なぜ「いい子が育つ都道府県ランキング」なのか?

「いい子が育つ都道府県ランキング」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「いい子が育つ都道府県ランキング」とは何か?

「いい子が育つ都道府県ランキング」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

いい子が育つ都道府県ランキングに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 吉沢陸(スポーツ研究家)さん: ボクシング&スポーツジムBMCのブログ更新しました。「いい子が育つ都道府県ランキング
    > https://t.co/fi5Dfyg8mG...


    > https://t.co/wDrqRvfjON

    - 1 日と 2 時間 37 分 55 秒前
  • うらら黒猫太平公主さん: あさパラ! 「いい子が育つ都道府県ランキング」って、「いい子供」の要件が、朝飯食ってるか・就寝起床時間が一定か・新聞を読んでいる等々、ちょっと待て、「新聞を読んだらいい子に育つ」って間違ってないか??   #テロビ - 1 日と 3 時間 39 分 33 秒前
  • クマシロさん: いい子が育つ都道府県ランキング、実はディストピア度では・・・。と疑いを持つ。
    > https://t.co/9Sk17puPVy

    - 6 日と 18 時間 37 分 21 秒前
  • 時の動画 - 話題の動画を激速まとめさん: いい子が育つ都道府県ランキングが話題ですね
    > https://t.co/jsFmUSgude

    【高校野球2017夏】47都道府県49代表出揃う、組合せ抽選会日程・試合 ...
    > https://t.co/HeyzaXxVTs

    - 10 日と 1 時間 40 分 55 秒前
  • 急上昇キーワード★Botさん: いい子が育つ都道府県ランキング ⇒WEB検索:
    > https://t.co/S3QRu1Vjxt

    - 10 日と 2 時間 9 分 28 秒前

    「いい子が育つ都道府県ランキング」に関するブログ
  • これを何かを探している、待っている状況と仮定すると、列車の中は孵化場のような空間とも言えるが、配合飼料づけにされないか心配だ。
    そういえば、FBに数年前の「いい子が育つ都道府県ランキング」が取り上げられていた。
    堂々の1位が本県であり、当時少し誇らしかったことを覚えている。

    http://blog.goo.ne.jp/spring25-4/e/f45494df7fb4de95c841e9fa35d66b1c


  • 「いい子が育つ都道府県ランキング」に関する教えてGoo!
  • (1)少子化の原因は、育てるだけの費用や環境が整っていないのが多いから。つまり経済が良くないからだ。お金が安定する社会になれば良い。裕福になれば良い。
    (2)他の国では貧乏でお金なんてほとんどないのにばんばん子供を産んでいて、それでいて生活出来ているところもある。お金があるないの問題じゃない。

    というやりとりがあったのですが、どちらが正しいのでしょうか?


    また、少子化の原因って何でしょうか?


    原因って「これ!」って決まっているものではなく、「こういう説もある。」という感じですか?



    よろしくお願いします。


    統計というのは見ているとなかなか面白いもので、こういうデータがありました。


    2011年の出生率は全国平均で1.39なのですが、全国で一番高いのが沖縄県の1.86で、これはダントツの成績です。

    ちなみにもっとも低いのが東京の1.06です。

    低いですねー。
    さて、沖縄県というのは他の都道府県別データを見ると、全国で一番失業率が高く、県民所得が全国最低なのです。

    そして県民所得が最も高いのはいうまでもなく東京です。


    つまり、いちばん所得が低くて失業者も多い沖縄が全国でいちばん子作りをしていて、いちばん所得が高い東京が子供を産まないのです。

    ということは、所得だけで単純に解決する問題ではないことが分かります。
    ところが「貧乏の子だくさんというからなー」と単純には言い切れないところがありまして、日本三大低所得都道府県というと、沖縄、高知、北海道なのですが、高知県の出生率は1.39で全国33位、北海道は1.25で全国44位なのです。

    このデータを見ると「沖縄県だけが特殊な例で、所得が低いから子供を産まないのだ」ということもいえます。「沖縄県は全国一勉強ができない(テストの点も進学率も全国最低です)ので、やればできるということを知らないのだ」なんていえてしまうかもしれません。

    少子化の原因は、多くの要素が複雑に絡み合ってそういうことになっていまして、単純に「これが原因」と犯人探しができないのですよ。
    まずもっていえるのは、国民所得が上昇すると少子化になります。これは世界中どこの国でもそうです。

    所得が向上すると子供の教育にお金がかけられるようになりますから、「少なく生んで手間をかけて育てよう」となります。さらにそれが進むと「教育にお金がかかりすぎて子供が生めなくなる」というパラドックスに陥ります。これは今の日本がそうですし、ヨーロッパ諸国がそうですし、お隣の韓国もそうです。

    韓国なんて日本以上の超学歴社会でかつ日本以上の再チャレンジがきかない国なので、今や日本以上の少子化でかつ日本以上の自殺率です。


    高学歴化が進むと、晩婚化になります。これも万国共通。高卒なら20歳でも立派な社会人だけど、大卒なら22歳くらいまでは学生でしょ。晩婚化が進めば、カップル一組あたりの子供の数も当然減ります。
    フランスでは結婚制度に手を加えて、いわゆる内縁のカップルに対しても正式に結婚したカップルと同じ権利を与えて出生率が上昇しました。

    しかしその一方内縁ともなれば当然別れやすくはなるわけで、子供の親の40%くらいは離婚しているのだとか。都市部では「片親の子供の方が両親が揃っている子より多い」だそうでして、それはそれでどうなんだって思いますよね。
    かように、複雑な要因が複雑に絡み合って「少子化」という結果になっているので、なかなか有効な手を打てないのが現実です。

    中には「独身であるのがいけない。独身者から独身税をとればいい」という人もいますが、私はこれは絶対に上手くいかないと思います。


    なぜなら、私も含めて独身者、特に男性の独身者の多くは低所得者なんです。

    30代で正規雇用者の結婚率は29.3%であるのに対し、非正規雇用者はなんとたったの5.6%。年収600万円以上で「恋人もいない」という人は39.4%に対し、年収300万円以下は72.4%に達します。ということは、もし独身税をとれば「お金がない独身者からさらに税金をとる」ことになるので当然、「生活がますます苦しく」なり、「結婚どころか好きな女性へのプレゼントも買えない」という事態になるのは明白です。


    では最も有効な手段はなにか?

    ひとつ有効な手段があります。男性の年収を増やし、そのぶん女性の年収を減らして、女性が「男性に経済的に依存しないと生きていけない社会」にすることです。

    手っ取り早い話、昔の日本に戻すってことです。

    そうすりゃ、嫌でも女性は結婚しなけりゃいけないし、結婚すればまあそのうち子供ができることでしょう。


    ただ、そんなことは当の女性が絶対に望みませんので、他の手段を考える必要があります。

話題のトピック