なぜ「The Promise」なのか?

「The Promise」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      クリス・コーネル、最後のMVが公開 曲の収益は人道支援チャリティへ

      同名の主題歌で、6月20日の世界難民の日を記念して公開された。難しいテーマではあるものの、希望のあるトーンにしてほしいと繰り返し言われたそうだ。

      ビデオでは空爆や逃げる家族の映像と共に、救出された子どもや再会、そして難民受け入れを訴えるデモなどの映像が織り交ぜられている。

      家入レオ、初の武道館公演で幻の楽曲「I promise you」を初披露 秋のZeppツアー開催も発表

      終演後には、秋のZeppツアーの開催も発表している。

      5周年という節目に満を持してファンとともに実現させた。 会場が暗転し、モニターにオープニングVTRが流れると、ステージ上は満点の星空に。すると、真っ白のワンピースに身を包んだ家入がスポットライトに照らされセンターステージに登場。サビを力強くアカペラで歌い上げ、9,000人の観客の盛大な拍手と歓声で初の日本武道館公演はスタートした。日本武道館へようこそ!家入レオです!皆盛り上がってくれてありがとうございます!今日のライブが決まった昨年の秋頃はまだまだ先と思っていたけど本当にあっという間でした。シングル曲を披露した後、「この曲をずっと武道館で歌いたかった。その後一度ステージを後にした家入は、真っ白なミニスカートに衣装替えをして再び登場。をアコースティックギターの弾き語りで切なくも優しく歌い上げた。この日初めて披露されたこの楽曲に、会場は大きな歓声と割れんばかりの拍手に包まれた。などをメドレーで披露し、会場からは大歓声が巻き起こった。家入は「こうやって皆のおかげで武道館でライブができました!叶えさせてくれて本当にありがとう。家入本人も会場に集まったオーディエンスもこの日一番の盛り上がりを見せ、熱気に包まれたまま本編は終了した。そして、バンドメンバーと共に手を振り挨拶したのち、キーボード以外のバンドメンバーを送り出す。2人だけになったステージで「この曲は私にとって、すごく大事な曲です。曲のラストもこの日の1曲目同様アカペラで歌い上げ、自身初となった日本武道館公演は大盛況のうちに幕を閉じた。僕たちの未来(日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。
      関連キーワード - AKB48 - 声優 - 声優 - 声優 -

      家入レオ、夢叶い初の日本武道館ライブで熱唱

      ホールAにてサプライズで発表され、2012年2月に17歳現役高校生でデビューした家入がいつか立ちたいステージとして当時から目標に掲げ、敢えて満を持して5周年という節目でファンとともに実現させた。 会場が暗転し、モニターにオープニング映像が流れると、ステージ上は満点の星空に。すると、真っ白のワンピースに身を包んだ家入がスポットライトに照らされセンターステージに登場。サビを力強くアカペラで歌い上げ、9000人の観客の盛大な拍手と歓声で初の日本武道館公演はスタート。今日のライブが決まった昨年の秋頃はまだまだ先と思っていたけど本当にあっという間でした。など4曲続けて披露し、9,000人満員御礼の会場を魅了した。シングル曲を披露した後、「この曲をずっと武道館で歌いたかった。その後一度ステージを後にした家入は、真っ白なミニスカートに衣装替えをして再び登場。をアコースティックギター弾き語りで切なくも優しく歌い上げた。 この日初めて披露されたこの楽曲に会場は大きな歓声と割れんばかりの拍手に包まれた。などをメドレーで披露し、会場からは大歓声が巻き起こった。家入本人も会場に集まった9,000人もこの日一番の盛り上がりを見せ、熱気に包まれたまま本編は終了した。 そして、バンドメンバーと共に手を振り挨拶したのち、キーボード以外のバンドメンバーを送り出し、2人だけになったステージで「この曲は私にとって、すごく大事な曲です。曲のラストもこの日の1曲目同様アカペラで歌い上げ、自身初となった日本武道館公演は大盛況のうちに幕を閉じた。
      関連キーワード - AKB48 - 声優 - 声優 - 声優 -

      D'ERLANGERの起点であり、バンドのスタイルが分かりやすく提示された初期作『LA VIE EN ROSE』

      Vie』がスタンバイと、さすがに再結成10周年の節目の年だけあって、盛り上がりを見せているD'ERLANGER。各メンバーの活動も含めて現在の音楽シーンに大きな影響を与えたことは間違いない彼ら。その出発点とも言えるアルバムを取り上げてみたい。D'ERLANGERは一時期、“伝説的”と呼ぶに相応しいバンドであった。ROSE』のリリースが1989年2月で、1990年1月にメジャーデビュー。同年3月に2ndアルバム『BASILISK』を発表し、その後、11月に解散している。

      それだけ見ると、活動期間は大凡1年半といったところである。発表したアルバムは共にセールスも絶好調で、しかもメジャー第1弾アルバム『BASILISK』はチャート5位にランクインしたほどなので、まさに“これから”といったところでその活動にピリオドを打った。パッと咲いてパッと散る──短期間に鮮烈な印象を与えたバンドだったのである。当時メディア向けに“解散理由はない”と発表され、我々からしてみたら不可解な解散劇でもあったので、D'ERLANGERの存在そのものにミステリアスなイメージが付加されたとも思う。 各メンバーの出自と、それぞれが解散後に立ち上げたバンドがしっかりと実績を残したこともD'ERLANGERの“伝説”感に拍車をかけたとも思う。TIGERという、これまた伝説的なバンドに在籍していた。高校生の時に立ち上げたバンドで、その解散後、YOSHIKIに誘われてXに加入したという経緯がある。ローディーを務めており、師弟関係であることを公言している。

      YUKIHIROがその後にL'Arc~en~Cielのドラマーとなったことは言うまでもないだろう。CIPHERとTetsuはBODYでの活動を挟んで、1994年にCRAZEを結成。D'ERLANGER前もD'ERLANGER後も、当時のシーンを知る者にとって、彼らの在籍したバンドはドリームチームであったのである。FIELDSというバンドを結成し、1991年にメジャーデビューしているのだが、その時も“元D'ERLANGERのボーカリスト”で推していた記憶がある。 バンドの原点かつシーンの原典 再結成から10年。rose-”と来たら、これはもう“初期作品について書け!”と言われているようなもの。本作はD'ERLANGERの起点でもあるのでバンドのスタイルが分かりやすく提示されているだけでなく、改めて聴いてみると、後世のロックバンド、とりわけ所謂ビジュアル系に与えた影響が少なくないことも感じられる。シーンの原典と言うと若干大袈裟に聞こえるかもしれないが、そうした側面があることも否めないアルバムである。 多彩な旋律を奏でつつ、エッジの立った音を聴かせるギター。グイグイとバンドをけん引するキレのいいドラムス。そして、ハスキーだがそれゆえに攻撃性が際立ったように思えるヴォーカル。ROSE』で垣間見ることができるD'ERLANGERサウンドはそれらが合わさって構成されている。

      ”との突っ込みもあるだろうが、それも半分は正しい。だから、バンドのスタイルというか、楽曲の体裁がビートロック寄りなのは当たり前とも言える。ベースはシャッフルビートで楽曲自体はサクサクと進んでいくのだが──何と言ったらいいか、良い意味で奔放なのだ。

      ギターは生真面目なカッティングを続けるのだが、ドラムスは時々マーチングビートを取り入れており、ベースはシャッフルっぽくない、定番ではないうねりを見せるので、随所々々で明らかにビートロックのそれとは異なる鳴りを聴かせる。決して不協ではないが、ギリギリのところでバランスを取っている感じがスリリングでカッコ良い。こうしたところはD'ERLANGERならではのバンドアンサンブルであろう。 メロディーメーカーとしての非凡さ 歌メロにも触れておかなければならない。その全てがキャッチーであり、メロディアスなのもD'ERLANGERの特徴だ。

      本作収録曲の作曲はほぼCIPHERが手掛けているが、彼のメロディーメーカーとしての非凡さを見せつけているようでもある。この開放的なメロディーはどこに出しても恥ずかしくないというか、音楽シーンのド真ん中で鳴らしても決して見劣りすることはないキャッチーさ、メロディアスさである。余談だが、本人がそれを望むかどうかは別として、CIPHERは作曲家としても大成するのではないかと、筆者は半ばマジで思っている。

      ロックバンドのミュージシャンがアイドルに楽曲提供することも珍しくなくなった今、実現も不可能ではないと思うのだが──。話を戻すと、これは想像の域を出ないが、CIPHERのメロディーメーカーとしての資質はやはり44MAGNUMを筆頭とした和製ヘヴィメタルからの影響だろうか。サウンドは激しいが、歌メロはキャッチーなのが和製ヘヴィメタル。その最たるものであると思うが、サウンドこそ異なるものの、楽曲の構成がハードロック、ヘヴィメタルに近いものも本作には多い。 最後に結論めいたものを述べるとすると、和製ヘヴィメタルから派生したメロディーと楽曲構成を、ビートロック寄りのスタイルをベースとしながらも、各パートが奔放にぶつかり合うバンドアンサンブルで構築し、そのサウンドにバンド名の“淫靡な誘惑”に相応しい歌詞をコーティングしたのがD'ERLANGERであろう。 上記のようなロマンティックな作風がCIPHERによるもの。 これら、若干デカダンスなニュアンスを含んでいるのがkyo作詞のリリックである。共にスタイリッシュであり、サウンドで半分消し去ったハードロック、ヘヴィメタル特有の“えぐみ”を完全に脱臭することに成功している。


      関連キーワード - AKB48 - 声優 - 声優 - 声優 -

考察。「The Promise」とは何か?

「The Promise」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

The Promiseに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    「The Promise」に関するブログ

  • 二日前にYouTubeでUPされた「The Promise


    http://ameblo.jp/kaeko-0818/entry-12286144632.html


  • はてなブログに投稿しました #はてなブログ
    浜田麻里/Promise In The History - utatooto grooveloop's diary
    grooveloop.

    http://blog.goo.ne.jp/utatootoplus/e/1311a92c14736ffba6250ee90244611d


  • 興行はこんなものでしょう。
    ◆9位が The Promise (2016) テリー・ジョージ監督、オスカー・アイザック、クリスチャン・ベイル主演のコスチュームプレイドラマ。
    話しの方はよくわからん。

    http://eigaface.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/hollywood-expre.html


  • 4/12 ニーナ・ドブレフ@The Promise LAプレミア
    水曜日 の ハリウッド映画 The PromiseのLAプレミアに女優のニーナ・ドブレフが登場

    http://ameblo.jp/rose101010/entry-12265532221.html


  • 「The Promise」に関する教えてGoo!
  • the experimental promise of the postwar international art scene
    のthe experimental promise がピンときません。
    ググると英語では決まり文句のようですが
    どういう意味になりますか。教えてください。
    experimental は通常、実験などのことを言いますが、この場合は芸術的な話なので新機軸とか前衛的とか試作的とかいう意味です。


    promise は見込みとか期待とかの意味です。


    文章の形でもないですし、前後関係がわかりませんが、芸術に関してなのはわかるので訳としては
    「戦後の世界の美術界におけるこの新たな試みへの期待」
    といったところではないかと思います。


話題のトピック