なぜ「井手口」なのか?

「井手口」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      [2016年]ガンバ大阪を引っ張る期待の選手

      2013年にブラジルのサルゲイロから川崎フロンターレに加入した。 その後ヴァンフォーレ甲府を経て2014年にガンバ大阪に移籍。ここまで同クラブで83試合に出場し35ゴール19アシストを記録。名門サンパウロFCの生え抜きで、U-17W杯でも大会得点王を獲得している。

      リオデジャネイロ五輪を目指すブラジルU-21代表の候補。開催国のためチームの出場は決まっているが、アデミウソンがメンバーに選ばれる保証は全くない。2015は年代別日本代表でも務めてきたSHの出場が有力。「ドリブルだったり、クロスに外から頑張って入るところとか見て欲しいです。中学時代もFWではなく高校1年の時はCBとしてプレーしていた。大型FW一美和成の大津はわずか1試合で敗れ去るには、惜しいチームだった。注目の逸材01大津高校◎FW一美和成今季プリンスリーグで9試合11得点と大暴れしている超高校級ストライカー。U-18日本代表でも主力として活躍しており、今大会の結果次第ではJクラブの争奪戦になることは確実。現在のガンバ大阪の前線のポジションの選手でそれが出来るのは唯一、”万博のファンタジフタ”ことMF二川孝広のみ。藤本は、J1通算278試合に出場し51点を挙げている左利きの元日本代表。清水時代、長谷川健太監督の下でプレーした経験があり、指揮官も藤本の才能を高く評価している。

      横浜では昨季リーグ19試合出場にとどまったが、J屈指のテクニシャンは新天地で輝きを取り戻す。

      【サッカー】年内最終戦、首位サウジ戦に臨む日本代表メンバー発表 #daihyo

      アジア最終予選の計2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 W杯アジア最終予選のB組は第4節終了時点でサウジアラビアが3勝1分の勝ち点10で首位。2勝2分で勝ち点8のオーストラリアが2位に付け、日本は2勝1分1敗の勝ち点7で3位となっている。

      最終予選の前半戦ラストゲームとなるサウジ戦は、勝てば一気に上位との差を詰められるが、負ければW杯出場権獲得となる2位以内確保が遠のく可能性もある大一番だ。

      W杯アジア最終予選のB組は第4節終了時点でサウジアラビアが3勝1分の勝ち点10で首位。2勝2分で勝ち点8のオーストラリアが2位に付け、日本は2勝1分1敗の勝ち点7で3位となっている。

      最終予選の前半戦ラストゲームとなるサウジ戦は、勝てば一気に上位との差を詰められるが、負ければW杯出場権獲得となる2位以内確保が遠のく可能性もある大一番だ。

      2016 リオデジャネイロオリンピック 男子サッカー日本代表メンバー出身地別一覧



      > サッカーリオ五輪代表全選手㊙︎名鑑!A代表候補イケメン、海外移籍注目選手も必見!

      松木安太郎が“監督目線”でハリルホジッチに直撃!

      今ではすっかり熱きサッカー解説者として定着している松木だが、Jリーグが開幕した'93年に“常勝軍団”だったヴェルディ川崎(当時)を率い、チームを2年連続の日本一に導いた名監督だ。

      そこで今回は、松木が“解説者”目線ではなく、“監督”目線でハリルホジッチを直撃。監督経験者だからこそ耳が痛くなる質問をぶつけ、監督同士だからこそ共感できる悩みを聞く。松木自身かつて、三浦知良やラモス瑠偉などスター選手を数多く擁する常勝軍団の監督として、常にプレッシャーと闘い、メディアの厳しい目にさらされてきた経験を持つ。 ザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチと監督が変わっても、主力選手の顔触れはブラジルW杯の時とほとんど変わらず、主力の多くは20代後半~30代前半の年齢になっている。

      今回、首位サウジアラビアを迎え撃つ大一番に向けて、久々に大迫勇也を招集し、久保裕也、植田直通、井手口陽介といった多くのリオ五輪世代も加えたハリルホジッチ監督。大迫は早速11日のオマーン戦で2ゴールを挙げるなど、結果を残したが、ハリルにはどんなプランがあるのか、松木流に掘り下げる。

      サッカー「キリンチャレンジ」とW杯最終予選サウジアラビア戦メンバー発表

      FWでは前回は追加招集だった齋藤学、所属クラブでの活躍が目立つ大迫勇也、所属クラブの事情によりリオ五輪こそ不参加となってしまったものの、日本の五輪出場に大きく貢献した久保裕也が選出された。 リオ五輪世代は前回から引き続き、DFの植田直通、FWの浅野拓磨も選出。 ハリルホジッチ監督は井手口については「ずっと追跡している。

      W杯最終予選で首位奪取狙う日本代表、20歳の井手口を初招集!大迫らが復帰

      6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、グループBでUAE代表とタイ代表、オーストラリア代表、サウジアラビア代表、イラク代表と同居する。15日は、埼玉スタジアムでグループ首位のサウジアラビア代表と激突。サウジアラビア代表戦に先立ち、11月11日(金)には、カシマスタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2016でオマーン代表と対戦する。ハリルホジッチ監督は11月4日(金)に、日本代表の25選手を発表した。 メンバーには、イタリアのACミランに所属する本田圭佑選手やドイツのドルトムントに所属する香川真司選手らが名前を連ねた。 本大会への出場権は、グループ上位2カ国に与えられ、日本代表は現在2勝1分け1敗のグループ3位。勝ち点3差のサウジアラビア代表を破れば、首位浮上の可能性もある。

      改善も勝ち切れない理由は......「藤春の最悪OG」も「中島の劇的スーパーループ」で同点!サッカー五輪代表の命運は最後のスウェーデン戦へ

      最後のスウェーデン戦に向け、首の皮一枚繋がった。 勝たなければならない試合で勝てなかったことは、後々の致命的な原因になるかもしれない。それでも5失点したナイジェリア戦から中2日で大きく立て直せたことは、国際経験豊富な手倉森監督の手腕によるものだろう。 初戦のナイジェリア戦から4人のメンバーを入れ替えたサッカー五輪男子日本代表。特に前回はJリーグで出場機会のない櫛引をスタメンGKで使ったことが敗因の一つに挙げられていたこともあり、GKの交代は必然だった。 システムも4-3-3から戦い慣れた4-4-2に戻したことも評価できる。実際にナイジェリア戦ではビルドアップの大半が1ボランチの遠藤を経由する形だったので、そこを狙われて再三ショートカウンターを浴びた。 それが井手口とのダブルボランチになったことで、パスの選択肢が増えてビルドアップが安定。またDF陣全体にも勝負する状況と、セーフティにプレーする状況との境界が1戦目よりも明確に徹底されており、低い位置でのミスによるピンチの数が激減している。

      主にこういったことが、手倉森ジャパンが中2日で立て直した要素だが、それでも勝利につながらなかったのは残念でならない。中央の危険な位置でボールを受けたグティエレスが完璧な反転を決め、マークしていた井手口を置き去りに。ロドリゲスとのワンツーでペナルティーエリアに進入してシュート。植田が懸命に足に当てるも、それでコースが変わってコロンビアが先制点を上げた。 この試合、メダルへの道を完全に終わらせないためにも勝ちたかった日本は、この先制ゴールで明らかに気落ちしていた。ボルハのシュートをGK中村が弾いたボールが藤春の足元へ。周りに相手選手はおらず、微妙な回転が掛かりながらも決して処理が難しいボールには見えなかった。だが、あろうことか藤春がキックミスを犯し、ボールは日本ゴールへ。日本サッカーのオリンピックが終わろうとしていた。 ここで日本に再び活気をもたらしたのが、前半から持ち前の俊足を活かして再三裏への飛び出しを見せ、攻撃の起点になっていた浅野だった。ラストパスを浅野に合わせると、冷静にゴール右隅に突き刺した。これで1-2、1点差にしたことで日本が息を吹き返した。 そこからはコロンビアが守りに入ったこともあって、終始日本が押し込む形で試合が進んだ。

      南野が右サイドの高い位置でドリブルを仕掛け、相手を交わすとそのままシュート。惜しくもブロックされてしまったが、日本の押せ押せムードがより高まった。 だが、その一方で左サイドの中島がセンターラインを少し超えた辺りで、相手に不用意なドリブルを仕掛けてボールを失うシーンも。幸い大事には至らなかったが、リスクを背負って仕掛ける場面でないことは明らか。中2日では無理もないが、そういった細かいところがまだ徹底されていないようだった。

      しかし、後半29分にその中島が試合を振り出しに戻した。 相手ゴールから、まだ30m以上ある位置でボールを受け取った中島は、相手GKが前よりのポジションにいることを見るや否や、ループ気味のロングシュートを放つ。ボールはクロスバーに当たりながらも、相手ゴールに突き刺さった。他会場ではすでにナイジェリアとスウェーデンの試合が決着しており、ナイジェリアが2連勝を飾っていた。この結果により、日本は勝てば自力での予選突破の可能性が残る一方、引き分ければ最後のスウェーデン戦に勝ったとしても、ナイジェリアとコロンビアの試合結果次第となる状況だった。1つは、3枚目の交代カードを藤春→亀川というサイドバックの交代に切ったこと。 藤春が前半から果敢なオーバーラップを何度も見せて、激しい上下運動を強いられていたことは事実だが、それでもオウンゴールの精神的ダメージを考慮した交代にも見えただけに、ここはもっと攻撃的な采配を見たかった。 もう一つは、最後のコーナーキックの場面で日本選手全員がゴール前に上がらなかったことだ。

      時計はすでにアディショナルタイムの3分を回っており、これがラストプレーになることは明らかだった。

      しかし、日本の自陣にはGKの中村他、カウンターに備えるDF陣が残ったままだった。 無論、日本にとってこれが最後の試合ではないし、引き分けても予選突破の可能性は残る。だが、それでも勝つと引き分けではまったく状況が変わってくるだけに、気持ちを見せてほしかった。 いずれにせよ、初戦のナイジェリア戦と比較すれば戦術的に大きな改善が見られた手倉森ジャパン。また中2日で最後のスウェーデン戦が控えているが、今度こそ勝ち切って予選突破に望みをつなげたいところだ。


考察。「井手口」とは何か?

「井手口」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

井手口に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news2/index.php(562): tweet_output('\xE4\xBA\x95\xE6\x89\x8B\xE5\x8F\xA3') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143