なぜ「朝鮮アジア太平洋平和委員会」なのか?

「朝鮮アジア太平洋平和委員会」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会が全然平和的じゃない!と失笑の嵐w

      朝鮮アジア太平洋平和委員会と言う名前の人は狂犬を棒で殴り殺すらしいね。

      核で沈めるだとかジャップとか言って、平和を乱してるのが平和委員会である、という壮大なコント。平和委員会が、他国を沈めるとか言ってる時点で何が平和なんだと。どの面下げて平和委員会とか言うてるんやこのメタボ黒電話は。

      【緊急現地ルポ】北朝鮮ミサイル連発でも地元民はノープロブレム? 「北緯38度線」はいま――

      煽っているが、北朝鮮との軍事分界線から数キロしか離れていない韓国の最前線では、みんな普通に暮らしていた。 緊張高まる朝鮮半島情勢で日韓を行き来する航空便の搭乗率が落ち、ミサイル落下時の避難方法まで政府がアナウンスするなど、日本では異様に不穏な空気が漂っている。

      を見ようと、派手な山登りのいでたちをしたシニア層の観光客で満席となっていた。今月9日に山中で見つかった小型無人偵察機の発見場所にも近い、最前線だ。

      簡単なパスポート検査を受け、観光客向けの北朝鮮が見える展望台へ。北と南は軍事分界線から南北2キロずつをDMZとし、韓国はそこから5キロ前後を南方限界線として民間人の居住を制限しているが、北側の集落はバッチリ見られる。大学生のような若い兵士が備え付けの高倍率望遠鏡を調整し「見てください。豆粒ほどだが、農民が一列に並んで何かを植えている。

      話していたが、“宣伝”にしては粗末なボロ家が規則正しく並んでいるにすぎなかった。朝鮮戦争が停戦後、半世紀以上も行き来のないDMZは、図らずも豊かな自然に恵まれている。

      だが、唯一うるさいのは、南北双方の巨大スピーカーから大音量で流れる宣伝放送だ。

      2015年8月、当時の朴槿恵政権はDMZで韓国軍兵士が北朝鮮の仕掛けたとみられる地雷で重傷を負った対抗措置として、宣伝放送を11年ぶりに復活させた。建物の2階ぐらいの高さがある巨大スピーカーで、北朝鮮の体制にとって不都合なニュースやK−POPを大音量で流して刺激する。年1月、北朝鮮の4回目の核実験への対抗措置として放送は再復活。ナンバーをガンガン流し、南北の嫌がらせ放送が重なるという異様な喧噪に包まれていた。 近くに住む60代の農業の男性は「まあ、昔と同じになっただけだな。北朝鮮には自転車で行ける距離だが「まったく心配ない。だって朝鮮戦争以来、どんなことがあっても、南進してくることはなかったもの。 確かに南北にとっても、そして日米中露も、一線を越えるのはなんのメリットもない。この男性の一言が、今の朝鮮半島情勢の実情なのかもしれない。

考察。「朝鮮アジア太平洋平和委員会」とは何か?

「朝鮮アジア太平洋平和委員会」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

朝鮮アジア太平洋平和委員会に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 不動明王さん: RT @Doronpa01: 北鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日「ジャップ(原文ママ)列島を核で海に沈めなければならない」「わが軍や人民はヤンキー(原文ママ)を狂犬のように棒で打ち殺さなければならないと強く主張している」と声明を出しました。どこが平和なのか分かりませんが…… - 2 日と 2 時間 41 分 39 秒前
  • 青猫さん: RT @Newsweek_JAPAN: 【#北朝鮮】「核兵器で日本の4つの島を海へ沈め、国連を廃墟に」と威嚇――対外関係やプロパガンダを担当する朝鮮アジア太平洋平和委員会の声明で
    > https://t.co/bUJy1Gv9r1

    #国連安保理 #金正恩 #核ミサイル http… - 3 日と 2 時間 8 分 56 秒前

    「朝鮮アジア太平洋平和委員会」に関するブログ
  • 北朝鮮の外貨獲得手段である衣料品を禁輸し、原油輸出に上限を設けるなど、石油の規制に初めて踏み込んだ。
    ふざけたことに、北朝鮮は13日、朝鮮アジア太平洋平和委員会名で「国連を破壊して廃虚にする」「米国の地を焦土化する」「日本列島4島を核爆弾で海に沈めてやる」という声明を発表。
    15日には米領グアムに届く中距離弾道ミサイル「火星12」(最大射程5000キロ)を発射した。

    http://toshukou.at.webry.info/201709/article_2.html


  • 北朝鮮「列島、核で海に沈める」=制裁に便乗と日本非難
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000028-jij-kr14日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。
    ネットのコメントはこんな感じですね。

    http://vnfqoc70.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-aaa2.html


  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000028-jij-kr
    14日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。
    ネットのコメントはこんな感じですね。

    http://sybijagse751672.blog.so-net.ne.jp/2017-09-19


  • 政府によるミサイルの破壊措置はなかったようです。
    正にその前日の14日に北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会により、以下のような報道官声明が出されました。
    「日本列島は核爆弾により海に沈められなければならない。

    http://bunbunmarumaru.blog.so-net.ne.jp/2017-09-17


  • (時事通信2017年09月14日一部引用)
    【ソウル時事】14日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。
    その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。

    http://blog.goo.ne.jp/tennen-okita-ret-1/e/c211c6f72b0a5591723aa3b0523937ce


  • 「朝鮮アジア太平洋平和委員会」に関する教えてGoo!

  • https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091400289&


    あなたは、これを見てどう思いますか。
    別に、何とも・・・・・。
    言っている内容は、他の北朝鮮の機関と同じ。
    「朝鮮アジア太平洋平和委員会」に違和感を感じているなら、
    「オール沖縄」「平和を愛する国民の会」「市民団体」と言う
    左派の表現と同じで、「平和」に惑わされては、いけない。
    「消防署の方から来ました。

    」詐欺と同じで、連中の
    常套手段。
    それを素朴に信じる「日本人」の方が、お人よしの、馬鹿、と言う事。
    それは、世界の常識ではない。
    彼ら朝鮮人は、「息を吐くように嘘を言う。」と言われるように、
    自分たちの発言に、責任を感じる文化では、無い。
    その場で、相手を、口汚く罵れば、それで終わり。
    右往左往するのは、日本人位で、他の国家、国民(財布を落としても、絶対戻らない国々)は、
    気にもしていないでしょう。
    それは、ある意味、同類で、気持ちが分かるからです。


  • 第2次世界大戦中、日本は米国に、国際法にのっとり、宣戦布告し(連絡ミスがあったようですが)、南方で戦ったことは知っています。


    ところで、日本は、韓国・中国とは当時の国際法上、戦争していないはずだと思うのですが、中韓両国は、日本軍によって甚大な被害を被ったという話をよく聞きます。
    韓国は、一時期の植民地支配(日韓併合)に対して、被害を被ったと主張していることは(善し悪しは別にして)だいたい理解できました。


    ですが、中国については、日本との関係がいまひとつ理解できません。
    被害者と主張している側が、なぜか戦勝国になっていることも含めて。
    中国に対して、日本は一方的に(100%)、侵略行為をしたのでしょうか?

     中国にも若干非があったのでしょうか。
    当時の、国際世論も含め、日中の客観的な、歴史を時系列で教えてください。
    どうぞ宜しくお願い致します。
    1904~05年の日露戦争で、日本は旅順・大連の租借権(事実上の領有権)と、後の南満州鉄道を手にしました。

    このとき、イギリスは同盟国でしたし、アメリカも日本に好意的でした。

    旅順・大連に駐留した日本軍が「関東軍」と言われます。
    1914年に第1次世界大戦が始まると、日本は対独宣戦をして、ドイツの租借地青島を陥落させ、ドイツが持っていた山東半島での利権を接収し、翌1915年にいわゆる対華21か条の要求を中国に行い、この利権の継承のほか、満州、内蒙古での権益を要求して認めさせます。このときはアメリカも支持を与えていますが、第1次大戦の戦況を気にしてのことです。

    1919年に結ばれたベルサイユ条約では、米英仏も同意して、ドイツ利権の日本への引渡しが中国の反対を押し切って盛り込まれます。5・4運動と呼ばれる反日デモが中国全土で起こったのは、これに抗議してのことです。


    1921~22年に、アメリカの主導でワシントン会議が開かれますが、中国に関しては「主権尊重・領土保全」を定めた9カ国条約を結び、米英の圧力で日本は21か条要求で手にした利権のほとんど(旧ドイツ利権を含む)を返還します。このときに日英同盟が廃棄されますが、このときから米英は日本の対中進出を警戒するようになり、特に対米関係は緊張に向かいます。

    1928年に、軍閥の割拠状態にあった中国は国民党によって統一されますが、これに対し日本は山東出兵、張作霖の爆殺で介入しようとしますが、米英を恐れて政府が事態拡大を抑えています。

    同じく1928年には不戦条約が結ばれ、日本も参加します。
    そして、1931年に満州事変を関東軍が起こし、満州を占領、32年には「満州国」を成立させます。形式上は独立国ですが、政府の要職には必ず日本人の副官をつけ、日本が実権を握りました。

    中国の要求で、国際連盟はリットン調査団を派遣し、その報告では満州国は日本の傀儡だと認定し、日本の撤退を勧告する一方、日本に満蒙での特殊権益を認めるべきだ、とする妥協案も示します。日本はこれを拒否し、国際連盟が報告にもとづく勧告を採択すると、日本は国際連盟を脱退し、国際社会での孤立を選択します。

    しかし、米英が介入を避けたので、1933年に日中軍事停戦協定が結ばれ、中国は事実上、満州をあきらめることを余儀なくされます。
    1935年以降、関東軍は華北分離政策を進めて、華北への介入を強めますが、これに中国はイギリスの支援で経済改革で対抗しようとします。中国で国共合作が成立し、抗日統一戦線が作られるのはこうした状況の下でのことです。


    そして、1937年に日中全面戦争が始まります。盧溝橋での日中の衝突は多分に偶発的なもので、現地では停戦協定が成立していたのにもかかわらず、日本は軍を増派して戦争を開始しました。

    アメリカはこれを激しく非難し、国民政府への援助を強めます。太平洋戦争の前段の日米関係の悪化は、日中戦争の開始に端を発していました。

    首都南京を陥落させれば、国民政府は屈服する、と日本は考えていたのですが、南京陥落に際して、国民政府は武漢、その後重慶に遷って抗戦します。日本軍の支援で成立した汪兆銘政権は、日本軍占領地域の政府で、日本軍に対する拒否権は持てず、実質は日本軍の傀儡でした。

    日本軍は占領地域は増やしていきますが、住民の抵抗や、八路軍(中国共産党軍が国民政府軍に編入されたときの名称)などのゲリラ戦に悩まされ、戦争は泥沼化します。このとき、日本軍による住民虐殺が起こったのも、住民と区別のつかないゲリラを掃討するためということでした。

    このころの中国共産党は「抗日」で民衆と深く結びついて勢力を伸ばしました。

    中国共産党政権が、抗日戦争を教育に使うのは、中国共産党が中国民衆の味方であることを強調したいためです。


    1939年、日独提携に対抗して、アメリカが軍需物資の対日禁輸策をとったため、中国戦線を維持するには物資が不足したことが、日本の南進の動機となります。また、東南アジアからインドにかけて占領する、という作戦の動機のひとつはアメリカによる「援蒋ルート」(アメリカが国民政府に対して支援の兵器や物資を輸送した道)をさえぎる、ということでした。

    1941年のハル・ノートを日本陸軍がどうしても飲めなかったのは、「中国からの撤退」というところです。

    このように、太平洋戦争は日中戦争抜きには考えられなかったので、日米が開戦すると、当然のように米中は同盟関係となったのです。


    軍事的には、日本敗北の主力をなしたのはアメリカで、日本の降伏時も中国には広大な占領地域が存在しました。



    しかし、中国撤退を拒否したために、開戦したのですから、中国戦線の泥沼化はその日米戦争の前提条件でした。

    中国が抗戦し続けたのも同様に前提条件と言えます。したがって、日本の降伏にともない、中国が戦勝国になったのは自然な流れでした。


    韓国・北朝鮮はこの戦争においては、植民地として日本の一部だったため、戦勝国として認められず、サンフランシスコ講和会議にも招かれませんでした。

    朝鮮戦争中ですから、南北いずれにもそれを打開する政治力・外交力はなかったのでしょう。
    この過程では、中国が日本固有の領土に侵攻したことは1度もありませんでした。

    日清戦争も、朝鮮が主戦場です。

    その後、日本は軍事力をてこに、中国固有の領土上での支配地・占領地を増やしていきました。

    中国の領土に駐兵し、ついには戦争をしかけて占領地域を拡大していきました。

    これが侵略でなければ、どういうことを侵略と呼ぶのか、と問いたいと思います。

    欧米列強の植民地拡大とどこが違うのでしょうか。他の人たちが悪いことをしていることは、自分がしている悪いことを免罪するものではありません。
    子どものときに悪いことをして叱られたとき、「xxちゃんもやってるよ」と言ったら、「お前が悪いことをしたのには変わりがないだろ!」とさらに叱られたことを思い出します。
    中国に非があるとすれば、清朝が近代化に遅れをとり、その一因としては、自由化・民主化をつぶし、民衆の生活を省みなかったこと。1911~12年の辛亥革命で、清朝が倒れ、建前としては民主共和国である中華民国が成立しても、実質的には軍事独裁が続き、その状況をドラスティックに変えることができなかったこと。三民主義を掲げて政権を握った国民党も、政権掌握後は、現在の共産党政府と同じように、独裁と腐敗に沈む状況には、変わりがなかったこと。といったことでしょうか。いずれも国内的要因で、外国の侵略を正当化するのは、「いじめられた方にも原因がある」というようなものです。

    いじめられた方にどんな原因があったとしても、それはいじめることが悪いことだということを変えることにはならないと思います。


    書くのに熱中していたら、とんでもなく長くなってしまいました。

    ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。


  • 「朝鮮アジア太平洋平和委員会」の関連語
    1位 北朝鮮
    2位 平和
    3位 便乗
    4位 核爆弾
    5位 14日
    6位 朝鮮アジア太平洋
    7位 報道官声明
    8位
    9位 委員会

話題のトピック