なぜ「UFO」なのか?

「UFO」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      UFOは全部嘘!エドワード・スノーデンが告白!UFOに間違えられたアメリカの戦闘機 TR-3Bって?

      人々の心にあるUFO、エイリアン信仰力を利用し、わざとUFOの隠蔽のための主要な証拠を捏造し、メディアを介してそれを流したり、UFO狂信者を利用または買収して、UFOは実在する事を市民の心に植え付けた。戦術偵察のTR-3B第一作戦飛行は90年代初頭にあった。三角形の形をした原子力、航空宇宙プラットフォームはトップシークレット、SDIと黒予算金銭によるオーロラプログラムの下で開発されました。

      億ドルプラスTR-3BSの少なくとも3は1994年まで飛んでいた。オーロラは、現存する中で、最も機密宇宙開発プログラムです。Incident』(邦題:ロズウェルUFO回収事件)でこの事件を掘り起こしました。

      自国がどんな武器を持ってるか、言いふらす国はない。図書館に行って当時の新聞を読み、国立公文書館に行って資料をあさり、独自に取材をしてインタビューを取る。確かに彼は葬儀屋をやっていて、仕事柄、ロズウェル基地とは親密な関係だったようで、それは確認されています。

      『オムニ』という雑誌がこの証言のウラをとりました('95年)。調べに調べて、当時ロズウェル基地には5人の看護婦がいたことをつきとめ、そして唯一存命中だった看護婦のインタビューに成功しました。

      自国がどんな武器を持ってるか、言いふらす国はない。かくUFOが落ちたなんて証拠はまったくないわけです。政府は(面倒臭いので)渋々調べて、その調査結果を公表しました。

      これは、気球を上げて(ソ連の)原爆実験の音響波を拾うという計画でした。なんていう人もいましたが、当時軍は気球につるすレーダーターゲット(レーダーにとらえられるようにするためのヒラヒラした部分)におもちゃメーカーから調達したテープを使っていました。

      この真相は非常にUFOファンをガッカリさせました(笑)。UFOフォークロアは宗教にも似て、信じる人(ビリーバー)はどこまでも他人の言うことを聞きません。
      宇宙人の解剖ビデオの顛末などもコントのような傑作話。

      謎のUMA未確認生物とUFOの画像

      現場はザンビア北西部の都市キトウェのショッピングモール上空。 写真に写っている周囲の建物や自動車と比較すると、全長100メートル以上はあると推定される。目撃報告は世界中に数多くあるが、これほど巨大なものは珍しい。 1975年2月23日午後6時頃、帰宅途中であった山城小学校の生徒児童2名がオレンジ色のUFOを発見した。 児童の話によるとUFOは彼らを追いかけるような飛行をし、2人は逃げて物陰に隠れたという。 姿を見失ったことによるものかどうかは調べる由もないが、その談によればUFOは一時的に去っていったとされる。 児童のうち1名は背後に回りこんだ宇宙人に肩をたたかれ、その場で恐怖のあまり座り込んでしまい、もう1人はその場から逃げて家族を呼びに行ったが、家族が駆けつけたときには宇宙人は姿を消していた。

      しかし、消えていくUFOと着陸痕らしきものを児童の家族も目撃したと話しており、これらの報告を受けて放射能の専門技師である前田進は現地の調査を行った。 その結果、UFOが着陸していたとされる場所からは人工的な残留放射能を検出している。

      当時の少年Y君が出演し、甲府UFO事件について語った。謎の飛行物体がガスが液体のようなものをまき散らしながら飛んでいるのがわかる。 午後1時52分、技術者は未知なる物体を発見した海軍大尉も肉眼でその物体を確認。対象物はヘリコプターから約55~65km離れたところにあった。すぐさまレーダー基地2か所に連絡をとったが、どちらの基地からも、ヘリコプターは確認できたものの、その物体を確認することができなかったという。 詳細は不明ですが、軍警察の監視カメラによる映像であるとされています。

      ガルゴスの仲間や生き残りが州をまたいで出現した可能性はありますね。


      南米の狼男『ロビソン』=Lobisonは、『ルイソン』=Luison、Luisõとも呼ばれている。

      元々はグアラニー族に古くから口伝で伝承されてきた神話の巨大な魔獣であったが、ポルトガルからの移民が増えるにつれ、欧州の狼男伝説と交じり合い変容していった。 神話によると、タウとケラナという夫婦の7人目の子供であり、南米のブラジル、アルゼンチン、ウルグワイで語られている。

      その姿は、青白く病的な皮膚と病んだ目を持っており、それを隠すかのような長い毛があり、耐え難い悪臭を放っている。

      一説には、二足歩行の狼とも、頭部のみ人間の狼とも描写されている。

      その姿は目撃者によって様々だが、身長は約1mから1.8mほどで、全身が毛に覆われ背中にトゲ状のものがあり、直立歩行する事が可能で、驚異的なジャンプ力を持つというのが最も多い証言である。 そんなチュパカブラがポルトガルの砂漠に現れたというのだ。

      二足歩行で歩いておりその足取りは重く、すごく猫背である。 ところが後日、パソコンに保存したはずの写真を探したところその1枚だけが消えていたのだとか。公開された写真の中央には、たしかに菱形の黒い物体が写っている。

      ゴートマンはヤギの頭部を持ち、体長は2メートルほどで全身がカールした毛に覆われている。

      UFOキャッチャーの攻略法詰め合わせ【この発想はなかったわ】



      > 【驚愕】日本で見たUFO動画まとめ【何これ怖い】
      > アメリカが隠すUFO・宇宙人などの陰謀まとめ
      > UFOキャッチャー達人の神業テクニックと攻略ポイント
      > マジ?韓国やスペインなど世界各地の「UFO」目撃情報が話題
      > そうだ、宇宙人と遊ぼう!怪しすぎる公共施設『UFOふれあい館』が面白そうw
      > あなたは経験ある?UFOキャッチャーで遭遇した「珍場面」w(゚0゚*)wワオォ!!
      > 自然のいたずら?UFOみたいな形をした『吊るし雲』がスゴい

考察。「UFO」とは何か?

「UFO」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

UFOに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news2/index.php(562): tweet_output('UFO') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143