なぜ「Trump Twitter」なのか?

「Trump Twitter」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      ドナルド・トランプ大統領がツイートした“珍語”に全米大盛り上がり

      多くの人々がSNSで拡散し、あっという間にジョークのネタとしてcovfefeが大人気になるという事態になっている。

      記者のところにも米フロリダ州在住の友人からメッセージが入り、そこにはこう書かれていた。 「トイレに行こうと起きたら、こんなツイートがあってビックリしたよ。また現代英語を紹介するネット辞典にまでこの語が登場し、このように説明されている。

      書きたいのに、手が小さくてキーボードの文字が打てないとこのような語になる。 またトランプ大統領はスペルミスに気付かぬまま就寝したらしく、翌朝に騒動に気付いたもよう。いった疑問がワッと湧き上がったまま一夜が明け、大統領はこれに気を良くしたのか「covfefeの意味が分かる人はいるかな。
      関連キーワード - ドナルド・トランプ - Twitter - Instagram -

      トランプ大統領の“血まみれ画像” 撮影したタレントをメラニア夫人も猛批判

      それに全米が驚愕し、大統領の支持者もそうでない人も大変な衝撃を受けた。 「私はコメディアンですが、これは一線を越えた行為でした。 しかしこの画像をTVで偶然見てしまった大統領の息子バロン君は、母を求めて絶叫。実際に何かが起きたと思い込み、パニック状態になったという。妻メラニア夫人も、以下のような声明でキャシーを批判している。

      世界で起きている残虐行為を考えれば分かるはずです。このような写真を撮ることは明らかに間違っています。

      このようなことをする人の精神状態を疑わざるを得ません。
      またこれにつきシークレットサービスも捜査に乗り出しており、撮影がどのような状況で行われたのかなどを詳しく調べる方針とのことだ。


      関連キーワード - ドナルド・トランプ - Twitter - Instagram -

      ワーママの星から敵に!?「イヴァンカ・トランプが嫌われ始めた」理由

      感心させられ、家事と育児に追われる我々ワーキングマザーに嫉妬させるスキも与えないほど。発売後7日目の5月8日現在、Amazonで約100件のレビューがついています。

      評価が星1つと星5つの真っぷたつに割れ、海外紙では酷評も多いのが現状です。 まずは、Amazonに投稿された絶賛レビューの内容です。 <この本大好き!イヴァンカは、ファンタスティックな女性。現代女性にとって、有益な情報は書かれていません。
      イヴァンカは、ベビーシッターやメイドのいない女性読者を想定していません。
      つまり、職場まで自分で移動して、家族のために料理し、食器を洗い、洗濯をする女性のことです。> <トランプ家の女性が、ワーキングマザーの実態を理解していないことを証明するような本でした> <これまで読んだ本の中で、最も中身のない1冊です。この本が誰に向けて書かれたものなのか、皆目見当がつきません。
      日本で著書が出版されるような、きびやかで才能のあるスーパーワーキングマザーはごくわずか。多くの家庭では、家や車のローン、子どもの教育費、医療費の支払いに追われています。


      関連キーワード - ドナルド・トランプ - Twitter - Instagram - Instagram -

      不信感が高まるトランプ大統領、弾劾にかけられる可能性は五分五分か

      就任100日を過ぎ、政権運営に対して厳しい見方が強まるトランプ大統領。同紙によると、これらの情報はアメリカが同盟国から提供を受けたもので、過激派組織ISに対する攻撃計画の内容などなど、機密性が高いものだという。今後ロシアが情報源を特定し、情報の入手を妨害する可能性もあると指摘している。

      報道を受け、民主党のグリーン米下院議員が「以前も言ったが、今再び言う。 一方、会談に同席したというマクマスター大統領補佐官は報道について「情報源や諜報活動については一度も議論されなかった。順位を下げ、アメリカ大統領選が本格化した2015年に443位だったのが、2016年には488位と後退している。

      会議のその場にいたのは、ロシア側のラブロフ外相とキスリャク駐米ロシア大使、アメリカ側がマクマスター大統領補佐官、ティラーソン国務長官、パウエル大統領補佐官、そして2、3人の若い補佐官という、限られたメンバーだったはず。 堀田氏は「あくまで仮説の域を出ないが、ドイツ人の記者と話をしていた時、リークしたのはロシアのラブロフ外相かもしれないと言った。あるいは若い補佐官が情報をメールなどで第三者に話してしまった。 果たしてトランプ大統領の弾劾裁判は現実のものとなるのか。実はアメリカでは過去に3度、弾劾裁判が行われている。

      閣僚の任免に対する問題で弾劾裁判を受けたが、結果として無罪に終わり、罷免には至らなかった。しかし本人が"罷免されるよりは"と、弾劾裁判に至る前に自ら辞職を選択した。呼ばれる不倫騒動での虚偽証言で、弾劾裁判を受けたが、これも無罪に終わった。つまり、今まで弾劾裁判で罷免された大統領はいないということになる。果たしてトランプ大統領は、この高いハードルを越えて罷免されるのだろうか。 堀田氏はトランプ大統領の弾劾裁判にかけられる可能性について「五分五分だと思う。

      ただ、上院の3分の2以上の上院の賛同というのはやはり非常に高いハードル。 トランプ大統領は先週、トランプ陣営とロシアの関係を調査していると公表したFBIの長官を解任。そして今回の機密情報漏えい疑惑と、問題続きのトランプ陣営。行動を起こし選挙に出馬するような人々を奨励する団体を支援し、次世代のための明るく未来を築くために活動します。 団体の公式サイトに書かれている声明では「国の規模で直面している難題は現実だ。

      しかし我々が情熱と決意で難題に立ち向かえば目的を達成できるはずだ。

      堀田氏はアメリカ世論の趨勢について「ほとんどが保守派で、その代表がトランプ大統領。だが、国内での意見の対立がかなり大きくなってきている。


      関連キーワード - ドナルド・トランプ - Twitter - Instagram - Instagram -

考察。「Trump Twitter」とは何か?

「Trump Twitter」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Trump Twitterに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news2/index.php(562): tweet_output('Trump Twitter') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143