なぜ「明治5年12月」なのか?

「明治5年12月」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「明治5年12月」とは何か?

「明治5年12月」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

明治5年12月に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 水埜明善さん: RT @Keiya_Takahashi: 明治6年に従来使っていた旧暦から西洋式の新暦へ強引な改暦を行ったが(明治5年の旧暦12月3日を明治6年の新暦1月1日とする)、これで困ったのが暦業者と借金取り達。なぜなら暦業者はすでに翌年の暦を作った後なので再び作り直しだし、借金取りは… - 2 ヶ月 21 日と 6 時間 24 分 15 秒前
  • nobusanさん: 著者の花村萬月はストーリーは勿論、明治5年12月を改暦して明治6年1月を正月とする明治政府の発令で起きた混乱と悲喜劇を詳細に書いている。太陰暦と太陽暦に関する問題など、興味が尽きない。明治5年は2日しか無いことになってし…
    > https://t.co/6TYWIfQx2R

    - 2 ヶ月 23 日と 4 時間 32 分 30 秒前
  • 人生に役立たない小ネタ集さん: 現在の太陽暦と24時間式の定時法は、明治五年に改暦の布告が出て、明治6年の太陽暦1/1から導入された。旧暦では明治5年12/3から明治6年の始まりになったため、明治5年12月分の役人の給料が浮いた(旧暦通りだと明治6年は閏月の入る年だったので、実質2ヵ月分)。 - 2 ヶ月 26 日と 7 時間 32 分 4 秒前
  • 仙石明日香@『教科書よりやさしい日本史』さん: 太陰太陽暦をやめて太陽暦を採用したのは1872年の終わりね。明治5年12月3日が明治6年1月1日になったんだって! - 2 ヶ月 28 日と 9 時間 47 分 38 秒前
  • 小桜 萌吉さん: たださ、明治5年12月2日以前の歴史的事象をそのまま現行の暦に当てはめて言うのってどうなん?って疑問はある。 - 3 ヶ月 13 時間 44 分 27 秒前
  • あかりペディアさん: 今村 紫紅(いまむら しこう、 1880年(明治13年)12月16日 - 1916年(大正5年)2月28日)は、神奈川県横浜市出身の日本画家。
    > https://t.co/kcgXyUogbR

    - 3 ヶ月 3 日と 19 時間 12 分 55 秒前
  • Poul NEWMENさん: @yoshi1408 福沢 諭吉先生は天保5年12月12日=1835年1月10日に生れ、 明治34年=1901年2月3日に没せられたと記録に有ります。それから察するに、恐らくこの言葉は一世紀またはそれ以上前に発せられた言葉と推測し…
    > https://t.co/7l3Cfh1b3L

    - 3 ヶ月 7 日と 3 時間 9 分 59 秒前
  • aki1884さん: RT @nekonoizumi: 「1882(明治15)年3月に福澤諭吉によって創刊され、不偏不党を貫く姿勢で高い取材力を武器に「日本一」と称された新聞を復刻。」⇒池内輝雄、奈良岡聰智監修『時事新報 復刻版 大正5年7月~12月 〔第9回配本〕』柏書房
    > https://t.

    … - 3 ヶ月 11 日と 8 時間 30 分 6 秒前
  • 寒川 光太郎さん: 明治5年12月は、たった2日間だけだった!?そ、そんな急に言われても…日本の暦が「太陰暦」から「太陽暦」に変わった大人の事情とは?
    > https://t.co/f2b7cOiPdh

    - 3 ヶ月 26 日と 2 時間 8 分 10 秒前
  • けめこ ロービジョンさん: RT @Reich4Siva: 明治5年12月は暦が旧から洋に変わったので2日しかなかったという話題を目撃。それはただ西洋に合わせただけでなく、当時予算に乏しかった明治新政府が職員の給与を1ヶ月分削る為に行われたものでした。ちょうど台湾で騒動が勃発、出兵の是非が議論され予算を確… - 3 ヶ月 28 日と 4 時間 5 分 5 秒前
  • 魂豚さん: 明治5年12月(><) - 3 ヶ月 28 日と 12 時間 34 分 28 秒前
  • 家庭教師エロマンガ速報さん: 卒業式は裸で[DL版] [町田ひらく]  巨乳エロマンガ|明治5年12月
    > https://t.co/Q1P8UMkKp8

    #エロマンガ - 3 ヶ月 28 日と 17 時間 42 分 52 秒前
  • タチバナさんさん: RT @NET_VOICE2017: 明治5年は12月が2日しかなかったって、なぜ?と思ったら、旧暦から西暦への変更のせいだったのね。#ひよっこ
    > https://t.co/jDSdKd5mSA

    #明治5年12月
    > https://t.co/lIHHvsZlFq

    - 3 ヶ月 29 日と 3 時間 19 分 39 秒前
  • waiwaiさん: 明治5年12月
    > https://t.co/HYHmj72iKN


    > https://t.co/lb0OoHN5dQ

    - 3 ヶ月 29 日と 5 時間 34 分 17 秒前
  • 枝郎さん: RT @hidecom1012: 明治5年の12月が2日しかなかったというのを初めて知りました(^^;勉強になるクイズ番組だ♪マート製薬ってロート製薬のパロディ? #ひよっこ
    > https://t.co/SZ0Kh0dTGh

    - 3 ヶ月 29 日と 5 時間 39 分 9 秒前
  • 今日も気になる情報ステーションさん: 『2009年の十大明治5年12月関連ニュース』ネットで話題の例の話|
    > https://t.co/EtQN2lY5DT

    - 3 ヶ月 29 日と 10 時間 45 分 53 秒前
  • フードセレクトのFBクリエイトさん: 明治5年12月
    > https://t.co/cUYwAOpFLq

    - 3 ヶ月 29 日と 15 時間 21 分 36 秒前
  • なぷこめアンテナさん: 明治5年12月
    > https://t.co/mEkeOxPWqs

    - 3 ヶ月 29 日と 15 時間 32 分 25 秒前
  • 時の動画 - 話題の動画を激速まとめさん: 明治5年12月が話題ですね
    > https://t.co/PcLoBc94qh

    生前の着物を実践女子大に寄贈
    > https://t.co/ocoxAtbrkg

    - 3 ヶ月 29 日と 15 時間 35 分 36 秒前
  • ねぎしさん: 12月が2日しかない明治5年 - Wikipedia /
    > https://t.co/4AzcriEqsS

    - 4 ヶ月 2 時間 55 分 46 秒前

    「明治5年12月」に関するブログ
  • 全国団扇扇子カレンダー協議会が1987(昭和62)年に制定。
    明治5年12月3日(旧暦)が太陽暦の採用によって明治6(1873)年1月1日となった。
    ビオラ

    http://blog.goo.ne.jp/zouya/e/b29943593ba3175d3da2d27897d9a538


  • 全国団扇扇子カレンダー協議会が1987(昭和62)年に制定。
    明治5年12月3日(旧暦)が太陽暦の採用によって明治6(1873)年1月1日となった。

    http://d.hatena.ne.jp/gallerysdiary/20171203/1512285832


  • 太陽暦
    明治5年(ほぼ西暦1872年に当たる)に、従来の太陰太陽暦を廃して翌年から太陽暦を採用することが布告され、 この「太陰暦ヲ廃シ太陽暦ヲ頒行ス」(明治5年太政官布告第337号、改暦ノ布告)では、「來ル十二月三日ヲ以テ明治六年一月一日ト被定候事」として、グレゴリオ暦1873年1月1日に当たる明治5年12月3日を明治6年1月1日とすることを定めました。
    当時の先進国に合わせて近代化を進める施策のひとつだったのですね。

    http://kazumiyao.blog.so-net.ne.jp/2017-12-02-1


  • 全国団扇扇子カレンダー協議会が1987(昭和62)年に制定。
    明治5年12月3日(旧暦)が
    太陽暦の採用によって明治6(1873)年1月1日となった。

    http://blog.goo.ne.jp/takahashi4105/e/aa53baaf9892f63606d768b285eee84e


  • 今日は、『太陽暦採用記念日』です。
    1872(明治5)年、11月9日、太陰暦を廃し、太陽暦を採用することの詔書が発せられ、1年を365日とし、それを12月に分け、4年毎に閏年をおくこと、1日を24時間とすること、旧暦の明治5年12月3日を新暦の明治6年1月1日とすること、が定められました。
    その年の12月3日(旧暦)を翌年の1月1日(新暦)とする事になったのです。

    http://blog.goo.ne.jp/meikyuryojin/e/783203d594290c41db1eeacb4908a65d


  • 「明治5年12月」に関する教えてGoo!
  • 夏目漱石の出生年月日を見たところ、
    1867年1月5日(新暦2月9日)と書かれていたのですが、
    新暦の採用は1873年の明治5年12月3日を
    明治6年1月1日にした時からだと調べました。


    それなら日にちの差は29日であるはずなのに、何故漱石は35日の差になっているのでしょうか?


    旧暦は、新月の日を「第1日目」とします。これがいまだに残っている「ついたち」の語源です。


    新月から満月を経て再び新月になるまでは、平均すると約29.5日です。


    ということは、旧暦における1ヶ月の日数は、29日か30日のいずれかで、新暦のような31日や28日というのは存在しません。

    旧暦においては29日の月を「小の月」、30日の月を「大の月」と言っていました。


    新暦でも旧暦でも1年は12ヶ月ですが、旧暦は1ヶ月の平均日数が29.5日のため、29.5×12=354日で、新暦の365日より11日不足する(つまり、季節がずれる)ことになります。
    1年で11日ということは、3年で33日のずれなので、約1ヶ月分ずれていることになります。
    そこで、約3年に1度の割合で1ヶ月プラスして1年を13ヶ月にします。
    これを閏月(うるうづき)といい、閏月がある年を閏年(うるうどし)といいます。


    新暦では、4年に1度、2月を29日にする年を閏年といっていますが、旧暦でいう閏年とは、このように意味合いが異なります。
    さて、旧暦から新暦に移行した1873/1/1は、旧暦でいうと1872/12/3になり、確かに29日ずれているように見えますが、この比較は「無意味」です。


    なぜなら、旧暦の12月は29日か30日のいずれかであり、新暦のように31日で固定されていないからです。


    見方を変えて、新暦の1872/12/1は、旧暦でいうと1872/11/1で、ぴったり「ついたち」同士でした。


    このときの旧暦11月は「小の月」だったため、新暦1872/12/29=旧暦1872/11/29ですが、翌日は新暦1872/12/30=旧暦1872/12/1なのでした。


    いずれにせよ、ご質問者様が思っていらっしゃる「29日の差」というのはたまたまであり、旧暦のルールでは特定の月の日数は変動するので、「29日」と固定することはできません。

    さらに、閏月を考慮するともっと差は広がるでしょう(この場合の「差」も旧暦の○月を新暦での日数で考えると、という「無意味」な前提ですが。


    例えば、新暦に改められた1873年は、旧暦では閏年でした。


    (ちなみに、改暦の理由は欧米に見習うため、と思っている方が多いですが、実は、公務員の給料を年俸制から月給制に変えたため、閏年だと1年に13回支給することになり、当時財政難だったため、閏月のない新暦に変えちゃった、というのが真相だそうです)
    この年の閏月(閏6月)は大の月だったため、さらに1日差が開くことになりました。

    比較してみると、旧暦1873/7/1=新暦1873/8/23で、旧暦7月を新暦のように31日までと考えると(この考え方自体が、先ほどから二度ほど「無意味」と申し上げている理由です)、53日もずれていることになります。
    旧暦のルールは新暦と違ってかなり複雑です。


    でも、複雑なだけに面白く、日本の歴史、文化、伝統、行事などとも密接に結びついていますので、「昔の人はこういう風に考えていたのか」と意外な発見があります。
    この機会に、旧暦やこよみのことについて勉強されてみてはいかがでしょうか。
    こよみについては、このサイトが詳しいですよ。
    新暦と旧暦の相互変換もできます(つまり、○年○月○日は旧暦では○月○日なのか、などの計算)。

    http://koyomi.vis.ne.jp/mainindex.htm


  • 12月3日は「カレンダー」の日。来年2017年のカレンダー買いましたか?

    (貰いましたか?


    (全国団扇扇子カレンダー協議会が1987(昭和62)年に制定。明治5年12月3日(旧暦)が太陽暦の採用によって明治6(1873)年1月1日となった。)
    過去のお題はこちら

    https://oshiete.goo.ne.jp/profile/542222559/hist


    とりあえずもらったのが1つあります。好きな歌手のカレンダーを買おうか思案中です。

    今度の土曜日にコンサートがあるので。やっぱり買っちゃおうかな♪
  • 「法律」のカテゴリーにするかどうかで迷ったのですが、とりあえず「天文学」で質問してみます。
    暦について、明治6年に改暦が実施され、1年を365日とし、4年に一度閏年とし、大の月・小の月のほか、明治5年12月3日(旧暦)をもって明治6年1月1日とするなど、「日付」に関する法的な定義は存在し、現在も有効です。


    ・改暦ノ布告(明治5年太政官布告第337号)
    ・閏年ニ関スル件(明治31年勅令第90号)


    しかし、「曜日」について、法的な定義はあるのでしょうか?


    要するに、「H19/10/24」が「H19/10/24」であることは、遡っていくと、法的に説明できますが、この日が「水曜日」であるということについて、法的根拠はあるのでしょうか?


    的がはずれているかもしれませんが。

    http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=113355


    JISX0301 4.3.2.2 項で、「2000年1月1日を土曜日とする」と定義しています。


話題のトピック