なぜ「Jon Jones」なのか?

「Jon Jones」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「Jon Jones」とは何か?

「Jon Jones」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Jon Jonesに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    「Jon Jones」に関するブログ
  • Ba:Glenn Cornick
    Gt:Jon Blackmore
    Dr:Jeff Jones (ex-Man)

    http://blogs.yahoo.co.jp/bcnpf901/20469202.html


  • "Twenty-Two"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63357608.html)
    Mimi Jones(B,Vo)、Jon Cowherd(P)、Jonathan Barber(Ds)
    Samir Zarif(Ss:4,5,8)

    http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63882733.html


  • 「Jon Jones」に関する教えてGoo!
  • サラ・ブライトマンのSarai qui 、Canto Della Terra 、Storia DAmore といったオペラ調・クラシック調の壮大な曲が好きなのですが、同じ様な曲を歌っている歌手や曲をご紹介ください。
    こんにちは。
    再度の返礼の書き込みありがとうございました。


    モリコーネは韓国でもたいへん人気があり、さる6月には韓国でコンサートをしたがばかりです。

    5月にはロシア、6月韓国、7月はチェコ、8月はイタリアと80歳を超えて精力的に飛び回っています。



    話変わってHPですが、自分は持っていません。
    ブログもそうですが、人様のところへ顔を出しては時たま書き込みをしたりするくらいです(^^;)
    サラ・ブライトマンは他にもモリコーネの曲を取りあげています。

    お聴きになったことがあるかもしれませんが、”La califfa”という曲です。


    < iframe width="500" height="281" src="//www.youtube.com/embed/kCBga6mK7C4" frameborder="0" allowfullscreen>< /iframe>
    これは1970年の未公開映画のテーマ曲で、日本ではNHKの「ルーブル美術館」という番組のモリコーネが番組のために編曲し直したバージョンが使われ有名になりました。


    これがルーブル美術館バージョンです。



    http://www.youtube.com/watch?v=EnJsHSF6zgg


    この曲はモリコーネのものでも、数多くのアーチストが歌詞を付けて歌っています。


    古いところではイタリアのミルバ
    (試聴箇所が見つかりませんでした)
    フランスのミレイユ・マチュー

    http://www.youtube.com/watch?v=YFCJT3oYoSc


    新しいところではSweetboxも取りあげています。



    http://www.youtube.com/watch?v=E9WNuE2jUX4


    ヘイリーのようなひとりのアーチストとモリコーネのコラボアルバム以外にも、有名アーチストがモリコーネをカバーしたアルバムがありまして、セリーヌ・ディオンやブルース・スプリングスティーンらが参加しています。


    「WE ALL LOVE ENNIO MORRICONE」

    http://www.hmv.co.jp/product/detail/2520049


    上記アルバムからセリーヌディオンのI Knew I Loved You (原曲はワンス・ア・ポン・ア・タイム・イン・アメリカ)

    http://www.youtube.com/watch?v=z9dpmcWZi8g


    ルネ・フレミング(オペラ系の歌手です)のCome sail away (原曲は恐怖の航海アキレ・ラウロ号事件)

    http://www.youtube.com/watch?v=dkCle1hr4TQ



    モリコーネ繋がりですが、もうあといくつか。女性の癒し系ボーカル(スキャット)です。


    増田いずみ(モリコーネがNHKの大河ドラマ「武蔵」の音楽を手がけたときにボーカルで参加した方です)下記の曲はモリコーネじゃありませんが。

    http://www.youtube.com/watch?v=ajg5Cx5Z_L4


    EDDA DELL'ORSOエッダ・デル・オルソ
    数多くのイタリア映画のサントラにスキャットで参加しているボーカリストです。


    日本でも音楽家や芸能関係者に人気があり、大竹まことのシティー・ボーイズの公演のサントラなどにも引っ張り出されていました。


    「オルカ」からDialogue of the Memories

    http://www.youtube.com/watch?v=gwGGiQ8OZhY


    「赤いテント」からTema D'amore

    http://www.youtube.com/watch?v=qiLt4Hxo5v8



    以下はうってかわって、声量をいっぱい使ったオペラ系ならぬ、声量の少ない?”ささやき系(ウイスパーボイス)”で萌えたい……、じゃなく〆たいと思います。


    クロディーヌ・ロンジェ「恋はみずいろ」

    http://www.youtube.com/watch?v=-fMHvAaIKhc


    エルザ「哀しみのアダージョT'en va pas」

    http://www.youtube.com/watch?v=F41luqJmECY


    ジェーンバーキン「哀しみの影 Yesterday yes a day」

    http://www.youtube.com/watch?v=2AxSXKdcMQE


    フランソワーズ・アルディ版で「束の間に燃え尽きて Se telefonando」
    60年代から今でも歌い継がれているモリコーネが手がけたポップスの代表曲です。



    http://www.youtube.com/watch?v=et82yRM3VTw


    アゼリン・デビソン「Over The Rainbow What a Wonderful」

    http://www.youtube.com/watch?v=Vt5WqFjqmc4


    プリシラ・アーン「Dream」

    http://www.youtube.com/watch?v=7z2vEwF0f2s


話題のトピック