なぜ「鱧すきうどん」なのか?

「鱧すきうどん」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「鱧すきうどん」とは何か?

「鱧すきうどん」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

鱧すきうどんに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • スヤスヤさん: @nanakusanokayu 鱧うどんすき(;´Д`)ハアハア羨ましい〜(。・ρ・)ジュル - 11 日と 11 時間 40 分 7 秒前
  • youさん: RT @mel0mel0mel0n6: 今日の夕飯は鱧すきうどんとローストビーフ☺️日本酒めちゃくちゃあうー!何杯もいけちゃう❤️しあわせ… - 14 日と 7 時間 32 分 24 秒前
  • ともさん: 今夜は、鱧すきうどん✨ - 24 日と 8 時間 47 分 58 秒前
  • reiko saitouさん: お出汁がしみる!鱧すきうどん
    > https://t.co/SYDVXTRanX

    - 24 日と 23 時間 3 分 58 秒前
  • rukarurukakaoさん: @sigaisen2 思考とは関係無いんですが、私の中で旅番組観るの流行ってて 大阪の道頓堀にある『鱧すきうどん』 が(ちょっと高いけど)凄く美味しいみたいなので遺失物見つかったら行ってみてください!w - 26 日と 11 時間 43 分 24 秒前
  • 暇OLさん: アナがあったら入りたい : ヒロド歩美「旅サラダ・プレゼントソムリエ!コレうまの旅 ~大阪市~ 鱧すきうどん鍋」20170923
    > https://t.co/p98NNhDAOF


    > https://t.co/MZTCo1JpqD

    - 27 日と 11 時間 10 分 35 秒前
  • sarahさん: RT @13navi_t: 鱧すきうどん(道頓堀 今井 本店)旅サラダで紹介!
    > https://t.co/xOFXFLkCAZ

    - 27 日と 19 時間 3 秒前
  • うーたんR(清楚)さん: @2008riko 今井のうどんやね!ここ有名、美味しいよ^o^お高いうどん屋さんです。鱧すきうどんは食べたことないけど…( ・∇・)
    > https://t.co/izexu9h7ID

    - 27 日と 19 時間 11 分 58 秒前
  • Yosino Leeさん: 鱧すきうどんに口あんぐりの神田正輝。#今日イチ正輝旅サラダ
    > https://t.co/lkORsdXP3f

    - 27 日と 19 時間 47 分 13 秒前

    「鱧すきうどん」に関するブログ
  • 私は好きな味ですが、評価分かれるかもね。
    夕食はお取り寄せの鱧すきうどんw。
    大阪の今井さんのです。

    http://blog.goo.ne.jp/lanji_okayama/e/71251f12d2974c4597d8604734c40bec


  • ご馳走(#^.^#)
    今日は…鱧すきうどん
    道頓堀今井からお取り寄せ

    http://blog.goo.ne.jp/miniminipooh_1972/e/c72c21e2c15df86da03516fd1e6fb7b6


  • 「鱧すきうどん」に関する教えてGoo!
  • 大阪の郷土料理って何でしょう?
    タコ焼き・お好み焼きは、郷土料理って類とは遠いようですし、
    はりはり鍋なんか、文化遺産かなって・・
    だいたい、戦前の一時は、日本一の大都市だったわけで
    大都市の料理は郷土料理じゃないのだから、
    郷土料理はないのかもしれません。

    これは、大阪の郷土料理といえるものを
    お教えください。
    大阪府・大阪市に分けていただけると嬉しいです。


    後期高齢者です。


    確かに大阪固有の料理と言われると「ハテ?」と思ってしまいますね。

    通称船場汁と言うのは商家の使用人に出す賄を始末する為に塩サバのあら(中骨なども含む)
    を出汁代わりにし煮込み、そこに大根の薄切り(味がよく染み込み早く炊けるから)を入れたすまし汁の事です。

    調味は足りない場合の塩のみ。
    三度、三度とも漬物以外之が唯一のおかずでした。


    栄養学的にも理にかなってますがね。
    但しこれは大阪だけとは限りません、京都でも商家(繊維関係が主、ほとんどが滋賀県出身者)はこれで近畿一円の商家や一般家庭でのお菜です。


    料理と言うものではありません。

    普通大阪に限らず、外で食べるのは会席料理でして、組合などの寄合の席で主人のみが出席して情報交換の場として定期的に料亭で頂くものです。


    専門の料理店ではまず同じような内容のコース料理を出し、出席者はその中の造り(関東で言う刺身、関西では造り)と吸い物で酒を酌み交わし、その他の料理は折詰にして家で待つ細君や子供に持ち帰るのが習慣でした。


    料理内容は大阪に限らず近畿でも九州でも東京でもほとんど変わりはありません。

    但し、今の懐石(懐石料理と言い変えていますが本来は会席料理。懐石と言うのは茶事に出る茶懐石・・茶を邪魔しないように素材の味を生かせた薄味のもの・・の事で、今どきの街で見かける料理屋で出すものとは異なります。本来は仕出しとして茶事開催の場で作りだすものです。

    )などの料理とは異なり味は濃いものです。


    船場や道修町あたりの旦那衆も一日中働いていますから、夜に今のような懐石料理と称するような薄味のものは身体が受け付けません。

    今でも京、大阪の老舗の料理はしっかりとした濃いめの味が付いています。


    無論家庭でも。
    関西は薄味と言うのは本来のものではなく、茶懐石の薄味が一般に受け入れられていっただけの事です。


    普通の家でお菜としてよく作られたものは他にハリハリ鍋と称する水菜と{煎りがら」(鯨の皮下脂肪の油を搾った後のものを乾燥させたもの、大阪の関東炊では「コロ」と呼んでます。)を炊き合わせたもの。
    水菜は今でこそ京野菜と称されていますが元々は大阪固有の野菜で、京都の同じ野菜は葉にぎざぎざのない京菜です。


    戦前は葉にギザギザのある水菜は大阪の地でしか作れませんでした。

    たぶん土の所為で京都で植えてもきざぎざの葉が出来なくて嘆いていた農家もあった大昔の事を覚えています。


    今のような小株のものでは無く直径40センチ高さ60センチ余りの株でした。


    今でも滋賀へ行けばそういう本来の水菜を売ってます。
    また、大阪に限らず京都でも「はもきゅう」鱧の皮を小さく切って胡瓜もみにしたものは普通の家庭で食べられたものです。


    現在のように外食しようにも一般の人が料理屋に(料理屋、食堂が無い)足を運ぶことはありませんから、現在で言う郷土料理などの概念は無く、普通に家で作られていた毎日の単純なお菜がそれに当たります。
    箱寿司は近畿一円、大阪固有のものとしては「バッテラ」(鯖寿司の一形態)や雀寿司(鯛の寿司)でしょうね。
    鯖寿司自体は良い小浜の鯖が入った京都の方が有名です。


    フグは今でこそいろいろな所で食されていますが本場は下関。伊藤博文が贔屓にしたという春帆楼ですね。

    ずぼらやの幟を後ろに立てトロ箱を積んだ自転車は、一時良いフグが良く釣れた十三大橋の上で沢山見ました。

    釣れたものを買い取ると聞きました。


    お好み焼きやたこ焼きと言うのは大阪万博以降目立ってきたもので、北、南の繁華街では見かけませんでした。


    どんすきは美々卯が京町堀で開店した(昭和36年頃と記憶しています)ので近所で仕事をしていた関係上、一度物見がてら食べに行きましたが一度で懲りました。


    その頃大阪名物は何?と騒がれたことがあります。
    岩おこし以外に何も無いやんかと侃侃諤諤。(笑)
    同じ頃、東京名物は?と、何も無いやんか?

    否、栄太郎の飴がなどとかまびすしかったものです。


    郷土料理と言っても、強いて言えば地方地方の家庭で食べられていた物が宣伝されて世の中に出てきたものにしかすぎません。

    余談ですが江戸開闢の基礎を作ったのは大阪から出て行った(家康の要請などにより)人と技術です。

    深川然り、佃然り。藪蕎麦の系統でも元々は大阪から出て行った蕎麦屋です。


    竹藪の傍にあったから藪蕎麦。(ホント)
    質問者様が大阪の方ならそのことを誇った方が良いでしょうね。
    難波言葉がスポイル(本来難波の言葉はもっとゆったりとした上品な言葉です。

    知り合いの道修町の良い氏の奥様、現在102歳ですけれど、今どきのテレビの大阪弁と称するガサツな言葉に悲しそうな顔をしてスイッチを切ってしまわれますよ。
    関西弁など言うものも存在しませんし京阪神すべて言葉が異なります。
    今時、けつねうどんも新興の店の方が美味しいしね!
    失礼しました。


  • こんばんは。
    ゴールデンウィークの連休(7日)を使って千葉県の銚子から四国に400ccのネイキッドでツーリングにいければと思っています。


    バイクでは今まで片道130kmくらいしか走ったことがなく(学生時代にアパートから実家まで)、約1000kmを走る事に不安があります。フェリーというものにも乗ったことなくて、乗りたいと考えています。


    どういうことに気をつけるべきか、どういう荷物をもっていけばいいか。道中の寝床等をどうすべきか他色々と、ご教授していただけたらと思います。


    社会人になってなかなか休みが取れないので、この期に有給を使って、旅をしたいと思っています。


    よろしくおねがいします。


    バイクの荷物は、コレでもか!と言うぐらい減らしたほうが良いですな。
    初心者だと、アレもコレも・・・と要らぬ物を持って行きがち。
    結局使わない物が多くて。
    大抵の物は旅先でも購入で来ますから、思い切って荷物を減らしましょう。
    宿泊はなるべく、安い宿とか民宿で。
    テントは止めた方が良いですな。
    とにかく、早め早めに宿を探す事。
    これが一番大事です。


    フェリーは積極的に利用したほうがよいと思います。


    非常に便利で、楽です(時間的考慮が必要ですが)。


    ただ、船に弱いと、ちょっと覚悟が必要。
    太平洋航路だと、時化たら日本海にも勝るとも劣らない、エライ事になったりします(時化の経験あり。)
    バイクに関しては、400ccもあったら、何の問題もなし。
    日々の点検をちゃんと行っていれば、1000キロなどあっという間です。


    地図は、バイク用に特化した物がオススメ。
    バイクにとっては、道の状態が非常に大事だったりするので。
    渋滞とかその辺りの情報もバイク向けに書かれています。


    昭文社のツーリングマップルが個人的には好きです。


    いずれにせよ。
    時間に限りはあると思いますから。
    割り切れる部分は割り切って。
    どこに重点を置くか。
    例えば、観光とか、食事とか、好きな道を走るとか。
    ある程度の目的をハッキリさせた方が、良い旅が出来ると思いますな。
  • 私は玉ねぎが大嫌いです。


    ところがある日、外出先で出されたラッキョウを食べたら、妻が「え? ラッキョウを食べるの?」と驚いていました。


    そういえば、家でラッキョウが出たことがなかったなあ~ と、いまさらながら思いました。




    しかし、妻も妻です。

    長年連れ添っていて、今頃そんなことに気が付いたなんて・・・(悲)
    妻の言い分は、「玉ねぎが大嫌いだから、当然ラッキョウも嫌いだと思っていた」だそうです。


    そこで、皆さんにお聞きしてみたかったのですが、
    (1)玉ねぎが大嫌いなのにラッキョウは大好きというのは、少し変ですか?


    (2)玉ねぎが嫌いな人は、他に何が嫌いそうだと想像しますか?


    (3)あなたにも、同じように見えるけれども、こちらが嫌いでこちらは好きというようなものがありますか?

    (食べ物に限らなくていいのですが・・・)
    お答えいただけるものだけで結構ですので、宜しくお願いします。


    >(1)玉ねぎが大嫌いなのにラッキョウは大好きというのは、少し変ですか?


    =変ではないかも。
    >(2)玉ねぎが嫌いな人は、他に何が嫌いそうだと想像しますか?


    =長ネギ・ニラ・エシャレット・ニンニク・谷中生姜かな。
    >(3)あなたにも、同じように見えるけれども、こちらが嫌いで
    こちらは好きというようなものがありますか?


    =生のパイナップルは好きだけど、缶詰のパインは苦手。
     鮭筋子は好きだけど、いくらは嫌い。
     りんごは好きだけど、アップルパイは嫌い。
     ぶどうは好きだけど、干しぶどうは大嫌い。
     ドリップコーヒーは好きだけど、インスタントコーヒーは嫌い。
     牛豚レバーは好きだけど、鳥レバーは嫌い。
     置き型芳香剤は好きだけど、香水は嫌い。
     

話題のトピック