なぜ「動物に由来する言葉」なのか?

「動物に由来する言葉」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      あなたも気になる? - sponsored



考察。「動物に由来する言葉」とは何か?

「動物に由来する言葉」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

動物に由来する言葉に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • Liplis リリ 和風モードさん: 動物に由来する言葉についてなのです。 キツネの入った言葉一覧 - Wikipediaキツネの入った言葉一覧とは、ことわざや慣用句および名詞の一部に「きつね~♪」「キツネ~♪」「狐です」が使用されている言葉の一覧であるなのです - 6 日と 18 時間 28 分 7 秒前
  • トレンド所長@長月さん: 動物に由来する言葉
    > https://t.co/h6KvVubxa4

    - 6 日と 18 時間 48 分 8 秒前
  • くは419の5さん: 動物に由来する言葉は? 青「ペットボトル」 赤「ソムリエ」 緑「今夜は冷奴2丁」 豆腐が2、とうふツー、どうぶつ かい! #ことば検定 - 8 日と 40 分 40 秒前
  • ϜЯǢK ᏤᎤჯさん: @toho_practice 遊具の一輪車と区別するため、そう呼ばれるようになった理由が諸説あるようですね。建築用語はかなり動物に由来する言葉があるので覚えるの楽しかったですよw (元建築作業員 - 9 日と 21 時間 21 分 50 秒前
  • I am Tattsunさん: RT @ittayuu: 【カラー復元イラスト】ハルキゲニアは、約5億2500万〜約5億500万年前の海に生息していた動物。その有り得ない見た目から「未夢想、不思議、幻想」などを意味する言葉を由来として名付けられています。
    > https://t.co/RkHVmrEklI

    - 12 日と 9 時間 43 分 15 秒前
  • 「動物に由来する言葉」に関する知恵袋
  • 「巣」と言う言葉の由来について教えてください。 σ(^_^;) 鳥の巣、蜂の巣、蜘蛛の巣と言う様に! ウィキペディアで調べたら、〈巣とは、動物が生活する上の必要から作る構造物である〉と! 「巣」がど言う物なのかと言う事が愚だ愚だ書いてるだけで、何故、其れを「巣」と言うのか?

    については書いていません! 知り合いは、「住み家」の「す」からきているとか、「巣」は元々生物が隙間に自分達の棲息する空間を作る事なので、「隙間」の「す」からきていると言います。

    何方が正しいのですか?

    又他に正しい答えがあるのですか?


    『巣』の語源について、「暮らしのことば語源辞典」(山口佳紀編、1998年、講談社)には記述がありませんが、「日本語源大辞典」(前田富祺監修、2005年、小学館)〈※「日本国語大辞典」の語源関係の記事を元にした辞典〉にはこのように書かれています。

    す【巣・栖・窼】[名] (1)鳥獣や魚類、昆虫などが生活の拠点とする所。睡眠をとったり、産卵したり、雛や子を育てたりする。[初出]書紀 720 (2)すむ所。住む家。すみか。[初出]古事記 712 [語源説] ❶スム(栖・住)の義〈和句解・言元梯・言葉の根しらべ=鈴江潔子〉。スム(住)の語根スが名詞に転じた語。スは、物事の落ちつくさまを示す〈国語の語根とその分類=大島正健〉。スマヒ(住居)を占める意〈大言海〉。 ❷スミカ(栖)の義〈日本釈名・和訓栞〉。 ❸スキ(透)の義か〈名言通〉。 ❹居敷く所をいうところからシク(敷)の約〈和訓集説〉 ※和句解……1662年、松永貞徳著。 ※言元梯……1830年、大石千引著。 ※言葉の根しらべ……1874年、鈴江潔子著。 ※国語の語根とその分類……1931年、大島正健著。 ※大言海……1935年、大槻文彦著。〔大槻文彦はサ行まで終えて没したので『す』は大槻文彦が記述。タ行以後は新村出らが記述。なお1889年の「言海」には「住ムト通ズ」とあります〕 ※日本釈名……1669年、貝原益軒著。 ※和訓栞……1777年、谷川士清著。 ※名言通……1835年、服部宜著。 ※和訓集説……1815年、伴直方著。 「語源大辞典」(堀井令以知編、1988年、東京堂出版)にはこのように書かれています。

    ス【巣】鳥獣や虫などがすむ場所。ものが集まり、こもる所をいった。海藻を採るところ、えびの集まるところをスという。地名の来栖(くるす)のスも栗のよく採れる所という意。人の住居のこともいう。スム(住む)と同系かどうか。 ※同様のことが「時代別国語大辞典上代編」(上代語辞典編輯委員会編、1967年、三省堂)に書かれていますから、その引用か?

    また「国語語源辞典」(山中襄著、1976年、校倉書房)にはこのように書かれています。

    す【巣・栖・窼】大言海━━住居(スマヒ)ヲ占ムル意。〔考〕アイヌ語 sui(巣)とは貸借関係か。金田一京助氏「ユーカラ集」(Ⅰ,p.256)に、「~ erum sui ne, chikappo sui ne(鼠の巣となり小鳥の巣となり)」とある。 漢字のスを意味する巣・栖・棲などの字音がスに近似する。海南島語では家を su という。(山路円次氏著「海南島語会話」) なお「類聚名義抄四種声点付和訓集成」(望月郁子編、1974年、笠間書院)で平安時代の声点を見てみますと『スクフ(巣)』のスの声点は去声になっていて、『スム(住)』のスが平声、『スク(透)』のスが上声であったのとはアクセントが違い、区別されていたことが判ります。『巣』と同じ去声のスの声点が付けられているのは『簀』『スロ(棕櫚)』ですね。

    棕櫚は南九州原産の植物で、枕草子にも出て来るので『スロ』が和語である蓋然性もあり、『ロ』が『カブラ』の『ラ』のような接尾辞とすれば本体は『ス』になるので、あるいは『ス(巣)』の原義は棕櫚だったのではないかとも思われます。
  • 私は工場などでよく使われる「5S」というのが嫌いですが、皆さんどうお考えでしょうか?

    「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾け」 の頭文字を取って5Sとして居るわけですが、最後の「躾け」だけはどうにも我慢なりません。
    整理整頓、清掃、清潔に関してはまさにその通りで否定する気にもなりません。
    しかし躾ってなんですか、我々社員は犬猫と違います。

    躾って動物など格下の存在に対して使う言葉のイメージがあり、人間に対しては「教育」とするべきだと思います。

    理由は労使の関係は本来対等なもので、躾などと言う明らかに格下に対する単語は使うべきでは無いという考えからです。

    確かに礼儀作法などを教えるという点では躾で正しいのだと思いますが、心情的に受け入れがたいです。

    そしてこの度会社では5Sを徹底するために教育文書が回りました。

    そこには色々書かれていましたが、特に気になったのは「躾とは叱ることだ」、と書かれていました。

    敢えてそんな事を全社員(パート含む)に回覧文書で回す?って思いました。

    元々辞めるつもりでやる気も無かったのですが、更にこの文書のおかげでやる気ゼロになりました。

    誰が言い出したか知りませんが全部Sで統一しなくても4SK(整理、整頓、清掃、清潔、教育)とかでも良かったんじゃないかと思います。

    賛同して頂かなくても結構ですが、皆さんのお考えを聞きたいです。

    もちろん由来などを事細かく知っていて教えて下さるでもいいです。

    躾の本来の意味でもいいです。

    色々聞いてみたいです。


    製造業にある昔からの言葉ですからね。 考え方はいろいろあるので、質問者様の意見に賛同しないことはないです。

    むしろ「4SK」という新しい言葉を見出せることが素晴らしいと思います。

    「躾は叱ること」という理解は初めてです。

    私は「躾は行動規範を守ること」かと思っていました。

    製造業のラインは、決められた手順でモノ作りをすることで、一定の品質のものをたくさん作ります。 決められたことをできないと、製品ロスとなるからこういう風に考えていました。

    製造業の悪しき習慣だと思って流してはいかがですか。 他にも、品質管理強化月間とか安全衛生強化月間とかありますよね。 昔、標語の募集とかやってて面倒だなって思ったことを思い出しました。


  • 一匹狼という言葉がありますが、本来狼は群れで生活する動物ですよね?
    一匹狼という言葉の由来は、どこからきたのでしょうか?

    本当に一匹で行動する狼がいたのでしょうか?


    独り立ちして新しい群れをつくるまでのあいだ一匹だからだと おもいます。

    ちょうど今日ある人に「彼は一匹オオカミだ」と言ったら 「そんなこと無いよ彼はほんとうは淋しがりやなんだ」と言われました。

    ですがそれこそ一匹狼なのだと思います。

    普段から単独生活する生き物なら一匹狼の例えにならないと思います。


  • 「動物に由来する言葉」に関する教えてGoo!
  • 食事の前に『手を合わせて、頂きます』
    という意味を教えてください。
    手を合わさずに、普通に頂きますではイケナイのでしょうか?


    手を合わせている人達は、何か宗教じみた感じがしますが、何か信心してるのでしょうか?


    食事を頂くので手を合わせて神様に感謝の意味を込めているという事です。


  • ボーイング747型機が、ラストフライトを終えたそうです。

    長年当方も【ジャンボ】の呼称で呼んでいましたが、この【ジャンボ】の呼称は、世界各国共通なのでしょうか?

    おそらく文字にすれば【JAMBO】だろうと思うのですが、英語のようですし?
    「ジャンボジェット(Jumbo Jet)」は、ボーイング社も公式の場で使っているニックネーム。
    少なくとも、言語圏に関係なく、ジャンボ・オペレーター(運用会社)には通用する・・・クルマの名前でも、現地の言葉に翻訳しませんが・・・
    ちなみにジャンボというのは、19世紀後半にイギリスの動物園やサーカスで人気を集めた象Junboに由来します。
    当初、ボーイングでは”鈍重なイメージ”を嫌い「スーパーエアバス」という呼称を使ってジャンボと呼ばせることを認めなかったけど、ジャンボが一般に普及したことや欧州共同のエアバス・インダストリー社が発足したことから、公式にジャンボと呼ぶことを認めたというのは、航空ファンには有名な話し。
    なお、一部マスコミでは「日本の民間航空会社からジャンボジェットがなくなった」としているけど、日本貨物航空が貨物仕様の747-400Fと747-8Fを運用中であり、正しくは、「民間の旅客型ジャンボがなくなった」のでご注意を。

話題のトピック