なぜ「女優たぬき」なのか?

「女優たぬき」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      女優デビューも好評・・セクシー系たぬき顔の小間千代が最近きてる

      12月26日、グラビアアイドル小間千代さんの最新イメージDVD「こまっちゃう。デビューのキッカケは2013年に東京原宿でスカウトされたこと。 第1部では自称グラビアアイドルとして活動していたが、第2部では何故か台湾出身のアイドルグループの一員としてデビュー。 最近出番増えてきたね、次週も出番ありそうだし楽しみ。 いつのまにか初代のあべみほが居なくなっていたため、レギュラー放送(#44)のオーディションで決定した、二代目バーカウンターガール。小間千代が人気になったのは、絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時のエキストラ出演時の姿がインターネット上で話題になったのがきっかけです。合格してカウンターのイスに腰掛けて美脚をアピールすると「一生懸命に伸ばしている感じ。

      マルちゃん 赤いきつね CM「アイドルプロジェクト」ヒャダイン・武田鉄矢 まとめ メンバー

      アイドルユニットをプロデュースすることが15日、わかった。武田鉄矢プロデュース、アイドルプロジェクト始まる。歌って、踊れて、食べられるアイドル“食べドル”を育てます。 どん兵衛のCMの『歌って踊れて食べれるアイドル』ってのがズッキしか思い浮かばないレベルでハロプロ脳。を始動させ、9月中旬にアイドルユニットをデビューさせる予定だ。

      楽曲は、ももいろクローバーZをはじめ数多くのアイドルソングを手掛けたヒャダイン(33)が、振り付けはパパイヤ鈴木(47)がそれぞれ担当。 コンセプトは、歌って踊れて食べられるアイドル“食べドル”。おいしそうに食べる姿が、見る者の食欲をそそるアイドルを育て、デビュー後は紅白出場を目指すという。

考察。「女優たぬき」とは何か?

「女優たぬき」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

女優たぬきに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 綺麗なお姉さんさん: アナタの憧れはどっちの顔?異なる魅力が満載の「たぬき顔」vs「きつね顔」女優8人
    > https://t.co/gGJeZwNhCm

    - 1 ヶ月 11 日と 17 時間 15 分 32 秒前
  • 執事(仮)9/16指定インストさん: @yunxx_39 女優の力不足が否めません←あぁ~そしてたぬきで叩かれるやつやーん(ノД`)でも、そのぼさぼさ不細工でも愛しくて独り占めしたくなる気持ちわかる(`・ω・´) - 1 ヶ月 14 日と 8 時間 33 分 46 秒前
  • たぬきさんさん: たぬきさん(♂)は朝起きたら女性(♀)になってた。身長はちょっと縮み、胸はBカップ、顔はちょいブスに、髪の毛は変わらず、声は有名女優のような声になっていた。もとに戻れる可能性は35%だそうだ。#朝起きたら女性になってた
    > https://t.co/5P8FHidS0a

    - 1 ヶ月 18 日と 19 時間 4 分 44 秒前
  • スカッとDQN!&芸能おもしろ秘話さん: どっち派?カワイイたぬき顔女優と、美しいきつね顔女優  【芸能おもしろ秘話ニュース】
    > https://t.co/8OkojJtskb

    - 1 ヶ月 19 日と 21 時間 27 分 11 秒前
  • ムカイさん: たぬきがRTした漫画のセクシー女優って誰なん?上原亜依とか? - 2 ヶ月 4 日と 22 時間 51 分 24 秒前

    「女優たぬき」に関するブログ
  • 雪の一日どちらが良いのでしょうか?
    今日は一人芝居の女優たぬきさんの
    特別番組が組まれています。

    http://minorukawaguchi.at.webry.info/201612/article_21.html


  • 「女優たぬき」に関する教えてGoo!
  • こんばんは
    わかりやすい感じで回答頂けたら・・と思います
    芸能人とか・・例えで、わかりやすい表現でお願いします
    私は「顔は、藤谷美和子と秋吉久美子」を足した感じです
    みたいな・・かんじで回答お願いします
    表現は、似ている芸能人で想像しやすい感じでお願いしたいと思います
    それ以外の表現でも構いません
    「何かと何かを足した」感じ・・の回答でお願いします
    顔でもいいし、性格でもいいし、見た目でもいいし、味でも、物?でも(笑)
    とにかく(笑)とりあえず、「何かと何かを足した感じ」で、あなたを表現するなら?
    どう、表現されますか?


    回答お待ちしています(^O^)/
    まるちゃんのパパとたまちゃんのパパを足した感じです。


    面倒くさがり屋で少しカメラが好きで娘を溺愛するタイプです。


  • 「同類」を描いた映画が観たいのです。


    但し、あたまに「愛すべき」などとつくとダメですね。


    同様に「憎むべき」という冠詞も余計です。


    全く取るところのない、モテない、無能、奇行・・・
    そんな人間を描いた作品。
    DVとか、アルコール依存、ヤク中、暴力など、
    「イケナイコト」と分かりやすく色分けされたものではなく冴えなくて、地味で、救いがなくて、
    具体的にふっと思い出すのは『ボギー俺も男だ』『W・アレンの重罪と軽罪』『バファロー66』『ハピネス』
    一連のアキ・カウリスマキ作品、R・ブレッソン作品
    邦画では『無能の人』・・・
    今思い浮かぶのはこんな感じですが、
    ヴィンセント・ギャロは最後に救いがありますし
    『ボギー俺も・・・』『スリ』も何らかの救済があるという点で同様です。


    最後の最後まで救いがない・・・というのがいい。
    エラそうな事書きましたが殆ど知らないんです。


    適当に思い浮かぶ作品がありましたら教えていただけたらと思います。

    (前回の映画の質問では思わぬ良いお答えを頂きました)
    お暇な折、お気が向かれましたら・・・
    こんばんは。
    この質問って意外と難しいですね~。ダメ人間の映画ならいくらでもありますが、だいだいは愛すべきとまでいかないまでも憎めない程度か、許せなくもないけど本来は憎むべき犯罪者であったりする場合がほとんどで、そのうえ少なくともなんらかの救いがあったりするんですよね。「ダメ人間」の方ではなく「救いがない」という観点で頭に浮かんだのが『少女ムシェット』だったりしたんですが、あれもR・ブレッソン作品でしたね。
    てなわけで、「ダメ人間」&「救いがない」をキーワードにしてなんとか思いついたのが以下の2本です。


    ●『さすらい』(原題:Il Grido)【'57年、イタリア、ミケランジェロ・アントニオーニ監督】
    ●『アンナ』(原題:Anna)【'87年、アメリカ、ユレク・ボガエヴィッチ監督】
    どちらも救いのなさは一級品ですが、前者の場合は内縁の妻に捨てられて行き場をなくした男の放浪と悲劇的結末を描いたものですし、後者はチェコの大女優がアメリカに亡命後は相手にされず落ちぶれたうえチェコ時代のファンの娘と立場が逆転した末の悲劇を描いたものですから、どちらも周りの環境が主人公を追い込むのであって決して根本的なダメ人間とはいえないかもしれません。
    prozakさんの求めたものと違っていたらすみません。

    それにしてもこの質問は難解ですね。

    自分がたいして思いつかなかったので、とりあえず他の方の回答を楽しみにしております。ほな。
  • 絶対(絶対者)と人間とのかかわりとして 神の受肉とどう違うのでしょうか。おしえてください。
    じつは 一度質問しています。



    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3130694.html


    法身は 絶対と捉えていいのでしょうか。生身の人間(つまりゴータマ・シッダルタ)が出現したというからには さらにつまりは応身としてのブッダが歴史的事実だというからには 超経験の絶対者が この経験世界に姿を現わしたということでいいのでしょうか。
    あるいは あくまで 時間過程を伴なった悟りの結果 絶対者としての実現が成ったというのでしょうか。
    それでも――つまり この応身としては 無常の存在であるが それでも―― 報身としては この地上の経験世界(つまりわれわれ人間)と現実においてかかわりを持つ永遠の絶対者であるという説明になるのでしょうか。
    三位一体については 神の受肉という点で 対照させていただけばよいかと思うのですが。

     
    こんばんは、brageloneさん。

    ANo.30への補足に挙げておられたURLに目を通してきました。


    興味深いですね。

    特に目を惹いたのは"1995年(平成07年)"という年。年を見てビックリ。阪神淡路大震災が起きた同じ年に、月こそ違うものの、かの"サリン事件"も起きていたのですね。

    当時、新聞.TV.ラジオ等々で連日騒がれていた"サリン事件"を目にし耳にしていた筈なのに…。人の記憶は曖昧というのか"サリン事件"という名は記憶に残っはいるものの、いざ"何時の出来事?"と、問われたならば、なかなか思い出せないのが正直なところ。何故なんだろう?と、考えてみました。

    "サリン事件"は確かに大きな出来事に間違いないのだけれど、こと、わたし個人の中の出来事としては"阪神淡路大震災"の方が"サリン事件"にもまして強烈なインパクトを受けた出来事だったところに起因しているからかもしれない、神戸の地にて被災という体験が。そのせいか"1995年(平成07年)"を上の句とすると、わたしの場合、下の句は"阪神淡路大震災が起きた年"と、自動的に言葉が口をついて出てくる。不思議だ。試験前のように繰り返し、繰り返し、読んで暗唱し、書いて暗記をした覚えもないのに自動的に言葉が口をついて出る。「1995年(平成07年)ー阪神淡路大震災ー震災が起きた年」と。で、思うんだ。"サリン事件"が何故この年に起きたのか?

    偶然?不可解な思いが沸く。邪推かもしれないが、"1995年(平成07)"という年にサリン事件が埋め込まれたとは考えられないだろうか。もっと言えば、大震災が起きなければ"サリン事件"が『この年』に起きなかったのではないか。"寄らば大樹の蔭"力のあるもの(=大きな出来事)として"阪神淡路大震災"が選ばれたのではないか?

    現に大震災は1月 ー その2ヶ月後の3月に"サリン事件"が起きている。一つの事象が全く別のところ(場所)へも影響をおよぼすことって往々にしてある。大きな出来事が浮上すると、時間の遅れはあるけれどもその出来事に付随し後から浮かび上がるその他の出来事。"サリン事件"というワードがここに浮かび上がってきたように。それ、ゆえに、1995年(平成07年)という年に"サリン事件"が埋め込まれたのではないかと推察。

    『仏教が好き!』と『数学が嫌いな人のための数学』の本を眺め発行日に目をやると、二○○三年八月三○日 第一刷発行/ 2001年10月25日 第一刷発行と記されています。

    発行時期でいえば『数学嫌いの人のための数学』が『仏教が好き!』よりも先き発行。ここから先は、私的な読みになりますが "嫌い" "好き"の文言から察するにこれ"ラブレター(恋文 )じゃないのか?

    と、思ったわけです。

    ただ単にその点が"おもろいやん~♪"と、率直な感想です。

    それだけのことです。

    で、著者の経歴をみて作品の内容そのものを読まずして本自体の善し悪しを取捨する場合もありましょうが(手にとる、手にとらない)、時にそうした中に今まで捨て置き未読のままの本の中の場面に"おや?"っと、新たな興味.関心が芽吹くこともあります。しかしながら、悲しきかな本は書き物、読まれるもの。手にとって見てもらわなければ、本そのものは動き出さない。そう、本の中の時間は止まっている。その一方、著者(or 読者)は本を書く前(or 読む前)と、本を書いたとき(or 読んだとき)と、本を書いた後(or 読んだ後)とでは、何かしら変わっているものです。

    この"時間"の"ズレ"の認識なしに、また、"視点"の"ズレ"の認識なしに本を読み進めれば、読者はエアーポケットにハマり込み、そこから抜け出せなくなる。そして、固まる。固定観念が形成される。すると「これこれは、こういうもの(こと)」と、いう具合に自動的に言葉が口をついて出てくる。張り付いた意識が、他をシャットアウトし寄せ付けない。これしかないと言わんばかりに。ある意味における" 保護エラー "。自己防衛機能が即座に作動するかのように警告文のような言葉が立ち現れる"人殺しを擁護する人間のどこがおもろいねん?"と、

    吾輩は人間と同居して彼等を観察すればする程、彼等は我儘なものだと断言せざるを得ない様になつた。殊に吾輩が時々同きんする子供の如きに至つては言語道断である。自分勝手な時は人を逆さにしたり、頭へ袋をかぶせたり、ほうり出したり、へつついの中へ押し込んだりする。而も吾輩の方で少しでも手出しをしようものなら家内総がかりで追ひ廻しして迫害を加へる。此間も一寸畳で爪を磨いだら、細君が非常に怒つてそれから容易に座敷へ入れない。台所の板の間で他がふるへて居ても一向平気なものである。吾輩の尊敬する筋向こうの白君杯は逢ふ度毎に人間程不人情なものはないと言つて居らるる。白君は先日玉の様な子猫を四匹産まれたのである。所がそこの家の書生が三日目にそいつを裏の池へ持つて行つて四匹ながら棄てて来たさうだ。白君は涙を流して其一部始終を話した上、どうしても我等猫族が親子の愛を完くして美しい家庭的生活をする人間と戦つて之をさう滅せねばならぬといはれた。一々尤もの議論と思ふ。又隣の三毛君杯は人間が所有権といふ事を解して居ないといつて大いに憤慨して居る。元来我々同族間では目刺の頭でもぼらの臍でも一番先に見附けたものが之を食ふ権利があるものとなつて居る。もし相手が此規約を守らなければ腕力に訴へてよい位のものだ。然るに彼等人間はこうも此観念がないと見えて、我等が見附けた御馳走は必ず彼等の為に掠奪せらるるのである。彼等は其強力を頼んで正当に吾人が食ひ得べきものを奪つて澄まして入る。
    夏目漱石 ー 『吾輩は猫である』より ー


    http://news.livedoor.com/article/detail/2939479/




    http://www.kek.jp/kids/class/particle/index.html




    http://wwwsoc.nii.ac.jp/dickens/archive/ttc/ttc-


話題のトピック