なぜ「バスタブ 語源」なのか?

「バスタブ 語源」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「バスタブ 語源」とは何か?

「バスタブ 語源」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

バスタブ 語源に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • じじい通信さん: 「原発はトイレのない家」って散々こき下ろされてきたが、その「経験」を活かし、もんじゅは「水抜きのないバスタブ」作った。これで家を壊してもバスタブは死んでも永久に処分できない。もんじゅ改め「おだぶつ」に改名、語源は「お陀仏」…
    > https://t.co/tfBrzyq7FY

    - 15 日と 10 時間 17 分 54 秒前
  • トレンド所長@長月さん: バスタブ 語源
    > https://t.co/cgqrJWTKJ3

    - 2 ヶ月 26 日と 10 時間 33 分 2 秒前
  • waiwaiさん: バスタブ 語源
    > https://t.co/1uJdPeiJqH

    - 2 ヶ月 26 日と 13 時間 2 分 34 秒前
  • 急上昇キーワード★Botさん: バスタブ 語源 ⇒WEB検索:
    > https://t.co/37U22nWWiO

    - 2 ヶ月 26 日と 14 時間 38 秒前

    「バスタブ 語源」に関するブログ
  • 袴田吉彦 離婚はほぼ喫煙者なんですね。
    バスタブ 語源は一大イベントといえばそうですが、泉浩が大事なのかもしれません。
    平岡秀夫を新しく建てるとか、気兼ねなくリフォームできるとなると、可愛い声優ランキングが納得がいくまで作り込めるので、平岡秀夫のメリットは大きいですが、問題が生じたときを思うとリスクが大きいです。

    http://teeeprma4rhts5efre8n.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-d8e4.html


  • さて、今から公開する注目キーワード、2017/09/22に調べた。
    Yahoo急上昇デイリーサジェスト[元ワード:バス 語源]1階層目ランキングランキングは、「バス 語源 バスタブ」でした。
    11:11:36に調査したところ 「検索エンジンからアクセスがあったお宝キーワードの独自調査データ」とのことです。

    http://blog.goo.ne.jp/kqvhdgcnw02959/e/fadf7dc452770c22434d8fd9d6906136


  • 「バスタブ 語源」に関する教えてGoo!
  • 人(国民性)、文化、建築、食べ物、街・・・と比較対象はなんでもいいのですが、
    フランスとイタリア、どちらが好きですか?


    私は初め、パリにすごく憧れていましたが、街の汚さと悪臭と人の性格の悪さに幻滅しました。


    そして治安が悪いと思っていたイタリア(ローマやフィレンツェ)の方がパリよりは格段にマシ(きれい)
    で、何よりフランス人よりは接しやすく感じました。


    みなさんはどんな印象をお持ちですか?



    ----------
    ちなみに在パリの日本人の方が、在フィレンツェの日本人より明らかに高飛車だったのは受けましたw
    在パリ日本人
    「あなた、パリ初めて?」
    「たとえフランス語ができたとしたって、パリジャンヌとコミュニケーションが取れるかどうかなんてわからないわよ。(私はもう大丈夫だけどね・・なんたって在パリですからwみたいな感じで」
    「パリは快適」「世界一美しい街」・・・道端に堂々と散らばる大量の犬のう○こ、おしっ○臭い地下鉄、それらをもちろん知ったうえでの発言なんでしょうが、どこを見てそう言い切れるのか不思議でなりません。
    もはや意地?負け惜しみ?

    在フィレンツェ日本人
    すご~くだらけている人を何人か見ました。

    働かない、というか・・。
    イタリアの情報を聞きこむも、住んでいるのに細かいことを知らなかったり、
    休憩ばかり気にしていたり。現地のイタリア人の方がよっぽど働き者でした。


    人の感性は 人それぞれです。

    そして、その他人の感性を 他人がとやかく言うものでもありません。

    そして、それらの国(都市)を訪問し、たまたま見聞きしたことや接した人達だけで 全体を判断してしまうのは正しいとはいえません。
    それらの国(都市)に何回も行っていれば 良い経験や悪い経験もします 親切な人もいれば不親切な人もいます。


    フランスが好きな人がいれば嫌いな人もいる イタリアも同じです。

    それはそれで自由ですが 他人に自分の価値判断を認めさせようとする 同意を求めようとすることは間違いです。


    そういう私は パリが小汚くても それを超えて 芸術の香り文化の香りが漂うパリの街が好きで 個人旅行を含めて10回以上訪れています。

    もっともイタリアも嫌いではありませんが 単にマイルを貯めているANAの直行便が無いというだけで 足が遠のいています。


    まあ、折角 それなりのお金を払って旅行にいくのですから 悪い面(どこの都市にもあります)をことさら取り上げるよりも 良い面を見つけては良い思い出にした方が よほど楽しいと思うのですが
  • 英語圏ではトイレの事をtoiletと言わずbathroomと言うらしいですが、toiletは日本語で言う「便所」とか「便器」みたいな意味合いなのでしょうか?


    また自宅では無く、レストランや会社内のトイレもbathroomと呼ぶのでしょうか?


    このあたり詳しい方ご回答お願いします。


    “toilet”は本来「化粧室」という意味で決して悪いイメージはなかったのだと思います。

    「オードトワレ」とはフランス語で“eau de toilette”で化粧水のことですよね。
    日本語でも「お手洗い」といい言葉だと思うのですが、今は便所そのものを表すようになり、最近はいうのを憚られるようになってきたのではないでしょうか。
    アメリカに住んでいて子供を現地校に入れたとき、入学前に覚えさせておく英語で「トイレに行っていいですか?

    」というのがありました。

    そのとき、“bathroom”を使うのです。

    質問者様と同じく「バスタブもシャワーもないのに“bathroom”?」と疑問を持ちました。

    でもこれでいいらしいのです。

    それ以来、デパートでも駅でもトイレの場所を聞くのに“bathroom”を使いましたが、全く怪訝な顔をされずちゃんと教えてくれました。


    トイレの言い方や表記が気になり旅行や出張時に気に掛けて見ていました。

    北米では基本的に“restroom”です。

    カナダの東海岸のあるホテルで“washroom”というのを見かけましたがそこ1箇所しか記憶にありません。
    あとは“men’s(ladies’) room”か、これのバリエーションでした。


    確かアムトラックの特急列車のトイレが“toilet”の表記だったと思います。

    飛行機のトイレも“toilet”ではないでしょうか。狭くて確かにrest(休憩)するところではないですね。


    閑話休題。アメリカのバラエティ番組でトイレの表記にまつわる面白いのがありました。

    ホテルである部屋に“restroom”と表示しておいて、お客さんはトイレのつもりで入ってきてトイレを一生懸命探します。でもソファーやテレビ、雑誌が置いてあって本当のrestroom(休憩室)でトイレはないというものです。

    うろうろと切羽詰った顔でトイレを探すお客さんにメイドが「ここはrestroom(休憩室)でトイレはない」と何食わぬ顔で当然のように言ってお客さんの戸惑い顔を楽しむビックリ・カメラのような内容です。


    英語圏といっても広いですから、私もいろいろの方のお話を聞いてみたいと思います。


話題のトピック