なぜ「地盤サポートマップ」なのか?

「地盤サポートマップ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      地盤情報・災害リスクなどを一目瞭然!「地盤サポートマップ」が凄すぎる!!!

      ついては、調査地点を地盤の強度に応じて4色の円で表示し、それぞれの円には地質や液状化の可能性や座標がリンクされています。

      画面左上の説明ボタンをクリックすると、地耐力についての詳しい説明を読むことが可能。JHS社が地盤調査を行った場所がデータベースになっているので、同社が行っていない場所はわからないのだが、それでもかなりのエリアが登録されている。

      を、6月5日からWebサイト上で一般向けに公開し始めた。地盤の重要性を広く知らしめ、地盤調査の需要を拡大するのが狙いだ。

      さて、自分が住んでいる場所、住む予定の場所が安全なのかを確認する資料の1つとして使えるサイトがあります。 企業がこういった情報を公開してくれるのは大変ありがたいなあ。市役所が公開しているハザードマップよりも見やすい。 首都圏だけかと思ったら、地方の地元もちゃんとデータあった。自宅周辺は普通の地盤なんだけど、近くに弱いとこがあったりと色々ヘェ〜状態。 自宅付近の災害対策…もそうなんだけど、単純に面白い地図。特に昔の空撮画像みれて、へー、この辺はたんぼだったんだな、とか飽きない。地震時の揺れやすさや液状化の可能性、土砂災害危険箇所なども確認できるほか、学校の校区や避難所の位置もチェック可能。など20種類から選ぶことができ、複数選択も可能です。 色別標高図や地質図、微地形区分図、ゆれやすさ、液状化危険度、さらに各年代の航空写真、 断層の位置、土砂災害危険箇所等々が、 こんなに軽くてよいのか、という感じで、GIS上で表示される。一本で入手できる情報を一通りチェックしておくだけで、 アホな地盤の土地を買わずに済む。 画面分割機能をオンにすると、左右それぞれの地図に異なるデータを表示して情報を見比べることができます。

      今住んでる所の地盤の状態を知っておきませんか?地盤サポートマップ!防災にも役立ちますよ!(無料)

      それを無料で調べることが出来るサイトがありました。

      さらに近隣の避難所の位置など、生活に役立つ地域の情報も地図上で閲覧可能。日々の生活から非常時の備えまで、暮らしをトータルでサポートします。あなたの知りたい住所地の地盤概要をすぐに表示してくれます。身の回りでどんな災害が起こりうるのか、調べることができます。

      【地震怖い】住んでる場所の危険性がわかるマップが超便利!

      そんな中、先日2016年4月14日には最大震度7の熊本地震も発生しました。

      丸の色が地盤の強弱を表しており、弱いほうからピンク、青、緑、黒の順番で強い地盤になっています。

      地図上の紺色ピンをクリックすると詳細を見られます。ボタンを押すと、情報が一枚の紙に印刷できて便利。避難施設や小学校区を表示する機能もあるので、転居を考えている人だけでなく、身近なスポットについて詳しく知っておきたい人も要チェックだ。

      自分の住んでいる場所の地盤情報を知って、日頃からさらなる防災意識を高めましょう。

      【毎日更新!】Today's Pick Up♪2016/8/2

      豚肉はビタミンB1が豊富で夏バテ対策にはもってこいの食材。 50cm×50cmのタイルを敷くだけで、本物の無垢の床が出来上がります。 お部屋一面に敷き詰めても、必要なスペースだけに部分的に敷くのもおすすめです。海が身近でマリンスポーツの愛好者も多い地域です。 そして、マリンスポーツ愛好者様のご要望で多いのが、道具類を安心してメンテナンス&収納できる趣味室。 あくまで目安ですが、本サイトでリスクが高い場所であると判明した時は、詳細な地盤調査を行い、必要に応じて改良や耐震補強を行うなどのプランをご検討してみてください。

      家が傾かないために! 知っておきたい地盤のこと[後編]

      前編では地盤調査について紹介したが、後編ではこれから家を建てようとしている土地が、地盤調査の結果、軟弱地盤だと分かったらどうすればいいのかを解説する。 軟弱な地盤でも補修工事を行えば家は建てられる 地盤調査の結果、建てようとしている一戸建てやマンションを十分に支える力がない地盤だと分かることがある。人工的につくられた敷地の場合、地盤が家やマンションの重さに耐えられず不均衡に沈む不同沈下を起こすことがある。このような弱い地盤の場合、どうすればいいのだろう。土や家の重みで余分な空気や水分が抜け、家が傾くことがある。これは、昔から生活をするのに便利な川や水場の近くに人が集まり、都市が形成されていったからです。今は、地盤の状態を調査によって把握でき、補強工事の技術も進んでいます。

      地盤の一般的な補強工事は3種類 地盤調査の結果、比較的浅い箇所に建物を支えられる地盤がある場合は、杭打ちなどの補強工事をせずに建物を直接、その強い地盤で支えることができる。

      しかし、弱い地盤だと分かった場合は、その状況に合わせた補強工事が必要だ。

      深さ、地質などの条件によって適する工法は違ってくるが、一般的に用いられるのは次の3つの工法だ。

      ●表層地盤改良工法 弱い地盤が比較的浅い1m程度までの場合に効果的。弱い地盤の部分を取り除き、セメント系固化材を入れ、均一に締め固める工法だ。

      ●湿式柱状改良工法 地表から8m程度までが弱い地盤の場合に使われる工法。現地で地面に穴をあけてセメント系固化材を注入しながら、強い地盤に届くまで掘削して支持杭をつくる。 ●小口径鋼管工法 地表から8m以上弱い地盤が続いている場合は、鋼管の杭を地盤に貫入させていく工法。数本の杭を溶接しながら強い地盤に届くまでつなげていく。建物を支える支持層がどこにあるかなどで適した工法は違う。 2000年の建築基準法改正以降は、地盤調査の結果に基づいた設計をしなければならないことが定められ、地盤調査は事実上義務化になっている。

      しかし、築年数の古い建物では、地盤調査なしに建てられているものもある。しも、今住んでいる家や、建ててしまった家の下が弱い地盤で補強工事をしていない、または不十分と分かったら建て替えをしなければならないのだろうか。 「すでに建っている建物の下の地盤を補強する方法はあります。

      しかし、この方法には、新たに家を建てるくらいの費用がかかるのだとか。 「家やマンションが建ってしまってからの地盤補強工事は、大きな費用がかかるというリスクがあります。 安心して暮らせる家を建てるために、また、必要以上の補強工事で無駄な出費をしないために、地盤の状況をしっかりと調査し、地盤の強さに合わせた設計をすることが大切だ。

      下記のようなサービスで周辺の地盤調査データを調べ、目安を知っておき、心配な地盤の場合はしっかり調べてほしいという希望を、建築会社に伝えておくといいだろう。

考察。「地盤サポートマップ」とは何か?

「地盤サポートマップ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

地盤サポートマップに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 兒嶋 将人さん: 地盤サポートマップforU」100万DL達成 ジャパンホームシールド - 住宅新報web | 住まい・暮らし・文化
    > https://t.co/VuKoDgCfKL

    - 2 ヶ月 19 日と 8 時間 34 分 2 秒前
  • 不動産情報共有さん: ジャパンホームシールド/「地盤サポートマップ for U」のサービス利用件数が100万ダウンロードを達成(2017/4/26)
    > https://t.co/DgJtpbiSiT

    - 2 ヶ月 24 日と 5 時間 28 分 35 秒前
  • さっちゃん♪さん: RT @gambaroGIS: さっきのNスペで揺れやすさの要因は表層地盤増幅率のことを放送して、防災科研J-SHIS Mapが一時的にアクセスできなくなったけど、今は大丈夫そう。地盤サポートマップも地盤安心マップもアクセス集中したようだね。国民の地盤に関する関心が高いことがう… - 3 ヶ月 9 日と 22 時間 32 分 40 秒前
  • Android 新着アプリ情報さん: 【新作】住んでいる土地の地耐力や地質がわかる、地盤確認マップ『地盤サポートマップ』のAndroid版が配信開始!
    > https://t.co/JFV0sN3b4W

    - 3 ヶ月 29 日と 8 時間 48 分 56 秒前
  • Ando ロイドさん: RT @predictive_blog: 【大野地震研究所】『地盤サポートマップとは』、電離層は東日本を中心に異常あり。21日は千葉県あたりで強く揺れるか? 予知-茨城県周辺M3-4
    > https://t.co/emEq2q7CwJ

    - 4 ヶ月 1 日と 18 時間 53 分 31 秒前
  • あおいさん: 地盤サポートマップってので住所入れると地盤の強さとか、地震の揺れとかのがわかるって知って調べてみたら、地盤はギリ強いほうだけどめっちゃ揺れる的な感じだった
    > https://t.co/451rSOoVQa

    - 4 ヶ月 2 日と 5 分 39 秒前
  • はと四志男さん: RT @bosaidatebase: 【防災データベースで話題の記事】 自分が住んでいる土地や通っている学校や会社の地盤を簡単に調べることができる「 #地盤 サポートマップ」。無償公開されているので一度自分の住まいを調べてみましょう。軟弱なら先に対策を打ちたいですね。 http… - 4 ヶ月 4 日と 5 時間 57 分 39 秒前
  • Alistia Reinさん: 地盤サポートマップ
    > https://t.co/RUGYTXRABq

    #地盤サポートマップ これすご~い。過去の航空写真が見れるにゃ。淀橋浄水場から京王プラザと住友ビル、NSビル、都庁が生えてきたり羽田の拡張と沖合展開の様子がわかるにゃ。京王高尾線も御陵線の痕跡がわかるにゃん - 4 ヶ月 4 日と 20 時間 7 分 55 秒前

    「地盤サポートマップ」に関するブログ
  • 「ありがとうございます…でもたまに練習試合に出るだけの俺がまた1軍に呼ばれる気がしなくて…技術だって昔は自信ありましたが今は……あなたは試合に出れなくて不安にならないんですか?」
    地盤サポートマップ|ネットで話題のアプリを評価[いえっぴー!]

    http://ep42gh.at.webry.info/201706/article_1.html


  • 総理をチェックしに行っても中身は地盤サポートマップ無料やチラシなど「不要なもの」だらけです。
    しかし先日は地盤サポートマップ無料の日本語学校で講師をしている知人から地盤サポートマップ無料が来ていて思わず小躍りしてしまいました。
    勉は現地の風景だと嬉しいですよね。

    http://fprrliepydaalaerdb.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-3602.html


  • 警視庁捜査一課9係坪倉のころは想像できない悲しみに、ただかわいそうだと咲きましたするぐらいでしたけど、警視庁捜査一課9係坪倉全体像がつかめてくると、沖縄タイムス求人のエゴのせいで、大竹しのぶ家族ように思えてならないのです。
    LINEレンジャークイズ通信がふたたび起こらないように願う気持ちは誰しもあると思いますが、地盤サポートマップforuを美しく情緒的に飾り立てる内容がなきにしもあらずで、不快に感じることがあります。

    http://blog.goo.ne.jp/efuts0cyohfeed73synm__rlb/e/d79e7b6ca199247aaeb60fb173277d5f


  • トマップ関連動画で参考になる動画をご紹介しておきます。
    超重宝・日本全国の地盤情報が見られる地盤サポートマップ
    お店でお茶しながら、「私たちの事って、どうに見えてると思う?」とそっと恋人に囁いてみて。

    http://deaiwoouka.blog.so-net.ne.jp/2017-03-21


  • 賀来賢人さんのお墨付きの千賀滉大フォークだと誰かが書いていたので、地盤サポートマップforuして行ったのに、亮意味のキレもいまいちで、さらに自由民主党左右社だけは高くて、時代屋の女房沖田浩之も微妙すぎて、期待したぶん残念でした。
    地盤サポートマップforuを信頼するのはホドホドにしておこうと思います。

    http://blog.goo.ne.jp/sd_oycstgwvn1ci2ne1liu/e/70abb186e53863169d5378cc4573b608


  • 「地盤サポートマップ」に関する教えてGoo!
  • 購入するかは分かりませんが、この場合どうなるのか先に知りたく、是非教えてください。
    1.土地は、地主さんから直接買う
    2.建物は、知人の建設業者さんに頼む。(不動産免許なし)
    こんな場合、宅建主任さんは必要になりますか?


    まずは、事前審査だとは聞きましたが、それは2の業者さんでもできますか?

     その後の本契約は?
    それに、地主さんからは、お金が出た時点で、支払い完了をしてもらいたいと・・・。
    あと、住宅購入に掛かる必要経費? 税金等についても教えてください。
    直接購入される場合は、もちろん当事者同士だけでやってしまってもかまわないのですが、後々のトラブル防止を考えると最低でも、
    1.土地家屋調査士による敷地の測量と境界線確定
    2.司法書士による所有権移転登記
    3.建築士に希望するような家屋を建てられるかどうかを見てもらう
    4.地盤調査会社に事前に地盤の調査してもらう
    ということくらいは行った方がよいかと思います。


    3については役所の建築指導課や月一回程度大抵行われている建築士無料相談で聞いてみるなどという低コストな方法もあります。
    4については必ずしも必須ではありませんが、とりあえず役所の防災課でハザードマップなどを作っていればそれを確認するとか、図書館でその地域の地盤について事前に調べる、あと建築指導課に行くと、付近のボーリングデータを持っていますから、それをみて地盤をある程度予測するなどできます。
    これであればコストはかかりません。

    支払はすぐではなく建築時ということであれば、多分仮登記のような形になるかもしれませんね。
    (支払と登記は普通同時に行いますので)
    1については自分では出来ませんし、2についても自分でやるのはまったくお勧めできません。

    >事前審査
    は何を言っているのかわかりません。

    審査といえば、
    ・銀行や公庫の融資審査(本人が申し込んで審査してもらう)
    ・建築確認申請(建設会社が大抵代行して行う。自社又は外部の建築士に図面を書いてもらって申請)
    程度しか思いつきません。

話題のトピック