なぜ「ナス 語源」なのか?

「ナス 語源」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      育てて食べて楽しめる、話題のポタジェ。マンションのベランダでもできるつくり方とは

      フランス発祥の菜園のことで、病害虫を防ぎながら野菜を栽培できて、さらに見栄えもいいとあって、注目が高まってきています。

      マンションのベランダでも手軽に始められるアイデアや収穫したハーブを使った簡単レシピなどを紹介します。 「ポタジェでは、野菜、ハーブ、花、果樹などいろいろな植物を混ぜて植えます。野菜だけを育てる畑や花だけを育てるガーデニングとは異なり、多品目の植物を組み合わせることで、土壌が豊かになり、病害虫を防ぐことができるんです。授業で藤井さんのポタジェを訪れた人は、美しい庭に植えられている植物のほとんどが野菜やハーブであることに驚くと言います。

      元々野原にあった食べられる植物を畑に持ってきたのが農業の始まり。ポタジェはそれを本来の野原の姿に近づけてあげる感じです。 ポタジェの楽しみは、そうして栽培したハーブや野菜を生活のなかに取り入れることだと藤井さんは言います。

      ベランダでできるポタジェガーデンのつくりかた ポタジェは、庭がなくてもマンションのベランダなどで簡単に始められるとのこと。 「難しく考えず、バジルが好き、ミントが好き、入り口はそこからで大丈夫です。あとは、何がしたいのかによって組み合わせを考えていきます。例えば、シソや小ネギを植えた和風料理用ポタジェや、パセリ、バジルなどのイタリア料理用ポタジェがあれば、そうめんの薬味やパスタ、サラダなどに使えて楽しいですよ。鉢の素材や色をそろえると統一感を出すこともできます。
      置き方は、奥のほうは高く、手前は低く、高低差を出すと立体的で見栄えがよいです。 ■寄せ植えのコツ 1.詰めこみすぎず、大きく育てるためにも大きめの鉢に植えます。 2.ナス科同士、ウリ科同士など同じ科の混植は避け、科の違うものを組み合わせます。 4.3日ほどは風の当たらない日陰に置くことで、根が張りやすくなります。ボルシチなどに使われるビーツも丈夫で育てやすく初心者に向く野菜。バジル、イタリアンパセリなどは風通しのいい場所で干してドライハーブに。 ミントは病害虫がほとんどつかず丈夫なので、ベランダで育てるのにオススメのハーブです。 そこで、これからの暑い時期におすすめのミントを使ったレシピとして、簡単なモヒートのつくり方をご紹介します。 2.ミントを洗ってペーパーなどで水気をとります。 3.レモン、ライムは皮をむき、白いワタはすべて取り除き、くし型に切ります。 4.瓶に氷砂糖、ミント、レモンの順に入れ、ラム酒を注ぎます。 5.冷暗所に置き、一週間後にレモンを、二週間後にミントを取り除きます。 6.ミント酒を無糖の炭酸水で割るだけで、モヒートの出来上がりです。 「買うのが当たり前だったハーブティーも、自分で育てたハーブを使うと、自然の豊かさや生命の営みを感じられますよ。 自然栽培に近い形で、野菜やハーブを育てられるポタジェガーデン。
      関連キーワード - レシピ -

      【マジかよ】読めない! でもカッコイイ!? 実在すると噂されるキラキラネーム50連発

      これらはすべて実在する人名で、このように普通には読めない珍しい名前のことをキラキラネームと呼びます。実際に幼稚園や小学校の名簿を見てみると、普通には読めない名前の子がかなり多くなっていることに気付きます。い今はどんなキラキラネームが実在しているのかを調べてみると、驚かされる名前が出るわ出るわで大変でした。読めない名前もあれば、読めるけどどうしてそんな名前を付けたのか意味不明な名前もあるという、個性豊かすぎる50のキラキラネームをご紹介しました。

      日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。
      関連キーワード - レシピ - トリビアニュース - キラキラネーム - 話題 -

      子どもも大人もワクワクする! 最新「おもしろ図鑑」5選<絵本ナビ監修>絵本をえらぶ Vol.38

      どこからどう見てもキャベツですが、リンゴリラ、ハクサイ、ナスクジラなど住んでいる不思議な野菜生物たちのおかげか、まるで本当に存在する星のように思えてきます。分布、体長、体重と細かく描かれた図鑑スタイルがおもしろさに拍車をかけています。

      など動物の目から見る世界を体験させてくれるのがこちらの大判絵本。本当の地球を知りたい、調べたいと願う人類の思いが科学の進歩の原動力となったことを改めて感じさせてくれる科学絵本です。また、一度読んだだけで理解できるよう分かりやすくまとまられた文章を目にすることで、文章を書く能力も身に付きますね。



      関連キーワード - レシピ - トリビアニュース - キラキラネーム - 話題 -

      王様の野菜「モロヘイヤ」。栄養満点、旬の野菜で夏バテを吹き飛ばそう

      夏野菜というと、トマトやキュウリ、ナスに目が行きがちですが、栄養価の高さは、野菜のなかでもピカイチ。 様々なビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいるので、暑くて疲れた体にはぴったり。 最近は、スーパーでも多く出まわっているので、手軽に食せる点もうれしい限り。 今回は、今が旬のモロヘイヤの素晴らしいパワーに迫ります。いわれ、クレオパトラも食したモロヘイヤ モロヘイヤの原産地は、インド西部からエジプトなど一帯です。 実際に、エジプトの王様が重病を患ったとき、モロヘイヤのスープを飲んで治ったという言い伝えもあるほど。 エジプトでは、遙か昔からスープなどで食べられており、かのクレオパトラも好んで食べたといわれています。

      その栄養価の高さゆえ、健康野菜として認知度は一気に広まりました。

      ■ βカロテン 野菜全体のなかでも含有量はトップクラス。 老化の原因となる活性酸素の働きを抑える効果が期待され、血液や粘膜を丈夫にしてくれる効果が見込まれます。 ■ その他のビタミン群 βカロテンだけでなく、ビタミンB1、B2、C、E、Kが含まれる、まさにビタミンの宝庫。 またKは、カルシウムを骨に取り込むのを助ける働きが期待されます。 ■ カルシウム 野菜のなかでパセリに次いで多い含有量です。 カルシウムとビタミンKが合わさることで、骨の健康維持を助け、骨粗しょう症を予防することが期待されます。 またミネラル類は、カルシウムだけでなく鉄分、カリウム、マグネシウムなど豊富に含まれています。

      ■ 食物繊維 水溶性食物繊維であるマンナンが含まれています。

      マンナンは便の状態をよくする効果や、コレステロールを吸着し体外に排出する効果が見込まれるもの。 ■ ムチン 山芋やオクラなどネバネバ食材に含まれるムチンは、糖とタンパク質が結合した成分。 胃などの粘膜を保護する働きがあり、夏の食欲不振や疲れた胃を正常に保つよう働きかけてくれます。発芽して間もない若葉 これはあくまで家庭菜園の話。 青果店やスーパーなどで売られているモロヘイヤは食しても安全です。 収穫時の誤った摂取は、めまいや嘔吐などの中毒をおこすので、小さいお子さんがいる場合はとくに注意してください。しているので、安心して美味しく食べてくださいね。

      やはり、夏には夏の野菜を食べることで、元気もチャージできるはず。
      関連キーワード - レシピ - トリビアニュース - キラキラネーム - 話題 -

考察。「ナス 語源」とは何か?

「ナス 語源」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ナス 語源に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 鈴凛WikiソースBotさん: ナスはインド発祥が有力な説ある。ちなみに、日本では夏身と書いていたものが「なすび」と呼ばれいたのがその語源あるよ。 - 7 日と 3 時間 1 分 2 秒前
  • フォニュエールさん: ピーマンの語源は、フランス語で唐辛子を意味する「ピマン」。ナス科のピーマンは唐辛子の仲間で英語では「Green pepper」と言う。ピーマンには黒、緑、橙、赤、黄など色とりどりあるが、黒ピーマンを炒めると緑色になる。ピーマンから初めてビタミンCが発見された。 - 7 日と 10 時間 46 分 17 秒前
  • わいがホンマもんのマメシバやさん: ねぇ、知ってる?人を罵る時に使う「おたんこなす」という言葉の語源は、江戸の新吉原(風俗街)で「ち○こが出来損ないのナスみたいな男」のことを「御短小茄子(おたんこなす)」と呼んだことからなんだよ(諸説あり) - 8 日と 2 時間 36 分 14 秒前
  • ヒト畜生さん: @143cm45kg ここだけの話 宇宙開発のNASAの語源を辿るとナスらしいです ここからは僕の推測ですがあの黒いツヤ 宇宙起源と関係してると考えられます - 9 日と 18 時間 37 分 6 秒前
  • よね助さん: RT @Hibiki_summer: 語尾にナスをつけるやつの語源というか由来知らない - 13 日と 17 時間 25 分 32 秒前
  • 味耜高彦根命さん: ボケナス の語源水不足になると、光沢がなくなってボケ~とした美味しそうに見えないナスになってしまいます。【別にナスは悪くない】 農家が教える野菜の雑学
    > https://t.co/m9fQhvuECX


    > https://t.co/kwR6rqTapT

    - 19 日と 21 時間 46 分 36 秒前
  • なすび@京都合同 秘‐20 売り子さん: RT @PencilWeaver: ナス(茄子、茄、ナスビ、学名:Solanum melongena)はナスナス属の植物。また、その果実のこと。実の味から「中酸実」(なかすみ)が語源とされる。夏に実がなるので「夏実」(なつみ)と読んだが、それが訛って「なすび」(奈須比)と呼… - 28 日と 19 時間 50 分 58 秒前
  • フルーツもりこ@食生活改善中さん: ピーマンについて調べた。語源はフランス語の「ピマン」で、「とうがらし」という意味でナス科らしい。ビタミンA・C共に豊富で免疫力を高める野菜。今まで気に留めなかった事を気に留めていきたいと思う今日この頃 - 1 ヶ月 2 日と 20 時間 26 分 32 秒前
  • trendmoviepicsさん: 【動画・画像あり】ナス・茄子(なす) - 語源由来辞典夏にとれる野菜「夏の実(なつのみ)」から、「なすび」になったとする説が最も有力とされている
    > https://t.co/DITgkp9GPc

    #ナス #語源
    > https://t.co/tv8lCGZUtW

    - 1 ヶ月 6 日と 7 時間 1 分 23 秒前
  • 女教師エロ同人さん: ドSなボクの担任は超ドスケベ教師でした[DL版] [FOOL´s ART GALLERY]  エッチな同人|ナス 語源
    > https://t.co/m84IqoEdW3

    - 1 ヶ月 6 日と 8 時間 12 分 32 秒前
  • NET VOICEさん: お盆の語源って仏教用語の盂蘭盆会から取って「お盆」なんだねナスとかキュウリをお盆に乗せるからお盆じゃなかったんだまた一つ賢くなりました
    > https://t.co/bllLIcRZZ7

    #ナス #語源 - 1 ヶ月 6 日と 18 時間 16 分 12 秒前
  • waiwaiさん: ナス 語源
    > https://t.co/KbvkXVjtkA


    > https://t.co/F2JHUyZ4l0

    - 1 ヶ月 6 日と 20 時間 58 分 50 秒前
  • word_alertさん: ナス 語源
    > https://t.co/P8xLGRPo8L

    - 1 ヶ月 7 日と 6 時間 55 分 43 秒前
  • インプレッションアドバイザーみつるさん: ナス 語源
    > https://t.co/kOenCwINV7

    - 1 ヶ月 7 日と 6 時間 57 分 52 秒前
  • 急上昇キーワード★Botさん: ナス 語源 ⇒WEB検索:
    > https://t.co/dOTe4Nd51C

    - 1 ヶ月 7 日と 6 時間 59 分 2 秒前
  • やまおーかさん: RT @nyaakama: ナスカーの語源ってこれか
    > https://t.co/yhyg0krBg8

    - 1 ヶ月 11 日と 1 時間 13 分 51 秒前
  • にゃ〜かまさん: ナスカーの語源ってこれか
    > https://t.co/yhyg0krBg8

    - 1 ヶ月 11 日と 1 時間 15 分 33 秒前
  • 伊藤寛明さん: RT @shirocco1: 今日の誕生花は『タバコ』花言葉は『触れ合い』。ナス科、アラビア語で薬草の一種を示す "tabaq"が語源。星形の筒状花で、赤色やピンク色、紫色、白色など、葉タバコを育てる時には摘まれてしまう。
    > https://t.co/IdQ36oKKls

    - 1 ヶ月 11 日と 20 時間 58 分 13 秒前

    「ナス 語源」に関するブログ
  • 例えば買い物を頼まれて、間違ったものを買ってきた場合などに「ホンズナス!」と言ってしかられたりする。
    「ホンズナス」の"ナス"は、「無し」が訛ったものだ。
    それでは「ホンズ」の語源は何であろうか?。

    http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-9de5.html


  • 私もあんまり興味はありませんでしたが、ナス 語源に関しては結構興味をもってしまいました。
    喫煙所でもナス 語源についてすごくみなさん話題にしてますね。
    いろいろ考え方があるけど、とにかく、今後の最新情報を注目してみましょう。

    http://corei3kz2.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-8a40.html


  • 私も今までは興味はありませんでしたが、ナス 語源についてはめずらしく興味をもってしまいました。
    ネットでもナス 語源についてはすごく盛り上がってました。
    賛否両論ありますが、今のところは、新たなネット情報を待つことにしてみましょう。

    http://corei3kz2.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-bd85.html


  • 食事のあとは生産者との交流の時間 前回のトマトのクイズの答え合わせで 私は全問正解(笑)
    トマトは南米原産 学名はSolanum (ナス属) lycopersicum (ギリシャ語で「狼」+「桃」 リコピンはこれが語源かも?
    と興味深いです

    http://blog.goo.ne.jp/nichii-bunka-kouryuukai/e/7449678eb6cca473b882af5330858fe6


  • 5月から晩秋ごろまで、花径が2.5センチくらいで星形の花を房状に多数つけます。
    《◇科名:茄子科 ◇属名:ナス属(Solanum=ソラナムは、ラテン古名の「solamen(安静)」が語源
    この属の植物に鎮痛作用を持つものがあることから。

    http://blogs.yahoo.co.jp/chameleon_arms221/14460184.html


  • 「ナス 語源」に関する教えてGoo!
  • 「秋茄子は嫁に食わすな」という言葉について、教えていただけますか。
    この言葉の意味は知っているつもりなんですが、
    いったいどんな場面で実際使われたりするんでしょうか。
    大体他のことわざなどでは、用例が思いつくんですが、
    この言葉では思いつきません。

    よかったら、教えてください。
     
    現代では、元々の意味が、はっきり分からなくなっており、これは「諺」の一種ですが、具体的にどういう場面で使うかは、この表現を、どう理解するかで違って来ると思います。


    言葉の起源は、実際的な意味と、こういう表現ができた時代の食品学などの知識というか、理論に依拠していると思えます。
    茄子は、食品として実際に食べる場合は、実は「秋が旬」です。

    秋になると、茄子は十分に成熟し、種が小さくなり、果肉が締まり、肉が厚くなり、美味しくなります。従って、秋が「旬」の植物が茄子です。


    1)そこで、一つに、たいへん美味なものなので、嫁には食べさせないという姑の「嫁いびり」のような意味で使われるのだという説があります。
    2)また、茄子は確かに身体を冷やす作用があり、それ故、旬でない夏に好まれるのですが、

    しかし、身重な嫁の身体には、冷えるのはよくないので、嫁には食べさせないという実際的な健康上の配慮からの言葉だという説もあります。
    3)第三に、象徴的な意味で、秋茄子は、種子が小さくなっているので、子種がなくなる、という呪術的発想で、嫁には食べさせないという説があります。
    1)は「嫁いびり」で、姑の意地悪ですが、2)だと、嫁の健康を心配しての親切心だと言え、3)だと、子種を心配した姑の配慮や思いやりの言葉だと言えます。
    1)と2)3)では、反対に近い意味になりますが、両立しない訳ではありません。
    「こういう美味なものは、嫁には食べさせてやらない……また身体が冷えると言うし、子種がなくなるというのもあり、私の意地悪という訳でもないのだ」というなら、矛盾しません。
    どれがどれの根拠かは、明確でありませんが。
    ところで、秋茄子以外にも、秋鯖や五月蕨も「嫁に食わすな」という諺があるようです。

    秋鯖も、旬の魚でたいへん美味しいものです。

    五月蕨はよく知りませんが、蕨がこの時期、旬で非常に美味しいのかも知れません。

    ところで、この諺には、別の合理的説明もあります。それは、現代の栄養学と、昔の「食養生」の考え方の違いです。

    参考URL1に、「陰陽説」に基づく秋茄子の位置付けの説明があります。
    「食養生」というのは、栄養のあるなしの考えではなく(これは現代の栄養学の考えです)、陰陽二元説に基づき、陽気と陰気、つまり、陽の状況と陰の状況を合わせて、陰陽が調和するのが良い、無論、健康養生も、これが第一という考えです。


    すると、夏は暑いので「陽」の季節になり、その夏に身体が求める食品は、生野菜などは、身体を「冷やす」作用を持っていて、「陰の食品」とされていました。


    「食べ合わせ」というのが昔はあって、何を基準にしてか、スイカと何の食べ合わせはよくないとか、色々な良くない組み合わせがありました。

    それらのなかには、経験的に、食べると消化が悪いとかで、一緒に食べない方がよいというのもあったかも知れませんが、陰陽説に基づいていたのかも知れません。

    茄子は陰性の強い植物で、その果実は紫色なので一艘陰性が強いとされます。ところが、秋は、夏と違って「陰」の季節になるので、秋に茄子は、陰+陰で、あまり身体によくないということで、身体が冷える、子どもが流産し易いというので、ああいう諺ができたのだという説明があります。
    茄子は

    しかし、参考URL3にあるように、色々な料理に適する野菜で、栄養価は高くないが、色々な意味で健康に良い食品だとされています。



    しかし、これは現代の栄養学からの見地です。



    ただ、経験的に、茄子のこのような医薬品的な作用は知られていたとも言えます。
    茄子は、インドが原産の野菜で、古くから日本に入り、大いに、日本人はこれを食べて来たと言う歴史があります。
    秋茄子は、秋が旬で美味であるということと、秋には、陰陽のバランスから言って、よくない食品だという二つの見地、更に、経験的に茄子は、身体によいという見地からすると、「秋茄子は嫁に食わすな」というのは、どういう真意なのか、難しくなります。
    元々一義的でなかった可能性があります。陰陽思想から、秋茄子は身体によくない、だから、妊婦などの嫁は食べない方がよいというのと、美味なので、こういうものは、身体によくないを理由に、嫁には食べさせない、という姑の意地悪かも知れません。

    結局、両方の意味があったのだと推測します。秋茄子は身体によくない、という話の前提には、秋茄子は美味しいので食べていたという事実があるからです。

    普通、食べないものについて、健康によいもよくないも言いません。

    用例は、現在では、無理だと思います。

    どちらかの説を前提に、自分で用例を造ることはできても、江戸時代辺りから、二重の意味があった可能性があります。

    ただ、陰陽思想的な食品の養生という考えからだと、姑の意地悪の説の方は、後からできた可能性が高いです。


    陰と陽のバランスなど食品について考えなくなり、諺だけがあるので、どういう意味かと解釈しても、分からないので、経験的に「秋茄子」はたいへん美味だと分かっているので、美味しいものは、嫁には食わせないという姑の意地悪だという解釈が出てきたのではないでしょうか。
    美味しいものは、嫁には食わせない、という姑の意地悪なら、他にも、もっと色々ありえると思うのですが、何故「秋茄子」かという疑問が残ります。
    先に挙げた、「秋鯖」や「五月蕨」も、陰陽思想的なバランスである可能性があります。美味しいから食べ過ぎるので、余計に嫁への警告として、こういう言い回しがあると考えた方が自然です。


    意地悪なら、嫁に食わせない美味しいものは、他に一杯あるように思えるからです。


    なお、文化が廃ったとか死語だとかは、意味が不明です。


    現代では分からない諺や言い回しに昔の人の考えや文化が反映していて、そこで、文化の伝統が現在にも継承されていることになり、だから、過去との連続性が分かり、言葉や文化の深さが分かるということがあるからです。


    昔から伝わっていて、意味が分からなくなっている表現や言葉や、習慣などは色々ある訳で、

    しかし、それらは、文化の重層性や歴史性を意味しているので、現代は無意味であるなどとは言えないでしょう。
    「秋茄子は嫁に食わすな」は、解釈が分かれますが、元々意味が複数あった可能性があり、また、この表現は、姑の意地悪にしても、嫁の体調への気遣いでも「鮮明」な印象があります。
    >参考URL1:寺子屋お産塾-秋茄子は嫁に食わすな-

    http://www.ab.wakwak.com/~hisao-t/kotowaza3.html


    >参考URL2:秋茄子は嫁に食わすな?

    http://www.kitami.jrc.or.jp/eiyou/mame/nasu/nasu


    >参考URL3:Japan Now

    http://www.japannow-net.com/close_up/010919_4/co


     
    参考URL:
    http://www.ab.wakwak.com/~hisao-t/kotowaza3.html,


    http://www.japannow-net.com/close_up/010919_4/co


  •  ”クロム”はドイツ語読みで、英語では”クロミウム”なのは知ってますが、その命名の由来なんぞを知ってらっしゃる博識な方がいらっしゃったら教えてください。
     それと、他にはこんな命名の逸話が・・・なんてのも教えてくれると嬉しいです。

    。。
    元素の話でしょうか。英語名に焦点をあてて調べてみました。


    水素(Hydrogen) ギリシャ語の水(hydor)に「~を生じるもの(gen)」/1789年ラボアジェ
    ヘリウム ギリシャ語の太陽(helios)に由来/1868年ロッキヤー
    リチウム ギリシャ語の「石」(lithos)が語源/1817年アルフェドソン
    ベリリウム 緑柱石ベリルから/発見は1797年ボークマン
    ホウ素(Boron) アラビア語・ペルシャ語の「白い」より/発見は1892年モアッサン
    炭素 文字通り「炭」から/特定の発見者なし
    窒素(Nitrogen) 「硝石」(nitrum)より。日本語の「窒素」はドイツ語"stickstoff"(窒息させる物質)より直訳/発見は1772年ラザフォード
    酸素(Oxygen) ギリシャ語"oxys"と"gen"(~を生じるもの)/発見は1774年プリーストリー
    フッ素(Fluorine) 英語のホタル石"fluorite"に由来/初めて単離に成功したのは1886年モアッサン
    ネオン ギリシャ語の「新しい」"neos"にちなむ/1898年ラムジーとトラバースは遡ること1868年にメンデレーエフが提唱した周期律表に基づき、あいたところに不活性ガスを予測し、その予測に基づき新元素を発見。
    ナトリウム 自然界の炭酸ナトリウムのラテン名"natron"より。英語名はアラビア語の"suda"(ソーダ)に由来。/1807年デービー
    マグネシウム ギリシャのマグネシウム鉱石の一つ「滑石」を産する地名"Magnesia"より命名。/1808年デービー
    アルミニウム まず、米語"aluminum"。1787年ラボアジェはミョウバンのことを"alumine"と記載し、一方英のデービーは1807年アルミニウム酸化物の分離に成功し、それに"alumium"と名付けた。その金属的な質感光沢より"a lumine"「光るもの」という言葉の語呂を合わせて米化学界ではこの名に落ちつく。英仏(日本)語の"aluminium"は古代ギリシャ語のミョウバンを意味する"alumen"という言葉より仏ドービルが命名。
    ケイ素(Sillicon) ラテン語のケイ砂"silex"より/1823年ベルセーリウスが単離に成功
    リン(Phosphorus) ギリシャ語「光をもたらすもの」"phosphoros"/1669年ブラント
    イオウ(Sulfur) ラテン語のイオウ"sulpur"/1777年ラボアジェが元素として特定
    塩素(Chlorine) 英名"chlorine"は塩素ガスの色黄緑色を意味するギリシャ語"chloros"ラテン語"chlorus"より。日本語は当然「塩」が語源。/1810年デービーが元素として初めて特定。
    アルゴン ギリシャ語の「働く」"ergon"に否定的接頭語"an"がついたものが語源。/1892年レイリー、ラムジー
    カリウム 英名"Potassium"は「草木灰」"potash"から。/1807年デービー(なおこれ以降、金属元素の接尾語"-ium"が定着)
    カルシウム ラテン語の小石、砂利"calx"より。
    スカンジウム 発見者ニルソンの祖国スェーデンのラテン名スカンジアより。
    チタン ギリシャ神話の巨人タイタンが語源。命名は1795年クラップロート。
    バナジウム 北欧の神話に出てくる美の女神バナジスにちなむ。/1830年セブストレーム
    クロム ギリシャ語の「色」を示す言葉「クロマ」が語源。この元素は酸化状態によりさまざまな色を示すことから。/発見は1797年ボークレン。命名はフールクロアとアユイ。
    マンガン 鉱石マンガナスより。
    鉄 英語"Iron"はラテン語"aes"、独語"Eisen"は氷のような光沢を持つことからと言われている。元素記号"Fe"は"ferrum"「硬い」に由来すると言われているが詳細は不明。
    コバルト ドイツの神話で語られる山の精霊コボルトが由来と言われる。
    ニッケル ドイツ語の"Kupfernickel"(銅の悪魔)に由来。その昔ドイツの冶金師たちは、銅鉱石に似てはいるが銅の含まれていない鉱石を製錬して銅を抽出しようと試みたが、何度も失敗した。それを山に住む悪霊「ニック」のせいと考えその鉱石をクッフェルニッケルと呼ぶようになった。
    銅(Cupper) 古代銅鉱山があった地中海のキプロス(Cyprus)島が語源とされている。
    亜鉛(Zinc) ドイツ語の"Zinke"「先端の尖ったフォークのようなもの」あるいはラテン語の「白い鉱床」か。
    ガリウム フランスのラテン名「ガリア」から。
    ゲルマニウム 1885年にこの元素を「発見」したウィンクラーの母国ドイツの古名"Germania"より。「発見」と言うより、それより遡ること15年前メンデレーエフにより予言されていた元素「エカケイ素」の確認というべきか。
    ヒ素(Arsenic) 黄色の顔料を指す"arsenikon"というギリシャ語。この化合物は古より毒薬、あるいはマラリアなどの治療薬として使われた。
    カドミウム フェニキアの伝説上の王子「カドムス」/1817年シュトロマイヤー
    ヨウ素(Iodine) ギリシャ語でスミレ色イオーデスより。「沃素」はドイツ語"Jod"の直訳からと言われる。
    タングステン スエーデン語で重い石。
    プラチナ スペイン語で「銀」を意味する単語"plata"の縮小詞"platina"。
    金 英語の"gold"はインドヨーロッパ語の"ghel"が語源。元素記号"Au"はラテン語の金"aurum"から。
    水銀(Mercury) ローマ神話に登場する商売の神メリクリウスより。元素記号の"Hg"と日本語「水銀」はラテン語"hydragyrum"が語源と言われる。
    ウラン 1781年に発見された惑星、天王星"Uranus"より。/1789年クラップロート
     調べている間に的確な回答が上がっていると思いますがその時は御容赦を。うまくまとめてあるサイトの紹介があると思いますが、まぁリンクはいつか切れる可能性があるということで書いてみました。

    主なネタ本は「元素111の新知識」(ブルーバックス)です。

    「逸話」とは違うかも知れませんが。
  • しょうもない質問ですみません。

    私の住んでいる関西ではまわりのみんな、「なすび」といいます。

    あまり「ナス」という人が少ないです。


    これは土地での違いなのですか?


    それとも茄子が正式名称なのですか?

    ??
    この「茄子」と「なすび」の違いがあれば教えてください。
    そして、このなすのあとについている「び」とは。。なんなのでしょうか。。
    「なすび」を漢字で書くとどうなるんでしょうか?


    これとは違うかもしれないけど、関西では「飴」に「ちゃん」をつけて「飴チャン」と呼ぶことが多いんですが、、
    そんな風な意味合いなのかなあ?とも考えてみたんですけど、、
    ほんと暇な時でいいのでよろしくお願いします。


    参考URLに語源がありますが西日本になすびという床rが多いようです。


    >これとは違うかもしれないけど、関西では「飴」に「ちゃん」をつけて「飴チャン」と呼ぶことが多いんですが、、

    今回は違うようですが関西ではおかゆを「おかゆさん」といいますよね。
    とても好きな言い回しです。


    参考URL:
    http://gogen-allguide.com/na/nasu.html


話題のトピック