なぜ「お宝発掘隊」なのか?

「お宝発掘隊」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「お宝発掘隊」とは何か?

「お宝発掘隊」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

お宝発掘隊に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 兎@あ~癒されるんじゃ^~(ダイマ部さん: 【中古お宝発掘隊 vol.10】新型iPhoneで使える!! 注目の「高音質ワイヤレスイヤホン」をご紹介! -
    > https://t.co/AaK0nDUyZ8

    via @e_earphone - 4 日と 14 時間 51 分 29 秒前
  • みったん@ま、いやん。スミコン鋭意製作中さん: 一週間秋葉原滞在中の僕、レオナルドさんでお宝発掘調査隊をしなきゃw - 6 日と 23 時間 56 分 51 秒前
  • 創作集団タルヲシル株式会社さん: RT @RMucqyj1FwROHVX: 最後の【進め!ユグドラ探検隊】はお手軽発掘ゲーム!サイコロの出た目の矢印通りに進み、最下層のお宝を目指すゲーム。ラウンド制でお手軽だし、作者様によると4歳からでも出来るとのこと。点数計算以外はフォロー入れれば出来そうで、この緩くやれ… - 9 日と 16 時間 43 分 5 秒前
  • あきまるさん: @takano_tp @sakumomo1203 @tpowersJP @IDEAPOCKETTER ももちゃん☺️高野さん - 10 日と 2 時間 48 分 8 秒前
  • フィガロさん: @_720salam う、、うおー (笑)それ、開封するときには発掘隊に志願します。笑お宝発見!(ФωФ) - 20 日と 2 時間 45 分 29 秒前
  • バナナ魚さん: RT @Fujifabric_info: 【FAB CHANNEL】毎月1日更新の各コンテンツ、ch-5「CALENDAR」VIPch「発掘!お宝??探検隊」VIPch「ゆるいかアーカイブ」を更新しました。FABchはスマホ・携帯から⇒
    > https://t.co/Q19xyp

    … - 21 日と 20 時間 54 分 10 秒前
  • どたんさん: 発掘!お宝??探検隊やばいあれ見た記憶あるからさらに…総くん謎すぎる - 22 日と 1 時間 33 分 40 秒前
  • モチさん: お宝発見人生過去に戻れるなら発掘調査隊もありだなと、素直に思った。
    > https://t.co/bO2LNNUsYj

    - 28 日と 18 時間 39 分 46 秒前
  • インターネットを殺すさん: 【中古お宝発掘隊 vol.9】究極のアンダーグラウンド、時代背景から見るロシア発オーディオブランドと音楽 -
    > https://t.co/Boklv2jEYL

    - 1 ヶ月 1 日と 5 時間 13 分 42 秒前

    「お宝発掘隊」に関するブログ
  • 寺島しのぶのお宝発掘隊
    飯田里穂のお宝発掘隊

    http://blog.goo.ne.jp/marisodane/e/195a30b640f85f0f888143c6915b872b


  • 島谷ひとみのお宝発掘隊
    桜井まりのお宝発掘隊
    黒川智子でGo!

    http://blog.goo.ne.jp/tomokawame/e/4e93988dd43544881a7389b75238b735


  • 衛藤美彩のお宝発掘隊
    久住小春のお宝発掘隊

    http://blog.goo.ne.jp/pagudane/e/8d4521d0c5bb555aa44b20c804948add


  • 木口亜矢のお宝発掘隊
    柳ゆり菜のお宝発掘隊

    http://blog.goo.ne.jp/sawarinane/e/7c4c96ec5eb3b44e8b28e5a623c2cfde


  • 小林恵美のお宝発掘隊
    西田麻衣のお宝発掘隊

    http://blog.goo.ne.jp/jyoueri/e/764c8e911fd95adfc32f54867faab6a1


  • 「お宝発掘隊」に関する教えてGoo!
  • エジプトのピラミッドの中には地下に部屋があり、
    20メートル下へも梯子で降りれるようになってますが、
    その梯子も当時作られたものなのか、発見されてから作られたのかが
    わかりません。

    もし梯子は当時無かったとしたらどうやって下へ降りられたのかも
    謎ということなのでしょうか?


    テレビで幾つか番組をやってましたね。

    発掘調査が入ってますので、調査隊が掛けた梯子でしょう。
    と勝手に思ってました。

    疑問に思いませんでした。


    観光客に公開されていない場所でも調査隊が入ってます。
    テレビ取材班が入った場所はどこも、照明用の電線が壁に張り巡らされていましたよね?
    建造当時の工事中は上り下りできるようにしていたのでしょうし、
    完成後、人を入れないようにしたかったのならば梯子は不要ですから、無くても不思議は無いと思います。


  • 江原氏(スピリチュアカウンセラー)の本を読んでいたところ、守護霊の話についての部分で、
    「守護霊はどんなにその人が悪党であっても見捨てずに最後までよりよい方向に導こうとする」
    というような内容が書かれていました。


    そこで、ある仮説を立てました。


    天上人(霊界、あの世の人)には悪という概念がない。
    考えてみると悪という概念は他者(神、他人、動物、自然、物)との関係の上でしか存在しないと考えられます。
    すると、肉体を持たない天上人にとって他者は存在するにしても関係自体にたいした意味を持たないのではないでしょうか。
    働く必要も、食べる必要も、眠る必要もないのですから、他者との関係を必要としないはずです。


    他者との関係が極端に希薄な彼らにとっては「悪という概念」は事実上無意味に等しいのではないでしょうか。
    すると、肉体を持たない天上人にとって『善』は蓮の花のごとく美しいものでしょうが、肉体を持ち他者との関係を維持せねばならない我々にとっては時に非常に危険な代物となりうるわけです。


    地獄への道は善意によって舗装されているなんて言葉が示すとおり、本質的に独善としての側面を持っているのですから。
    そこで、結論として、
    『善』の暴走を阻止するため、リミッターの役割として「悪という概念」があるのではないでしょうか。
    「悪」とは独善という名の『善』なわけですから。
    皆さんはどう思われるでしょうか。
    ちなみに、死後の世界があるとか無いとかは気にしないでください。
    ありがとうございます。

    様相が分かりました。

    では、話を展開してみましょう。こうなると、皆が皆、自らのうちに絶対の善を持っているといえるかもしれませんね。善が相対的であると判断するのは、あくまで他人にすぎない。当人にしてみれば、絶対のものであるのです。


    絶対の善をもつ者同士は、会話できないことでしょう。意見が合うか、合わないか、二つに一つです。

    そして、一方が一方に「悪」だと通告して、相手の独善を制止するのです。

    例に出ているオウム事件も、加害者と司法との話が通じなかった。お互いが、お互いの善を主張し合い、食い違い、政治的に弱い方が負けただけです。

    どうやったら、あれは相互的に理解できたのでしょう。
    私は、オウムのポアが正しいとは思いません。


    しかし、田原総一郎みたいに、テロ組織にもある程度の理があるという主張もある(「我が心のアルカイダ」)。私は田原の理屈をあまり信じていませんが、凶悪犯だから、ともかくダメだと裁くのは一面的であるという主張は、同意するところです。

    相手側の動機を明らかにしていく作業も必要だと私は考えています。




    しかし、これは労力がかかることです。

    オウムに関していえば、関与したジャーナリスト(田原ではない)は、一生の大部分をそれに捧げることになったそうです。

    辛かったと仰っているのを私は講演会で聞きました。

    というのも、対話の相手として、オウムは楽しいものではないからです。

    相性も、そのジャーナリストと悪かったのでしょう。ともかく嫌な相手だが、放送に携わるものとして関与する責任を感じ、相手を理解しようと努めていたということのようです。


    オウムに限らず、身近な人間関係でいっても、相互理解は、何年もかかる作業です。

    労力を考えると相手を選ばないわけにいかない。自分にとって、どうしても必要だと考える相手とやりとりしなければ、人生を無駄にしてしまう。絶対的な価値観が、ただぶつかっているだけのコミュニケーションは、実際、ウェブ上の議論にいくらも事例がありますし、私も遭遇しました。

    ウェブという、行き当たりばったりの場で、じっくりと関係を築くのは難しいことです。



    しかし、異質ではあるが、ぶつかり合うことで生産的な話ができる相手もいます。

    逆に、双方を傷つけるだけの相手もいる。これは相性というべきでしょう。私はウェブ上では、自分と異質な方と出会い、新鮮な気持ちになることを楽しんでいます。

    こうした楽しみ方は、見方を変えれば、浅い範囲に交流を留めているということもできます。



    しかし、人間は不思議なものだと感じるのですが、独善なら独善でよい、と開き直れる人は少ないものです。

    なぜか、他者を必要とする。不安だから、他人に「正しい」と同意してもらうことで、自分の歩みを確認したいのでしょう。批判を受け付けるという行為も、結局、相手の批判に同意して自分が変わることで、他人に「正しく修正された」と言ってもらうためのものです。



    しかし、繰り返しになってしまうわけですが、客観的な「善」は存在しない。だから、誰に「正しい」と言ってもらおうと、独善には違いないのです。

    しかし独善で済ませたくないという気持ちが、人にはあるのですね。

    これが人間の不毛さであり、同時に、活力の根源になっているものだろうと思います。


    ちょっとご質問から逸れる形で展開してしまったかもしれません。

  • ただの好奇心ですが古代から現在までの世界史上、もっとも優れた武将10名を挙げるとしたらどうなるでしょうか。
    面白い質問ですね~
    私にとって名将とは新しい戦闘教義の開発(発掘)者とそれの実務者に別れますが・・・
    ベリサリウス
    東ローマ皇帝ユスティニアヌスに仕えた彼は20代でその才能を見出されました。

    ケチで疑り深い主君に仕えながらもその武勲は今に伝えられています。

    一般的に勝利への道は二つ。圧倒的な戦力で小さな敵戦力を蹂躙する事と、小さな戦力で一気に敵の将軍を討ち取る事で戦意を挫く方法があります。前者は安全ですが他所から舐められます。後者は他所から恐れますが危険です。

    彼は後者の側の巨星の一つであります。
    グスタフ・アドルフ
    彼は現代戦術の基礎を確立した人物です。

    古代ローマの戦術を再現し当時の技術で表現したとも言えるでしょう。そうした意味ではアレクサンダーやハンニバルの後継者の一人とも言えます。それともう一つ重要なのが軍事システムの規格化を推進した事も彼の功績でしょう。それまでの火縄銃では弾と火薬を別々に装填していた為威力や飛距離がバラバラだった事と連射速度に難がありました。

    それと大砲の口径の統一等彼の業績は今もなお生き続けています。


    マンシュタイン
    WW2当時で電撃戦の概念を考えWW1の塹壕戦の常識を引っくり返したジョーカーの様な人物です。

    圧倒的な速力・分厚い装甲・凄まじい火力の3つを兼ね揃えた戦車でしたがその可能性に気が付いたのは彼とイギリス等での慧眼の持ち主が数人いただけでした。

    そして彼はそれを推進できる立場にいただけでなく、WW2においてはヨーロッパ各地を蹂躙してみせたドイツ機甲師団の父であり長であったのです。

    彼の戦術は冷戦は元より湾岸戦争においてもその威力を見せ付けた事は記憶に新しい事でもありますね。


    千田貞季
    昨年の映画で有名になった硫黄島の戦い。彼は寄せ集めの混成第2旅団長として戦いました。

    アメリカ軍の戦死者は約7000人ですが彼の護った玉名山での戦死者がその半数を超えるとだけ言えばその実力を垣間見る事が出来るでしょう。空と海を完全に囲まれ兵力だけでも3倍。航空支援や艦砲射撃による火力差を考えれば軽く10倍以上の開きがある中でのそれは既に想像を越えています。


    重要なのは小笠原兵団長だった栗林中将が直接名指しで指名した事実です。

    名将のみが名将を知ると言う良い見本でもあります。結局米軍は玉名山を正面から攻め落とす事を諦め周囲の陣地を順番に攻略し全方位からの攻撃でやっと陥落させたと言います。

    そして彼の死が栗林中将の戦意をも挫いた要因とも・・・
    米軍はこの玉名山を「ミートグラインダー(ひき肉製造機)」と呼んで恐れたのも当然の帰結です。


    米軍が投入した海兵師団はそれぞれが40~50%ものの損害を出しました。

    普通は師団の半数が実働部隊で残りが後方支援部隊で直接先頭するわけではありません。
    損害率40%とはその実働部隊が8割以上失った事を意味しており戦力としてカウントされない領域なのです。

    硫黄島の戦いの半分は彼と混成第2旅団将兵の物語とも言えるのではないのでしょうか?


    彼は士官学校しか卒業しておらず通常では最高でも出世できる上限の大佐では無くその上の少将であり軍内部での異名は「歩兵戦闘の神」だったそうです。



    光武帝
    彼は後漢王朝の創始者として名を残していますがわずか数千の戦力で百万(誇張や後方支援を考えると約半数でしょう)を追い払った武威の持ち主でもあります。創業(新王朝の樹立)と守成(王朝の政権基盤の構築)を成し遂げた人物です。

    個人的には三国志の曹操よりもこちらが上だと思いますよ。彼の不幸は三国志のような素晴らしい宣伝に恵まれなかった事だけです。



    歴史は調べれば調べる程にこうした漢達と見える事ができるので抜けられないんですよね~
  • 「お宝発掘隊」の関連語
    1位 情報
    2位 詳しい
    3位 コチラ
    4位 nobr
    5位 特集
    6位 and
    7位 いい
    8位 倖田來未
    9位 more
    10位

話題のトピック