なぜ「商標法違反」なのか?

「商標法違反」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      チケットキャンプがサービス一時停止!ネットではジャニーズの商標権侵害が話題に

      ジャニーズ事務所がチケットキャンプに抗議していたことが話題になっている。

      チケット流通センターまでメンテナンスでサイトが停止している。

      チケキャンでの新規出品、購入申し込み、新規会員登録を一時停止。 ミクシィ広報によれば、再開のめどは未定という。現在チケットキャンプに出品されているチケットは、運営事務局が出品取り下げの手続きを行う。また現在取引が進行中のチケットに関しては、取引完了までサービスを利用できる。チケット売買の取引成立分については取引手数料が無料になるというもの。チケットキャンプ側はキャンペーンのページを11月20日付で更新。 ジャニーズの文字が入ったキャンペーン画像も削除した。ジャニーズ事務所によると、前述の嵐のドームツアーにおいて、チケットの不正売買が多数発覚。転売対象となったものが多数含まれていたとのこと。なり、現在は内容が一切閲覧できなくなっています。

      なんでも、ジャニーズって言えばいいわけじゃないのよ。

      【おい! 鈴木!】ついに逮捕者! Appleの“商標泥棒”の末路!【iPhone】

      iPhoneの部品の偽物を巡る摘発は全国で初めてです。 iPhoneの部品の偽物を巡る摘発は全国で初めてです。 これまで多くの“バッタ物”が蔓延していましたが、今回は第3者による摘発という形で逮捕に至っています。

      後述しますが、同様のパーツを取り扱う業者が逮捕されたという続報は確認されていません。
      なぜ鈴木容疑者だけが摘発されたのか気になる所です。 3つの店舗に確認したが、全て同様の答えが返って来たことにはぞっとするものがありました。

      違法パーツ取り扱い店 0120-4660-71 偽物のPSEマークのバッテリーまで使っている! もうすでに犯罪です。

      チケットキャンプ サービス 一時停止・トラブル・入金どうなる?

      チケットキャンプは出品手数料高すぎ&売り上げを口座に入金するのにも手数料がかかるので、転売ヤー以外は定価から1000円近くプラスしないといけない。 8(続き)チケットキャンプは、約束を簡単に破ります。そして、なぜか、4万以上あった売上金が11日から、16000円しかない。私は金を払ってチケット買うことで、アーティストのパトロンになりたい。そのアーティストが活動を続けられるように応援したいじゃないか。 チケットキャンプはCMで話題の国内No1チケット売買サイト。 ジャニーズ通信は、月間200万人のジャニヲタが利用するジャニーズ最新情報マガジンです。 恥ずかしいことですが、チケットキャンプのサイトを使用して、嵐のチケットで詐欺に合いました。

      "恥ずかしいことですが、チケットキャンプのサイトを使用して、嵐のチケットで詐欺に合いました。



      > 【本物?偽物?】中国製クロックス(CROCS)偽サンダル密輸事件 正規品の見分け方→ニセモノは臭い
      > 【画像あり】平岡さつき(39)ルイヴィトン無断使用で逮捕、デコ電・スマホ・携帯装飾のカリスマ
      > ばびろんまつこ(松永かなえ)が詐欺で逮捕!愛人活動で無職・娼婦の偽セレブだった!
      > 偽サンプル販売で逮捕…ネットに流通していた偽「SKーII」

考察。「商標法違反」とは何か?

「商標法違反」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

商標法違反に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 最大お上さん: RT @SocialGameInfo: ミクシィ、子会社フンザの「チケットキャンプ」が商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査対象に 調査委員会の設置とサービス一時停止を発表
    > https://t.co/omaTGplPdj


    > https://t.co/FnTqeqOoOF

    - 7 日と 1 時間 11 分 56 秒前

    「商標法違反」に関するブログ
  • 税理士が試算してみた - 弁護士ドットコムニュース
    ・12/14 09:24:00 「ジャニーズ通信」休止、チケキャン運営会社に家宅捜索…商標法違反のポイントは?
    - 弁護士ドットコムニュース

    http://d.hatena.ne.jp/raesdz/20171214/1513216818


  • ★ジャニーズ商標権侵害の疑い、「チケキャン」家宅捜索
    ★チケット売買サイト「チケットキャンプ」がサービスを一時停止 商標法違反・不正競争防止法違反の容疑
    チケットキャンプがサービス停止ということで、チケット流通センターをのぞいてみたら通常営業で、7日の木曜日の情報だけだと「なんで?」とよくわからずにいたのですが、昨日8日金曜日の記事を読んで少し納得。

    http://blog.goo.ne.jp/ma-marin/e/5a6cf4a10dcedf3e97fe62b401d24170


  • https://t.co/aXl7dC8nsp
    株式会社ミクシィの子会社である株式会社フンザは、同社の運営する「チケットキャンプ」に係るサイト上の表示について商標法違反および不正競争防…12/07 20:35
    konayukinoatoRT @sofraaaaa: ツーサイドアップのアビゲイルとポニーテールのラヴィニアちゃんです

    http://ask-air.blog.so-net.ne.jp/2017-12-08


  • ?
    ミクシィ、子会社フンザの「チケットキャンプ」が商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査対象に 調査委員会の設置とサービス一時停止を発表 | Social Game Info
    no title

    http://d.hatena.ne.jp/marujan/20171207


  • チケットキャンプがアレな件いま知ったけ
    チケットキャンプがアレな件いま知ったけど、商標法違反というのはなんだろう?
    例えばテーマパークのチケット売買でテーマパーク名とか出したのがアウトになるのかな?

    http://excuse942.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-866d.html


  • 「商標法違反」に関する教えてGoo!
  • 商標法違反の時効について
    偽ブランドを売っている人(ネット販売ではなく口コミで聞いた人)を通報して警察は動いてくれるでしょうか?


    また偽ブランドを最後に売った日にちから逮捕されなくなる時効は何年なんでしょうか?


    商標を持っている会社にOKもらってたとかなら、問題になり得ないです。


    原則的には、権利の保有者が訴えを起こさないと、警察は安易に対応できないかと。
    権利者へ報告とかが妥当な対応だと思います。


    よほど大量の商品を取り扱いしていて損害が大きいとかの状況でないと、権利者が訴え起こしても費用と時間と労職の無駄だと判断するのなら、泣き寝入りする事になるかも知れないし。

    > また偽ブランドを最後に売った日にちから逮捕されなくなる時効は何年なんでしょうか?


    商標法違反の場合と仮定すると3~7年とか。
    訴えの内容、どの法律に違反するのか?

    によります。
  • 商標法違反は最高裁の判断において、刑事、民事で判断が異なった事がありますか?

    ありましたらその判決を教えていただけませんか?


    法解釈については、最高裁は民事刑事区別なく、最高裁として判断するから、
    異なることはない。
    事実認定については最高裁は行わないから、判断自体存在しない。
  • 私は、商標法違反で逮捕され起訴されてしまいました。


    現在、保釈中でこれから裁判になります。
    雇い主の中国人が指示を受け、私はアルバイトとして、
    お客さんの注文メールをYAHOOで返事したり、通訳したり、売上金は給料を差し引いて
    残り金額は中国に送金することをやりました。


    この仕事は3年続きまして、私の給料は月に20万合計600万、
    売上金3000万送金しました。




    しかし、起訴状に4人に対して4点偽ブランド合計代金2万1000円を販売で
    商標法を侵害行為とみなされると書いてあります。
    商品は中国から直接お客さまのどころに発送するので、
    私の家に偽ブランド商品はおいてなかったです。


    商標法違反 第78条の2、第37条第1号
    刑法第60条
    の罪名および罰条で起訴されました。


    今回は初めての犯罪ですが、裁判はどうなるんですか?


    保釈申請は、1回で保釈になりました。

    保釈金は150万円。今後どうなるか不安です。



    どうか回答宜しくお願い致します。
    似たような判決例があります。
    --------------------------------
    ●中国人と共謀してネットで偽造品販売の3人を逮捕
     (平成20年4月  警視庁深川警察署)

    平成20年4月、警視庁深川警察署は、インターネットオークションで偽ブランドを販売したとして、商標法違反の疑いで、新潟県の男性、東京都の女性、北海道の男性の3名を逮捕し、グッチ、ルイ・ヴィトンなど計971点の偽造品を押収した。警察の調べによると、主犯格は中国人で、中国からネットを通じて共犯者を募り、偽造品の販売を行っていたという。雇い主の中国人が指示を出し、出品、中国からの受け取り及び国内発送、送金など、それぞれの作業を日本国内で分担しており、被疑者らは、互いに面識のないまま協力して販売行為をしていたという。主犯は海外在住のため、逮捕に至っておらず、国内で逮捕された者は全員共犯者として処分を受ける。
    結果、新潟県の男性には、懲役2年、執行猶予4年、罰金150万円の刑が下された。
    その他の二人については、起訴されたが、まだ処分結果は確定してい
  • 「商標法違反」の関連語
    1位 弁護士ドットコムニュース

話題のトピック