なぜ「パレスチナ」なのか?

「パレスチナ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      10分でわかるパレスチナとイスラエルの歴史

      紀元前1260年ごろ、エジプトで奴隷として虐げられていた、ユダヤの民を率いて脱出したのが、モーセです。エルサレムを首都とし、近隣諸国と友好関係を結んだ。

      BC928イスラエル統一王国はイスラエル王国とユダ王国に分裂。それぞれの国がアッシリアと新バビロニアに滅ぼされる。捕囚されたユダ王国の人々は故郷を忘れず、エルサレムを想い続けました。

      ペルシア王により捕囚されたユダヤ人は祖国復帰がかなう。638イスラム教徒がエルサレムを占領、無血開城であった。 イスラムはユダヤ教、キリスト教に寛大であったため、エルサレムは国際都市として発展した。立地はイスラエル領内であるが、管理はヨルダン宗教省がワクフとして行っている。

      を建国 ユダヤ教徒やイスラム教徒、カトリック以外のキリスト教徒の大規模殺戮が行われる。1187サラディン、エルサレムをイスラム教徒の手に奪還 ユダヤ教徒やキリスト教徒を寛大に扱う。エルサレムに各宗派コミュニティ毎の棲み分けができはじめる。イギリスの第一次世界大戦後の中東問題をめぐる外交政策のこと。一応、約束した土地はかぶらないようにしていたらしいが、後にアラブ諸国の怒りを買い、現在まで続く火種を作ったといっても過言ではない。1枚目の舌 1915フサイン=マクマホン協定(イギリスが、オスマン帝国の支配下にあったアラブ地域の独立と、アラブ人のパレスチナでの居住を認めた協定。 オスマントルコを裏切ってイギリスについてくれたら、イギリスが勝ったときにパレスチナに住んでいいよ!と約束する。 オスマントルコを倒したらみんなで分けようね、という協定。この戦いで、オスマン軍はイギリス軍に敗れ、パレスチナ及びシリアはイギリス軍により占領される。パレスチナのあたりはイギリス委任統治領パレスチナとなり、実質イギリスの植民地となる。19世紀末からシオニズムに基づくヨーロッパからのユダヤ人移住がパレスチナ地域にふえており、イギリスの統治時代にはいっそう顕著となる。 1920年から1945年の間に、主に東欧からの367,845人のユダヤ人と、33,304人の非ユダヤ人がパレスチナに移入している。

      イギリスの委任統治の間もユダヤ人とアラブ人の間にいさかいがおこる。ユダヤ教徒、イスラム教徒の対立で双方に使者約300人。19472月、イギリスはパレスチナの委任統治を放棄すると宣言し、国連がパレスチナ分割決議案採択する。当時の全人口のうち7割がアラブ人であったが、アラブ人に与えられた土地は45%だった。 ユダヤ人は3割しかいなかったのに、55%の土地を得る。長年このへんに住んできたパレスチナ人には、ほとんど砂漠に近い領域しか認められなかった。 国連はユダヤの肩を持ったといわれても仕方がない。そこにはアメリカの強烈な後押しがあったといわれます。くに大統領トルーマンの意図が強く働いていました。

      当時のアメリカには、約600万人のユダヤ系アメリカ人がいました。

      現代版「アンネの日記」? ガザ地区から発信し続ける16歳のパレスチナ人少女

      戦闘が本格化した8日以降、死者数は計1300人以上になった。さらに、パレスチナ人の負傷者6700人のうち、3分の1が子供だということです。 国連運営の学校も砲撃を受け、少なくとも16人が死亡。近所が破壊されていく胸の痛む光景を、毎回140文字以内のコメントを付けながら次々と公開している。

      私が生まれてから、3つの戦争を生き抜いてきました。

      戦闘下の緊迫したこのツイートには1万1000以上のリツートがされている。

      メッセージとともに、爆弾の閃光をとらえた画像を掲載。ガザ地区での戦闘の激しさを物語る内容になっている。

      パレスチナに出現した謎のアート…バンクシーという人物とは?

      紛争の続くパレスチナに謎のアートが出現しました。

      謎に包まれた人物として様々な説が存在するバンクシー。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。 描かれた落書きがなんと1億円で落札されるなど、アーティストとして非常に高い評価を受けている。

      バンクシーって誰だろうと思ったらそういう覆面芸術家がいるのね。

      紛争に苦しむガザ地区の苦しみを記録した作品を描いた。 アメリカ発祥のストリートカルチャーであり、日本でも見かけるコトは多い。 観光スポットになっているため、壁への描写を黙認されている。



      > 「絶滅種」パレスチナイロワケガエル、見つかる。
      > パレスチナ 「国家」格上げへ、独立国家樹立への弾みに=国連総会が決議採択
      > パレスチナ戦の審判を本田が批判。日本に立ちふさがる、アジアの審判の問題
      > 3分で分かるイスラエル・パレスチナ問題 激化する空爆・地上戦・イスラム国…
      > 【人種差別】ガザ地区を囲む壁の落書きに見るパレスチナ人の思いが悲しすぎる
      > 【アジアカップ】アジアカップ初戦 日本快勝!!日本対パレスチナ ゴール スタッツまとめ
      > 米国連邦地裁 パレスチナに賠償命令

      日本初上陸のオーガニック石けんを無料で体験

      ■ナーブルスソープとは ナーブルスソープは、パレスチナで伝統的な手作り製法で作られている天然由来の石けんです。純オリーブオイル製の他、牛乳や蜂蜜を加えたものや、死海の泥や乾燥ハーブを用いた、興味深い石けんも作られています。

      ■モニター募集概要 初回の販売が予定されている5種の内、1種の石けんが届きます。応募者多数の場合は抽選となりますので、ご了承ください。

      謎のカザフスタン人を助けたら、自分の意外なところに気付かされた。(後編)

      理不尽な体験から 気付いたこと 無事に日本に着いたカザフスタン人のAigulさん。 待ち合わせの時間から10分過ぎても、やってくる気配がない。彼女の携帯はWi-Fiのある場所でしかネットに接続できず、電話も繋がらなかった。 普段は寛容なぼくも、珍しくイライラしてしまった。お昼休みは1時間しか取れないから、そのなかで何を話そうかとか、どこへ連れて行こうかとか、喜ばせるために色々と準備をしていたから、それが台無しになってしまった悲しさもあった。そう嘆きながら、ぼくは30分以上そこで待っていた。ちろん、すべてのカザフスタン人がそういうわけではないはずなのに。ぼくがどういう対応をするかによって、日本の印象は良くもなるし、悪くもなる。 こんな理不尽さにも、最高のおもてなしで返そうと心に決めた。 平和への道 Aigulからは、夜になってようやく連絡があった。 と軽くグチりながらも、すでにぼくの怒りは冷めていた。全員初めて会う国の人間、それも滅多に会えない国の人間だ。

      ぼくは行きつけのお店に連れて行き、そうめんと天ぷらを食べさせた。英語でうまく説明できる自信がなかったから、どんな料理なのか、英語で紹介された記事を用意して説明した。そんな嬉しい言葉をもらって、楽しい時間はあっという間に過ぎた。 思い返せば、見知らぬカザフスタン人からもらった突然のメッセージがきっかけだった。ちろん、自分のしたことにはリスクもあったし、決して正しいことだとは思っていない。言っていたら、悪い人に騙される可能性もあるだろう。平和への道は、こうした小さな交流の延長線上にあると思っている。

      日本を訪れる外国人にとって、交流した人の印象が、そのまま日本の印象に繋がる。だからこそ、困っている外国人を見かけたら、声をかけてあげてほしい。
      関連キーワード - Instagram -

      イスラエル発の人気ドラマ『グリーンハウス・アカデミー』ってどんなドラマ?

      米Netflixのオリジナルシリーズにおいては、外国での撮影を認められたのは本作が初めてのこと。 政治や宗教的な問題で取り上げられることの多いイスラエルだが、TV番組においてはそのクオリティの高さが国際的な評価を得ている。

      イスラエルのドラマは世界中のドラマファンの心をすでに掴んでいたのだ。

      オリジナル版はパレスチナのガリラヤにある有名な寄宿学校に入学したある姉弟を中心に、10代の怒りやロマンスなどが描かれていたが、リメイク版では南カリフォルニアのエリート寄宿学校に舞台が移り、スポーツ万能の人気者組と根暗なオタク組という二大派閥の学生たちが、ある凶悪な陰謀を阻止するために手を組む姿が描かれている。


      関連キーワード - Instagram -

      紛争により破壊された「ガザで暮らす」女性たちの現実

      当初、激しい争いによる傷跡を捉えるつもりだったが、彼女の目にとまったのはガザで暮らす女性たちの姿だった。 ガザの現実 パレスチナ社会では女性差別が問題となっている。

      特にガザでは、暴力だけではなく、プライバシーのない窮屈な日々が続いていると、Moniqueは語っている。

      これまで、中東を中心に多くの社会問題に取り組んできた彼女だが、女性たちのリアルを世に広めるため、日々の生活を記録することを決意した。 壁には家庭内暴力の阻止を呼びかけるグラフィティが。 15歳と6歳の姉妹は、紛争後にはじめて家に帰った。

      しかし、生まれ育った場所は崩壊しており、国連避難所に住むことに。 ガザ北部のベイトハヌンで、瓦礫に埋もれた家族の衣類を取り出す女の子。囚人に子どもがいる場合は、家族が引き取ることが少なく、子どもも一緒に収容されることが多い。

      しかし、Moniqueは女性たちと関わるうちにあることに気づく。複雑な状況の中でも、女として力強く生きようとしているのだ。

      上の写真は、パレスチナをテーマにしたネイルアート。世界中どこでも美しさは女性たちにとって重要なこと。 紛争後、弟と一緒に父との夕食を心待ちにする少女Yara。 深刻な電力不足が問題となっていて、一日に使える電気は限られている。

      結婚前の女性に自室を与えられることは少ないよう。友人の寝室を借りて、つかの間の休息を得るDoaaという女性。彼女とその姉妹は多くの大会に出場するほど、サーフィンに熱中していた。だけど、ガザでは16歳を過ぎた頃に夫探しをするのが普通なのだとか。STRIP』を、遅くとも2018年初めにMoniqueは出版する予定。想像を絶する出来事に直面しても、何度も立ち上がる若き女性の強さについて綴られている。

      世界の中でも特殊な土地だと言われているが、そこで暮らす女性たちの姿から見えるのは絶望だけではない。
      関連キーワード - Instagram - 結婚 -

考察。「パレスチナ」とは何か?

「パレスチナ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

パレスチナに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • waiwai49さん: RT @masanorinaito: アメリカのユネスコ脱退の理由は反イスラエルだからだと。ユネスコは反イスラエルなんじゃなくて、パレスチナを正式に加盟国と認めたんだよ。イスラエルがそれに反発したのが最大の理由。
    > https://t.co/QNZCLDe9rr

    - 4 日と 4 時間 50 分 11 秒前
  • 安産祈願さん: 言い方はいいけど反パレスチナとも受け取れるんだよな - 4 日と 4 時間 51 分 49 秒前

    「パレスチナ」に関するブログ
  • 脱退・・
    (ユネスコからの脱退は パレスチナ問題をめぐってユネスコが「反イスラエル的だ」というのが理由とか。)
    ドナルド・トランプ大統領に言わせているのが アメリカ経済の1/2を抑えていると・・・ユダヤ人達グループ・・・

    http://blog.goo.ne.jp/arewaarewa/e/38820e606c9b5446b2d2caea81c569e1


  • 森カケ批判を免れるためだけの勝手な解散、これだけお金を使うんやそうです。
    パレスチナの子どもたちに自由と平和を!
    クリックしていただくと嬉しいです

    http://blog.goo.ne.jp/tokawaii/e/a9f200f2ef3c62bac47d08b9cac8387a


  • 明るく行こう、晴れるようやから。
    パレスチナの子どもたちに自由と平和を!
    クリックしていただくと嬉しいです

    http://blog.goo.ne.jp/tokawaii/e/339f62a578043017b26416722e6c2084


  • 能登原発防災研究会
    パレスチナ連帯・札幌
    反原発自治体議員・市民連盟関西ブロック

    http://blog.goo.ne.jp/takahamakarakanden/e/7d8a9c3118b4ca2e4de577667b5b337c


  • ブースもいろいろ
    パレスチナのオリーブオイルは絶品!
    あっ、ここにもジュゴン

    http://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/13d5efecd896826483cf6114c0740be3


  • 「パレスチナ」に関する教えてGoo!
  • パレスチナ問題に関心を持つようになり、図書館通いをはじめ、関連の本を買い求め、色々読みましたが、パレスチナの歴史を記した文献のなかにパレスチナ人という人種はどこにも出てきません。
    一体、このパレスチナ人と名のる彼らは何者なのでしょうか。
    イスラエル建国を前に大量のアラブ人がパレスチナの地に流れてきています。

    そして、国連はイスラエル建国の1948年以前に2年間パレスチナに居住した者とその子孫たちをパレスチナ難民と定義づけましたが、当時の混乱した状況の中で、果たしてその者たちが昨日、今日やって来た者ではなく、まさしく2年以上パレスチナの地に住んでいたという認定はどのようになされたのでしょうか。教えてください。
    イスラエルは19世以前はパレスチナであり、アラブ人が住んおり、そのアラブ人をパレスチナ人とよぶのではありませんか?

    イスラエルの建国当時の人口比は 1:3でパレスチナ人が多かったようです。



    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%


  • 中東(パレスチナ)問題について調べているのですが、複雑でよく理解できません。

    なので以下の疑問に答えていただけると幸いです。


    *中東問題とパレスチナ問題は同じなのですか?

    (中東問題=パレスチナ問題)
    *中東(パレスチナ)問題とは一体、どういったことなのでしょうか?


    *中東(パレスチナ)問題の象徴的な出来事やものは何でしょうか?


    *中東(パレスチナ)問題と日本とのかかわりはありますか?

    (あれば)それは何ですか?


    *中東(パレスチナ)問題を知るのに役立つWEBサイト、本などはありますか?

    (あれば)それは何ですか?


    非常に困っているので教えてください<(_ _)>
    もと海外添乗員のものです。

    わたしも同じような疑問がありました。




    しかし、中近東をツアーで訪れる際にどうしても避けることのできないお話で、お客様に説明をする前に自分でよく理解していないといけないので、いろいろと本を読み、そして自分なりの資料を作りいつもバス車内でお話をしておりました。


    キリスト教のお話からどうしてもはじまってしまいます。



    しかし、いつもお客様より大変好評をいただき、ホムペを作成するに至りました。


    プロローグをお聞きいただけます。
    ご覧になって見てください。
    これがルール違反につながらなければいいのですが、、、、、
    www.sekaikikou.sakura.ne.jp
    そのご、映画、ミュンヘン、ご覧いただくと、実情が手に取るようにわかるとおもいます。


    参考URL:
    http://www.sekaikikou.sakura.ne.jp


  • パレスチナ、イスラエルについてあまりよく分からないので
    教えてください!
    もともとは、パレスチナという国名で1つの国だったんですよね?

    そしてイスラム教徒によって治められていたんですよね。
    そのパレスチナを分割して、イスラエルという国が出来たんですか?


    だとしたら、イスラエル以外には何ていう国に分割したんですか?


    それとも分割したのじゃなくて、パレスチナ全部がイスラエルとして
    取って代わったんですか?


    現在のどこの国までの範囲が、パレスチナという国だったんですか?


    今迄散々振り回されてきた、パレスチナ地域に元々住んでた住民達って
    ほとんどがアラブ人なんですよね?

    パレスチナという国がイスラム教徒によって治められていた事からすると。
    Eivisさんが大まかな説明をしてくれてますので、ここでは補足を。
    旧パレスチナには元々キリスト教徒やユダヤ教徒やイスラム教徒も共存していました。

    ただ数的にはイスラム教徒が多いですが、ちゃんと共存していたのです。


    少数派という事で、迫害される事も無く。
    「アラブ人」ですが、この定義は非常に難しいそうです。

    「アメリカ人」のように国名ではなく、民族でもない。イスラムに興味を持つまでは、私は恥ずかしながら「アラブ首長国連邦」や、「サウジアラビア」の国の人の事だと思っていました。


    私のアラビア語の先生であるエジプト人の方に訊ねた所、「アラビア語を母国語として、イスラム教徒である」と言うのが前提条件です。


    私の先生はちなみに、金髪で肌も白くてとても私たちが想像する「アラブ人」ではないのですが、本人曰く「立派なアラブ人」だそうです。


    そういう意味では「ユダヤ人」も民族じゃあないですよね。
    イスラエルにはパレスチナ時代からのユダヤ教徒ですが、外見上はイスラム教徒も一緒。顔だけ見てるとアラブ人。
    だから顔だけではわかんないです。

    シルクロードの西の端、ヨーロッパのすぐ手前、何千年も侵攻されていろんな民族の血が混ざってるはず。
    つい半世紀前までは、お互いが共存していたのに、第3国のせいでこんな悲しい現実が引き起こされるなんて。
    今回のテロは許せませんが、そこまで追いつめていったアメリカにも責任があるような気がします。なぜこうなったかを報道しないマスメディアに不公平感を感じてしまいます。


  • 「パレスチナ」の関連語
    1位 ユネスコ
    2位 イスラエル
    3位 脱退
    4位 アメリカ
    5位 加盟
    6位 反発
    7位 2011年
    8位 米国
    9位 理由
    10位 自由

話題のトピック