なぜ「ソカタTBM700」なのか?

「ソカタTBM700」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      1988年に初飛行したTBM700からTBM850そして今TBM900に

      旧型のTBM850と比較してこの新しいTBM900変更点としてまず目に付くのはプロペラの枚数が5枚になったこと主翼にウイングレットがついたことです。そして、pointe(画像5の部分)は新しく設計し直してあります。今回このTBM900なっての変更箇所は計26か所その多くはディテール部にあり、シングルターボプロップエンジン機最速の座をより強固なものとしました。

      操縦席に目を移すと、レシプロエンジン機のような3つのレバーでなくターボプロップエンジンを表す1本のレバーが目に入ります。4年間にわたる開発期間をへて、新型TBM900はすでに高い評価TBM850をさらに完成度の高いものへと作り上げました。

      その結果、TBM850が最大巡航速度を出すための高度が26,000フィートだったのに対して、新しいTBM900は31,000フィートで可能になりました。

      又、最高速度は高度2600フィートで330ノットを達成しました。

      そして、今回のモデルチェンジで改良した点としてはパイロットの作業量を軽減するための操作性の改善にも及んでいます。

      1988年に初飛行をしたTBM700Aから数えて今回で6回目のモデルチェンジとなるTBM900が発表されたのは2014年5月12日の午後遅くこの航空機の工場があるターブでした。

      しかし、今回の設計変更には4年、16万時間に及ぶ研究開発と200時間の試験飛行を費やしました。

      80年代にTBM開発ににあたりまずは模型の制作から始まりまいした。この徹底した開発研究は数値流体力学(CFD)による機体周辺の空気の流れをシュミレートしより空気抵抗を少なくするための問題点をいち早く突き止め、エンジンをテストし有効な解決策を見つけるために大変役立ちました。

      ソカタ社の説明では、数値流体力学による恩恵は機体パフォーマンスや動きを正確にシュミレーションするかとができるということ。それによって研究開発や試験飛行の時間を削減できるメリットが大きいということです。このTBM900が一般公開された時点で、型式認定は終わり販売契約そして生産も開始していました。

      TBM900もまた今では常識となりつつあるウイングレットを採用した。機体前部はプロペラの先端部分から空気取り入れ口エンジン内に至るまで、空気の流れをよりスムーズにになるように見直されました。

      TBM900は、この飛行機専用に設計されたHartzell社の合金製5枚プロペラによって強化されています。

      空気取り入れ口、排気管の設計は見直されています。

      dérive(何のことかわかりません)が取り付けられ機体の最後部も新しいものになりました。

      引き込み脚の部分的にカバーがかかるようになっています。

      さらに、新トルクリミッターにより離陸時より、最高出力850馬力使うことができるようになった。他に注目すべき点として、10種類の操作機能を持たせた新しい人間工学的に作られた操縦桿があります。操縦システムは再検討されより操作性の良いものへと進化している。

      電機系統はすべて再設計されたことにより新いエンジン始動システムを搭載することが可能になりました。

      それにより以前にまして容易にエンジンがかかりやすくなりました。

      このエンジン始動装置はセミオートマチックで最新型交流発電機は電気系統故障時に一時的な電気の流れが停止するのを防ぎます。 最高時速は高度28000フィートで320ノットから330ノットに、航続距離は1520Nmから1730Nmに。31000フィートまで18分45秒で到達できる(TBM850より約3分早い)ようになりました。

      ホームページでかつて見ることのできた画像が今でも見られます。

考察。「ソカタTBM700」とは何か?

「ソカタTBM700」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ソカタTBM700に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • tubuya-ki-magure!!さん: 『ソカタTBM700』奈良小型機墜落の機体を、以前に目撃した事が有ったかもしれない。小型機のエンジン音はすぐ判る。庭に居れば空を見上げて機体を探す。天候や森林に阻まれて確認できないこともあるが。小型機は珍しい。束の間見送っている。 - 29 日と 1 時間 9 分 37 秒前
  • 元也さん: RT @nhk_kansairadio: 墜落した小型機は「TBM700」というフランスのソカタ社が製造した単発のプロペラ機で、最高速度がおよそ550キロ出るなどエンジンの性能が高いそう。/記者リポート - 1 ヶ月 2 日と 3 時間 54 分 47 秒前
  • 宇佐美さん: 【奈良小型機墜落・動画】「すごい飛行機がなぜ」…操縦士仲間にショック - 産経ニュース
    > https://t.co/vaLK6WP4h0

    奈良で墜落した小型機のニュース。「ソカタTBM700」という名らしい。 - 1 ヶ月 8 日と 23 時間 55 分 29 秒前
  • Kanji Okadaさん: ソカタTBM700ってターボプロップ機なんじゃねーの? - 1 ヶ月 10 日と 6 時間 36 分 1 秒前
  • NET VOICEさん: ソカタTBM700 | プライベートジェット機のご紹介 | ブルージェット
    > https://t.co/nHZcOyv7Cd

    #ソカタTBM700
    > https://t.co/zTBRIPo2Ds

    - 1 ヶ月 10 日と 8 時間 55 分 11 秒前
  • wer y sagtさん: 事故時の爆発音は墜落前と墜落時の2度。1度目の爆発の原因が公表されないまま捜査が進むという状況になったら、ただの事故じゃないわな。多分。 / “奈良県山添村に墜ちた小型機「ソカタTBM700」、墜落前に空中分解か - ” Wer…”
    > https://t.co/SBAdNubhBH

    - 1 ヶ月 10 日と 19 時間 32 分 7 秒前
  • minaharakaraさん: 墜落したソカタTBM700は、電子パネルが使われていて見た目は最新の飛行機ですね。やはりアナログの方が間違いないのだろうか。当初事故を繰り返した電子制御のエアバス機を思い出した。【墜落の小型機 空中分解、ほぼ垂直に落下か(朝日放送)】
    > https://t.co/q0RnjugSf8

    - 1 ヶ月 10 日と 20 時間 37 分 33 秒前
  • idollnewsさん: 知らなかった?「ソカタTBM700」をチェックしてみた! #Dreamers
    > https://t.co/4gnoy6VOJy

    - 1 ヶ月 11 日と 48 分 12 秒前
  • word_alertさん: ソカタTBM700
    > https://t.co/tW66EHEFEM

    - 1 ヶ月 11 日と 4 時間 44 分 57 秒前
  • いまずさん: RT @yf23yuuhi3846: 奈良に堕ちたのソカタのTBM700って機体だったんか…それもアメ番の…パッと見パイパーマリブかと思った… セスナじゃないですよ~
    > https://t.co/xqi5vSgzaq

    - 1 ヶ月 11 日と 18 時間 46 分 25 秒前
  • 飛龍 ラグドさん: んー、奈良県で墜落事故を起こしたのは、ソカタTBM700かー。空港のカメラに映ってる映像的に、その辺りの機体だとは思ったけど。あと、機体記号からして、あの機体の国籍はアメリカ国籍で登録されてたのかな。 - 1 ヶ月 11 日と 18 時間 53 分 52 秒前
  • 梅香さん: RT @47news: 速報:単発プロペラ機のソカタTBM700が大阪の八尾空港を離陸し行方不明になっており墜落機の可能性と国交省。
    > https://t.co/Dt9Fhk59lo

    - 1 ヶ月 11 日と 22 時間 8 分前

    「ソカタTBM700」に関するブログ
  • 青い機体は墜落しない。
    という昨日の記事とは裏腹に、「ソカタTBM700」という小型機が墜落し二人が亡くなりました。
    <奈良・小型機墜落>整備会社「7月上旬整備、異常なし」

    http://internetviking.at.webry.info/201708/article_4.html


  • 機体は全壊して黒煙を上げており、県警などが状況確認を進めている。
    国土交通省によると、墜落したのは米国籍の単発プロペラ機「ソカタTBM700」。
    奈良県警天理署や消防によると、機体は全壊し、「白地に青いライン」の入った破片が散乱した状態。

    http://blog.goo.ne.jp/himika105/e/e48ba238fc05eb29691e5d0b314820d4


話題のトピック