なぜ「直接観測に成功」なのか?

「直接観測に成功」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      台風 10月なのに、なぜ「超大型」21号「目」に飛行機で直接観測に成功 JR東海 トヨタ工場休止

      台風21号は急発達し、超大型で非常に強い勢力で沖縄の南海上を北上している。

      台風の発達には海洋内部の水温が深く関係している。

      台風の右側と左側では風の強さに差があり、左右対称な強風域ではないことが多いです。1977年以降の台風で調べてみると、全体に占める割合は約4パーセントと非常に少ないことがわかりました。

      観測を行ったのは、名古屋大学や琉球大学などの台風の専門家による研究グループです。呼ばれる発達した積乱雲が壁のようにそそり立ち、中心付近では海面が見える場所もありました。

      台風21号の接近に伴って、トヨタ自動車は、従業員の安全を確保する必要があるとして、愛知県などにある車の組み立てなどを行う工場の操業を23日朝から夕方まで休止することを決めました。

      運転が、現在、上下線ともに取りやめになっています。

      アインシュタインが予言し世界の研究者が観測していた「重力波」米チームが初観測

      を初めて直接、観測することに成功したと発表しました。

      波となって伝わる現象で、これまで直接観測されたことがなかったため世界各国の科学者が観測を目指していました。

      アインシュタインが1916年、一般相対性理論から予言していた。強く、電磁波では観測が難しいものでも観測できます。
      研究チームによると、米国にある巨大観測装置LIGOが昨年9月14日、重力波を検出した。質量が太陽の29倍と36倍のブラックホールが13億年前に合体した時に、太陽3個分の質量がエネルギーとなった重力波が発生し、地球に届いたとみられる。ブラックホールが合体する瞬間を捉えたのも、世界初の快挙となる。同士を急激に衝突させたり、超新星爆発が起こったりすると、そんな波が起こると言われてきました。

      そして物体が大きければ大きいほど、時空は大きく乱れ、重力波が強くなるのだと。 以前に作った連星ブラックホールのCGアニメーションです。お互いの周りをまわる2つのブラックホールが接近すると周囲の空間がぐにゃぐにゃに歪み、重力波が発生すると考えられています。

      今宵は眠れない:アインシュタイン最後の宿題ともいわれる重力波。アインシュタインの予言から100年目にして、重力波の存在が実証。重力波源として、中性子星連星やブラックホール連星の合体の予測が実証された。

      「LIGO重力波観測所」がアインシュタインの「最後の宿題」成功したと発表

      を初めて直接観測することに成功したと発表しました。

      を初めて直接観測することに成功したと発表しました。

      を初めて直接観測することに成功したと発表しました。

      重力波は重い天体同士が合体するなど激しく動いた際、その重力の影響で周囲の空間にゆがみが生じ、さざ波のように遠くまでゆがみが伝わっていく現象。チームは一辺の長さが4キロに及ぶL字形のLIGOで空間の微弱なゆがみを検出。ブラックホール同士が合体した際に発生した重力波をとらえた。信頼度は極めて高く、検出は間違いないと判断した。 重力波の観測装置を望遠鏡として使えば、光さえのみ込んでしまうブラックホールなど、光や電波では見えない天体を直接とらえることができる。また、重力波は減衰せずに遠くまで伝わる性質があるため、はるか遠くを探ることで宇宙誕生の謎に迫れると期待されており、宇宙の研究に飛躍的な進展をもたらす。来月から試験運転に入り、2年後までに本格的な観測を始める予定でした。

      > ノーベル賞4個分?重力波世界初観測!!天体現象の解明に期待?

      2度目の重力波観測に成功!ついに「重力波天文学」の新時代へ

      これまで聞こえなかった宇宙の音が、次々と飛び込んできます。
      史上2回目となる重力波の直接観測に成功したことを発表しました。

      重力波の存在は100年前にアインシュタインが予言していましたが、ようやく2015年9月に初めて実現したばかりです。今回発表されたのは、それから3カ月ほど後、2015年12月26日に重力波が検知されたことです。 2回目の重力波観測 LIGOが初めて観測した重力波は、地球から約13億光年の距離にあるふたつのブラックホール、それぞれ太陽の29倍と36倍の質量をもったものの合体によって生まれたものでした。今回のふたつのブラックホールの質量はそれぞれ太陽の8倍と14倍、地球からの距離は14億光年でした。合体後には太陽の21倍のブラックホールが形成され、残る太陽1個分の質量が重力波エネルギーとして放出されました。

      米国カリフォルニア州サンディエゴで行なわれたアメリカ天文学会で発表されました。

      宇宙にある非常に重い物体が激しく衝突すると、それは衝撃波を生じ、池にできるさざ波のように時空を渡っていきます。重力波と呼ばれるその波は非常に微かで、振れ幅は原子の直径の10億分の1ほどしかありません。
      その波は我々の周りに常にあって、それを観測することで、従来の電磁波を通じて見ている宇宙とはまったく別の宇宙が見られます。 ただ20世紀の時点では、それは仮説でしかありませんでした。非常に小さな波を検知するにはものすごく精密な設備が必要で、数km離れた鏡の間にレーザーを走らせたLIGOでさえなかなか成果を出せずにいました。

      LIGOが最初に稼働したのは2002年でしたが、何年間も決定的な結果は得られずにいました。

      Shoemakerさんは、9月14日未明にLIGOの検知器で波形を検知したときのことをこう振り返ります。 テストではないとわかっても、LIGOのチームは検証に数カ月を費やし、ありとあらゆるノイズや人的エラーの可能性を排除していきました。

      2回目の成功の意味 最初の検出からたった3カ月でやってきた2回めのシグナルには、また別のハードルがありました。



      ただ、より小規模な衝突による重力波には検出に有利な点もありました。

      2回目のシグナルは非常に長かったため、ひとつのブラックホールがもうひとつのブラックホールの近くで回転していることも観測できました。

      回転の分析から垣間見えたこの天体の歴史からは、このブラックホールが元々は中性子星で、その後、角運動量を増してブラックホールへと崩壊していったことが推定できました。

      そして、重力波検知器がちゃんと使えることがわかった今、その分析は可能です。 この2回だけでも、LIGOはすでにブラックホールの質量の分布や合体の頻度といった重要な知見を得ています。

      2回目に検知された重力波源のブラックホールも、これまでX線で検知してきた太陽の数倍程度のブラックホールに比べれば巨大です。これからも続くであろう重力波によって、これまでの理論をさらに精緻化していけることが期待できます。
      重力波はまた、光をまったく出さない天体の観測に使える初めての道具となります。LIGOの最初の観測活動は1月に終了していて、今はさらなる改良が加えられているところです。すばらしいことに、私たちが住む3次元宇宙では、検知器の感度を2倍にすれば検知できる空間は8倍に広がるんですよ。VIRGOが、今年中に稼働開始する予定になっています。

      つまり将来的には、重力波源の方向に望遠鏡を向けたら、その発生源を特定できるかもしれないということです。Ouellette記者が行なったLIGOとVIRGOの研究者へのインタビューでは、重力波観測にまつわる当事者視点のストーリーが聞けました。

      2016年6月15日 今回2回目の重力波検出は12月26日、クリスマスの翌日という微妙な日付でした。Ricciさんは、LISAは低周波数での重力波検知を得意としていて、より高周波を対象とするLIGOやVIRGOとは補完しあう位置づけになると言っています。

      超新星やパルサーからも重力波が発生するとされていますが、これまで観測された重力波の発生源は2回ともブラックホールの合体でした。 重力波検出に取り組んでいるのはLIGOだけでなく、VIRGOやLISA、日本のKAGRAなど複数のプロジェクトが進んでいます。

      重力波の直接観測に成功! 13億年前のブラックホール衝突の余波検出、正式発表【追記あり】

      アインシュタインが予言し、でも絶対直接見えないはずと言っていた、そんなものが見えちゃった。記者会見を行ない、重力波の直接観測成功を正式発表しました。

      彼らはこの数カ月、昼夜を問わず重力波の存在を示すシグナルの検証を行なってきました。

      以前、意図的にフェイクのシグナルが仕込まれていたこともあったので、噂はちょろちょろ出回っていたものの、LIGOは発表までに念には念を入れた確認をしてきたものと思われます。 LIGOによると、重力波が観測されたのは現地時間2015年9月14日午前5時51分、米国ルイジアナ州リビングストンとワシントン州ハンフォードにある2台の検出器両方でした。それが起きた時点では、太陽の3倍の質量が一瞬でエネルギーに変換されたと言います。

      JPL LIGOは2002年から重力波観測に挑んでいましたが、最初の8年間はほとんど成果がありませんでした。 今回発見された重力波の元となったブラックホールの衝突は、それぞれ太陽の29倍と36倍の質量を持つブラックホールによるものでした。 「今回観測されたことについては、100年前のアインシュタインの一般相対性理論の中で美しく説明されています。

      3:32追記] 重力波検出の意義について、専門家からもコメントが来ています。

      言い、重力波の波形によって、それを作り出した物体の大きさや動きを推定できると指摘します。 宇宙への新たな冒険は、まだまだ始まったばかりです。

      重力波直接観測に成功か、2月11日に公式記者発表

      会見はワシントンD.C.で開かれ、米Gizmodoも参加する予定です。同士を急激に衝突させたり、超新星爆発が起こったりすると、そんな波が起こると言われてきました。

      そして物体が大きければ大きいほど、時空は大きく乱れ、重力波が強くなるのだと。

      ただ、それらを直接観測する技術は今までありませんでした。 最近アップグレードされて観測感度を高めたLIGOは、重力波のシグナルを探し続けてきました。

      ただ、当事者にとっては非常にセンシティブな話を軽くおもらししたクラウス氏周辺は軽く炎上し、LIGOのリーダーたちは公式発表を待つようにと呼びかけていました。

      それでも今回の記者会見を前に、別のところからまた情報がもれてきていました。

      LIGOは干渉計というふたつの巨大な光学機器で構成されていて、研究者たちはそれを使って空間のきわめてわずかな伸びを捉えようとしてきた。バージェス氏のメールによると、それぞれの干渉計が、ブラックホールの合体をしかるべき時間差で捉えたという。 論文を見たスパイたちは、彼らがふたつのブラックホールの合体による重力波を見たと言っている。

      彼らいわく、ふたつの検知器間の距離を考慮すると、検知結果はそれが高速で動いていたことと矛盾しない。彼らは、これが5.1シグマの発見に相当すると言っている。


考察。「直接観測に成功」とは何か?

「直接観測に成功」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

直接観測に成功に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • academistさん: 大型放射光施設SPring-8で得られる高強度かつ、高品質なX線回折データを用いることで、原子配置だけでなく、その原子の持つ電子の空間分布の可視化から分子軌道の直接観測に成功した。
    > https://t.co/ZIYMtoBSvr

    - 29 日と 1 時間 26 分 45 秒前
  • ゴトーさん: 早大、宇宙からの直接観測で3テラ電子ボルトまでの高精度電子識別に成功 | テクノロジー | マイナビニュース
    > https://t.co/VZXKbvesZS

    - 1 ヶ月 19 時間 25 分 9 秒前
  • みゅあ&しろたん/KHUX垢さん: RT @bANDmFAN: これって…!?ストームライダーじゃん!!!!!!台風21号の「目」に飛行機で入り 直接観測に成功#ストームライダー#東京ディズニーシー
    > https://t.co/2pFahDaGRi

    - 1 ヶ月 1 日と 2 時間 43 分 59 秒前
  • Yama_vsさん: 台風の目の中は風も弱く雲もないとは言え、エキサイティッドだったでしょうね。研究者にとっては願ってもないチャンスでしょうからね。 /// 名大グループが「台風の目」に突入 直接観測に成功 変わる!?台風予測
    > https://t.co/qnHjAFrpKQ

    - 1 ヶ月 15 日と 5 時間 43 分前
  • みらさん: 「日本人研究者として初めて台風の目に入ることに成功」ガチストームライダーこれが“台風の目”だ 飛行機で中心へ・・・直接観測(17/10/25)
    > https://t.co/LRF3xctN2k

    @YouTubeさんから - 1 ヶ月 15 日と 10 時間 40 分 59 秒前
  • 理系にゅーすさん: 理系にゅーす : 台風21号の「目」に飛行機で入り 直接観測に成功/名古屋大など
    > https://t.co/5idYHhWGu4


    > https://t.co/qrhI1Lb2Pg

    - 1 ヶ月 15 日と 23 時間 35 分 42 秒前
  • てっちゃん@ぐだぐださん: RT @lynmock: 名大グループが「台風の目」に突入 飛行機で直接観測に成功 変わる!?台風予測 
    > https://t.co/VPPVp9Lqxr

    気象庁の予測:925ヘクトパスカル、 最大風速50メートルドロップゾンデ」による直接観測:920ヘクトパスカル、最大風速は7… - 1 ヶ月 16 日と 2 時間 4 分 25 秒前

    「直接観測に成功」に関するブログ

  • @kenchyan: 99件のコメント URL “台風21号の「目」に飛行機で入り 直接観測に成功 | NHKニュース" URL


    http://d.hatena.ne.jp/k564sa/20171022/1508685887


  • 「直接観測に成功」に関する教えてGoo!
  • スーパーカミオカンデの実験は間違いだったのですか?


    井上邦夫、二間瀬敏史:日本物理学会誌2009年1月号p.20によれば
    「スーパーカミオカンデが明確な証拠を示したことは、ニュートリノ振動という新しい仕組みを受け入れるのに十分な説得力を持っていた。」とのことですが、世界的権威であらせられるojisan7大先生によれば
    「ニュトリノ振動に疑いを持っている科学者は多い」そうです。



    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6106391.html


    その後スーパーカミオカンデの実験は間違いであることが分かったのですか?

    ノーベル賞かと言われていたのに日本の物理学界にとっては大ショックですね。

    いや世界の学会にとっても一旦はニュートリノ振動を信じていたのに大ショックですね。

    私は"most crucially, Super-Kamiokande for the first time definitively showed that neutrinos have mass and undergo flavor oscillations."というような文献しか見つけられなかったのですが、

    http://aps.arxiv.org/abs/0802.1041


    スーパーカミオカンデが間違っていたことを示す論文なりプレプリントなりをご教授頂ければ幸いです。


    >「ニュトリノ振動に疑いを持っている科学者は多い」そうです。


    いや~,そうは思えないですが.
    むしろ,q6106391で名前の挙がっている標準理論と置き換えて
    「標準理論に疑いを持っている科学者は多い」
    としたほうがしっくりきます.
    というわけで,スーパーカミオカンデが間違っていたことを示す論文等は
    見つけることはできませんでした.
  • 金星探査機あかつきの軌道投入失敗は置いといて
    はやぶさやイカロスは史上初なので素人でも凄いのは解かるのですが、あかつきは何が凄いのかよく解かりません。
    アメリカの二番煎じではと思うのですが
    以前から議論になっていたことで、金星で雷が起きるか、金星の火山は[あることは解っているが]活火山か、というものがありました。

    議論に決着がつきません。

    日本の某大学の先生が「よっしゃ、ンならワシが性能の良いカメラ作っちゃるから、直接金星に行って撮影してこいや。写真が撮れれば文句言うやつはおらんやろ」とカメラを開発しました。

    んで、探査機に組込んで金星まで送りましたとさ。

    コレだけじゃないですが、漫画チックに言えばこんなのりで、とてつもない「観測衛星」を実現した、っちゅうことです。


  • 光速度はなぜ秒速30万キロメートルなんですか?

    ?別に秒速100万キロメートルでも秒速340メートルでも良い様な気がするんですが。

    なぜ光は秒速30万キロメートルで伝わるのか?

    なぜもっと速い速度で伝わらないのか?

    たまたまですか?

    教えてください!
    たまたまと言ってしまえばたまたまです。


    E=mc^2

    この式は結局のところ最初にc(光速)があって作られたものですから。
    物体は速度が速くなるにつれて質量が増加し、光速で質量無限大になるのでそれ以上加速できないという理論はあるわけですけど、じゃぁ何で光速が光速なのかなんて、神でもわからないことかもしれません。

    ちなみに光速を超える速度の粒子があるかもしれないと言われていますが、確かまだ直接観測されたことは無かったと思います。

    (間接的に検出したというニュースは聞いたことがありますが、追試成功の話は聞いていないような気がします)

話題のトピック