、芝2400メートルで2戦とも横綱相撲。生涯一度しか出走できないのが3歳クラシックです。その安田記念で見せ場を作った大器グレーターロンドン。また、昨秋の天皇賞でモーリスの2着、リアルスティールも虎視眈々。 ■逃げ馬が不在でアストラエンブレムの出番顔ぶれから強力な逃げ馬が不在。自在に動ける臨機応変型で、休養明けを叩いて出番です。専門誌に連載を持つほか、ユニークな語り口で競馬番組にも数多く出演。“アベコー”の愛称で多くの競馬ファンに親しまれている。

      先週のG1は○馬Vで3万券! 伝統のG2戦はマカヒキとサウンズオブアースに期待「薮中泰人 栗東トレセン便り」

      なお、今週は土、日、月の3日間開催で毎日王冠は日曜日の東京、京都大賞典は月曜日に組まれている。

      注目度が高いのはオークス馬ソウルスターリングが出走予定の毎日王冠だ。

      2週前の神戸新聞杯を制したダービー馬レイデオロとほぼ同時期の乗り出しで、いきなり動ける態勢ができている。

      ■毎日王冠の狙いは、ダービー馬マカヒキ

      しかし、狙いはマカヒキだ。

      凱旋門賞の前哨戦、ニエル賞を制したが、本番は14着の大敗。復帰した今年も2月の京都記念3着、G1大阪杯4着と勝てなかった。レースも昨春と違い、キレに欠ける内容に不満を残した。だが、今振り返れば、デキも本来のものではなかったように思う。激闘のダービーのあと、思い切った休養が取れないまま仏遠征。馬体にいい頃の迫力が出て、実に身のこなしが柔らかくなった。脚さばきに硬さがあった仏遠征前の状態を思うと、相当にいい状態である。レース2週前時点で9本の時計を出し、2週前追い切りでは7Fの長めを追って6F77秒7の猛時計が出た。CWでこれだけ速いのは皐月賞の1週前追い切り以来だ。

      ■京都大賞典はサウンズオブアースが重賞Vへ京都大賞典はサウンズオブアースに期待したい。前2年はこのレースからの使い出しだったが、今年は夏の札幌記念が始動レース。結果は4着だったが、このひと叩きが効果的だった。レース2週前追いも坂路で先行する併走馬に4馬身も先着する軽快な走り。仕上げの良さを生かして“最強の2勝馬”が待望の重賞タイトルを手にしそうだ。

      8月後半から乗り込んでいるシュヴァルグランの仕上げもいい。初コンビのMデムーロでどんな新味が出るかにも注目したい。春より秋のほうが走る傾向にあり、決め脚にも磨きがかかっている。


考察。「神戸新聞杯」とは何か?

「神戸新聞杯」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

神戸新聞杯に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 仲本 樹里亜さん: 『2番手に1番のビワハヤヒデ。秋はなんとしても金メダルを、、というビワハヤヒデ。今日は覆面をとって素顔のビワハヤヒデであります。』1993年神戸新聞杯(1着ビワハヤヒデ) - 12 日と 16 時間 36 分 24 秒前
  • 競馬バカさん: @96mitsu105610 @R3XnKrVAbS7UybV ダンビュライト神戸新聞杯も中々しぶといレースしてましたからね!豊さんの手綱捌きは要注意です(笑) - 12 日と 18 時間 12 分 12 秒前
  • 今すぐにでも稼ぎたいさん: 【今週の予想】神戸新聞杯とオールカマーの軸馬予想
    > https://t.co/300aBrXmkk

    - 12 日と 18 時間 27 分 30 秒前
  • 今すぐにでも稼ぎたいさん: 神戸新聞杯2017予想~セントライト記念的中!
    > https://t.co/NPap2NBEv2

    - 12 日と 18 時間 38 分 40 秒前
  • 今すぐにでも稼ぎたいさん: 神戸新聞杯 2017 レース回顧・結果:レイデオロ、ダービー馬の本領発揮、先行策から正攻法で捻じ伏せた!
    > https://t.co/C5taSiab0f

    - 12 日と 21 時間 42 分 56 秒前
  • craftmanshipさん: 神戸新聞杯組は買いたいと思わせるのがあんまり。マイスタイル逃げるんなら怖いけど、意外と行く馬多そうだし今回乗り替わるだろうし。ベストアプローチが前に行った場合は怖さがあるけど…… - 12 日と 23 時間 52 分 18 秒前
  • ケインkein_aquárioさん: 朝日杯勝ち馬不在皐月2着不在ダービー1-3着不在(神戸新聞杯勝ち馬不在)近年最低のクソメンツじゃねえか菊花賞
    > https://t.co/iUPSkq19C1

    - 13 日と 8 分 28 秒前
  • 今すぐにでも稼ぎたいさん: 神戸新聞杯2017】予想オッズと出走予定馬&先週の快勝結果報告!
    > https://t.co/h2HJv0oArx

    - 13 日と 11 分 7 秒前
  • ぶんさん: 新馬戦の典さん。神戸新聞杯以来かな?クロフネ産駒。元気いっぱい歩いてた。#スズカクイーン#横山典弘
    > https://t.co/AMh0CWKexv

    - 13 日と 2 時間 16 分 29 秒前
  • 110KEIBAさん: 競馬BEAT レイデオロ C.ルメール 神戸新聞杯 を快勝! 阪神競馬 2017年9月24日:
    > https://t.co/HYwc35nYoM

    、@YouTube - 13 日と 2 時間 34 分 20 秒前
  • 今すぐにでも稼ぎたいさん: 神戸新聞杯(G2)-予想-
    > https://t.co/aGGtH3B7JB

    - 13 日と 3 時間 15 分 23 秒前
  • マルケさん: RT @KeibaOyakudachi: 毎日王冠リアルスティール強かった、、、。2年前の神戸新聞杯で初めて1人で馬券を買った身としてはなんか感慨深い。あの頃からミルコならもう少し勝ち切るレースが増えていたのかもしれない笑明日は切り替えて京都大賞典頑張って予想します h… - 13 日と 4 時間 6 分 29 秒前
  • 今すぐにでも稼ぎたいさん: 神戸新聞杯 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、内で包まれるより外から積極的に仕掛けていく方が良いのかも
    > https://t.co/sJX4vVgBfb

    - 13 日と 4 時間 16 分 47 秒前
  • 今すぐにでも稼ぎたいさん: 神戸新聞杯&オールカマー2017予想~堅そうな軸馬のいるレース的中!
    > https://t.co/q8f9iVRbWv

    - 13 日と 4 時間 49 分 43 秒前
  • サトノモノワスレさん: RT @BASA_SHI_ANZU: ワイの正夢割と当たるから聞いてほしいんやけど、神戸新聞杯のレイデオロ1着、ヴィクトリアMのミッキークイーン大敗当たってるんだよね、、、今日のシュヴァルグランは3着 - 13 日と 8 時間 52 分前
  • シザンサスさん: RT @LibDSue: トーセンバジルって3歳の神戸新聞杯以降は2200m以上使われてきて結果出してきたのに、今下半期の初戦が2000m。ほぼ最後方から他馬の邪魔にならないけど勝負にもならない大外通って最速の上がりで、厩舎は叩きと本番の区別が極端な藤原英昭厩舎、鞍上続戦。ここ… - 13 日と 9 時間 20 分 40 秒前
  • 今すぐにでも稼ぎたいさん: 神戸新聞杯2017の予想を軽くしておこうと思ふ。
    > https://t.co/gO6733yM3j

    - 13 日と 10 時間 29 分前
  • Leon Onoさん: てか阪神先週(神戸新聞杯週)だったか『意外とL前~数字が出ない』って自分で書いた覚えが開催後期で踏分そうなんだという解釈だが、だから「キレ」+「速いトップスピードは活きづらい」+「(速いのが入らない分)Lまでの伸びは活きうる」なんだよな。かつ、L良くはないから詰めづらいと。 - 20 日と 23 分 48 秒前
  • じんさん: RT @miyako_uma: 2017年9月24日阪神11R神戸新聞杯(GⅡ)レイデオロ(C.ルメール騎手)3・4番手からステッキ2発以外は馬なりで34.1秒の上がり。ダービー馬の貫禄を見せつける完勝でした。
    > https://t.co/ReYVkgjSS2

    - 20 日と 58 分 42 秒前
  • もずさん: RT @keiba_omoide: クロフネとチカテツのあまりにも異種格闘技戦な乗り物対決となった、エアエミネムの神戸新聞杯 - 20 日と 10 時間 39 分 56 秒前
  • てつやさん: @inatomi_naho 稲富ちゃん、おはようございます。昨日は阪神競馬場で絶叫して、喉が痛いです(笑)馬券は馬単ヒットで勝ちました。神戸新聞杯の日から、顔小さい、スタイルいい、女神様に会って、写真待受にしてから、馬券好調。このまま有馬記念まで突っ走ります。 - 20 日と 16 時間 24 分 32 秒前

    「神戸新聞杯」に関するブログ
  • 7月に復帰して500万と1000万を連勝。
    神戸新聞杯でダービー馬の2着に入ってここに出走。
    今年は馬場の極端な悪化が明白だったので,スタミナに優るタイプに有利に働くかもしれないと思っていました。

    http://blog.goo.ne.jp/spinoza05/e/d16c215bd274c0960b07c089e3e07b7c


  • 私は4角を回った時、少し声が出ましたが、見事に外れました。
    昨日、大幅割引と書いたキセキが神戸新聞杯と変わらぬ脚色で、他馬をゴボウ抜きして見事勝利!!!
    M.

    http://tigersunday.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-114d.html


  • 今日は全然ダメでした・・・( ゜Д゜) まぁ土曜日勝てたのでとりあえずヨシとしますかなぁ。
    菊花賞 キセキ 前走の神戸新聞杯は直線で詰まりつつも、最後は捌いて追い込みきれてはいたものの、
    割とダメージの残りそうなレースでしたので少し軽視したんですけどねぇ。

    http://tanukitanuki.at.webry.info/201710/article_11.html


  • 春はクラシックに間に合いませんでしたが、夏場を使って成長
    神戸新聞杯では最先着
    上位を狙える

    http://blog.goo.ne.jp/akki_umao/e/538a3a7f8ffddfe564b470f3261c8c1f


  • 京都の武豊騎手は買わないわけにいかないだけに、一押し足りないこの馬をこの馬場でどう乗るか注目です。
    神戸新聞杯2着のキセキは不良馬場にやや不安が残る印象。
    新潟の1000万条件の勝ちタイムが速すぎて心配になります。

    http://blackflyer-maniknows.txt-nifty.com/mmdialy/2017/10/post-f66f.html


  • 「神戸新聞杯」に関する教えてGoo!
  • 神戸新聞杯の勝馬は
    ハーツクライ1着。カメハメハは3着以下。(いずれも希望)
  • オールカマー マンハッタンスカイ
    札幌記念最先着 今回は距離短縮 あと名前が好き
    神戸新聞杯 アンライバルド
    皐月賞馬 岩田騎手 ドイツっぽい名前(違うかっ!)
    ダービーは何かあったに違いないので忘れます。なかった事に。
    あと 予想もお聞かせ下さい。
    >オールカマー マンハッタンスカイ
    オールカマーでは、前走札幌日経OP・札幌記念組みが多く馬券に絡む傾向があるため、可能性は高いと思います。


    使いすぎで疲れていないかという点と、中山の成績(0,0,1,2)が、不安材料です。


    ここの馬主クラブ法人は、会員からの公募で名前を決めているため、会員さんに父親に思い入れのある人がいたのかも知れませんね^^
    私の本命は、スノークラッシャーです。


    詳しくはブログをやっているのでそちらで^^;
    参考URLにブログのURLを載させていただきました。


    >神戸新聞杯 アンライバルド
    皐月賞の勝ち方、伝説の新馬戦勝ち馬と力関係になんの問題もなさそうですね。

    騎手もお手馬で名手ですし。
    不安点があるとすれば、阪神2400m特有の中枠が不利な点。
    ダービーは不良馬場による大敗とも考えられます。
    ・・・どうやら英語のようです、、、「匹敵する者のない」と言う意味らしいです(Wikipedia参照)。
    私の本命は、セイウンワンダーとリーチザクラウンです。


    こちらもブログでイロイロ理由を書かせてもらっています^^;
    参考URL:
    http://fanblogs.jp/keibakan/


  • こんにちは。
    土曜は新潟、阪神共に結構荒れてましたねえ。堅かったのは阪神メインくらいでしょうか。
    まあ、マイ馬券が当たってないのはいつものことですが。


    阪神10R、新潟12Rを買って、ともに3連複タテ目でした。

    ああ…。
    今週も皆様の相馬眼と予想力をお借りして、東西両重賞の的中を目指します。
    回答の際は、印の強弱と推奨理由を忘れずにお願いします。


    まずは神戸新聞杯。
    ワンアンドオンリーの秋初戦。どんなレースを見せてくれるのでしょうか。
    マイ注目馬は以下。
    ・ワンアンドオンリー…ダービーで負かした上位馬がいないとなれば
    ・サトノアラジン…素質馬ついに覚醒。古馬相手の前2走を素直に評価
    ・トーセンスターダム…内ラチに突っ込んだダービーは度外視で
    ・ヴォルシェーブ…素質ならこの馬も。既に古馬を相手に好走
    その他ではハギノハイブリッド、キネオペガサス、トーホウジャッカル、サウンズオブアース、ダンディーズムーンまで。
    ワンアンドオンリーからのヒモ荒れに期待しています。


    こんにちは、博打打ちです。


    最近忙しくなかなか投稿できません。

    今日の阪神、堅く流れておりこのレースも穴党の出番があるかどうか?


    ワンアンドオンリー、トライアルだけに勝つかは疑問だがダービー上位馬不在、どのトライアルレースも春の有力馬が順調に勝ち新興勢力も見当たらず、連を外すのは考えづらい。
    順当にこれが◎
    ○(16)ヴォルシエーブ
    すたみなタイプで菊花賞に出たい一頭。岩田で勝負気配。
    ▲(3)ウインブルフルーム
    毎回好走も人気落ち、今回が買い。
    注(11)サウンズオブアース
    派手さはないが相手なりに走る馬、無視は危険。
    馬券は3連複軸一頭流し
    (10)→(1)(2)(2)(3)(4)(7)(8)(9)(11)(12)(15)(16)55点のヒモ荒れ狙いだが今日の流れからするとどうか…
  • 「神戸新聞杯」の関連語
    1位
    2位 2着
    3位 キセキ
    4位 17神戸新聞杯
    5位 G2
    6位 レース
    7位 馬場
    8位 1着
    9位 3F
    10位 セントライト記念

話題のトピック