なぜ「レアル」なのか?

「レアル」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      キリン、武田薬品…海外M&Aブームで「大金をドブに捨てる」日本企業、巨額損失や経営悪化

      日本企業による海外でのM&Aが拡大しているのだ。

      2016年度の買収額は、前年度より33.8%増え過去最高の11兆円弱に達した。国内市場が成熟するなか、先進国の企業を買収することによって新たな販路を開拓し、収益を確保する動きが目立つ。先端技術、通信や保険、食品など幅広い分野でM&Aが行われた。高い技術やブランド力に価値を見いだしている側面もある。資金を調達しやすい環境が続いていることが、日本企業のM&Aの機運を高めている、との分析もある。 M&A助言会社、レコフの調べでは、日本企業による16年度の海外企業の買収額は10兆9127億円と、3年連続で過去最高を更新した。 買収金額のトップはソフトバンクグループによる英半導体設計会社、アームホールディングスの買収で約3兆3000億円。 アサヒグループホールディングスは、東欧のビール事業を約8900億円で買収。キリンホールディングスやサントリーホールディングスに出遅れている海外展開を加速する。06年の米ウエスチングハウス買収が、東芝解体劇の序章になったように、M&Aは中長期的に見て、必ずしもプラス材料になるとは限らない。あとがきでも触れたが、M&Aでは買い手に高いリスクが伴う。第一三共は09年3月期に3540億円の減損処理を行った。 売れ残っていた米国の保険会社が次々と日本企業の傘下に入ったが、これは日本の保険会社が、米国の著名な投資銀行の餌食になったといえる。彼等にとって日本の金融会社はカモだったのである。大型買収ののれん代は非常に大きく、買収した側の業績に重くのしかかる。中国、米国に次いで世界3位のビール市場を持つブラジルに進出した。前後の価格競争の激化で他社にシェアを奪われ、国内3位に後退。 ブラジル進出がネックとなり、キリンHDは15年12月期決算では約1100億円の減損損失を計上し、上場来初の最終赤字に転落した。ブラジルキリンの赤字幅が縮小したことから、ようやく買い手が現われた。キリンはわずか6年でブラジル市場から撤退する破目に陥った。変身させるために2兆円を使って大型買収を仕掛けたが、このM&Aは必ずしも成功とはいえなかった。 14年6月27日に開かれた株主総会では、当時社長の長谷川氏が進めてきた大型買収を疑問視する質問状が事前に出されていた。憂う会は、創業家の一部やOB株主112人が結成したもの。 質問状の内容は7項目あり、主に次のような内容だ。

      高率の配当金を継続することにより財務が悪化することへの懸念 憂う会の主張を要約すると、「ミレニアムとナイコメッドの2兆円買収は失敗だった。断じ、「ウェバー氏が社長になり、武田薬品が海外の有力大手に買収される事態になれば、きわめて優良な創薬技術が国外に流出する可能性が発生する。ユーロ換算で純資産の6.4倍の資金を投じたが、手元資金では足りず6000億円を借金した。ナイコメッドは日本では無名に近い会社だったため、社内外から批判の声が上がった。有力な新薬候補がなかった上に、複数の投資ファンドが株を保有する非上場企業だったことも大きな要因だ。

      確かに、ナイコメッドを買収したことにより、ロシアやブラジルなどで武田薬品独自製品の販売の道が開け、武田薬品がカバーする国は28カ国から70カ国に拡大した。また、医薬品の売り上げ世界ランキングで16位から12位に躍進するという読みがあった。世界市場では依然として10位以下で、“準大手”のままだ。

      一方、ナイコメッドの買収で巨額ののれん代が発生した。4つで年商1兆円の売り上げを達成し、高収益の医薬品メーカーの名前を欲しいままにしてきた。

      しかし、タケプロンは09年、アクトスは11年、ブロプレスは12年に米国で特許が切れた。特許切れの危機を乗り切るために05年から海外でのM&Aに突き進んでいったのだ。

      このように、武田薬品は基幹医薬品が特許切れに追い込まれることがわかってからM&Aに乗り出したのだ。

      ナイコメッドのケースは、新興市場での販売力に賭けるという、安易なものだった。経営主体が替われば、過去の売り上げが持続する保証などどこにもないのだ。

      同社の買収を諮った取締役会は、長谷川社長以外全員が“消極的な反対”だったとされている。

      追い込まれてからの買収は、だいたい失敗する。焦った経営者の目がどうしても曇ってしまうからだ。

      買収額はRJRIが9400億円、ギャラハーは2兆2500億円で、それぞれの時期の日本企業による企業買収額としてはいずれも過去最高だった。すでに42.2%分の株式を取得済みだが、残り57.8%分を買い取るという。対抗する、たばこ業界の新たな巨人が誕生することで、JTのM&Aは曲がり角にさしかかったといえる。英ギャラハーを傘下に持つJTがインペリアルを合併すると、英たばこ市場でのシェアが8割を超えてしまうからだ。

      JTは、成長がストップすると1兆6000億円というのれん代の処理が重くのしかかってくる。JTは東京証券所第1部に上場している鳥居薬品の株式を53.4%持っている。

      JTと共同で研究開発をしており、アトピー性皮膚炎や鉄欠乏性貧血の治療薬に力を入れている。

      だから、欧米先進国で医薬品メーカーの大型M&Aを仕掛けるべきだ、との意見が株主から出たのである。 たばこがダメなら薬品という株主の注文だが、武田薬品の失敗例でもわかる通り、医薬品の大型M&Aの難しさは、たばこ以上かもしれない。

      100円からできる手軽な資産運用って?「外貨自動積立」についてプロに聞いてみた

      ■お金を上手に貯めたいけど、知識はないワタシ はあ。サービスの開始を発表したことでも話題になりましたが、実は最近、外貨預金商品にも力を入れているとのこと。外貨預金は円預金よりも金利が高い傾向にあります。しかも店舗を持たない私たちのようなネット銀行では、さらに高い金利を提供できるんです。グローバル化が進んだ今、経済は海外との関わりによって大きく変化します。そんな中で円だけしか資産がないとリスクが集中することになるわけですから、複数の国の通貨を預金することでリスクを分散できるとも考えられます。 当然、外貨預金の状況確認は必要ですが、じぶん銀行ではスマホでいつでも情報取得できるような支援ツールも充実させています。

      基本的には円と同じように預金するだけなので、シンプルなんです。リスクと上手につきあうためには、通貨の分散と時間の分散、この2つをうまく管理する必要があります。積立購入上限レートの設定で、不利なレートでの預入れを防ぐことが可能です。 合計1万円以上の積立でもれなく1,000円がプレゼントされます。

      【世界の街角】中世の姿をそのまま残す丘の上の小さな町、スペイン・セゴビア県「ペドラッサ」

      日本人にとってヨーロッパで行きたい旅行先の1つ、スペイン。 そんな魅力たっぷりのスペインには、中世の姿を残す町がたくさん残っています。

      今回はマドリッドから120キロ、白雪姫城とローマの水道橋があるセゴビアの街からだと37キロ離れた場所に位置する、セゴビア県内のペドラッサ(Pedraza)をご紹介します。Vadillo)に囲まれた、標高1073メートル、面積31,89平方キロメートルの丘の上の小さな町、それがペドラッサです。 街の中はどこも一方通行ですので、他の車と同じ方向に進めば、迷う事はありません。
      丘の上の小さな街から眺める景色は抜群です。 紀元前4世紀には、ここペドラッサに人が存在していたという記録がありますが、歴史的資料としては10世紀からこの街の歴史が始まります。 セゴビア地方はトレドのレコンキスタを成し遂げたアルフォンソ6世王によって、1079年にレコンキスタが完了します。これはトレドのレコンキスタよりも6年も早く達成されています。

      キリスト教となった後もこのエリアの人々は、アラブ人たちが営んでいた羊の放牧と毛織物の貿易を引き続き行います。

      14世紀から19世紀初頭に領国制度がなくなるまでは、権力を握る貴族たちが貿易商として移り住み、ペドラッサには帰属貴族の紋章の刻み込まれた家々が建ち並びます。 1926年に画家のスロアガがこの城を借り、この地方の風景やペドラッサの人々を描いています。

      María)の塔を見ながら、マジョール広場まできれいに保存された家並みが続くマジョール通りを歩きましょう。 ヨーロッパ各国に輸出するほど繁栄した毛織物の貿易業でしたが、イギリスの産業革命によって18世紀にはスペインの毛織物は衰退していきます。 そして19世紀初めになると、領国制度が廃止になり、領主であった貴族たちは徐々にペドラッサから離れ、この町はほぼ無人の状態になってしまいました。

      20世紀になり、市役所が空いた家々を安く売りに出し、現在はセカンドハウスとして、日和が良ければ近郊から週末を過ごしに、また夏休みなどは遠方からも長期滞在として訪れ、人々がにぎわう町に戻りました。

      まったく統一性はありませんが、スペインで最も美しい広場のひとつとされています。

      様々な歴史を経て旅人を迎えてくれるその街全体の雰囲気は、この街ならではのものに違いありません。
      きっと素敵な中世の街との出会いは、忘れられない旅行の記憶の1ページになるに違いありません。

      柴崎岳は「不安障害」?レアルを苦しめた男から“ダメ外国人”へ転落か!?

      鹿島アントラーズからスペインリーグ2部のテネリフェに移籍した、日本代表MF柴崎岳。自他とも認める日本のエースMFにのし上がった瞬間だった。 そこからはとんとん拍子で、レアルやバルセロナも所属する憧れのスペインリーグへの移籍へと話は進む。ころが1月30日、国内では移籍確定と言われていた1部のラスパルマスとよもやの破談。鹿島へ逆戻りかと思われたやさき、本人の意思もあり2部リーグのテネリフェと契約となった。 「日本の期待を背負って世界最高のリーグへと旅立った青年が一転、サッカー人生最大の危機です。 これは柴崎の能力の問題ではなく、あきらかにメンタルの問題。サッカーに限らず、野球でもバスケでも海外からの移籍選手で直面しているアスリートは少なくない。言葉の壁もありチームメイトとのコミュニケーションも取れない。それによって能力を発揮できず、たとえ自国に戻っても“いい頃”に戻れないまま潰れていく選手も多い。 「テネリフェは公式サイトで柴崎が治療を受けることを発表しましたが、残酷な言い方ですが、一度貼られた“使えない外国人”のレッテルはそう簡単にはがせません。
      特に2部リーグは財政的な面からも多くの一流選手がいる1部と違い、個々への面倒見がいいとは言えない。それに、2部の選手には1人でもライバルが減ればいいというギラギラした連中も多い。温かい日本のファンは『ぜひ治して活躍してほしい』とエールを送っていますが、他リーグへの移籍、または鹿島からの出直しも早急に考えたほうがいい。 日本代表のハリルホジッチ監督はそんな瀕死の柴崎を代表に呼ぶ気満々のようだが、召集に反対意見を唱えるファンも多い。 海外での適応能力まではピッチ上のプレーだけでは判断がつかないという最悪の例だが、日本サッカー界のヒーローが一転、暗黒の淵へ転げ落ちようとしている。


考察。「レアル」とは何か?

「レアル」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

レアルに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news2/index.php(562): tweet_output('\xE3\x83\xAC\xE3\x82\xA2\xE3\x83\xAB') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143