なぜ「James Woods」なのか?

「James Woods」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「James Woods」とは何か?

「James Woods」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

James Woodsに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    「James Woods」に関するブログ
  • 私も今までは興味はありませんでしたが、James Woodsに関してはさすがに関心を持ってしまいました。
    職場の休憩室でもJames Woodsについてすごく盛り上がってました。
    いろいろ意見がありますが、まあ、次のネット情報を待つことにしてみます。

    http://k2wayort.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/james-woods-db2.html


  • 「James Woods」に関する教えてGoo!
  • 7月4日(土)深夜0時50分、または7月5日(日)0時50分、NHK・BS2で放送されたER「身体と心」。ゲストスターであるJames Woods扮する大学教授に付き添っていた研究助手役の女性俳優の名前が知りたいのです(オープニングのタイトル・ロールを見逃したので)。よろしくお願いします。


    フラン役 アリー・ウォーカーさん(Ally Walker)でしょうか?


    スーパードラマTVで以前放送していた
    『プロファイラー 犯罪心理分析官 』(Profiler)で
    主役のサムを演じられていた女優さんです。


    下記URL、IMDbで、経歴等見られます。
    参考URL:
    http://us.imdb.com/name/nm0001824/


  • もう10年くらい前にテレビで見た映画なんですが、すごい感動してまた見たいのですが、タイトルも監督も何も思い出せず、探すことすら出来ません。

    内容は戦争中のカメラマンの話で、ラストシーンが戦争の写真を撮ったカメラマンの男の人が、フィルムを兵隊に取られないように飲み込むんですが、撃たれてしまって、戦争中に知り合った女の人に死ぬ前に、「のどを切ってフィルムを取って国に持って帰ってくれ。」と頼んで女の人はフィルムを取り出すのですが、国へ帰る途中、バス停で兵隊の検問にあい、フィルムを取られてしまい、そこからスタッフロールになる。
    思い出せるのはこのぐらいしかないんですけど、誰か何か知っていれば教えてください、お願いします。


    自信ないですが、「 サルバドル/遥かなる日々(SALVADOR)」(1986)によくストーリーが似ているのですが・・・。
    監督オリヴァー・ストーンでジェームズ・ウッズ(James Woods)が主演でした。


    私の記憶では、中程のストーリーは記憶ないですが、最後にフィルムを奪われてしまいますが、それは囮(ダミー)で本物はなんとか国境を越えることができたはずと記憶しています。



    しかし、それでも前途多難を思わせるラストだったと思います。


    実に緊張感たっぷりの映画で(まるでドキュメントの様)、こう言う言い方はなんですがすっごく良かった記憶があります。
    サイトを探したのですが、なかなかバッチリってのも無かったです。


    違ってたらお許しを(笑)。
    参考URL:
    http://plaza20.mbn.or.jp/~stkyou/moviesarvador.h


  • 学校で20世紀に活躍した詩人、文学者について勉強してまして、ある人たちを調べています。


    名前を挙げますと、
    -----------
    □Wilfred Owen(ウィルフレッド・オーウェン)
    ■Siegfried Sassoon(ジークフリード・サスーン)
    □Edward Thomas(エドワード・トマス)
    ■Dylan Thomas(ディラン・トマス)
    □James Joyce(ジェームス・ジョイス)
    -----------
    などなどです。


    もしも彼らの中で、1人でも知ってる方がいたら情報いただけると嬉しいです!代表作だけでも結構です。


    エドワード・トマスについては、自分で調べてもみたのですが良い情報が見つかりませんでした。


    なので、彼については何でもイイので情報下さい!!
    心より お返事お待ちしてますm(_ _)m
    非常に失礼なのですが、#3の方の回答の訂正をさせてください。
    ディラン・トマスはウィスキーの飲み過ぎで死んだわけではありません。

    確かに酒飲みで、亡くなったころは大変太っていたのだけれど、ニューヨーク滞在中に、講演や朗読、オペラを上演するために作曲家と打ち合わせなど、過密日程で体調を崩し、肝臓と心臓を痛め、ニューヨークの病院で亡くなっています。

    享年39歳。
    ディラン・トマスは1914年、イギリスのウェールズに生まれます。
    #3さんのおっしゃっておられる
    >下層中産階級出身
    というのが、どういった層を指すのかいまひとつわからないのですが、お父さんはグラマー・スクールの教師でした。


    たとえばジョイスがアイルランド・ダブリンの地と切っても切り離せないように、トマスの作品はウェールズと切り離すことはできません。

    1930年代のイギリスの詩壇は、マックニース、スペンダー、オーデン、デイ・ルイス(俳優のダニエル・デイ・ルイスのお父さん)らが中心の、非常に知的で左翼的で社会心理学の影響を色濃く受けた「ニュー・カントリー」派の詩人が支配していたんです。


    そこへ19歳、全く無名の新人ディラン・トマスが、個人の魂を謳った「緑の導火線を通して花を駆り立てる力」という、詩壇そのものを揺るがすような詩をひっさげて華麗に登場した。若き天才児だったんです。


    その後の十数年の間に三冊の詩集を出し、その傍ら小説を書き、短編集として『若き犬としての芸術家の肖像』(これはジョイスの『若き日の芸術家の肖像』のもじり)、中編として『皮商売の冒険』(晶文社からこのタイトルで翻訳も出ています)を出し(生前は短編集のみ)、戯曲もいくつか残しています。


    トマスの詩は、とくに初期のものは難解で知られています。


    とりわけ、言葉に象徴性と多義性を持たせようとして、多くの言葉を創り出し、複雑な構文で書いた初期の作品は、一つの言葉が動詞と受け取られたり、名詞と受け取られたり、批評家の見解も一致していません。

    彼にとって「言葉」は大変に重要で、言葉にキリスト教、ドルイド教、ウェールズの伝説、神秘主義など多数のイメージを持たせる一方、感覚的にも言葉をとらえ、非常にいきいきとした、美しい英語で書かれた、とされています。


    彼の詩の中で一番有名な「ファーン・ヒル」を参考URLとしてあげておきます(これはそれほどむずかしくありません)。

    http://www.bigeye.com/fernhill.htm


    参考URL:
    http://www.bigeye.com/fernhill.htm


話題のトピック