なぜ「The Promise」なのか?

「The Promise」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      胸が熱くなる、レディ・ガガとビヨンセの友情。

      外でハンモックにいる私を温めてくれるから、木々や大空、太陽のもとで深呼吸できる。私がデフジャムレコードから解雇された後、おばあちゃん家であなたのビデオを見ていなかったら、きっと私は諦めていたと思う。あなたは、私たちみんなにインスピレーションを与えてくれてるのよ。 お互いに刺激し合い、また支え合うような好敵手。
      関連キーワード - スター・ウォーズ - 大阪 - レディー・ガガ -

      MOTHBALL【We Are The World Tour Final】ライブDVD発売決定

      チケットは、9月23日10時から一般発売がスタートする。
      関連キーワード - スター・ウォーズ - 大阪 - レディー・ガガ -

      『UKFC on the Road 2017』2017年8月16日 at 新木場STUDIO COAST

      STAGEの3つのステージを配し、ゲストを含めた総勢18組が出演。心が救われるような感覚にいつまでも浸っていたくなるようなライヴだった。リバーブを効かせたヴォーカルとスローテンポかつポップなサウンド、遊び心のあるリリックの絶妙なバランスが心地良く、フロアーは身を任せるように酔いしれていた。動じずにじっと見つめる様子からは彼らに対して自然と柔らかな印象を受ける。両手をマイクにあてて歌ったり、自らギターソロまで弾いてしまう橋本の姿に荒々しくハングリーな一面も垣間見えたり、バンドのステップアップを感じ、胸が熱くなった。STAGEのトップバッターは、今年結成10周年を迎えたBIGMAMA。Fibula』の曲を軸に紅一点バイオリン奏者を含むバンドの魅力を、30分強のセットに凝縮して見せ付けた。甘い歌声にさらに磨きがかかったことを実感させるポップナンバーをじっくり聴かせた序盤。演奏ももちろん、そんなドラマチックな流れも見事だった。予定されている初の日本武道館公演への期待も高まるライヴだった。《どこへ行っても果てなど無いよ》と歌う伸びやかな歌声と演奏の中にはバンドを貫く太い芯を感じる。爽快なメロディーが響き渡り、MCでは“『UKFC』は憧れで、ずっと出たかったからやっと仲間になれて嬉しいです”と語り、“大阪から来ました”と繰り返す姿はひとつの出発点を突破したようだった。フロアーの手が挙がり、サビで重なるハーモニーが壮大な空間を作り出す。憧れの舞台で堂々と自分たちの音楽を鳴らしたエネルギッシュな彼らの姿が目に焼き付いて離れない。 観客を踊らせたり、歌わせたりするタイプのバンドではないから、こういうフェスの場合、ひょっとしたら地味に映ってしまうかもしれない。を演奏し終わった時に沸いた大きな拍手からも明らかだった。フリーキーかつグルービー、そして時にジャズっぽくもなる演奏は、なんだかニューヨークのアンダーグランドシーンにいてもおかしくないクオリティの高さを感じさせる。淡々としながらも、今日出会えたことが嬉しくなる演奏だった。いった、鋭さのあるダークでスリリングな展開でもオーディエンスを魅了する。BIGMAMAやTOTALFATに“誰にも相手にされなかった時からの先輩たち”と感謝を告げつつ、最後まで全力でぶつかっていく心意気に胸を打たれた。『UKFC』初参戦の新人バンドながらも熱いファンがすでについている。

      正直、まだ逸る気持ちに演奏が追い付いていないようなところもあるが、それを超えたところで訴えかけてくるものを感じる。ステージでギターを掻き鳴らしながら歌う小池には、どうにかして伝えなきゃいてもたってもいられない何かが確かにある。をはじめ、時折、そこにフォーキーな叙情が滲むところがいい。未来のモンスター!”と叫んだ4人組の今後が楽しみになる熱演だった。3曲続け、頭を振り汗だくになって演奏しながらもスマートにキメる姿にはある意味狂気を感じた。”と声をかけて会場に笑いを誘い和やかな雰囲気に。“寝る前とかお風呂に入るときに思い出すような瞬間を与えにきました。

      《大事な事は全て叫んだ》と繰り返す、少しの弱さとジリジリ燃える魂が剥き出しになったサビにフロアーの拳が上がる。からゲストヴォーカルにGENを迎え、先輩らしいリードをしたコラボを展開。《君はひとりじゃない》とオーディエンスの心までもひとつに。をはじめ、振り幅の広い曲の数々を聴き、改めてこのバンドの持つ独自性を実感。深いリバーブサウンドが生む脳にまとわりつくような音響効果も強烈だった。“あなたに夢を見せにきました”というひと言で始まったウソツキ。《踊らされてたって踊り続けるしかないんだ》という劣等感のある歌詞にはハッとさせられたが、タイトルの通り《左手下げないで右手を上げて》と旗揚げゲームのような歌詞でフロアーの隅々まで手があがったりと、動きのあるライヴに“観る”というより“参加している”感覚になるパフォーマンスを披露。楽しげなムードの中、MCで“UKは僕らの家族です”と語る姿からは、彼らの愛情深いやさしさが滲み出ていた。幕を閉じ、終始ウソツキのペースに踊らされっぱなしだった。演奏の盛り上がりをじっくりと楽しませ、勢いだけじゃないバンドの懐の深さも見せ付けたのだった。緩やかにスタートすると、“雨だろうが晴れだろうが関係ねえ”と雨が降りしきる憂鬱な天気を振り払うような宣戦布告。TOTALFATからJose、Shunがゲストヴォーカルとして参加。を紹介し、長島が“『UKFC』のみんな、DISCO!”と叫ぶと笑いが起きていた。ステージに登場するなど、フレンズの自由気ままに振る舞う姿にまんまと誘われて歩み寄ってしまう。笑いっぱなしのステージだったが、落ち着いたメロディーとキャッチーなラップパート、リズミカルなサウンドが生み出す5人のグルーブには鳥肌が立つほどグッとくるものがあった。 ライヴが始まる前から、最近はアリーナなどの大会場でしか観られなくなった[Alexandros]の『UKFC』への帰還を待ちわびる期待感が会場中にあふれていた。から、[Alexandros]はアップテンポのロックナンバーを畳み掛け、35分のステージを一気に駆け抜けた。ラストは“プレゼントを持ってきました”とダンサブルかつアンセミックな魅力を持った新曲を披露。サビを、川上が急遽弾き語りする予定外のサプライズが飛び出し観客のシンガロングが最後を飾った。 薄暗いステージ上のアンプをカラフルな電飾が彩り、これまでのアーティストとは異なった趣の中メンバーが登場。サポートドラムの福田洋子の4人での演奏ができることを喜ばしい表情で語った。寄り添うような石毛と江夏の親しみやすい歌声のハーモニーに、一音一音を聴き逃すまいとじっと聴き入るオーディエンス。ここまで各出演者が駆け抜けるようにバトンタッチしてきた本イベントに、lovefilmらしく花を添えた。踊り出したかと思うとマイクを片手に観客と握手を交わし始め、気持ちが高まるままにパワフル全開で『UKFC』を振り回す。MCになると“ありがTOISU!”を連発でハイテンションが止まらない。時折おちゃらけながらも最後にはハヤシが力尽きて膝から崩れ落ちるほどの圧倒的な熱量で、ノンストップで鳴り響くニューウェイブ•サウンドにオーディエンスは興奮の渦に。終始息をする間もないような40分間に、あの場にいた全ての人が痺れっぱなしだったことは間違いない。
      関連キーワード - スター・ウォーズ - 大阪 - レディー・ガガ - レシピ -

      POLYSICS、[Alexandros]らUKP勢とNICO、フォーリミらゲスト陣が躍動した『UKFC on the Road 2017』

      いえ、このイベントは出演者たちの仲良しごっこなどでは決してなく、“実家だからなんでもありっしょ”といった心持ちで、それぞれが自分たちの音楽を手加減なしで鳴らしきるという、バッチバチのライブイベントなのだ。

      aint撮影=古溪一道 「始まりの音楽を鳴らしにきました。

      Eggs』で最優秀アーティストに選出され、見事『UKFC』への出場権を獲得した彼ら。心の内の葛藤を表現する5人のサウンドが、一気に迫りくる。をはじめ、演奏が進むにつれてメンバーの表情がやわらかくなっていくのが印象的だった。「つらいこと、悲しいことばかり唄ってるバンドで、なかなか楽しい気持ちにさせてあげられないバンドだけど、なんでも共有したいと思ってるけん。飾らない言葉で想いを伝え、最後までその音に存在証明を託していく。この『UKFC』、その年ごとに異なる形態をとりながら発展してきたイベントではあるが、今年は計17組のアーティストが3つのステージに分かれて出演している。

      STAGEでの演奏がスタート、という具合にフロア内では絶え間なく音楽が鳴らされ続けている。

      STAGEがあり、期待の新鋭たちがライブを繰り広げているわけだから、結局そこでついつい足を止めてしまうわけだ。

      遊びたい時には遊び、休みたい時には休み、自分のペースで楽しむことができるのも『UKFC』の魅力なのだ。

      驚きと喜びが混ざったような声がフロアから上がる。金井がマイクを向けると歌声の渦はさらに大きくなるが、その螺旋を導いているのはあくまで5人によるバンドサウンド。勢い余って頭から衝突していたりとか、ステージ上の熱さが読み取れる場面もあり。この、冷静と情熱がせめぎ合うアンバランスさやそれを本人たちが楽しんでいる不敵さが面白いのだと思う、今のBIGMAMAは。フィナーレを迎えた頃には、現体制10周年を迎えてもなおいい意味で落ち着く素振りを見せないこのバンドに対する、そして開始まもなくハイライトを生み出してしまったこの『UKFC』に対する、畏怖に近い感情が膨れ上がっていた。言われた、というエピソードを紹介しながらこの日にかける喜びを語っていた。ミディアムテンポの曲が続いた前半はいつもより温かくやさしい音をしていた。へと繋げ、しっかりオーディエンスのハートを攫っていく辺りはやっぱりさすがだ。

      FANCLUB撮影=河本悠貴 TOTALFAT撮影=ヤマダマサヒロ そのフォーリミからバトンを受け取ったのが、彼らが長年の間慕い続けているTOTALFAT。バンドは今年で結成から17年を迎えるが、彼らがUKP傘下のRX-RECORDSに移籍したのは約2年前。へと繋げるハイテンション仕様のセットリストでフロアの温度をグッと引き上げていく。さすが!としか言いようがない展開が早速繰り広げられるが、まだまだ、こんなもんじゃない。そしてこの言葉はそのまま、バンド自身にも跳ね返ってくる種類のものであることは言うまでもないだろう。 polly撮影=古溪一道 ウソツキ撮影=河本悠貴 「こんな僕らのことを家族と呼んでくれたUK.PROJECTの真似をして今日だけは言わせてください。グッときたところで、タイムテーブルは後半に差し掛かる。今年上半期のツアーと同様、元々楽曲制作時のプロデュースなどで携わっていた浅野尚志をサポートに迎えた編成だったのだが、キーボードやバイオリン、パーカッションなどを曲によって楽器を使い分ける彼と全国ツアーをまわった経験が、バンドの可能性をさらに広げてくれたのだろう。をはじめ、どの曲にもCD音源とは全く異なるアレンジが施されている。

      一気に明るく照らされたフロアを見渡してみると、隅から隅まで笑顔ばかり。音楽が持つ“楽しさ”を媒介してバンドとオーディエンスがコミュニケーションを繰り広げた、幸福な時間だった。telephonesメンバーが4分の3揃う、というサプライズ的な場面もあり、フロアからワッと歓声が起きていた。この2曲を筆頭に、インディーズ時代の曲が多かったこの日のセットリスト。その間にバンドは大きな飛躍を遂げたが、ここは変わらず彼らの実家である。披露された新曲だけではなく、この日演奏された曲のどれもが、あの頃より数倍逞しくなった彼らの手によってアップデートされたものであった。“言うは易く行うは難し”であるそれを行動に移し、筋を通していく彼らのカッコよさが、この日のステージにはギュッと濃縮されていた。aintが“始まりの音楽”を鳴らしてから8時間が経過し、いよいよPOLYSICSの登場だ。

      毎年出演の皆勤賞、『UKFC』には欠かすことのできない存在にして、結成20周年を迎えたこのタイミングで、東京公演初の大トリ。最前列付近のオーディエンスと握手を交わしたり、ステージ上でいつにもまして無駄な動きをしているあたり、やっぱり相当気合いが入っているようだ。

      黄色のつなぎを着た3人の演奏は初っ端からエンジン全開。続く中、こんな凄まじい音をたった3人で鳴らしているという事実に改めて驚愕するのも束の間、進んでも進んでも待ち受けているのだ、瞬きする隙すら与えないほどのジェットコースター的急展開が。革新的なサウンドで以ってどのバンドにも似ていない自分たちだけの“色”を手繰り寄せ、それでもなお革新を続けていくこのバンドの歩みが、シーンのトレンドに縛られることなく、“良いものは良い”という信念で私たちリスナーに数々の音楽を紹介してきたUKPの歴史と、ぴったりと重なった瞬間だった。しかしアドレナリンがドバドバになるのも無理はない。この日のPOLYSICSのライブは、感情のダムが決壊してしまうくらいの威力を持っていた。語ったUKPへの感謝の気持ち、そしてPOLYSICSのバンドとしての矜持が、渾身の演奏から溢れ出していたからだ。

      来夏も例年通りにこのイベントが開催される――というアナウンスはないものの、できれば次の夏もこの家族会議に参加してみたいと思うのは、“帰るべき家があるからこそ、自分たちの音楽を鳴らすことができるんだ”という信頼感の下、自分たちの音楽を鳴らしきるアーティストたちの姿がそこにあるから。UKPが老舗レーベル/プロダクションとして君臨し続ける所以、そして音楽を愛する者同志を深いところで結ぶ絆の存在が、この夏も私たちの胸を熱くさせてくれたのだった。
      関連キーワード - スター・ウォーズ - 大阪 - レディー・ガガ - レシピ - デート - レシピ -

考察。「The Promise」とは何か?

「The Promise」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

The Promiseに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • payton holderさん: RT @mollyreece17: Changing for the better I promise - 1 ヶ月 29 日と 4 時間 28 分 17 秒前
  • pamさん: promise i’ll be the cure
    > https://t.co/xudbMrjhiL

    - 3 ヶ月 27 日と 3 時間 22 分 51 秒前

    「The Promise」に関するブログ
  • 曲が終わるとマット以外の4人がコーナーに集合、アコースティックタイムの始まりです。
    `Wild World'それから`Promise Her The Moon'は以前からの持ちネタとして演奏
    NEW ALBUMからの`Damn,I'm In Love Again'はカントリー風な曲調仕上げられたナンバー。

    http://kazypaicy.blog.so-net.ne.jp/2017-10-11


  • -d.
    The Promise of the Churches' Future
    XXVII.

    http://bunbuku.cocolog-nifty.com/dotannba/2017/08/toynbeea-study-.html


  • 14.Raise Your Hand
    15.The Promise
    16.Born to Run

    http://blog.goo.ne.jp/giuliacoupe/e/c3a3556edbe5bc2342a8bf6688fc9e51


  • 性別: 女
    代表作:「サウンドレス・ラブ」 「The Promise
    5月までの収入:($11million)

    http://1192-296.at.webry.info/201708/article_1.html



  • 二日前にYouTubeでUPされた「The Promise


    http://ameblo.jp/kaeko-0818/entry-12286144632.html


  • 「The Promise」に関する教えてGoo!
  • the experimental promise of the postwar international art scene
    のthe experimental promise がピンときません。
    ググると英語では決まり文句のようですが
    どういう意味になりますか。教えてください。
    experimental は通常、実験などのことを言いますが、この場合は芸術的な話なので新機軸とか前衛的とか試作的とかいう意味です。


    promise は見込みとか期待とかの意味です。


    文章の形でもないですし、前後関係がわかりませんが、芸術に関してなのはわかるので訳としては
    「戦後の世界の美術界におけるこの新たな試みへの期待」
    といったところではないかと思います。


話題のトピック