なぜ「オランダ対プエルトリコ」なのか?

「オランダ対プエルトリコ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「オランダ対プエルトリコ」とは何か?

「オランダ対プエルトリコ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

オランダ対プエルトリコに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • もぎえい#5@15~17メラドさん: 暇なんで再放送のプエルトリコ対オランダ見てます。バレンティン激アツなんだけど
    > https://t.co/TXeVg40Bo6

    - 2 ヶ月 14 日と 14 時間 53 分 12 秒前

    「オランダ対プエルトリコ」に関するブログ
  • 全部が全部ではありませんが、そういったことが、この世には存在します。
    一昨日のWBCの野球の準決勝の「オランダ対プエルトリコ戦」も、死闘でした。
    プエルトリコが勝利したのは、全員のゆるぎない結束力、全員の想念のパワーがオランダよりも上回っていたのでしょう。

    http://tukioyobu.air-nifty.com/tukioyobu/2017/03/post-61d5.html


  • オランダ打線、恐るべしといった試合でしたが、今日3月21日に
    行われた準決勝 オランダ対プエルトリコ戦でオランダ敗戦
    明日は、いよいよもう一方の準決勝 日本対アメリカ戦!

    http://nanikakou.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-c66e.html


  • ↓こいつもぽちっとよろしくお願いします
    WBCのオランダ対プエルトリコ戦見てるんですがどうして日本かすりもしない試合で加賀さん出せやとか言ってるのだ自分、店主です、こんばんは
    バレンティンとの通算成績17打席0安打なんだから小久保監督も召集したらよろしいやん

    http://blog.goo.ne.jp/ikeko_kansai/e/0cfa39215f410bd5d337de9f150c4057


  • wbcオランダ敗退
    今日、オランダ対プエルトリコの決戦がありました。
    が・・・

    http://blog.goo.ne.jp/cansecohira33/e/1f4dc31de8e9f347fb38fae1659dd39b


  • 何もやる気が起きないから、
    今日は、午前中はWBCのオランダ対プエルトリコを見ていましたw
    日本が出ていないのに、暇だし、テレビを見るくらいしかやる事が無かったですw

    http://blogs.yahoo.co.jp/kaze2t/71071570.html


  • 「オランダ対プエルトリコ」に関する教えてGoo!
  • アメリカの都合の良いように仕組まれた感のあったWBCですが、当のアメリカは2次リーグ敗退。
    今後WBCはどうなるんでしょうか?


    仮にアメリカが主催者から降りた場合、他の国が主催するんでしょうか?


    WBCは開催時期や選手の待遇などMLBの利害と相反するものが多いので、MLB関係者がエゴを捨てない限り今後は有益なものにはならない気がします。
    アメリカ人の性格からして野球の普及のためだけに自分達に都合の悪い事をするとは思えません。

    アメリカが主催を降りた場合、設備などの面でも主催できる国はありません(日本には天然芝がほとんどない)。
    よってWBCがサッカーW杯のようなものになるとはとうてい思えません、残念ですが・・・・。
  • 第二次世界大戦で戦勝国は英米仏で、敗戦国は日独伊なのは知っています。


    しかしフィリピンの島が戦闘地になっていたという話しを聞いた事があります。
    フィリピンも参戦国ですか?


    フィリピン以外でもドコの国が参戦していて、勝敗はどうなっているのでしょうか?


    この第二次世界大戦の終戦は日本以外でも原爆を落とされた日が終戦日なのでしょうか?


    真珠湾攻撃によって空軍力を失ったマッカーサーはマニラを非武装地帯に宣言して、日本軍は無血上陸しました。

    フィリピン守備兵力は3万6000人、日本軍兵力は25万人の大差により、フィリピンは陥落しました。

    フィリピン人軍属8000人は武装解除されました。

    植民地人は植民地主義国になつきます。生活理由が大半です。

    終戦日本の人々、特に子供たちがGHQになついたように。
    日本から観ると盲点ですが、米国の参戦理由の大半はドイツに蹂躙される英国を援助するためでした。

    これは英国の高関税で苦しんでいた貿易を有利にするためです。

    米国の兵力のほとんどは南洋諸島ではなく、欧州に向けられていました。

    英国、仏国、オランダ、しかりです。

    日本はそれら「軍事力的弱小国」に対して「破竹の勢い」で攻略していきました。

    世界大戦を経験したのは米国一国でしょう。米国は太平洋戦争、日本にとっては大東亜戦争がしっくり来る呼び名です。



    終戦後、米国は日本を手中に収めるために米国が持つ軍事力、資源力(あめとムチ)を背景に、連合軍諸国に対して戦時法によって規定される戦後賠償を「自発的に」放棄するよう迫りました。

    戦後賠償の代わりに二国間協定による「講和」をもって、すなわち(戦時法規則に縛られない)外交によって解決するようサンフランシスコ講和条約によって規定したのです。

    これに対して異議をとなえ、SF条約に参加・調印しなかったのが、インド、ビルマ、ユーゴスラビアで、これらの国は日本の主権を蝕むGHQの日本からの撤退を要求するために参加しなかった。ソ連、チェコスロバキア、ポーランドはSF条約を米国の帝国主義として非承認・調印しなかった。
    政権未承認交戦国である中国に関しては、毛沢東の中国共産党が支配する中華人民共和国を呼ぶか、蒋介石の国民党が支配する中華民国(重慶政権)を呼ぶかで、イギリスとアメリカの間で意見が割れたため、招請状がどちらにも出されなかった。終戦しばらくして、日本は中国市場に対して経済的興味があったが、米国が中国に対して敵視政策(レッドパージ)をとるのでそれに習い、中国(現中国)と国交を樹立せず、蒋介石政権である中華民国(台湾)と国交、経済関係を米国と共に継続した。もともと1853年、1854年の米国のペリー来航は中国との貿易のために日本を中継基地にするのが目的のためであり、米国の資本家がしびれを切らし、議会に働きかけて、当時、大統領であったニクソンは1972年に中国に訪中し、「ピンポン外交」を足がかりにして、米中平和五原則を締結した。これを聞いてあわてたのが寝耳に水の日本政府で、同年の9月に田中角栄、大平外相が急遽、訪中し、台湾との国交を切り捨て、日中共同声明を発表した。中国は当時も貧困国で餓死者が相継いでおり、貿易によらなければ国を存続させることが出来なかった背景にある。賠償問題がつまずきになると日中国交が締結されえないために、賠償を放棄する旨を共同声明に盛り込むことを認めた。日本政府は賠償を放棄した中国に対して恩義報いるのが筋であると内閣閣僚間で討議し、中国に対して「経済協力」を申し出たのが、対中ODA(政府開発援助)の発端である。中国が日本が行っている対中ODAと謝罪回数を、中国国民に故意に知らせていないのは、日本政府にとっては周知のことであり、長らく放置しているのは、中国政府に対して「刺激」ない方法が立案できない理由による。これは古来からの日本民族の特有の「欠陥」であり、例えば、1268年の元寇時にフビライ・ハーンは国書(一説には親善友好の親書)を日本政府に送りつけたが、「放置・無視」、1853年のペリー来航時に国書を日本政府に受領迫るが、日本幕府は返答を翌年にのばし、1858年には、大老・井伊直弼は、直接アメリカの初代総領事ハリスとの交渉に当たっていた海防係に「なるべく延期を申し入れ、それが受け入れられない場合には調印しても良い」という指示を与えた。幕府はハリスとの通商条約調印を延期し続け、幕府側の事情を知るハリスも延期に応じていたが、「この国の責任者は誰なのか」と言ってハリスが怒るほど決断できず、1945年の終戦間近では、米国からのポツダム宣言を日本は仲介国模索を理由に「黙殺」を決め、原爆が投下された。日本は外交が下手というより出来ないのである。常任理事国入り問題にしても、日本は、1993年6月に宮沢首相は「求められれば常任理事国の任務を全力ではたす」と外国報道のインタビューに答えておきながら、1993年7月に米国と英国は日本とドイツの常任理事国入りを正式に提案したにもかかわらず、1993年8月に発足した細川連立政権は大国に翻弄されることを懸念し、「日本から積極的に手を挙げない」と避ける有様である。ODA(政府開発援助)は日本国の対外戦略として継続されており、その戦略とは諸外国からの日本イニシアチブに対する「国際的支援(同意)」を取り付けるためである。常任理事国入りの支援を取り付けなかった外交能力は憂慮すべきことなのである。(島国ゆえに、歴史が「外交感覚」の醸成を許さなかったのか。)

    戦後賠償の色合い大きいODAであるが、あくまでも「経済協力」として、ODAを二国間は締結している事を忘れてはならない。
    日本は他国個人からの賠償請求を「決着済み」として撥ね付けている。米国は世界からの日本国とドイツに対する個人的賠償請求をカリフォルニア州裁判所にて窓口を設けて、今なお撥ね付けている。米国退役軍人からの日本に対する賠償訴訟が起こされた今年、ブッシュはイラク戦争からみで慌ててこれを「揉み消した」。
    戦時国際法は法科学において照らしてみれば、国対個人の賠償を認めて、その請求権利を認めている。SF条約はあくまでも米国の威圧によって成立し得るものであり、双子の赤字を抱える米国(米連邦準備制度理事会議長は今年9月に「米財政赤字は制御不能」発言をする)がその「米国の栄光」が凋落した場合、国際世論の必然的・道理的な社会法則により、賠償問題が噴出し、SF条約は無効・破棄され、日本は賠償問題で破滅する、または破滅的打撃をこうむることを、予言して私の発言を終えることにする。
    ※蒋介石は、8月15日、重慶放送を通じて、負けた気がせずに激昂する日本軍に降伏を呼びかけました。

    このとき彼は、でまかせに「徳を以て怨に報いる」と諭し、それが「以徳報怨」演説として有名になり、蒋介石の聖人伝説が生まれ、「天皇救済」、「日本分割阻止」、「賠償放棄」を捏造し、日本のメディアはこぞってこの「美談」を書き連ね、日本国民を惑わしました。


    ※当該戦時国際法は国対国の賠償がしかるべきのものであり、国対個人ではないとの主張が通説であるが、法科学はそれを否定する。
    ※「北朝鮮に対する戦後補償は未決着」は、日本政府公式の見解でもある。私と議論するよりは、政府に問い合わせるほうが、早道である。
  • 質問の趣旨は表題そのままです。

    国際関係に詳しい方がいらしたら教えてください。
    今年の八月に見たNHKの日本のこれからを考えるという視聴者参加番組で、
    去年起きた反日デモに見られるような反日感情・反日運動の高まりや、
    靖国参拝に対する批判、過去の植民地支配や侵略戦争に対する姿勢への批判など、
    番組に出演していたアジア各国の出身者からも厳しい批判を受けてました。


    番組の中で、日本はこれからアジアとの関係とアメリカとの関係とどっちを
    優先すべきかという視聴者への質問でも意見が二分していたように記憶しています。


    日本は第二次世界大戦後は過去の侵略戦争や植民地支配を反省して、
    政府も国民も国際平和の追求と経済交流による友好関係作りに努力してきましたが、
    中国や韓国やアジア各国や世界各国の国民からは理解も評価もされてないのでしょうか。
    中国や韓国やアジア各国や世界各国の日本に対する感情や関係や政策はどうなんでしょうか。
    日本は中国や韓国やアジア各国や世界各国と友好や信頼を作れているのでしょうか。
    日本はどうしたら中国や韓国やアジア各国や世界各国と友好や信頼を作れるのでしょうか。
    別に心配しなくても現状のままで結構です。


    評価もされております。
    東南アジアではどこの国も9割が好意的と回答しています。


    まあ、色々あるのですが、日本は戦時中も占領先で尽力しているのですよ。
    あなたの思っているほど酷いものでもなく、
    ご先祖様の行為は素直に敬意を払っていただいて結構です。


    興味があれば現地へ足を運ぶなどして調べてみて下さい。
    戦後は戦時中の行為を凌駕するほどの分化を輸出しています。


    車、バイク、楽器などのハードからアニメのようなソフトまで。
    欧米を除いた有色人種の世界では、このような真似は日本だけです。


    故に日本はアジア各国は勿論、その他の国からも認められているのです。


    韓国や中国においては国策として反日を課しており、
    本来の目的は内政や外交におけるパワーゲームのツールなのです。


    だいたい1970年頃、中国で反日というものはなかったといったら驚きますか。
    ああやって民衆が暴れるのもひとえに教育の影響が大きいと分かるでしょう。
    韓国の大部分の住人は日本なくしては今の韓国がないことは理解しており、
    昔ほどのしこりは存在していません。

    韓国は非常に水準の高い国になってきており、
    今までの反日プロパガンダは必ずしも必要でありません。

    今後は国益やアジアの利益のために日本と共同歩調をとるでしょう。
    一方、中国ではまだまだ国内を整備する必要があるため
    まだまだ反日プロパガンダを利用せさるをえない状態にあります。
    更に韓国と違い、情報も封鎖されてますから
    中国共産党に踊らされている現実を知るには社会人にならないと無理でしょう。
    あなたは中国や韓国と友好や信頼を心配するよりも、
    このような反日政策を展開していることに、
    一人の日本人として憤りをおぼえて下さい。

話題のトピック