なぜ「アメリカ戦」なのか?

「アメリカ戦」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      激闘を制したプエルトリコ…さあ!いよいよアメリカ戦

      WBCプエルトリコが接戦を制しオランダを破って決勝へ。プエルトリコは十回、十一回にディアスが160キロ前後の剛球を武器にオランダ打線を無失点に抑えるなど救援陣が踏ん張った。オランダは初回2死三塁からバレンティンの左中間への2ラン本塁打で先行。その裏、一死満塁からロサリオが中犠飛を放ち、サヨナラ勝ちした。日本と米国がWBCで対戦するのは、過去に2度で1勝1敗。日本のファンの期待を背負ってしっかりやっていきたい。 前回王者のドミニカ共和国を撃破して勝ち上がった勢いがある。野球vs.ベースボール、侍ジャパンはアメリカと対戦。小林の“感性”が米国打線を不発に封じ込み、筒香、青木らが軸となり機動力を絡めて動くボールを攻略したとき、日本の米国撃破の勝機が生まれることになる。そして日本が決勝なら世界一返り咲きvs2連覇偉業の対決になるのか。今ネットで見た、大丈夫じゃない、そう思っている日本人は私だけではないはず。今日ドイツにいるドイツ人の友達にどれ程日本が野球が強いか説明した。

      なでしこ銀メダル 日本Xアメリカ戦でつぶやく いろいろな有名人たち【女子サッカー】ロンドン五輪

      アメリカの短気な選手が悪いことして、PKになったりしてほしいなぁ。なでしこJAPANとレスリング吉田選手が金メダルで、女子バレーが決勝進出だ。

      でも良くやった!!!拍手!!!!!なでしこジャパン、ご苦労さん。

      ラグビーW杯1次リーグ アメリカ戦の前に敗退決まる。。。

      ラグビーW杯1次リーグアメリカ戦の前に敗退決まる。ラグビーW杯1次リーグアメリカ戦の前に敗退決まる。10/11グループBのスコットランドがサモアに勝ち、南アフリカに続いて準々決勝進出を決めたため、日本は1次リーグでの敗退がアメリカ戦が始まる前に決まりました。

      スコットランドがサモアに勝ち、日本は1次リーグでの敗退が決まりました。

      1次リーグは各グループ5チームで争い、2位までが準々決勝に進みます。グループBは南アフリカがすでに4試合を終えて勝ち点16で1位で準々決勝進出を決めています。

      10日には、2位のスコットランドが第4戦でサモアと対戦しました。

      スコットランドは前半を終えた時点では23対26と3点のリードを許して折り返しました。

      しかし後半、サモアの反則が増え、ペナルティゴールのチャンスを確実に生かして後半13分にはサモアを逆転しました。

      さらに後半34分にはこの日3つ目のトライを決めて追い上げるサモアを振り切って36対33で勝ちました。

      日本は11日の米国戦に4トライ以上で勝利しても勝ち点13となり、残り1枠だった決勝トーナメント進出の夢は消えた。ラグビーワールドカップで日本の1次リーグ敗退が決まったことについて、現地に観戦に訪れている日本のファンからは落胆の声とともに、3勝目を目指してほしいという期待の声が聞かれました。

      まあでも南ア含めた相手と2勝しただけでも大金星らしいし、次の米国戦もきっちり勝って気持ちよく終わってほしいな。今回の大会で大きなものを残せたんだから、次に繋げていければ良いでしょ。改めてラグビー日本代表が今大会で見せてくれたパフォーマンスが素晴らしいものであることを実感しました。



      > 日本VSアメリカ戦の感想をアメリカのTwitterで見る…FIFA女子ワールドカップ カナダ2015
      > 【女子バレー】2015 アメリカ戦 Twitterまとめ
      > 【2017大食い世界一決定戦】もえあずがまさかの過呼吸でドクターストップ!アメリカが4連覇する
      > なぜ、アメリカでは毎年「Super Bowl(スーパーボウル)」があれほど絶大な人気を誇るのか?
      > 【ジョニーウィアー2世?】男子フィギュアのアメリカ代表ジェイソンブラウンの人気がじわじわきそう
      > [HOI4] [枢軸ドイツPlay] アメリカ戦
      > ムネリンが返り討ち!準決勝のアメリカ戦に不安を残した侍ジャパン

      【スポーツ】実は改革で生まれたあんなルールこんなルール

      そこで、メジャーなスポーツで、今では当たり前になっているけど、実は改革されたあんなルール、なくなったこんなルール、をいくつか紹介してみたい。話せるような、ちょい昔、30~40年程前までとする。Fujisan.co.jpより 『ゴールキーパーはボールを持って4歩以上歩いたら反則だった』 記憶では、昭和50年代頃までは、サッカーのGKがボールをキャッチして移動する時、少しかがんでボールを転がしては拾って、また転がしては拾って、というプレーをよく見た。思ったものだが、ちゃんと調べてみたら意味がわかった。制限がないと無駄に歩いて遅延行為につながるからだ。

      ボールをコロコロ転がす様はだんだん見なくなったが、あれは格好悪いから減っただけと聞いた。また、4歩進むと反則なのでペナルティエリア外の味方選手とパス交換をするプレーが増え、実際には遅延の効果的な策とは言えなかったそうだ。

      1999年には、ボールを保持してからの歩数による制限にルールが追加され、GKがボールを手または腕で5~6秒以上保持したときは、遅延行為として反則。 2000年からは、GKの手によるボール保持について時間による制限のみにルール変更。つまり、今は、GKは何歩でも歩いていいけど6秒保持したら反則となるわけだ。

      ちなみにサッカーのルールは、毎年3月に改正会議が行われるそうである。 バスケットボール 『どこからシュートを決めても2点だった。 それまでは、フリースローによる1点、通常のシュートによる2点だけだった。3点入るルールができれば逆転劇も増え、試合がよりエキサイティングになるから。最高2点までしか入らない時代は、ゴール下付近まで入ってシュートするのが普通で、ディフェンスもゴール下を固めるのが当たり前だった。動きの激しい魅力的なスポーツとなり人気は飛躍的にアップした。いって15点マッチで、得点を加算するにはサーブ権を持っていなければならなかった。 どういうルールかというと、例えば、日本対アメリカ戦で、最初に日本にサーブ権あったとしよう。日本がサーブし、アメリカの攻撃をしのいでスパイクを決めた。そのあと、アメリカにミス、サービスエースなどが決まり得点が加算された。しかしアメリカが一本スパイクを決めた、得点は0のままでサーブ権だけが移動した。 このように、サーブする権利を先に取らないと得点が入らないというルールだった。このため、特に強豪国同士の対戦だと、サーブを打って相手側のスパイクが決まるパターンの繰り返しが多く、サーブ権の行ったり来たりだけで得点は入らずで、試合時間だけがいたずらに長くなるのだった。サーブ権を奪われてもまた奪い返してねちっこく攻めて点を取るバレーで世界のトップクラスにいた。高さとパワーで劣る日本は、その後の低迷に幾分かの影響はあったと思う。 『リベロはいなかった』 国際ルールとして定められたのは1998年から。

      しかし、イマイチ役割がわかっていない人も多いようなので、ざっくりと説明する。スパイクを拾う率、更にセッターに渡す確率が高くなる。また、交代時に監督からの伝令も随時伝えられるなど、かなり重要な役割を担う。 ちなみに試合に必ず出さきゃいけないというルールはないそうだ。

      リベロは、背の低い選手でもできることから、競技人口増加にも一役買っているとされる。 1:投手の打撃時および走者となった時の投げ手 2:捕手の守備時の受け手 3:監督、コーチのシートノック時 なお寒冷地において、特に気温の低いときは、主催者の判断で特例として打者の手袋着用を認めた。 3:経済性の点からパットを補強したような高価なものは使用しないよう指導する なぜ、こんな頑なに制限をしなければならないのかとても疑問。現在では5回終了時にグラウンド整備が行われ、土がきれいに均されるが、これは平成に入ってから。昔は試合途中に一度も土は均されず、9回まで荒れたままだった。18回裏の内野ゴロはイレギュラーバウンドした球がちょうど野手の正面を突き捕球していた。 事の発端は、1994年5月11日ヤクルト対巨人の試合で、危険球をめぐる乱闘事件が起きたため。 プロ野球は細かいルール改正が毎年のように行われる。 こういったルール改正も、昔はなかったと知って驚かれるだろうか。拍子木のような音を鳴らして合図を送るのが普通になった。ある名ボクサーが言っていたし、その通りだと思うので。

      何やってんすか… 怪物ボクサー井上尚弥が“チャンピオンベルト”を忘れた!?

      13戦全勝、11KOの輝かしい戦績で怪物という異名を持つ井上選手。渡米前には美容院で、頭を紫に染めて気合いを入れたようだ。

      なんと、家にチャンピオンベルトを忘れてきたと言うのである。大丈夫なのかとツッコミたくなるが、本人は全く気にしていなかった。
      関連キーワード - 美容 -

      「中田ジャパン」と「ガイチジャパン」の試金石となるか? グラチャンバレー2017が9月に開催

      っても世界が注視する大会だけに、存在感を示せるかどうかの試金石になりそうだ。

      オリンピック開催の翌年に行われるグラチャンバレーは、世界ランキングにも影響する重要な大会だ。

      現在、ランキング6位の日本は相手にとって不足はないどころか、ほぼランキング上位国との対戦となり、厳しい戦いは必至。しかし先月、ワールドグランプリ2017仙台大会で同大会前年覇者のブラジルをフルセットで下す大金星をあげ、対ブラジルを12連敗で止めて6年ぶりの美酒を味わったばかり。セットカウント0-2から大逆転勝利し、中田ジャパンの粘り強さをも印象付けた。実は、今の火の鳥NIPPONが目指す“超高速バレー”は、鍋谷が2010~12年と春高バレー3連覇した時の東龍の必勝戦法だった。ちろん、東龍を真似たわけではないと思うが、高さで劣りスピードに勝る日本にとって、たしかに有効な手段ではある。後を継いだ岩坂名奈がどれだけのキャプテンシーを発揮できるかもカギとなる。大会は6チーム中5位と惨敗しただけに、体制が変わった新チームで収穫を得る大会にしたいところ。地元開催の地の利も後押しに、スピード&チームワークで世界の列強に一泡吹かせたい。現在世界ランキング12位とかつての栄光からは遠ざかっている。

      前回大会は0勝5敗だっただけに、中垣内監督もまずは1勝と思っているはずだ。

      日本の勝利のためにはやはりこの3人がキーになるだろう。慶應義塾大学卒の頭脳プレーヤーでもあるが、敢えていばらの道を選んだハートの強さも備えている。

      セリエAのラティーナに再び入団が決まっており、やはり海外志向が強く、技術だけでなくメンタルも強化したいと意識も高い。二人に共通するのは、2020年の日本男子バレーを昔のように高みに上げること。そのために今、自身が何をしなくてはならないか、というのをしっかり見据えて行動しているのだ。

      石川祐希と同じ中大バレー部の同期だが、石川とともに同校のインカレ3連覇の原動力にもなった。6月に行われたワールドリーグでもスパイク、ブロックで十分にその存在感を示している。

      身長201cmで、攻撃型のオポジットという日本待望の大型パワープレーヤー。中垣内監督としても攻撃の駒が一つ増えた形で、これから大いに期待できる選手となるだろう。長年のライバル同士との初戦となっており、勝てば上位入賞も夢ではない。新たな戦いに挑む火の鳥、龍神への応援は選手たちに大きな勇気を与えるはず。かつてない新生ジャパンの力はぜひ、生で確認して欲しい。
      関連キーワード - 美容 -

      世界1位ケルバーと昨年全仏覇者のムグルッサが4回戦で対決 [ウィンブルドン]

      決勝を経験したことがある選手がベスト16の中に4人いるが、4回戦でその中の1人が必ず姿を消すことになる。一方、2016年に全仏オープンでグランドスラム初優勝を飾ったムグルッサは、2015年ウィンブルドン決勝で同じくセレナに敗れている。

      世界1位のケルバーと15位のムグルッサのこれまでの対戦成績はムグルッサの4勝3敗で、直近の4試合はケルバーが4連敗を喫している。

      また、第9シードのラドバンスカは2012年大会の準優勝者で、彼女もやはりセレナに敗れている。

      昨年大会は準決勝でケルバーに敗れたビーナスは、今回が20度目のウィンブルドン出場だ。

      「確かに年齢差は関心をひくトピックかもしれないけど、コートに入れば対戦相手の年齢のことは考えないわ。19歳のコニュと対戦するにあたってビーナスはコメントした。 女子シングルス4回戦の顔合わせは次のとおりとなる。 昨年大会は決勝でケルバーを破り、2015年大会は決勝でムグルッサを倒したセレナは、妊娠中のため今大会を欠場している。

      6-4のフルセットで制したケルバーは、やはり苦戦を強いられていた。 「第1セットを落とし、第2セットも2-4でロジャーズにリードされ、この試合はプレーに波があった。
      関連キーワード - 美容 -

考察。「アメリカ戦」とは何か?

「アメリカ戦」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

アメリカ戦に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • Mさん: RT @heiwa9jyo: なでしこジャパンアメリカ遠征、アメリカ戦のビデオ観戦中。的確なパスが欲しい、FWも良いパスが来なければ打てない。⚽️の止め方が下手、パスも守りも未だ未だ。パスミスが得点を与えている。やっぱり宮間のパス、シュートが欲しい。宮間を超える選手が育って欲し… - 2 ヶ月 4 日と 18 時間 47 分 47 秒前
  • James H.Nicholsさん: 決して他人事じゃないですよ。マコーリフ知事のような力強い言葉は、確かに民衆を熱狂させましょう。しかし、150年前、分断と対立を煽り、民衆の支持を得た政治家たちがアメリカで何を始めたのか、よもやお忘れですか?一端の米国史マニアとして断言しますよ。妥協がなければ、戦あるのみです。 - 2 ヶ月 4 日と 18 時間 48 分 9 秒前
  • ハルまげスターさん: @lostcried やはりあそこ、飛び上がりますよね。あそこだけホラー映画を超えたすごいホラーでした。沖縄戦が舞台ではなく、アメリカの一兵士のひとつの場所がたまたま沖縄戦だった、という理由であえてそういう宣伝はしていないそうで…
    > https://t.co/z7gUsMoauR

    - 2 ヶ月 4 日と 18 時間 50 分 12 秒前
  • totoam220さん: RT @tajima_o: 731部隊に関してもっとも重要かつ膨大な資料をもっているのはアメリカである。なぜNHKはそれを取材せず、思想教育をされたであろう抑留者の証言で番組を作り上げたか。南京戦に関してはもはや日本ではほぼ研究されつくしている。中共が次に歴史戦のネタに持ち出し… - 2 ヶ月 4 日と 19 時間 13 分 38 秒前
  • Hideki Kanedaさん: @fkworkzonemk2 RBのアメリカ対ソビエト戦でした~。敵チーム目線で見ていたので2枚目以降は自分と敵の色が反転してますw - 2 ヶ月 4 日と 20 時間 56 秒前
  • にさん: RT @StarCourage: 名前がないのでアメリカさんと呼んでいる方との練習戦、イルさんに攻撃がちっとも命中しなくてこちらのダメージソースを無効化されて涙目状態。ちょっとやり方と合わせて編成をいじろう - 2 ヶ月 4 日と 20 時間 11 分 27 秒前
  • しのはさん: アメリカ戦観て泣いた - 2 ヶ月 4 日と 20 時間 32 分 21 秒前
  • 橋本欣五郎さん: ロサンゼルスの戦い 1942年2月、日本海軍の艦載機がロサンゼルスの街を空襲、アメリカ陸軍が対空砲による迎撃戦を行ったとされている。しかし、当時の日本海軍の記録に、そのような空襲の記録はない。アメリカを支配し、世界世服を企む悪の帝国日本を作るのにアメリカ政府は必死だった。 - 2 ヶ月 4 日と 21 時間 5 分 22 秒前
  • ナカハマ ユウイチロウさん: アメリカの歴史を紐解くと、20世紀の、特に第2次世界大戦後の方が特異な時期であって、伝統的には国内政治を優先する時期の方が長いことが分かる。ある意味現政権は従来の路線に戻ろうとする動きと考えれば理解はできる。戦線を拡大しすぎた撤退戦の最中にいるのだろうか。 - 2 ヶ月 4 日と 21 時間 27 分 39 秒前
  • mi-mi-さん: RT @delsol_azteca: 「道徳」が教科書による特別な授業に格上げされるらしいが、日本は第二次世界大戦の「敗戦国」であり、アジア諸外国に対して侵略を行ったという正しい認識を持ち、アメリカからの攻撃により沖縄では地上戦が繰り広げられ、広島と長崎に原爆を投下されたという… - 2 ヶ月 4 日と 22 時間 2 分 8 秒前

    「アメリカ戦」に関するブログ
  • 去年の日本オープンを勝ってプロになりアメリカに闘いの場をもとめて苦戦していた畑岡選手が、圧倒的な強さ腟で2連覇した。
    最近のアメリカ戦で20、凱旋門賞に挑戦した位にはいり、調子を上げてはいたものの、ここまで圧勝するとは?
    来年のアメリカで、この成績が確かな実力であった事を証明して欲しいですね!

    http://blog.goo.ne.jp/fujiihisashi2223/e/419420499bb16e67b5c3a5a2ba09ee73


  • 男子バレーです。
    夜の日本戦はもちろん、昼からのブラジルvsアメリカ戦、イタリアvsフランス戦も見てきました。
    どちらも名勝負!

    http://yaplog.jp/maco1130-0303/archive/12


  • さて、今日は12分の1全日本やらF1シンガポールGPの決勝やらがある。
    そういやWECのアメリカ戦も、この記事を書いているたった今(日本時間朝5時30分)やってるんだっけ?
    でも、そろそろ寝よう。

    http://1-12thonroad.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/gp-0b80.html


  • 独ソ戦に呼応してソ連を挟撃すれば、ドイツは東方生存権を獲得し、超大国となる。
    それまでにアメリカ戦で大損害を被った日本海軍を補いつつ、肥え太ったドイツを相手に如何に陸戦で勝てるのか、という事を考える方がわくわくするではないか。
    大規模に、かつ周到に計画した戦争を実施し、(織り込み済みではあるものの)大損害を被りつつも計画通り戦争の進捗が進んでいくことが、当ブログのHoI2の楽しみ方の一つである。

    http://blog.goo.ne.jp/subetehayumeosorosiiyume/e/c3b871d9ac04837327dbf3ba2ac5c84e


  • 先日の女子バレーのグラチャン惜しかったですね
    その前のVSアメリカ戦も 格上のチームでしたが
    接戦の末 惜敗し 次戦のVS中国戦も

    http://blog.goo.ne.jp/saikou_286/e/74b14b29e5ee725c43d0fc4ece03aec1


話題のトピック