なぜ「地鳴り」なのか?

「地鳴り」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”」オフィシャルライブレポートが公開!

      2万人を超えるファンが来場し、伝説とも謳われたフェスのオフィシャルライブレポートが公開となった。 そう常々思っているのだけれど、あれから約一週間が経ってみて、その間何度となく思い返すたびに、やはりあれは奇跡と呼ぶしかないような1日だったなぁとしみじみしている。

      なんだそんなことか、と思うかもしれないが、当日の朝は土砂降りで、99%の高揚感のなかに1%の憂鬱を抱きながら会場に向かった人も多かったのではなかろうか。意味も含まれているだろうから、モノトーンの景色は似合わない。 なんとか止まないかなぁと一縷の望みをかけながら開演の刻を待っていたのだが、流石は昨年の中津川ソーラーで虹をかけたバンド。トップバッターの10-FEETのライブが始まるのと前後して見事に雨が止み、しばらくののちには太陽が顔をのぞかせた。銘打たれた浦山一悟プロデュースのラーメン店や“SAI”とのコラボビールを販売するcoedoビールをはじめとした飲食スペースを、ストレスなく利用することができたのである。 出演者の顔ぶれも多士済々、まさに奇跡的なものであった。MISSION、RADWIMPS、BRAHMANと、ロック好きなら誰しもが知るビッグネームが並んだ。

      同じセリフで返したという細美とTOSHI-LOWをはじめ、彼らはほとんど皆二つ返事で出演を快諾したというからすごい。ACIDMANは決して特定のバンドと群れたり、限定的なシーンを形成するような動きをしてきたバンドではなく、むしろ音楽的にも思想の面でも孤高に近いポジションにあるバンドであるにもかかわらず、だ。

      彼らの節目を祝うべくこれだけの面々が集結したこと自体、それだけで充分に奇跡じゃないか。 しかも、どのバンドもみなそれぞれの色を存分に出しつつ、_その才を見せつける激しく本気のライブをやってみせた。いった野心的なマインドでも仲間の記念日をただハッピーに祝おうという空気でもなく、ACIDMANという存在を讃え、最後にステージに立つ彼らのために最高のお膳立てをしてやろうという気概であった。 “フェス”と謳ってはいるものの、計10本のライブは全て同じステージで行われたため、まるでライブハウスでの対バンライブをとんでもなく大規模にしたような形式だった。転換時間もそこそこに次から次へとライブが始まるスピード感とともにどんどん最長不倒が塗り替えられていくので、10時間を超える長丁場にもかかわらず体感時間はすごく短かった。リンクからクイックレポが読めるため省くが、いずれも35分の持ち時間に趣向を凝らし、アンセムやキラーチューンの中にACIDMANへのリスペクトや祝福を忍ばせていたことが印象深い。 後輩枠として出演したRADWIMPSは、この日がデビュー12周年の記念日。12年前、“大大大先輩”であるACIDMANと同じレーベルからCDを出すんだ、と喜んでいた若者たちは押しも押されぬビッグバンドへと成長し、レーベルメイトとなったACIDMANを祝うべく堂々とステージに立っていた。オーディエンスの頭上に仁王立ちして歌う、畏敬の念すら覚えるような姿と、自らのライブを“おしっこタイム”と位置付けたりACIDMANの面々を散々イジリ倒す悪ふざけのギャップ。 「2011年3月11日を境に多くのミュージシャンが口を閉ざした中、大木だけは原発のこと、戦争のこと、平和のことを語ってくれた。そしてそれ以来、毎年3月11日に彼らは福島でライブをやっている。

      いずれのバンドも、敬意と歴史がその音に乗っている。

      「板の上でロックバンドを365日続けて、それを掛ける20しないと、ロックバンドでメンバー変わんねえで20周年なんてできねえの。バンドなんて解散してしまう場合もあるし、メンバーが欠けたりして姿を変えることだってある。ACIDMANが20年続いたことも、ほぼ同期のゲストが集ったことも、決して当たり前じゃない。それは間違いなく“SAI”のハイライトの一つであった。それはトリを飾ったACIDMANがとんでもなく素晴らしいライブをしたことだ。

      フェス全体の感動的なムードが後押ししてそう感じた部分もあるにはあったかもしれないが、それを抜きにしても、ひたすらに激しくエモーショナルで、精緻で、壮大で、大木の美学と思想が詰まった、つまりACIDMANの全てが結晶になったようなステージ。ライブならではのインプロからあのエコーのかかったギターフレーズが聴こえてきた瞬間の、場内の熱狂といったら! 割れんばかりの大歓声とともに“SAI”はフィナーレへと向かっていった。叫ぶ大木の言葉は、思いが溢れすぎたせいかいつもより滑らかではないが、それがいい。そんな映像にこの日の会場前のファンの姿や、出演アーティストのバックヤードでの様子などがインサートされていって、気づいた。これはACIDMANの20周年を祝うと同時に、その20年間のどこかでACIDMANと出会い、その曲と歌とともに歩んできた我々のフェスでもあったのだ。

      大木に倣って言うならば、宇宙規模で言えば人の一生なんて瞬く間で、ACIDMANの歩んだ20年という歳月も、ましてや2017年11月23日という日はほんの一瞬にも満たない。けれども、会場に集まった2万人一人ひとりにとってとてつもなく幸福な時間であり、いつかは終わる我々の人生の中で特別な1ページとして永遠に刻まれる特別な日だった。 来年は無理でもいつかまたやりたい、と大木は言っていた。Tokyoを皮切りに自身6度目となる7月13日(金)日本武道館までの全国ツアーも開催。

      【“SAI”総括】その歴史と瞬間が生み出したいくつもの奇跡――ACIDMANの20周年記念フェス“SAI”を振り返る

      そう常々思っているのだけれど、あれから数週間が経ってみて、その間何度となく思い返すたびに、やはりあれは奇跡と呼ぶしかないような1日だったなぁとしみじみしている。

      ACIDMAN撮影=三吉ツカサ “SAI”が我々に見せてくれたいくつもの奇跡。なんだそんなことか、と思うかもしれないが、当日の朝は土砂降りで、99%の高揚感のなかに1%の憂鬱を抱きながら会場に向かった人も多かったのではなかろうか。意味も含まれているだろうから、モノトーンの景色は似合わない。なんとか止まないかなぁと一縷の望みをかけながら開演の刻を待っていたのだが、流石は昨年の中津川ソーラーで虹をかけたバンド。トップバッターの10-FEETのライブが始まるのと前後して見事に雨が止み、しばらくののちには太陽が顔をのぞかせた。銘打たれた浦山一悟プロデュースのラーメン店や“SAI”とのコラボビールを販売するcoedoビールをはじめとした飲食スペースを、ストレスなく利用することができたのである。 ACIDMAN撮影=三吉ツカサ 出演者の顔ぶれも多士済々、まさに奇跡的なものであった。MISSION、RADWIMPS、BRAHMANと、ロック好きなら誰しもが知るビッグネームが並んだ。

      同じセリフで返したという細美とTOSHI-LOWをはじめ、彼らはほとんど皆二つ返事で出演を快諾したというからすごい。ACIDMANは決して特定のバンドと群れたり、限定的なシーンを形成するような動きをしてきたバンドではなく、むしろ音楽的にも思想の面でも孤高に近いポジションにあるバンドであるにもかかわらず、だ。

      彼らの節目を祝うべくこれだけの面々が集結したこと自体、それだけで充分に奇跡じゃないか。 しかも、どのバンドもみなそれぞれの色を存分に出しつつ、_その才を見せつける激しく本気のライブをやってみせた。いった野心的なマインドでも仲間の記念日をただハッピーに祝おうという空気でもなく、ACIDMANという存在を讃え、最後にステージに立つ彼らのために最高のお膳立てをしてやろうという気概であった。 ACIDMAN撮影=三吉ツカサ “フェス”と謳ってはいるものの、計10本のライブは全て同じステージで行われたため、まるでライブハウスでの対バンライブをとんでもなく大規模にしたような形式だった。転換時間もそこそこに次から次へとライブが始まるスピード感とともにどんどん最長不倒が塗り替えられていくので、10時間を超える長丁場にもかかわらず体感時間はすごく短かった。ひとつひとつのライブの詳細に関してはオフィシャルサイトのリンクからクイックレポが読めるため省くが、いずれも35分の持ち時間に趣向を凝らし、アンセムやキラーチューンの中にACIDMANへのリスペクトや祝福を忍ばせていたことが印象深い。 ACIDMAN撮影=三吉ツカサ 後輩枠として出演したRADWIMPSは、この日がデビュー12周年の記念日。12年前、“大大大先輩”であるACIDMANと同じレーベルからCDを出すんだ、と喜んでいた若者たちは押しも押されぬビッグバンドへと成長し、レーベルメイトとなったACIDMANを祝うべく堂々とステージに立っていた。オーディエンスの頭上に仁王立ちして歌う、畏敬の念すら覚えるような姿と、自らのライブを“おしっこタイム”と位置付けたりACIDMANの面々を散々イジリ倒す悪ふざけのギャップ。「2011年3月11日を境に多くのミュージシャンが口を閉ざした中、大木だけは原発のこと、戦争のこと、平和のことを語ってくれた。そしてそれ以来、毎年3月11日に彼らは福島でライブをやっている。

      いずれのバンドも、敬意と歴史がその音に乗っている。

      ACIDMAN撮影=三吉ツカサ ……と、ここまで書いてきて脳裏をよぎるのは、そもそも20年間バンドという“生き物”がその命を絶やさずに来たこと自体の奇跡性だ。

      「板の上でロックバンドを365日続けて、それを掛ける20しないと、ロックバンドでメンバー変わんねえで20周年なんてできねえの。バンドなんて解散してしまう場合もあるし、メンバーが欠けたりして姿を変えることだってある。ACIDMANが20年続いたことも、ほぼ同期のゲストが集ったことも、決して当たり前じゃない。それは間違いなく“SAI”のハイライトの一つであった。それはトリを飾ったACIDMANがとんでもなく素晴らしいライブをしたことだ。

      フェス全体の感動的なムードが後押ししてそう感じた部分もあるにはあったかもしれないが、それを抜きにしても、ひたすらに激しくエモーショナルで、精緻で、壮大で、大木の美学と思想が詰まった、つまりACIDMANの全てが結晶になったようなステージ。割れんばかりの大歓声とともに“SAI”はフィナーレへと向かっていった。叫ぶ大木の言葉は、思いが溢れすぎたせいかいつもより滑らかではないが、それがいい。そんな映像にこの日の会場前のファンの姿や、出演アーティストのバックヤードでの様子などがインサートされていって、気づいた。これはACIDMANの20周年を祝うと同時に、その20年間のどこかでACIDMANと出会い、その曲と歌とともに歩んできた我々のフェスでもあったのだ。

      大木に倣って言うならば、宇宙規模で言えば人の一生なんて瞬く間で、ACIDMANの歩んだ20年という歳月も、ましてや2017年11月23日という日はほんの一瞬にも満たない。けれども、会場に集まった2万人一人ひとりにとってとてつもなく幸福な時間であり、いつかは終わる我々の人生の中で特別な1ページとして永遠に刻まれる特別な日だった。来年は無理でもいつかまたやりたい、と大木は言っていた。

      怒髪天、『響都ノ宴』を初の映像化&2018年ワンマン企画3本発表

      この10年での出会いや試みが後々定番となるなど、実験的かつ最も新しい怒髪天を見せてきた。10周年の今年は、新たな切り口でありながら、その姿は原点でしかないという、まさに伝統と革新の『夢十夜』を繰り広げた。前半の目玉はキャリアを一挙振り返る全70曲かぶりなしのセットリスト。初日のトークライブでも思わず懸念を口にするほど、いつにない緊張感を見せた。ライブは常に一発勝負だが、時には巻き返したいと思う夜もある。だが、今回は4日間もありながらどこにもすがる場所がない。鳴かず飛ばずの時代に奏でられた楽曲はブルージーでフォーキー、忌野清志郎や憂歌団に憧れていたというのも納得、今よりも格段と大人っぽい。何物にもとらわれず自由である一方で、やりきれないしょっぱさもあった。あの頃の叫びが蘇るようでもあり、胸を締め付けた。1999-2004』はレーベル“フライハイト”で心機一転、歩きはじめた時代だ。

      ある種のあきらめと開き直りを交互にのぞかせなら、しゃにむに前進した。悔し涙を流すことも、ぐっと拳を握り締め、唇を噛んだ夜もあった。その湿り気をもたらしたのは流した汗だけではなかったはずだ。

      しみったれて、ヒリヒリした日々に時間が巻き戻された。テイチクより再びメジャーデビュー、新たな地平に立った。楽曲もさらに力強くなり、手綱を握る力をゆるめるとたちまち大暴れするようだ。

      一人一人を束ねて、怒髪天という唯一無二の“俺”を作り上げる。そんな俺を引っ張っていくのが我らが兄ィこと増子直純。すなわち俺たち界隈が生きる上で欠かせない三大要素“塩分、水分、兄貴分”は、この3時代で完成されたのだった。怒髪天×磔磔の真髄と、時代を物語るセットリストの妙を楽しんでほしい。 後半のハイライトは、怒髪天史上初男女限定ライブだ。

      地鳴りのような雄叫びに迎えられて始まったライブは、阿吽の呼吸でかつてない一体感を見せた。年齢を重ねてきたからこそ、気持ちと気持ちを遠慮無用でぶつけ合い、一枚岩となって同じ思いを噛みしめる。坂詰克彦の中2以下の発言も爆笑を生み、泣き笑いの極上喜劇を繰り広げた。ステージから見る光景はアイドルのライブさながらであったろうと想像する。数少ないラブソングも披露し、バンド史上最も甘い時間が訪れた。だが、クライマックスではいつもと変わらず、熱いサウンドとだみ声に拳を振り上げ、互いに魂を震わせる。ライブとはボーダレスでジャンルレス、ジェンダーレスな場であることを再認識した一夜となった。 怒髪天は12月8日に、新たに3本のワンマンライブ企画を発表。2018『4人は、未だアイドリング中』と題された東名阪ワンマンライブツアー。尚、5月4日の千歳公演はベース清水の50歳生誕祭となる。

      怒髪天 響都ノ宴 10周年記念『夢十夜』完遂!新たにワンマン企画3本発表!

      この10年での出会いや試みが後々定番となるなど、実験的かつ最も新しい怒髪天を見せてきた。前半の目玉はキャリアを一挙振り返る全70曲かぶりなしのセットリスト。 初日のトークライブでも思わず懸念を口にするほど、いつにない緊張感を見せた。 ライブは常に一発勝負だが、時には巻き返したいと思う夜もある。 だが、今回は4日間もありながらどこにもすがる場所がない。 鳴かず飛ばずの時代に奏でられた楽曲はブルージーでフォーキー、忌野清志郎や憂歌団に憧れていたというのも納得、今よりも格段と大人っぽい。 何物にもとらわれず自由である一方で、やりきれないしょっぱさもあった。あの頃の叫びが蘇るようでもあり、胸を締め付けた。レーベル“フライハイト”で心機一転、歩きはじめた時代だ。

      ある種のあきらめと開き直りを交互にのぞかせなら、しゃにむに前進した。悔し涙を流すことも、ぐっと拳を握り締め、唇を噛んだ夜もあった。 その湿り気をもたらしたのは流した汗だけではなかったはずだ。

      しみったれて、ヒリヒリした日々に時間が巻き戻された。 テイチクより再びメジャーデビュー、新たな地平に立った。 楽曲もさらに力強くなり、手綱を握る力をゆるめるとたちまち大暴れするようだ。

      そんな俺を引っ張っていくのが我らが兄ィこと増子直純。 そんな三夜の映像化が決定、2018年3月14日(水)に発売される。怒髪天×磔磔の真髄と、時代を物語るセットリストの妙を楽しんでほしい。 後半のハイライトは、怒髪天史上初男女限定ライブだ。

      地鳴りのような雄叫びに迎えられて始まったライブは、阿吽の呼吸でかつてない一体感を見せた。年齢を重ねてきたからこそ、気持ちと気持ちを遠慮無用でぶつけ合い、一枚岩となって同じ思いを噛みしめる。 坂詰克彦の中2以下の発言も爆笑を生み、泣き笑いの極上喜劇を繰り広げた。 ステージから見る光景はアイドルのライブさながらであったろうと想像する。 数少ないラブソングも披露し、バンド史上最も甘い時間が訪れた。 だが、クライマックスではいつもと変わらず、熱いサウンドとだみ声に拳を振り上げ、互いに魂を震わせる。 ライブとはボーダレスでジャンルレス、ジェンダーレスな場であることを再認識した一夜となった。 怒髪天は、新たに3本のワンマンライブ企画を発表。"4人は、未だアイドリング中"と題された東名阪ワンマンライブツアー。 尚、5月4日の千歳公演はベース清水の50歳生誕祭となる。

考察。「地鳴り」とは何か?

「地鳴り」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

地鳴りに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 誠宥さん: @na_kun1223 ええーそれなら雷で地鳴り6回ぐらいしてることなるよ爆笑 - 1 日と 20 時間 51 分 29 秒前
  • ゲッコー・モリアさん: 何だ この地鳴りは・・・・・・!!! - 1 日と 20 時間 52 分 23 秒前
  • Lloydscafeさん: RT @KamuiForest: びっくりするぐらい、あの朝の風景は、リアルに思い出せるんだな揺れてる最中に自分から出た信じられないぐらい変な悲鳴も隣の人の悲鳴もどんどん割れていくお気に入りのコップとかグラスの音とか地鳴りとか
    > https://t.co/TPoCvIRt

    … - 1 日と 21 時間 4 分 13 秒前
  • 海乃さん: [学校]地鳴りが近付いて、君は理科室へ隠れる。人体模型と目が合って、君の気分は悪くなる。《感情:喜怒哀楽のうち「楽」を失くす【魂-1】(既にない場合効果なし)、感情を全て忘れたor忘れている場合【魂-4】》#黄昏町の怪物
    > https://t.co/yjI4a119sR

    - 1 日と 21 時間 9 分 35 秒前
  • 羽さん: RT @ajkw_h: 仔゛カ゛カ゛シ゛は゛い゛い゛ぞォ゛!!!(地鳴り声)
    > https://t.co/B0hkgC8lcg

    - 1 日と 21 時間 23 分 39 秒前
  • ワタルさん: 今日はとにかく「SEASON」の仕上がりと気合が半端なかった。地鳴りのような譲さんのベース、佐藤君が降りてきたかのようなオオヤ君の伸びやかなファルセット、そしてライブ全体のダイナミクスの頂点を持ってきた爆音。この曲の為だけでも、今…
    > https://t.co/IqNFfHLeTe

    - 1 日と 21 時間 27 分 35 秒前
  • ぴーなっつさん: RT @natsume_souta: ちなみに「あざっす銀行って?」と言う声が全世界(霊界を含む)から地鳴りと共に聞こえてきたので説明しますと、あざっす銀行とは造語でこの世(霊界を含む)で僕しか使っていない言葉で「心の奥にある全身全霊のあざっす」をあざっす貯金から引き落とした時… - 1 日と 21 時間 35 分 38 秒前
  • だばさん: めっちょ地鳴りしてる
    > https://t.co/UeShnATnN3

    - 2 日と 1 時間 54 分 54 秒前
  • うなぎなまずどじょうさん: @TANUKI_1003 今日の朝地震来たんだけど揺れ方が地鳴りのような揺れ方だったから気を付けた方がええで311以降今までこんな揺れ方なかったわ昨日は東京も揺れたらしいしな - 2 日と 2 時間 6 分 16 秒前
  • えるしょ†die†さん: @tsgrTL @tsgrTL [ハンドアウト]チャイム音に、君の意識は浮上する。西日に照らされたピアノが、低い地鳴りに弦を震わせる。《開始地点[学校]
    > https://t.co/z0W68bgeB7

    》#黄昏町の怪物
    > https://t.co/TbTjfkrPcs

    - 2 日と 4 時間 20 分 43 秒前
  • ニャンコロさん: あ~暇だ暇だ暇だ~ - 2 日と 5 時間 13 分 44 秒前
  • まにゃにゃ@MHWさん: @s_b_l601 地鳴りは東日本大震災の時やばかったのであれを思い出して怖かったです_:(´ཀ`」 ∠):いつもと違う姿勢!?ま、まさか!!おっぱっぴーで有名な小島よしおの「下手こいたぁぁぁぁあ」ポーズでは!?私は3dsはうつ伏…
    > https://t.co/1555q35BEH

    - 2 日と 6 時間 42 分 19 秒前
  • バウさん: @mikutaso0921 地鳴りは聞いた事ないけどでかいの来る!?って感じで怖いですね - 2 日と 6 時間 48 分 16 秒前
  • まにゃにゃ@MHWさん: @s_b_l601 おはようございます( ˊ̱˂˃ˋ̱ )小さい地震はちょこちょこあるんですが、地鳴りがヒッサビサだったので怖かったです_:(´ཀ`」 ∠):あははははwwwwwwコントローラの振動wwwすごいわかりますwモンハン…
    > https://t.co/FKEZvS59c7

    - 2 日と 6 時間 53 分 45 秒前
  • 恵比寿天窓.switchさん: いよいよ明日!!ただのカホンがたくさんの祭りじゃないですよ!!村岡さんとたくさんのカホン奏者の情熱が!負けずと心でぶつかり合う歌い手が!呼応するお客様の手拍子が!地鳴りのように響く1日です!!ぜひ明後日は渋谷duoへ!!
    > https://t.co/41dzmS7q8V

    - 2 日と 7 時間 9 分 40 秒前
  • ゆう♥さん: 夜中の地震怖かった。地鳴りした時点で目が覚める。今日はお休み。10時に退職したおじさんがお土産を届けに来てくれる。いつもありがとう。今日はあと何しようかな。 - 2 日と 8 時間 15 分 50 秒前
  • miyuさん: しかし今朝?の地震は久々にヤバイかもと感じるレベルだった。揺れ始める前の地鳴りで目が醒めた。 - 2 日と 8 時間 51 分 35 秒前
  • 玲瓏さん: 地鳴り?なのか重くズッシリとしたような音がずっと響いてる感じがする。私の気のせいだといいけど。。。 - 2 日と 10 時間 51 分 35 秒前
  • 赤シャチさん: RT @nachiko67: 本日の朝刊「地鳴り」から。お二人ともご高齢ですが、素晴らしいツエサポぶりで感銘いたしました。(^-^)#zweigen
    > https://t.co/FvyFmjZ3jH

    - 7 日と 4 時間 35 分 52 秒前
  • т. игарасиさん: 深海底からの「地鳴り」に科学者が困惑:
    > https://t.co/3Cuv5ZzOQC

    @sputnik_jpさんから - 7 日と 5 時間 42 分 17 秒前
  • キーパー(TEW)さん: ギッギッギッ(「処刑マジニとキーパーのどちらが怖いか」と言う話題に自分の方が怖いと証明するために地鳴りを起こしています) - 7 日と 5 時間 46 分 36 秒前
  • #高知 バズウォールさん: 【南海トラフ地震】高知で謎の地鳴りが発生【四国】
    > https://t.co/7GJCXooyh7

    - 9 日と 14 時間 36 分 5 秒前
  • ヨヨヨヨーグルさん: RT @natsu4873: 1番は勝利くんが歌います、2番の入りでバクステからかみこ登場で黄色い声援と地鳴りのような歓声で会場大歓喜ですそれでは聞いてください佐藤勝利 feat.上國料萌衣で『LOVE涙色』 #ジャニーズにカバーして欲しいハロプロソング #ジャニーズと… - 9 日と 16 時間 16 分 51 秒前
  • あっき~ら☆☆☆さん: RT @rigged_election: 神奈川南部でさっきから地鳴りがすごい件
    > https://t.co/XaifAwJM2g

    - 9 日と 16 時間 49 分 40 秒前
  • 葬堕ま×Naさん: RT @_mimico: 去年の京誕で印象的なのは、アンコールで京さんが『今日だけは声出していいよ』って言った瞬間、地鳴りのような\ギョオオオオオオオ/ってデスボメンコが一斉に起こって『ハッ…!この人たち大人しくライブ見てたけど化けの皮を剥がせば百戦錬磨の虜の集団だ…!』って… - 9 日と 18 時間 8 分 34 秒前
  • 桜井 @多忙につき時々女装さん: それな!ビール、焼きそば、赤ボールペン。完全にオッさんスタイルwレース中の競走馬の足音...地鳴りがたまらんのです。一緒にいける方がいれば尚良しですね。#質問箱 #Peing
    > https://t.co/znVCDvLG7l


    > https://t.co/7H9EOFyTNo

    - 9 日と 18 時間 47 分 1 秒前
  • パンドラさん: 独り叩きを始めたばかりの頃は、何やったらいいんだかわからなくて、ブランキー叩いたりもしたみたいだけど、もう、そんな迷いもない、これぞ中村達也!というのを見せつける鬼ドラム。地鳴りがする程のバスドラ。スティックは見る見る削れて飛び散っては折れ。最後は4本のスティックで怒濤の乱れ打ち - 9 日と 19 時間 1 分 34 秒前
  • れなさん: RT @MITSUGUAKATSUKI: 試合終了時に一瞬静かになったかと思ったら、地鳴りみたいな歓声が上がった。#フロサポ優勝の瞬間
    > https://t.co/vuoO5PXifY

    - 9 日と 19 時間 37 分 35 秒前
  • かのんさん: RT @inuua0: 見間違いかもしれないと思って何度もスローで確認したけどやっぱりダニエルがコムちゃんと握手した後すぐにケンタにハグしに行ってて私は地鳴りのような唸り声を上げた
    > https://t.co/1EdRKlJgfA

    - 15 日と 16 時間 11 分 36 秒前
  • がね っ しゅさん: 芸能山城組の輪廻交響楽。パソコンで聞いたのは始めてだけど、再生してすぐに、音量たいして上げてないのにロジクールのやっすい(失礼)スピーカーが地鳴りして、は!なんすかこれ!ってなった Geinoh Yamashirogumi - E…
    > https://t.co/Uc2J7kmfqU

    - 15 日と 16 時間 39 分 19 秒前
  • nakapionさん: RT @K_VOLTERS: ※リツイート拡散希望間も無く試合開始‼️当日券も会場にて販売中‼️本日(2日)17:00 TIP OFF - 15 日と 17 時間 25 分 26 秒前
  • えみ@Nameless Fighterさん: 夜に本丸野球部の話をしていたら思いの外盛り上がって楽しかったです。私が。「4番、キャッチャー 燭台切くん」で女子の地鳴りのような歓声を球場に響かせたい。強肩みっちゃん。驚異の盗塁阻止率で、特に伽羅ちゃんがピッチャーの時は鬼…
    > https://t.co/GjDr8rcKyT

    - 1 ヶ月 2 日と 10 時間 19 分 49 秒前
  • みなつ@垢統合中さん: 地鳴りか?ってくらいぐるぐるいってる
    > https://t.co/hweNEHROfE

    - 1 ヶ月 2 日と 11 時間 13 分 58 秒前
  • さん: 先日、ぶれランを近代設備満載な映画館で見たら、風は来るわ地鳴りは凄いわ、音響とかも良すぎてかえってストーリーに集中できなかったという…音楽が~怖いの~(;゜∇゜)そんでもって私ゃ、まんまとミスリードに引っ掛かるチョロい客でしたよ
    > https://t.co/1AfuVVtfAD

    - 1 ヶ月 2 日と 17 時間 22 分 22 秒前
  • こんさん: Duoでredbull music festival!最後はダイローさんのソロ。地鳴りするやつ。東中野セロニアスで聴いたら怖くて硬直するやつ。あんな長く聴いたの初めてかも。ダイローさんスゲェ。。。って、一瞬静まりかえって終わった…
    > https://t.co/s6KQFpWU7Q

    - 1 ヶ月 2 日と 18 時間 12 分 30 秒前
  • 白銀の嵐Mk.2さん: @daiki1104251 メテオ「さてもう一丁……寝てんじゃねぇぞ!」(倒れているカズマを蹴りあげカズマ「ごふっ!?」メテオ「気付けの1発……くれてやる…!」(全身に力を入れ、大地に大きな亀裂と激しい地鳴りと揺れが起きる…
    > https://t.co/kIPubinTjn

    - 1 ヶ月 2 日と 18 時間 18 分 43 秒前
  • イワチャンさん: もうほんまうちの兄死ねばいいと思うたまに帰ってくるけど好きなだけ酒飲んで地獄の地鳴りみたいなゲップを好きなだけ人前でしやがるし(まじで汚い)トイレはドア開けっ放しで用を足すしおまけに何回言ったって治らないし直す気もない。帰ってくんな死ね - 1 ヶ月 2 日と 18 時間 58 分 28 秒前
  • 米田素子 Motoko Yonedaさん: だいぶ批評に書くことがポツポツ出てきた。前に沖縄の地鳴りや風に三線の音を聞いた話を書いたけれど、そんな風に蓮沼執太さんの音楽は街の音が再現されていること、遠くから空耳のように聞こえてくることをつかんだ。たとえば線路を行く電車の音と独り言の声、とか。 - 1 ヶ月 2 日と 20 時間 37 分 34 秒前
  • peacefulldaysさん: RT @snoopymaygon: 2011年、12年@世田谷でゴオオ~って飛行機とも空鳴りとも聞こえる地鳴りが度々聞こえる時期があった。ツイッターで地鳴りと検索すると横浜、渋谷、世田谷などで同様のツイートが多数。10日~2週間以内で新島、神津島あたりで大き目の地震が起… - 1 ヶ月 2 日と 20 時間 42 分 20 秒前
  • ブウ太さん: @kekokeko88 @urinnta 違うぶぅ違うぶぅ^^;死んだ人の声が聞こえるとか 動物さんのおしゃべりが判るとか そういうのじゃないぶぅ^^;たこ足配線してると電気の流れる音が聞こえるとか ハイブリッドカーのモーター…
    > https://t.co/mRBS4SXTJh

    - 1 ヶ月 3 日と 23 時間 49 分 34 秒前
  • Karin⊿ 17さん: 後楽園ヲタの地鳴りがする(汗)
    > https://t.co/Qj6iHM7rah

    - 1 ヶ月 4 日と 32 分 24 秒前
  • fa-stchoiceさん: 日本各地で地鳴りが頻発!巨大地震の前触れか?
    > https://t.co/C9fPNJ49Vb


    > https://t.co/56eY4XfNqm

    - 1 ヶ月 4 日と 1 時間 38 分 47 秒前
  • もし明日地震が来たら?さん: 【地震前の異常現象①】・地鳴りゴォーと突き上げるような音などが聞こえる
    > https://t.co/ZmV4O334eG

    - 1 ヶ月 4 日と 2 時間 58 分 2 秒前
  • ririkoさん: 11月14日(火)1年7ヶ月目…揺れは勿論ですが地鳴りの音の凄さも半端なく地鳴りの音何の音に近いだろうと考えてみたら…2時間サスペンスの効果音で崖に激しい波がうちつけるあの音に似てるとドーンドーン的なあの音だなと感じました1年…
    > https://t.co/HzTuNbsZEh

    - 1 ヶ月 4 日と 5 時間 45 分 50 秒前
  • ついたちさん: そしてプリッツになってしまった元ポッキーを端っこからポキポキしていくんだが、上手くポキポキできなくて、ひとかけら床に落としてしまう。拾うのを命じられて手を伸ばそうとした瞬間の地鳴りのような、且つ静かでむしろ怖いお叱り。「手を使…
    > https://t.co/utdJbUJ4XA

    - 1 ヶ月 4 日と 6 時間 53 秒前

    「地鳴り」に関するブログ
  • 主は「救いの御業を果たされた」、主は「救いを示し」、「恵みの業を現し」、私たちは「神の救いの御業を見た」と。
    そして「全地よ、主に向って喜びの叫びをあげよ」(4)と、大いなる賛歌への合流を呼びかけ、全世界に地鳴りのような賛美が響き渡る姿を記しています。
    興味深いのは新共同訳では、9節の冒頭「主を迎えて」で前節までの詩を受けて終わり、一行の改行後に「主は来られる、地を裁くために‥‥‥」と最後の3行が記されている点です。

    http://blog.goo.ne.jp/magibox01/e/db3382253403e3643e2741477dc93a3b


  • 室内では 決まった位置で ラジオノイズが大きい程 足もと大地震発生に注意
    地震雲発生 ラドンガス発生 GPS異常 地鳴り その他の前兆現象があります。

    http://blog.goo.ne.jp/goo19340528/e/01ffbd34b8a14f692593c49a5a397e60


  • 別のものが聞こえてきた。
    地鳴りのような足音と、別の鳴き声。
    そして、二つの黒い塊が現れた。

    http://velde-luna.at.webry.info/201712/article_2.html


  • 今朝の地震には、参った
    初期微動の地鳴りで目が覚めた
    「あ!

    http://blog.goo.ne.jp/musen73/e/c113d1597144fc0c1c82d53c7e3c315d


  • 本格的な冬の始まりです。
    朝4時前 ゴゴゴゴっと 地鳴りを響かせて 除雪車が走り回ります。
    うちの辺では 10の積雪があれば 除雪が出るので

    http://denko45.blog.so-net.ne.jp/2017-12-12


  • 「地鳴り」に関する教えてGoo!
  • 2010/05/02に地鳴り
    昨日2,3回地鳴りがしました。

    (恐らく地鳴り)
    地震の前触れかと思ったのですが地震はなかったようです。


    関東ですが皆さんも聞こえましたか?


    恐ろしいです。


    少し日があきましたが、2010/5/10の16時台後半から17時過ぎくらいにかけて都内で数回聞きました。


    弱かったものの昨日23区が震源地の地震がありましたね。

    twitterなどで地鳴りを聞いたという体験談もちらほら見かけるので少し用心しようかと思います(これまで気にしていなかったので、もしかしたら日頃から一定数観測されているものなのかも知れませんが)。
    何事もなければ良いと思いますが、防災意識を改める良い機会にしたいものです。


  •  地震の揺れが来る直前ゴーという音が地鳴りですよね?
    これは地震の震動が大気に伝搬して発生するとどこかで聞いたことがあるのですが、この地鳴りへの疑問です。

    教えていただけるとスッキリします。
     調べてみると地震の P 波は秒速 5KM 程度と空気中を伝わる音(300-400メートル毎秒)よりもずっと速いようです。

    これは土や岩盤は気体より密度が高いので当然ですよね。ではなぜ、揺れの前に地鳴りが聞こえるのでしょう?
    全くの素人ですのでご期待の内容になっているかどうか不安ですが、感じたことという程度でご覧頂けたらと存じます。
    地鳴りが地震そのものより速いのは、主に次の(1)、(2)の2つの理由によるのではないかと思われます。
    (1)震源と音源
    地震波は震源から伝わってきて、そのときの早さが仰せのようなスピードです。

    一方、音は震源からではなく、地表まで伝わった地震動が空気を震わせてそれが人の耳に到達します。
    したがって、地震動が地表に達した後に、そこから地震動として体に達するまでに通る経路の長さと同じく空気の振動として耳に達するまでに通る経路の長さは体感的な時間を考えるうえでは殆ど差がないので、人がどちらを先に感じるかを考えるうえでは5KMと300-400メートルという差は実際問題としては小さい(殆どゼロ)と言えるから。
    (2)体が地震動を感じる感度は相当に鈍いと思います。

    僅かの揺れは感じないと思います。

    確かに、震度5とか6とかになればすぐ感じますが、2くらいだと感じないことも多いのではないでしょうか。

    しかし、聴覚はかなり敏感で僅かの物音も聞き取れます。
    一方、「秒速 5KM 程度」という値はP波の速度ですが、P波は震動のエネルギー(震動の強さ)としては小さく、人がメインの揺れとして感じるのはP波の後に来るS波です。


    そのため、P波が地上のものを揺らせて地鳴りを生じ、人はそれを聞いて「地鳴りだ!」と思い、次にその後に来るS波を体で感じて「地震だ!」と思うため、そもそも時間的ギャップがあるから。
    以上のように思います。




    ただ、地盤の構造、震動の種類(短周期の震動か長周期の震動か)、建物の構造、など、人が感じる地震動の強さと地鳴りの強さを規制する要素がケースバイケースで異なるので、常に地鳴りが先だとは限らないのではないかとも思います。

    地鳴りを先に聞いた人はそれを強調するのでそのように一般的に思われているだけであって、そうではなくて逆だと感じている方も多いのではないかと思います
    焦点の定まらない感想のような話で申し訳ありません。
    何かのご参考までにと申し上げた次第です。


  • 1995年1月17日の早朝(午前5時46分ごろ)、阪神・淡路大震災がありました。


    その時、私は横浜に住んでいたのですが、私はその時に地鳴りがしたので目が覚めました。


    横浜の震度は、2程度だったハズですから、揺れたために起きたのではないと思いますし、私はすぐにNHKでその地鳴りがした原因を知ろうとしました。

    (たぶん地震だろうとは思いましたが)
    もちろん、震度2程度では普通そんなことはしません。

    ご存じのように、大震災であったことがわかったのは、かなり経ってからなので、その時はせいぜい震度5程度の地域の速報を流しているだけでした。


    当時、関東地方に住んでいて、地鳴りを聞いた人いませんか?


     阪神大震災当日ではないのですが、その後しばらくして、風呂場で地鳴りを聞いて、もしや関東でも大震災(当時房総半島中部に在住)!と思い、家族にそのことを訴えたところ、「だからどうした?」と笑われた事があります。
     よくよく聞いてみると、谷あいにある私の家は、ちょっとした事でも地鳴りがするらしく、他の家族は知っていて慣れっこ、鈍感な私は震災のニュースで敏感になってようやく気づいたと言うのが真相のようでした。


     というわけで、当たり前のもののうちの一つ、という事にはなりますが、この経験からすると、阪神大震災当日のうちの近辺でも地鳴りが、という可能性はあるかもしれません(震源が遠いので、響き方等が違って敏感な人には気付きやすいものになっていた可能性はあります)。
     ちょっとずれているかもしれませんが、参考までに。
  • 「地鳴り」の関連語
    1位
    2位 救い
    3位 御業

話題のトピック